Artistic Spirit このページをアンテナに追加 RSSフィード

 日本教育再生機構 光の集い  EXAPON Becky! はちま寄稿まとめwiki

2008-04-12 マリオカートWiiには、クラシックコントローラが最適です。

買って安心クラシックコントローラ

クラシックコントローラ

クラシックコントローラ

マリオカートWii日記――コントローラー雑感

| マリオカートWii日記――コントローラー雑感を含むブックマーク

マリオカートWii (「Wiiハンドル」×1同梱)

マリオカートWii (「Wiiハンドル」×1同梱)

遂に発売されたレースゲームの決定版。

どこかの高画質レースゲームでは、「データをすべて消去してしまいました」等と言ってますが、

マリカは今回も、実に良く出来ています。

DS版は売れ続けて累計300万本も間近ですが、

Wii版も、次世代ハードに切り替わるまで、末永く売れ続けるのではないでしょうか。

特に素晴らしいのは、ネット対戦のマッチングの素早さです。

ランキングも見やすく、タイムアタックもはまること間違いありません。

唯一、Wiiハンドルというゴミ周辺機器を「CM用の見せ球」に使った点だけが気になります。



以下、マリカ用の各種コントローラーの使用感等を述べます。



×××Wiiハンドル


Wiiハンドルは、失敗作です。

あくまで広告用の、見せる為の「客寄せデバイス」です。

ハンドル単体でも、約170gと非常に重い。

これにWiiリモコン約90g、単三乾電池2個45gを加えると、優に300gを超えます。

新型PSPPSP-2000)の重量約189g(バッテリー含む)と比べても、超絶大重量と言えます。

この「PSPより重い輪っか」を、宙に浮かせたまま握り続けるので、

腕に大変な負担がかかり、長時間プレイには向きません。

筋肉痛の被害が多発すると思われます。


任天堂自身が、マリカWiiに合わせて白のGCコントローラーを再発売することから見ても、

ハンドルオンリーによるゲーム性に絶対の自信を持てないでいる開発陣の姿が伺えます。

※疲れ対策としては、ハンドルを自分の手前に「置いて」、左右に転がすようにして使えば、少し楽になります。

適当な台を作り、その上に布などを敷く。座布団が沢山あると便利かもしれません。



Wiiリモコン単体


Wiiリモコンだけを使うと、ハンドルのゲーム性はそのままに、

ハンドルの重さから逃れることが出来るので、結構楽になります。

が、これではエキサイトトラックと変わりません。「どじょうすくい」です。



ヌンチャクWiiリモコン


トワプリ」や「マリギャラ」等の、「Wiiゲームらしいゲーム」と似た操作性になります。

ヌンチャクのアナログコントローラーは、

両手持ちのコントローラーより若干安定性が落ちるものの、さほど問題ではありません。

また、ヌンチャクでは、「後ろを振り向く」動作が一番楽に出来ます。

問題は、やはり電池入りのWiiリモコンが重過ぎるところにあります。



☆☆☆クラシックコントローラ


白のGCコン再発売で、一部には存在意義が疑問視されているクラコンですが、

マリオカートWiiの操作デバイスとしては、ベストチョイスと言えます。

まず、本体が非常に軽いので、負担がかからない。

元々、初代FCのコントローラーは軽かったのに、何時の間にか重厚長大路線になってしまった。

全ハードメーカーは、次のゲーム機を作る時には、コントローラーを「軽く」「小さく」して、

ユーザーへの負担を軽減することを最優先すべきです。

「Aボタン」の出来が一番良いのも、クラコンです。

アナログスティックの位置が少し離れ気味なところは難ですが、これもすぐ慣れるので問題無し。

むしろ、ごついGCコンよりも、操作感がソフトなクラコンの方が、

きめ細かい操作にも対応出来るので、タイムアタックにも最適かもしれません。

マリオカートは元々、「数分遊ぶつもりで始めたら、何時の間にか数時間遊んでいた」

というタイプの作品なので、長時間操作に最も適したクラコンは、必需品とさえ言えます。


唯一の弱点は、手になじむ設計がされていないということです。

元々16ビット時代の古いゲームの為と割り切って作られたからでしょうか。



◎GCコントローラー


任天堂は愚かにも今頃になって、GCコントローラーを再発売するという挙に出ましたが、

任天堂信者の賛美の声しか耳に入らないのか、GCコンの数々の欠点がおざなりになったままです。

最大の欠点は「Aボタンが大き過ぎて疲れやすく、プラスチックの質感も悪い」ということです。

WiiリモコンやクラコンのAボタンは改良されていますが、

GCコンのダメダメなAボタンは、そのままです。

他にも、LRボタンのバネが強過ぎる、

デザインや形がゴツゴツしてダサイ、といった数々の欠点が、そのままです。

http://www.nintendo.co.jp/wii/controllers/index.html

今後任天堂が「ゲームらしいゲーム」のユーザーへのアピールも行いたいのであれば、

ゲームらしいゲーム」用のコントローラーも、再設計して進化させるべきです。


GCコンの最大の取り得は、電池を消費しないことです。

そもそも、ゲームごときでコントローラーの電池の入れ替えをユーザーに強要することは、

久夛良木的なメーカーのエゴと言えます。そういう面倒な手間は、出来るだけ無い方が良い。

例えば、接待用にゲームをしようと思ったが、電池が無いので止めた、

ということがあったら、その数だけ将来のお客さんを取り逃がすことになるかもしれません。

宗教とは――「ひと狩りいこうぜ!」教団

| 宗教とは――「ひと狩りいこうぜ!」教団を含むブックマーク

http://www.famitsu.com/blog/otsuka/2008/03/mhp_2nd_g5_1.html

http://www.famitsu.com/blog/otsuka/

>『2nd G』の発売日につながっているこの日の夜の空気は、

>いつものそれとはまったく違う匂いがした。

>俺の心を落ち着かなくさせる何らかの因子が含まれているとしか思えないほど、

>この夜の空気は俺を震わせた。

>俺は心の中で(どうやら俺は、ワクワク感の向こう側の世界に足を突っ込んだらしい)と確信した。

>では皆さん、ご唱和を。そう、あのセリフです。

> 「ひと狩りいこうぜ!」


皆で一斉に猫背になって、横長のゲーム画面に見入る、というのが活動です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mahotan/20080412