Making the Doroad!

参戦スケジュール

7/12(SUN) Dorothy Little Happy Live Tour 2015 5th Anniversary〜just move on 〜
出演:Dorothy Little Happy
場所:中野サンプラザ
7/26(SUN) TBC夏まつり2015
出演:Dorothy Little Happy 他
場所:勾当台公園市民広場

2014-12-10 Winter tour直前仙台ワンマンLive(11/30)

maiming_glory2014-12-10

Winter tour直前仙台ワンマンLive@専門学校デジタルアーツ6F ライブシアター

12/6の柏より幕を開けたドロシー冬ツアー。早速参戦してきました。更なる進化型を見せてくれたのと同時に非常に熱量の帯びた、ドロシーが改めて好きになれるライブでした。

そのレポは後日書くとしましょう。

ツアー開幕の1週間前の11/30にドロシーの地元仙台で、その2週間ほど前に急遽ライブの開催が発表されました。

前日にBBQツアーがあったので当初参戦予定は全くありませんでした。

しかし℃-uteとの対バンから始まったドロシー5Daysでドロシーライブへの熱が再燃したこともあり、行ってみてもいいかなという気持ちが傾いていました。

最後のダメ押しが欲しくてカルチャーズ劇場のライブ後の特典会でかなでしにライブ行った方がいいかを聞いてみました。

「来てくださいよ!絶対たのしいですよ!」くらいのコトバを頂けたら、絶対行こうと決めていたのですが、

●´□`)ノ<今回のライブは本当に来た方が良いです!今までのドロシーにはないライブになりますよ!色々な企画も考えてますから。

www

正直期待以上の回答を頂けたので、行くことを決意しました。

この日ライブチケを購入するとチケットにサインもしてもらえました。

証拠を見せにかなでしのサインをもらいにいくと、

●´□`)ノ<え?あたしでいいんですか?

久々のかなでし個別サインだったからねぇ(^_^;)

まり列が枯れてるにも関わらず、かなでし列に並んでいたら、まりちゃんがこっち向いて

「まり希望の人〜!」

と言ってきたので、「後で行くよ!」と言うと、mnmさんに「先に行ってください」とw

f:id:maiming_glory:20141212024145j:image

そんな感じで二人にサインを貰った上、昼公演はボクも見たことのないメジャーデビュー前の「冬の桜」衣装で登場することが発表されて、俄然高まりました。

当日はエロジマと乗り込んで、新幹線がたまたま一緒になった、みどりさん、まっつーさん、まいけるさんも交えてのランチ。

いざ!意気揚々と会場に乗り込むと信じられないスタッフツイートが。。。。

【お知らせ】本日開催のDorothy Little Happy 〜ツアー直前仙台ワンマンLIVEメンバー欠席のお知らせです。メンバー富永美杜は体調不良の為、急遽お休みさせて頂く事になりました。楽しみにされていた皆様大変申し訳ありません、引き続き応援宜しくお願いします。#ドロシー

尾崎豊の「OH MY LITTLE GIRL」が流れた瞬間。。。

みも。。。

気を取り直してのライブ。

会場となったデジタルアーツは横幅が相当長い会場で、キャパが500〜600はいけそうですが、急な発表だったこととか、仙台だったこととか色々あって客の入りは200もいなかったくらいで、相当過疎ってました(^_^;)

おかげで前3列くらい以外はスペースが膨大にありました。

昼公演

昼公演は上手後方側に陣取りました。

オープニングアクトのハピダンライブ後、会場至る所でクレーム。ステージから客席方向に直撃する意味不明の照明がとにかく眩しい。

この照明、結局ドロシーのライブ中も健在で、正面の照明が点滅すると眩しくてあまり見えないという残念な状況になってました。

f:id:maiming_glory:20141212024315j:image

事前に予告していた通り、昼公演は冬の桜衣装で登場。ゴシックテイストも入ってて結構可愛かった。

当然ライブ1曲目も「冬の桜」。こうみんトルネードが相変わらずエレガントで美しい。

「ソウル17」は前日のBBQツアーのバス内でDiverCityライブの映像を見たんですが、その件でみもるーから「N・A・N・D・EのN時のまりちゃんがやばい事になってて。」「こんな感じで震えてるの!思わず写メで送っちゃったよ」とか面白いネタを仕入れていたのでwwいつもは高まるこのアクトでこの日は何故か吹いてしまいましたw

最初のMCではかなでしから、みもの体調不良による欠席が改めて報告されました。

まりちゃんが「ファンの皆さんがみもちゃんになって!」と言って笑いをとったり、全体的に悲壮感は殆ど感じられず、何か温かい雰囲気でしたね。

「中々歌わない曲を歌います」と投下されたトラスク。確かにドロシー5人。。。4人のトラスク見るのは久しぶりかも。

同じくレアな初期の名曲、見ていてエンジェルも超絶高まった!

まりちゃんゼロズレで、まりちゃんの歌声と歌う表情にドキドキ。普段はただのお笑い芸人のまりちゃんだけど、歌ってる時のまりちゃんは時として色っぽい表情するんですよね。

MCではツアーの意気込みも話していました。

こうみんは「皆さんのコメントやツイッターのリプでの応援メッセージが力になってます!」と優等生発言。

まりちゃんは「皆さんのパワーを一杯吸い取って頑張りたい!」とか若干怖いw


メジャーデビュー前の曲を中心とした序盤から中盤は1stアルバム曲中心の構成。nerve stop again!!のはっちゃけ感は相変わらず楽しい。

そんな中、1曲場違いな最新曲ロミジュリwww

るーちゃんが「ロミオとジュリエット入ってましたね?」

「だってやりたかったんだも〜ん!」とはかなでしw

冬の桜のヒラヒラした衣装にこの曲のダンスがピッタリだと思ったからだそうです。


懐かしい選曲ライブ、締めは未来2曲締め。

久々の「未来へ」は心がほっこりしました。

からの、これも結構久しぶり「未来への虹」

「さぁ動き出せ!」のまりちゃんの声が上ずってたりメンバーもノリノリだったなぁw

そんなメンバーのテンションに後押しされて、横にだだっ広い会場の端から全力ダッシュ。それでも端から端までたどり着けないほどの広さでした(^_^;)

こんなに横移動したみら虹久々ってくらいやりつくした感はありましたw


--------

  1. Winter Blossom 〜冬の桜〜
  2. ソウル17
  3. High So Jump!
    MC
  4. トライアングルスクエア
  5. 見ていてエンジェル
  6. 部屋とパジャマと私
  7. Life goes on
    MC
  8. HAPPY DAYS!
  9. nerve stop again!!
  10. 週末だけのロミオとジュリエット
  11. ナミダよりもずっと速く
  12. デモサヨナラ
    MC
  13. 未来へ
  14. 未来への虹

一部握手会で、まりちゃんにはソウル17にネタを報告

ま「今日はありがとう!昨日もありがとうね!」
ボ「まりちゃんソウル17のNANDE見たよ!」
ま「ソウル17?」
ボ「ダイバーシティのまりちゃんの顔が震えてたヤツ!」
ま「え?何で知ってるの?」
ボ「みもとるーちゃんに教えてもらった!」
ま「え〜なんであの二人教えてるの!」

と言ってちょっとムクれるまりちゃん面白かったww

こうみんには

ボ「アケミちゃん、ツアー待ちきれないよぉ!」
こ「ダメよ〜ダメダメぇ!」

こうみんの色っぺぇダメよキター!!てかこうみん面白すぎwww



夜公演

昼のクレームの影響からか問題の眩しい前照明は改善されていて一安心。

ドロシー夜公演はアジストの荘厳なアクトからスタートしました。

ボクはこの曲ではみもパートが大好きなんですが、みもパートはまりちゃんがカバーしました。

みもの凛々しさとは違うまりちゃんの甘くクールな感じもやっぱりいいなぁと。

このデジタルアーツという会場でドロシーがライブをするのは2回目だそうで、1回目は風はややGET YOUなど、神曲を連発したドロシー第3章の楽曲お披露目ライブだったそうで、序盤は当時を意識したセトリも取り込まれてました。

てか、ボクが本格的にドロシーにハマっていった時代でもある訳です。久々の「壊れちゃう崩れちゃう」

そう!これ!これこそ高橋麻里だよ!ってまりちゃんの攻撃的なヴォーカルに改めて惚れました。

「GET YOU」「Breaking through」「Dear My Friend」が並んだ中盤はこうみんゾーン。

相変わらずの不安定さはぬぐえませんが、こうみん独特の爽やかなヴォーカルもドロシーの武器であることを再認識しました。

特に新曲ブレスルの落ちソロはまぢカッコいい!それだけにしっかり歌い切れるように頑張って欲しいなって思います。

MCではツアーの仙台公演後に是非光のページェントを見て欲しいとのことでした。

更に来年の話になり、「来年は2015年!毎日がイチゴデイ!!」とまりちゃんが暴走気味ww

調子にのってたからブーイングしたら、こうみんが「ブーブーの方もいますよ」とwwww

ナイスこうみん!ww

ラストスパートはサークルフォーメーションからの「諦めないで」投下!

るーちゃんソロでのエロジマの突進っぷりは香港を彷彿とさせる傍若無人っぷりで思わず周りも笑ってたなww

注目のみも落ちソロパートはまりちゃん!

予想通りだったので、キンブレをピンクにセットして思い切り振ろうとしたら、スイッチを押してしまって、まさかの黄色にチェンジww

ドロシーの黄色って誰やねん!(いないw)

間髪入れずに2 the sky、この神リレー!!

そしてオープニングのみもパートは。。。またしてもまりちゃん!!

恐らく最初で最後であろう、2 the skyでのまりちゃん推しジャン!この千載一遇のチャンス、全力で跳ばせて頂きました!

2番の恒例の界隈のるージャンプ!そしたらおまいつのこぞって跳びだして、一列ズラっとるージャンプ!めっちゃ楽しい光景やんww

間奏では真ん中まで走って行って「行くぞー!」コールブチかましも爽快!

ドロシー史上最もカッコいい時間、2 the skyのみもの落ちソロもまりちゃん!

グイグイ乗りまくるまりちゃんの歌声最高に気持ちいい!!

からのまりちゃん独唱の「どこか連れてって」

本当に強いボーカリストだな、と、まりちゃんにゾクゾクしました。


最後のMCでは「こうやってたなぁって色々懐かしかった一部」「そしてこの半端ない汗の量の二部」とかなでしがこの日の2公演を振り返ってました。

てか、ラストスパートの攻勢まぢ半端なかった。

「4人でみもちゃんの分も頑張りましたが大丈夫でしたか?」という発言には会場が拍手で応えました。

更に、ツアーではこの日のように一部と二部で違うドロシーを見せると、ちょっとした予告もしていました。

そして最後の曲振りで、エーイングが小さいと

●´□`)ノ<みなさんエーが小さい。。。私の言うタイミングが悪かったですね。。。

かなでしお茶目w

「最後はツアーに向けて5人の気持ちを1つにして臨みたいと思ってこの曲を選びました。 Over There」

ドロシーらしい選曲でこれで終わってもとてもいいなぁと思っていました。

でも、ここ最近のドロシーの攻める姿勢を目の当たりにしてきて、あのアンセムをぶち込まないはずはないと思っていました。

アンコールが沸き起こる中、ドロシーが再登場して、今回集まってくれたことへの感謝、ツアーに向けて頑張っていけそうだということを話しました。

「今回は12月に詰め込んで走り切りたいと思います」と力強い抱負から、

●´□`)ノ「走り切るは走り出さないといけませんよね!」

場内はキタキタといった感じで俄然湧きます!

●´□`)ノ「皆さんも私たち一緒に走り出してくれますか?」

オオォ!!

●´□`)ノ「もうちょっと!!!」

オオオオォ!!

●´□`)ノ「聴いて下さい!恋は走り出した!」


Dorothy Little Happyツアーに向けて、最高の壮行ソングだ!!

全力で声上げて、全力で走って、そして全力で跳んだ!!


やっぱり、ドロシーのライブ最高だろ!!!


はけ際にかなでしが「それでは皆さん、ツアーに向けて頑張ってきます!」

ツアーに向けてこれ以上ない加速を付けられたと思う。


f:id:maiming_glory:20141212024756j:image

--------

  1. ASIAN STONE
  2. COLD BLUE
    MC
  3. 壊れちゃう崩れちゃう
  4. GET YOU
  5. Breaking through
  6. インマイライフフォーマイライフ
  7. My Darling
    MC
  8. ストーリー
  9. Dear My Friend
  10. 諦めないで
  11. 2 the sky
  12. どこか連れていって
  13. CLAP! CLAP! CLAP!
    MC
  14. Over There

    MC
  15. 恋は走り出した

--------


握手会では

まりちゃんは会うなり

ま「2部熱かったでしょ?」と満面の笑顔で迎えてくれた。

ボ「そりゃもう!」

そしてツアー楽しみにしてる事などを話しながらバイバイ(^_^)/~

そして、本来ならここにいるであろう、みもに向かってエア握手。

ネタではなく一応マジメなつもりだったんだけど。。。

握手終わったはずなのにまりちゃん再登場して「お疲れ様」、こうみんは「面白い〜い」と茶々入れてきましたw

結局みもがいない悲壮感ゼロだったなぁと。。。

っていうのをヲタクに感じさせないくらい4人のドロシーが頑張っていたんだよなぁと。


この後いつもの大黒でエロジマと打ち上げ。

今回の遠征、直前まで迷ったけど、本当に来て良かったなぁって思いました。


総括

正にヒストリーオブドロシーとも言うべきセトリ、その時その時のドロシーを追体験できた感じがしました。

1部から2部へ、新しい楽曲のセトリにシフトして浮き彫りになったみもの穴。

そこにはDorothy Little Happyというグループがまりちゃんワントップから、みもを含む5人が歌えるグループへ変貌して行った確かな軌跡も感じることが出来ました。

まりちゃん程の実力者を持ってしても、違和感を感じてしまう。それくらいみもの声は重要な要素だし、誰が欠けてもダメ、それがドロシークオリティなんだと思う。

ただ同時にこの困難をスクランブルで乗り切ったドロシーってグループの適応力には改めてライブユニットとしての凄味を感じたし、何より誰よりも歌ってるはずなのに、更にみもパートも一手に担ったまりちゃんの超人っぷりは感嘆を禁じえませんでした。

ツアー直前!!★
☆あと6日!☆
★ツアー直前!♪
かなでし●´□`)ノツアー6日前!
*ご心配おかけしました*



それにしても2部は熱かった!

これだけアンセムもそろい踏みして、恋走締め。

このライブでツアーへの確かな手応えも感じました。


P.S.

現在ツアーも4公演が終了していますが、この時感じた手応え以上のライブをドロシーは見せてくれています。

凄さと楽しさ、この両方を欠けさせることなく、ライブを作り上げている、ドロシークオリティのライブ。

特に名古屋夜公演は、今年のドロシーベストライブかもと思えるほどの熱量、本当に楽しいライブでした。

ドロシーと共に残りの公演も突っ走っていこうと思います!!

Connection: close