Making the Doroad!

参戦スケジュール

7/12(SUN) Dorothy Little Happy Live Tour 2015 5th Anniversary〜just move on 〜
出演:Dorothy Little Happy
場所:中野サンプラザ
7/26(SUN) TBC夏まつり2015
出演:Dorothy Little Happy 他
場所:勾当台公園市民広場

2016-01-30 かなでし●´□`)ノ’s 22th Anniversary

maiming_glory2016-01-30

かなでし●´□`)ノ22歳〜明日は晴れるよ〜

1/30は我れがダーリー、人間国宝、大先生、天才ラッパー、デシメタラー、カマキリ拳師範・・・数々の異名を誇る(後半は勝手にボクが呼んでるだけw)白戸佳奈ちゃんの22歳のお誕生日です。おめでとう!

※当然の如く、本当は2週間遅れですが(^_^;)


ドロシーが再出発をきったばかりの夏、かなちゃんのチャームポイントとしてファンにも愛されてきた八重歯が無くなりました。

ももとも鼻筋もキレイで、パーツパーツのクオリティが恐ろしく高かったかなちゃんのご尊顔がパーフェクトビューティーになった瞬間でした。

これからはしっかり者で美人のお姉さんキャラで売るのかな〜しらとかな〜とも思ったりしましたが・・・

実際は全く逆でしたw美しさと反比例するように、よく笑って、よく喋って、これまでにないくらい楽しそうで、そしてめっちゃ可愛くなってました!www

この1年、かなちゃんに起きた数々の事を思うと、ステージで楽しそうなかなちゃんの姿、本当に尊く感じられました。


白戸佳奈という人を初めて見た時、これだけしっかりしていてリーダーらしいリーダー見たことない、と凄く感心しました。

ただ、ずっと見ている内に、ちょいちょいボロを出して、それが可愛かったりもしたんですが、それでも彼女はちゃんとしたリーダーであり続けようとしていて、そこは凄く立派だなって思っていました。

A型で長女・・・本当画に描いたような真面目な人間。5人時代のドロシーでのかなちゃんは、その真面目さ故、凄く立派なリーダーでいようという気持ちが強く表れていた気がします。

そんな彼女だから、去年前半はボク達が思っている以上に物凄い重圧と戦っていたと思います。大好きだったライヴも心から楽しめて無かったんじゃないかなって思ったりもしました。

実際、ずっと何かに気を使ってるようで心からの笑顔見れなかったように感じられました。

それが確実に変わってきたなと感じたとのは、リリスクと2マンやった辺り。あのお調子者のwまりちゃん以上にステージではしゃいでいて、しかもフリースタイルで1人でクルクル回り出して、何か心からライヴ楽しんでるように見えました。

気心のしれたまりちゃんと新曲を出せたのもデカかったのかなと思います。

Restartリリイベ頃から、お客さんに振りコピさせたり、撃たれて倒れろと指令だしてきたり、傍若無人プレイで、ちょっとした悪ノリを覚えた感すらありましたw完全復活を通り越して、ニュー白戸佳奈の誕生を感じましたねw

とはいえ、ファンはまだまだ満足していませんよ!w

2人のドロシーになって、歌唱にシフトして、よりまりちゃんの歌唱をフィーチャーするように舵を切りました。そのことでかなちゃんもまりちゃんをサポートする事に重きを置いたパフォーマンスをしているように感じられます。

かつて、ダンスでファンを魅了したドロシー時代、ダンスのエースだったこうみんと双璧だったかなちゃんのダンス、まりちゃんに歌あるように、かなちゃんには同じくらいスゴイダンスがある!

これを見せない手はないと思います。

幸い、かなちゃんの生誕ライブにもなった、ドロシーリクエストライブの「諦めないで」で見せたソロダンスは、やっぱり白戸のダンスはスゲー!とファンの度肝を抜いてくれました。

今年はまりちゃんに遠慮しないで、かなちゃんにももっともっとステージで暴れて欲しいなって思います。


誕生日のブログで

あたし、

みんなが思ってる以上に芯は強いんだからね!!

●´□`)ノリクエストとお誕生日‼

と書いていました。

いつも泣き言ブログで綴って何を!wwと。いやいや、本当芯が強いというか頑固物だと思います。


あのドロシーに起こったこと、それはかなちゃんがリーダーだから起きてしまった、と言う人もいます。

確かにそうかもしれない。

だけど、自分のやりたい事、信念を曲げてまで、活動しているグループ、多分響かないと思うし、応援しようとも思わない。

翻って、あの5人は・・・ドロシーとcallmeで模索しながらも、お互いのやりたい事、進むべき道をみつけて、今着実に良い方向に向かっている。

最悪と言われた別れ方は、結果的に最高の別れだったと思えるようになってきている。

卒業しても5人が同じように活躍できているグループ、他にはないでしょう!

それはやはり、白戸佳奈、秋元瑠海という2人の頑固者がリーダーとしているからなんだと思います。

ボクがドロシーを好きになったのは、間違いなくこの真面目な頑固者が率いてたからであって、今のドロシーを応援できるのも、やっぱかなちゃんがいてくれたから、今は本当にそう思います。

まりちゃん推しとして、まりちゃんの傍にいてくれた事、感謝しています。

f:id:maiming_glory:20160214112002j:image

個人的には、「ボノっくま」とか「ボノッキィ」とか変なニックネームつけてくれたりw、ツーステ見て「ボノさんのダンスは魅力的だからこれからもやってね!(笑)」と言ってくれたり、撃たれ芸にいち早くツイッターでリアクションしてくれたり、何かフロアを良くみてくれてるなって、とても感激しておりますww

22歳になって精神的に益々幼児退行が進む我らがダーリーに、フロアからささやかな笑いを届けたいですねww


この頑固でお茶目なリーダーの22歳の1年に幸あらん事を。

そして、大きな夢、掴みにいきませふ!!

おめでとう、かなちゃん!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/maiming_glory/20160130/1455416425