Making the Doroad!

参戦スケジュール

7/12(SUN) Dorothy Little Happy Live Tour 2015 5th Anniversary〜just move on 〜
出演:Dorothy Little Happy
場所:中野サンプラザ
7/26(SUN) TBC夏まつり2015
出演:Dorothy Little Happy 他
場所:勾当台公園市民広場

2007-04-01 その早貴にあるものは?

maiming_glory2007-04-01

ハロー℃-uteさん!

そういえば、何気にキューティーショーのレポを完成させてなかった気がする。もう1ヶ月以上もたってしまったのでどうかとも思ったのですが、Kindai誌やB.L.T誌の可愛い写真やレポを読むと、あの日の記憶が沸々と蘇えってくるんですよねぇ。To Be Continuedって書いたのをそのままにしておくのも気持ちが悪かったので、一応完結させる事にしました。

今まで前後編立てはあったのですが3部作は初めて。サーガ3部作みたいでかっこいいッスね!!

リl|*´∀`l|<別に!

・・・

一応前作です。。

洲 ` v ´)<Part1 出来事編

ノk|‘−‘)<Part2 LIVE編

まぁLIVEレポはもうこれでもかってくらいダラダラと書き尽くしたので、その後、つまり握手会の模様を。

握手会

今回は2階席から順に握手を行いました。握手会の7人は手前から梅さん舞美嬢→と年齢順で最後がアリカンでした。握手会のブースに通された時、それぞれの個人Tに着替えた7人が色鮮やかで、それはそれは眩しかったです。

f:id:maiming_glory:20070402032925j:image

特に超美少女っぷりに磨きのかかった梅さん。。もう思わず見惚れてしまいました。。最初の1回目は全員に「本当に長かったけどおめでとう!!」てな感じでお祝いのメッセージを。舞美嬢の握手はライブ後とは思えないくらい強烈な握力でした。いつも強い舞美嬢でしたがこの日は特に力が入ってました。

2、3回目も色々話しましたが、ラストでどうしても舞美嬢に言っておきたいことがありました。

4回目の握手、ピンクTの舞美嬢を前にして、

舞美ちゃん、やっぱ℃-uteって最高だね!!」

从・ゥ・从<「ハイッ!!」

(ギュッ!!)

この時に握力、マジで痛いくらい強烈でした。

とても短いやり取りでしたが何か気持ちが伝わったようで、今までで一番嬉しい握手でした。

皆からの贈り物

この最終回の握手の前にスタッフさんに℃-uteのみんなへのプレゼントを渡しました。

それは、℃-uteヲタさんたちの寄せ書き。

同じようなことを℃-uteの日にもやったのですが、今回は本当にノープランで、前日にやっぱし初の単独紺だし、贈りたい!!そう思い立って今回もメッセージを集めました。

公演合間の飛び込みだったにも関わらず、快く応じて頂いて、やっぱ℃ヲタ素敵や〜!!って感激してました。メッセージ貰いながら去年のCutie Circuitの思い出話をしたり、「あの娘がいたらね〜」なんてとても泣けるお言葉を頂いたり、ちょっと大変でしたが、とても楽しかったです。

℃-uteの元に届いていますように!

ハロー℃-uteさん

それにしても本当に濃密な4公演でした。

この娘たちのLIVEはねぇ。。今までの色々なライブも勿論楽しかったのですが、この4公演で味わったのは、そういうものとは明らかに違う、何かとても熱いものでした。そう。。

2003年10月11日 幕張メッセにて、

ボサノバ調にアレンジされたリボルバー・ジャンキーズのイントロにのせて、チバさんが、

サンキュー!ロックンロール!

バイバイ ジェニー

バイバイ ダニー

バイバイ ビリー

バイバイ ケリー

と、私をロックの道へ誘ってくれたこの4人の伝道師に別れを告げた夜。あの時に匹敵する熱いものを感じたような気がします。

しかも、今度は別れじゃなくて出会いなんです!!

ハロー えりか!!

ハロー 早貴!!

ハロー 愛理!!

ハロー 千聖!!

ハロー 舞!!

ハロー 栞菜!!

そして、

ハロー 舞美!!!

サンキュー℃-ute!!!

f:id:maiming_glory:20070402032811j:image

ちょっとドジでとびきりキュートな7人の伝道師。

これからもよろしくお願いしますm(。_。)m

2007-03-10 From 青年館 To 青年館

maiming_glory2007-03-10

℃-ute デビュー単独コンサート2007春 〜始まったよ!キューティーショー〜@日本青年館〜7色の自由満開!!〜

あの興奮から2週間が経ちました。何とか体の方は平常状態に戻りましたが、心の中はまだあの熱気が残っています。

とはいえ今日からはCutie Circuit 2007も開幕するので、この辺で、あの伝説の2日間のライブレポを書こうと思います。

この2日間の出来事はこちらをどうぞ!

で、全然時間がなくて、通勤中に携帯で少しずつ書き溜めていたのですが、結局一部書けてないんです。。

ですが、Cutie Circuit後にあげるのもちょっと変なので、この辺でアップします。

暇を見つけて完成させたいと思います。

はっきり言って超長いです。。

Cutie Circuitのバス移動とかで暇をもてあましている人向け。。ってそれはオレか。。

从・ゥ・从 <ガウディのサグラダ・ファミリアじゃないんだから。。きちんとまとめなさいよ!

サグラダ・ファミリアか。。否めない。。いや栞菜らず完成させます!

01.JUMP

℃-ute記念すべきOPナンバーは何だろう?これまでの歩みをしみじみと噛み締める意味でもEVERYDAY YEAH! 片想いが一番相応しいんじぁないかなぁ、とコンサート開始前はそんな風に考えていました。

ライブ開始時間、照明が落ちて静かなオルゴールの音が鳴り響きました。やっぱりEVERYDAYか!そう思ったその時、静寂を突き破る激しいギターリフ!!おぉそう来たか!!

イントロに合わせて場内はオイオイのかけ声で埋め尽くされ、会場も俄然盛り上がってきました。

そんな中、会場に用意された7つの扉のセットに浮かび上がる7つの影!そして、

JUMP JUMP JUMP JUMP高く!!!

JUMP JUMP JUMP JUMP熱く!!!

JUMP JUMP JUMP JUMP正に!!!

JUMP JUMP JUMP JUMPキュート!!!!!

7つの扉から勢いよく飛び出した7人の℃-uteメンバー!!

カ、カッケー!!!!!!

彼女達のひたすら楽しそうに歌うその姿に、これまでの歩みをしみじみと噛み締める、なんてセンチメンタルさは微塵も感じれれませんでした。ただひたすらライブがやりたかった!!そんなライブへの渇望、そしてこれが℃-uteだ!!そんな彼女達の誇り、想いがストレートに伝わってきました!

彼女達の未来への疾走と言わんばかりの、一人一人の気持ちいいまでの力のこもった声。そんな勢いに乗せられて、ロックモード全開で熱唱!!

舞美嬢の未来はいつもここにある〜のフレーズのところでは、下に着込んだ℃-uteTの胸の「℃-ute」ロゴを指差しました。

ジャンプとヘドバンと熱唱で基本的にフリコピはほとんどやりませんでしたが、2番の未来の希望が託されるのフレーズのところは自分たちの思い描く未来を指差してる感じが好きで、ここだけは℃-uteと一緒に指さしポーズしました。

間奏のギターリフからギターを落とすところは、拳を突き上げてひたすら℃-uteと一緒に歌ってました。もう完璧青春パンクのノリです。

この地球にルールがあり!

だからこそ 慈しみ合う

悲しみ 微笑み

未来へ語り伝えたい!!

このズシンと胸に響いてくる歌詞。歌いながら涙がこみ上げてきました。そしてドラムのテンポが徐々に上がってきて、ちっさーの気合の入った

わぉぉ!!

この掛け声を合図に℃-uteも会場もそして勿論自分のギアがさらに一段アップ。

自分はひたすらひたすら℃-uteと一緒にこのアンセムを叫びました。

最後は℃-uteと一緒にあぉ!!!とファンキーにシャウト!!

CDと違って微妙に揃ってなかったのはご愛嬌ですねw

曲が終わった瞬間、拍手ではなく自然とガッツポーズ。℃-ute℃-uteヲタは勝利者だ!そんな気持ちから出たポーズでした。こんなにも会場とアーティストとが想いを一つにできるロックアンセム、そうそう手に入れるもんじゃありません。

この感動と興奮を味わえたこの会場にいる人全員は、間違いなく勝利者だと思います。

今の℃-uteが持つパワーを存分に見せてもらえました。1曲目からもうやばいくらいエンジン全開です。

MC

「ここ日本青年館にお集まりの皆さん、キューティーショーの幕開けです!」とリーダー舞美嬢が、高々に、そして誇らしげにキューティーショーの開会宣言。

梅さんの「2階席の皆さん、今日は私達℃-uteからのた〜くさんの愛をた〜っぷり受け取って下さい!」に続けてメンバー全員で「受け取って下さい!」とご挨拶。

続けて愛理が「1階席のみなさん、ずっと楽しみにしていたこの単独コンサート、成功するのをちゃんと見守っていて下さいね!」

場内からはたくさんの愛理コール。やっぱり愛理人気は凄い。

と一通りの挨拶も終わったところで、マイマイが「それでは次の曲スタ〜ト!」

この「スタ〜ト!」がめちゃくちゃ可愛かった!

02.EVERYDAY YEAH! 片想い

やっぱりこの曲のイントロを聴くと落ち着きます。ああぁこれぞまさしく℃-ute紺って気持ちにさせてくれます。Aメロのメンバー名のコールはこれまでのどの現場よりも大きく、正に会場が一体となりました。このAメロやサビのフリコピをやってると、あの楽しかった℃-uteの日、新しい船出となったCutie Circuit Round供⊃А垢覆海箸鮖廚そ个靴泙靴拭

間奏ではグルグル回って、連番者と合体して、最終公演では見ず知らずの方とも合体してw本当とても楽しかったです。

マイマイがセンターで堂々としてるのを見て、マイマイ、そして℃-uteの成長をとても感じさせられました!

03.As ONE

間髪いれずにヒリヒリするようなイントロ。そしてちょっと艶っぽい愛理の声が響く。

Bメロは現在の℃-ute3トップとも言うべき愛理×舞美嬢×梅さんと他の4人がワンフレーズ毎にフロントを交代で務めました。このフロント交代は結構色々な曲で見られるので、℃の特徴の一つと言えるかもしれませんね。

サビのフリは曲のカッコ良さ共々浪漫にそっくり。愛理の爽快なまでのハイトーンボイス、ヒリヒリするメロディー、そしてクール&びゅーちーなフリ。気分は超うえうえでノリまくってました。

愛理、素敵っ!!!

MC

イ〜ェイ!!

「2007年2月25日、ついにこの日がやってきました!℃-ute デビュー単独コンサート2007春 〜始まったよ!キューティーショー。!!

今日は皆さんよろしくお願いします。

まいみぃこと、リーダーの矢島舞美です!!」

「2月21日に念願のメジャーデビューを果たす事ができました!!勿論ここからがスタートです!まずは第一歩、今日のコンサートを大成功させたいです。梅さんこと、梅田えりか15歳、頑張りますわ!!」

メンバーも続けて「頑張りますわ!」と梅さんの真似。この○○しますわ!というのはキューティー探偵事務所で梅さん扮する三枝豆えりかの口癖です。何かこういう細かい演出も梅さんらしくていいなぁ!

「はい、ハロープロジェクトキッズに加入したときは126センチでした。それが今は150センチ、なっきぃこと、中島早貴です!よろしくお願いします。」

乙女心は桜色、桜チラリでデビューした私達℃-ute、今日の気分も桜満開、今日からお鈴の鈴木愛理です。よろしくお願いします!」

「有原の「あ」は愛情の「あ」、有原の「り」はリズムの「り」、有原の「は」はハッピーの「は」、有原の「ら」はらっきょの「ら」、カレーが大好きアリカンこと、有原栞菜です。よろしくお願いします!」

アリカンっていいかもww

「ウッス!どうもこうもないっす!今日は皆さんに会えて嬉しく、ハギティこと、萩原舞ッス、ウッス!イェイ!!!」

最近マイマイよりハギティを推してるみたいですね。うん、ハギティいいと思います。

「中学生になる前に日本青年館でコンサートができてうれC!!」とCを作ると、メンバーも「C〜」とちっさーの真似。

「学校の卒業文集には間に合いませんでしたが、今日の感想は自分の心の日記にしっかりと書き込んでおきます。チサチサチッサー岡井千聖です!」

ちっさーめちゃくちゃ良いこと言うなぁ。。オレも自分の心の日記にしっかりと焼き付けておきます。つってもかなり物忘れの激しい日記なので、ここに書き留めておいてるんですけどね(^。^;;

まぁこのブログも言ってしまえば心の日記のようなものなのでw

メンバー挨拶MCは各自が自分のニックネームを名乗っていました。馴染みのない初めてのものも多くて、中々面白かったです。公式ニックネームはさっぱり定着しませんでしたが、今日のニックネームはどれだけ定着するのか、興味深いところではありますね!基本思想は脱カリスマニックネームのようです。梅さんはもうどうしようもないですがw

個人的にはアリカンはかなり推したいと思いますw

04.ENDLESS LOVE 〜I Love You More〜

自己紹介MCに次いで、舞美嬢から、「オッケー!こんな7人でお届けする続いての曲は、ENDLESS LOVE。。」とサブタイトルを聞く前に、「おおぉ〜!!」と唸ってしまいました。舞美嬢の「オッケー!」が思いの外カッコ良かった事もあるのですが、この曲、本当に楽しみだったんです。ハローでは久しくお目にかかれなかった本格的R&Bの曲。As Oneと並んで℃-uteにとっても大きなチャレンジだと思いました。それに加えてこの曲の絶対的核だっためぐのパートを誰が務めるのか?という興味もありました。

イントロが流れ出すと、MCでの笑顔が一転、全員キリっと引き締まった表情になりました。クールな表情の7人がめちゃくちゃカッケー。サビからサビを繋ぐ黄金のリレー。梅さん愛理舞美嬢とバトンを渡して、さぁ注目のアンカーは。。なんとマイマイ!!そうこの曲めぐパートはマイマイが担当したのです!これには驚かされました。

めぐ程メリハリと迫力はないものの、それでもほぼ違和感なく歌いこなしたパフォーマンスにはもっと驚かされました。本当にこの娘はスゴい、そして末恐ろしい!

サビのフリはさすが太シスの曲だけあって、メリハリが利いててめちゃくちゃイイ!!そしてこの手のフリをやらせたら舞美嬢です!!ダイナミックでキレ味抜群。しかも表情も凛々しく、完璧に虜になってしまいました。

舞美さん、素敵ッ!!!!

ちなみにこの曲をカバーしたのはメロンに次いで2組目なのですが、太シスの曲をこれほどしっかりカバーできるのは、ハロではこの2組だけではないでしょうか?この辺からも℃-uteの、とても初紺のグループとは思えない完成度の高さを感じることができます。

05.即 抱きしめて

お次もめぐ色の非常に強い曲。とても久々な感じでしたが、会場はややノリ方に戸惑っていた感のあった(勿論自分はノリノリでしたが!)前曲とは一転、イントロが鳴り出した瞬間、待ってました!と言わんばかりにオイオイのかけ声が。やっぱりパンチに欠ける部分はありましたが、そこは愛理が頑張ってフォローしてくれました。フリもオリジナル通りだったので、蹴りのところはいつもの如く後ろに仰け反って、蹴られた格好をしてましたw

ああ〜すごいよ〜すごいわ〜のフリも久々にやったら、張り切り過ぎて、バシッと隣の方に激突。公演を重ねる毎に距離感というかスペースの使い方を思い出してきましたがw

06.YES! しあわせ

イントロを聞いた瞬間ニッコニコになりました。同時に目元が少しじわっと。今回本当にとても楽しみで、できればオーラスでやって欲しいと思っていた曲です。

幸福感に溢れたメロディーそして今回振り付けがとっても可愛いかったです。イントロではメンバーがペアになって社交ダンスのような踊りをしていました。さながら舞踏会のよう。舞美嬢はなっきぃとペアでしたが、舞美嬢の腕の中をクルっと回るなっきぃがめちゃくちゃ可愛かったぁ!!

曲中も一方でEVERYDAY YEAH!の間奏のフリをやったかと思うと、別のところではまた好き勝手に違うフリをやっていたりと、とにかく自由奔放で楽しそうな感じが伝わってきました。

そんな雰囲気に乗せられて、ひたすら横ノリ(って表現あるのかな?)で℃-uteと一緒にこの幸せ一杯のフレーズを口ずさんでました。

サビはこの曲調から予想通りの手を振るフリでした。二人で手とて合わせてのところは、4公演とも連番者と手を合わせました。まぁ普通ならやらないでしょうが、この2日間は特別だったので!

間奏で自然と沸き起こった手拍子から、舞美嬢の「皆さんご一緒に!」の掛け声での合唱!(大ってほど大きな声での合唱にはなりませんでしたが。)

YES しあわせ

きっとこの先も楽しい♪

出来事が起こることでしょう♪

きっとこの先も何か♪

大切な出会いもあるでしょう♪

さすが舞美嬢分かってらっしゃる!!

この曲は会場一つになって歌うにはピッタリの曲です。会場中が幸せ一杯の気分を共有できたのではないでしょうか!

タテだけじゃなく横のアンセムも凄いんです!!やっぱり℃-ute紺楽しすぎますよぉぉ!!

キューティーガールズ ショートコント

(o・・)リ ・一・リ洲 ` v ´)<時間があったらきちんと書きます!


07.Shall We Love?/梅さん×舞美嬢×なっきぃ×栞ちゃん

爽やかでちょっとドキドキの黄色い衣装から、真っ白なドレスに衣装チェンジ。

Baby!Baby!Baby! Shall We Love♪

舞美!!

この曲は舞美嬢メイン。ENDLESS LOVEの所でも書きましたが、この手のR&B調のステージは舞美嬢の真骨頂。この曲でも舞美嬢のダンスはひときわ輝いてました。夏紺のDEF.DIVAエレジーズといい、舞美嬢ワールドの一つの方向性が見えてきたような気がします。対極の魅力を放っていたのがなっきぃ。この娘は同じく去年夏のSEXY GUYでも感じたのですが、意外とクールにカッコ良く極めるのですが、「なっきぃまだ早いよ!」とちょっと見てる方が恥ずかしくなっちゃうようなカワイさがあるんですよねぇ。この辺りの不思議な感じもなっきぃの魅力なのでしょうけど。

MC(梅さん×舞美嬢×なっきぃ×栞ちゃん)

お姉さんチームによるMCでしたが、℃-uteの新司令塔とも言うべきなっきぃが司会進行を務めました。

まずは「改めてですけど、今日は凄い盛り上りですね〜!!」とご挨拶。

ついでなっきぃの質問に各メンバーが答える形で進められました。

なっきぃの質問は4公演とも一緒でしたが、メンバーの答えは24日と25日で変わっていました。


梅さん

「エンターテイメントの世界における梅さんの夢はなんですか?」

  • 24日「そうですね、今日のコンサートを大成功させて、ゆくゆくは全国ツアーを成功させたいです!!」
  • 25日「そうですね、今日のコンサートを大成功させて、ゆくゆくは℃-uteみんなでTVのレギュラー番組を持ちたいです!!」


舞美

「こんな梅さんもそうですが、まいみぃ〜も4月から高校生、夢とかありますか?」

  • 24日「私は中学では給食を食べていたんですけど、高校からはお弁当になるのがもうたのしみですね〜。友達と、「あ、今日は私のアスパラガスの肉巻きとウインナーを交換」みたいな、そんなお弁当の時間を楽しみにしてます!」
  • 25日「私は高校生になったら定期券を使うことになるんですけど、既にピンクと白のカワイイ定期券を買ってあるんですよ!その定期券を使って、ピッとかねシュッとかね、やるのを考えると、もうテンションがあがってきますね!!本当は駅員さんに「あどうも!」って言いながら、見せながら、というのに憧れるんですけど、ちょっとそれは出来ないので、ピッとかシュッとかやりたいと思います。そんな通学の時間を楽しみにしてます!」

最後になっきぃが「じゃ高校生活をエンジョイしちゃって下さいね!」と一言添えました。

シュッとかピッとか感覚的な独特の擬声語がなんか舞美嬢らしいwにしてもやっぱしピンクなのね。。


栞ちゃん

「続いてはアリカンこと、有原栞菜への質問です。この2月中に絶対やりきりたいことはなんですか?」

  • 24日「読みたい本が2冊あって、両方とも500ページくらいある小説なんですよ!今月中に買って、両方とも今月中に栞菜らず読みきりたいと思います。」

なっきぃがすかさず「栞菜らずお願いしますよ!」と念を押してました。

  • 25日「冷蔵庫にタマゴが一個しかないんですよ!そのタマゴが3月1日に賞味期限が切れちゃうので、今月中に栞菜らず大好きな玉子焼きを作ってもらいたいと思います!」

するとすかさずなっきぃが「それは自分じゃなくてお母さんにってこと?」

「勿論です!」と栞ちゃんが答えると、会場からはエ〜!!

そんな声を受けてた、なっきぃが「自分でも栞菜らず作れるようにして下さいよ!」

栞菜が元気よく「はい!」

そして今度は梅さんからなっきぃへ逆質問。

「そんなこと言ってるなっきぃ!今日のコンサートでやりきりたい事はなんですか?」

「え、後何十分とかしかないけど。。」

笑いながらこんなセリフを言っちゃうなっきぃ(勿論台本通り)に、エエ〜!!!!!

「そんなの決まってるじゃないですか!!皆さんの心を鷲掴みにしたいと思います!!」とグイっと掴むような仕草をするもんだから、会場から大歓声!!やっべーマジなっきぃカワイイんだけど!!!!こんな自分ですら鷲掴みにされたくらいですから。。

日昼はなっきぃ推しの連番者を恐る恐る見ると、、心ここにあらずといった感じでしたww

それにしてもなっきぃの司会ぶりは素晴しかった。舞美嬢の全然まとめきれないのとは違って、相槌の打ち方、突っ込むタイミング、どれもこれも絶妙でした。めぐの務めた司令塔の座、どうやらその後継者は決まったようです。前任者のような押しの強さはないですが、それを補って余りある冷静と機転の利く頭の回転の速さ。

℃-uteの新司令塔中島早貴の誕生です!

ここで舞美嬢が「うまくまとまった所で、続いての曲に参りましょう!。。」

相変わらずこの娘は適当にまとめるな。。となっきぃとの差を痛感w

岡井千聖萩原舞、二人が歌う会えない長い日曜日です!どうぞ!」

08.会えない長い日曜日/ちっさー×マイマイ

曲紹介があると場内大歓声!!

そして「ちっさー&ハギティ!行きま〜す!!」と元気よく登場。

この二人のパワーをまざまざと見せつけられました。楽曲の良さもあるのでしょうが、この二人が登場した瞬間、会場がパ〜!!っと明るくなった感じになりました。舞美嬢ヲタ?愛理ヲタ?そんな誰推しなんてのを超越してとにかく会場中がこの二人に釘付けって感じ。本当にみんなめちゃくちゃ楽しそうな表情してました。で、やっぱしこの二人、単にキャラだけじゃなくて相当歌が上手い。ひょっとしたら℃-uteの歌唱力トップ3ってキューティーガールズになっちゃうのかな??正にダブルユーの直系って感じですね。知名度がもう少し上がればこの二人だけでも十分勝負できると思います。

それにしてもミキティとちっさーまいまいってラインが確立されたようで、何だか嬉しいです。これからもこのライン続けていって欲しいな。

よろしくね、ミキティ!!w

09.さよならのLOVE SONG/愛理

絶対あると思っていた愛理ソロ。選曲はちょっと意外でしたが、表情豊かな愛理が感情を込めて歌っている姿はとても可愛らしく素敵でした!!もっと全力で恋してたのに♪のところの表情なんてめちゃくちゃ可愛かったです。間奏や最後の愛理コールも雰囲気を壊さない程よい程度だったので、ちょうどいい感じでした。

(あれをうるさいと感じる人は自分にはちょっと厳しい。。)

ただ、よなか氏も指摘していましたが、緊張していたのか、特に初日はいつもほど声に伸びが無かったようには感じました。でも、一生懸命歌う愛理の声はどこまでも胸にしみこんできます。

愛理の歌声はやっぱし最高ッス!!


10.ミラクルルン グランプリン!

11.ちょこっとLOVE/なっきぃ・お鈴さん・ちっぺ

この2曲はメドレーっぽくショートVerでした。

ミラクルルン、やっぱしこの曲を聴くとなっきぃを思い出しますw去年の冬ワンダでもなっきぃこの1曲だけって感じで(実はちっさーも同じ待遇でしたが。。)、逆に凄くなっきぃの曲って印象が強いんですよね。最終公演は真正面で舞美嬢がクルクルしながらミラクルルンしてたので、めちゃくちゃ楽しかったです。ああいうコミカルなフリでも舞美嬢のフリ凄いキビキビしてるんだもん。このギャップが最高に楽しかったです。

ちょこLOVEが流れ出すと、なっきぃ愛理、ちっさー以外の4人が退場。この曲本当に久しぶりだったんですけど、明るく元気なところやかわいい振り付けが結構℃-uteに馴染んでる感じでしたね。それにしても、太シスにミニモニにごまっとう、そしてプッチモニ℃-uteを通してハローの歴史を振り返ってるような感じでしたね。オールドなハロヲタにはかなり嬉しいリストでした。

12.乙女パスタに感動/梅さん・まいみぃ・アリカン・ハギティ→全員

初日このイントロを聞いた瞬間、え?と頭の中がいっぱいいっぱいになってしまいました。そして次の瞬間「おぉぉぉぉ!!!よっしゃ!!!」

舞美嬢、梅さんマイマイ、そしてあの頃はいなかった栞ちゃん。本当見違えるようだよ!

何かまたこうして舞美嬢や梅さん℃-uteの乙パスが聴けるなんて、夢のようでした。そんなちょっと感傷に浸ってると、初回公演で、舞美嬢やらかしてくれました!!

持っていた傘をフックにかけてから歌い始めるのですが、舞美嬢フックにかけるのを失敗して、

从・ゥ・从<あっ!!

って感じで傘落っことしてましたwwww

こんな大切な曲なのに、こんなキラーパスを送るあなた、本当どこまでも間抜けで、でも最高に素敵です!!!

この曲の特徴でもあるワンフレーズ毎に繰り返すところは凄い盛り上りでした。年長と年少、新旧の入り混じった、℃-uteの縮図的な4人のステージを楽しんでました。

そして間奏でなっきぃ愛理、ちっさーも登場してフロントを交代。この辺りから自分の感情が微妙にやばくなっていくのを感じました。

そして、7人が一列に並んで「金曜日〜♪」と歌い出したその時、色々思っていた事が一気に弾けて、目の前が急に熱くなって、折角の7人がぼやけてしか見えなくなってしまいました。我慢しようとすればするほど、色々な事を思い出して、もうどうしようもなくなってしまいました。

あの小さかった子たちが、志半ばで挫けることなく、よくぞここまで、頑張ってきたよなぁ。。

おめでとう。。

心の中でそう呟くのが精一杯。折角とんでもない良席でこの子達の晴れ舞台が見れるのにメソメソすんな!!そう自分を叱咤する意味も込めて、「金曜日♪明日は休み〜♪!!」と場違いの熱唱をしていました!!

歌い終えた7人に対して、両手を高々とあげて、「℃-ute最高!!」と叫びました。

今、ステージにいる7人の女の子を推す、まさにその原点ともなった曲。あのステージから2年半本当に色々なことがありました。2004年の夏からこの2007年2月24日に起きた、物語が一つに繋がりました。

ここで前半が終了。

℃-uteの原点ってどこだろう?それは人それぞれだろうし、これが正しいって答えはないと思います。自分にとっての原点はまさにこの乙女パスタに感動。厳密に言えば℃-uteというより、後に℃-uteと呼ばれる7人の女の子たちの物語の原点、という事になりますが。

このリストを見る限り、そう思っていたのはどうやら自分だけではないんだ。やっぱりこの曲は℃-uteにとって大切な位置づけの曲なんだ。敢えてこの曲を前半最後に持ってきた辺りに、この曲の持つ重みを感じる事ができました。勿論単なる偶然なのかもしれないのですが、自分にとってはとても満足であり、嬉しくもありました。


VTR

(o・・)リ ・一・リ<ミキティのありがたいお言葉。時間があったら書きます!

13.わっきゃない(Z)

スクリーンが上がりお馴染みのイントロが流れ出しました。そこに衣装換えをした7人が登場!乙パスが彼女たち7人の原点であるなら、この曲は℃-uteというユニットの原点。リストからもそんな意図が感じられました。

梅さんの「後半戦も頑張っていきましょう!」のかけ声で会場中気合い入れ直したようでした!さすがにこの会場に足を運んでる人はほとんどがフリコピも完璧。

この曲は本当に賑やかになりますw

さぁ後半戦も切り込み隊長はこの人。

平成に生まれちゃった現代♪

「恋」は変わら〜ない♪

愛理!!!

ぬぉ、間違いなく今までで一番デカい!

情報化とかいうけど全然

あなたを知らな〜い♪

えりか!! めぐみ!

ん?これは連番者の仕業でしたw「まぁ今日はアリ☆カナ!!」なんて思いました。

Bメロはこれまでのセンター2人一組の構成ではなく、ステージを広く使ってました。

最後は定番の「皆さん一緒に!」のよっしゃ!よっしゃ!よっしゃはこの日の会場の総意という感じで、これまた今までで一番デカかったです!

後半戦の特徴としてかなりの曲で、フリ付けがコンサート仕様にアレンジされてました。

前半戦が今までの℃-uteの総決算とすれば、後半戦はこれからの新しい℃-uteという感じでした。


14.タイムカプセル

最近、実は凄い名曲なんじゃないかと感じ始めてる曲です。イントロに合わせて手拍子からから舞美嬢→梅さんなっきぃ愛理と凸凹しながらもその個性あるボーカルが一つの曲として繋がる℃-uteのらしいAメロ、ここはリズムに合わせて手拍子、そしてBメロは舞美嬢の小気味いいステップに合わせて振りコピ、サビも勿論振りコピ!と思って、舞美嬢と指差しする準備をしていたら、あれあれ??微妙に振り付けが変わってました。と、思いきや2番になると、変わったどころかステージに座って歌い始めました。ワンダ紺ののののすっぴんでバックを務めたときのような感じです。うわぁちょっとノリにくいゾと感じましたが、最初にこの曲を聴いたときのように、リズムに合わせて手拍子して、℃-uteと一緒に口ずさんでみました。

やっぱりシンプルだけど、とてもいいメロディーラインと℃-uteにピッタリの歌詞をじっくり堪能できて、これはこれで心地良くて良かったです。ただドライヤーと格闘したり、指差しはしたかったなぁ。


15.桜チラリ

タイムカプセルを歌い終えると、「ありがとうございました!」とようやく一息。

「2月21日に発売になったばかりの私達のメジャーデビューシングル、桜チラリ聴いて下さ〜い!」と愛理から曲紹介されると、会場からはオオォ!!と大歓声。

衣装も赤のサクラの花柄がいかにもこの曲にピッタリ!

イントロに合わせて軽やかなステップを刻み出す。呼応するように会場も一糸乱れぬクラップを開始。やっぱりこのクラップも今までにないデカさ。手を叩く音が会場中に鳴り響きました。結局このクラップはBメロ以外ずっと継続してました!!

自分もテンポよくクラップをかまして、右へ左へターン。

Bメロのここの舞美コールはある意味このコンサートで一番気合いれたかもってくらい絶叫!!

それにしても皆さん、Aメロラスのハーイハイハイハイ!からBメロのメンバーコール、そしてサビのチラリのフリの流れまで完璧に揃ってました!これほど会場中がピッタリ合うのは本当に珍しい!この一体感はシンプルなメロディーにフリ、そして2ヶ月にも渡るプロモーションの賜物ですね。

間奏は愛理を中心に℃-uteという花がパァーと咲く…という定番の振りではなく、メンバーが2組に分かれて、交互にフロントに出てきてハイハイハイと手拍子。そんなことするもんだから、いつもなら比較的平静だった間奏も大盛り上がり!

最後はマイマイの「桜チラリ」セリフにちょっとキュンときて、愛理のソロパートに癒され、ワンモアタイムを絶叫して、クラップとチラシでフィニッシュ!、と大忙し。

この曲、曲調もミディアムでフリも全然激しくないのにとても疲れます。℃-uteの熱気、会場の一体感につられてついついハッスルしてしまう。でも、この曲の後の程よい疲労感、本当とても心地良いんですよね〜。

こんなミディアムな曲でも℃-uteは会場を熱狂空間に変えてしまうんです!やっぱり℃-uteって、生粋のライブグループですよ!


16.大きな愛でもてなして

即抱きの地味な衣装から一転、ピンクで統一された衣装、頭にこびりつくウィスパーボイス、もっと頭にこびりつき、聴かないと禁断症状に陥るまでになった舞美嬢ヴォイス。。去年夏以来、現場で繰り返し聞いてる内に、自分の中ではある種サイケデリックともいえる、どぉぉぉっぉぉしても頭から離れない病み付きになる曲となってしまいました。

曲と共にあのビートにのせた振り付けも、1ヶ月現場で踊れないと禁断症状が起きてしまいます。あの可愛らしさの中にも自分はロックを見出せるんですよ!

段々言ってる意味が分からなくなってきましたが、そのくらい大好きなんですよ!!

という訳で、あのウィスーパーボイスを聴いた瞬間、頭の中はトランス状態。

基本的にずっと振りコピで押すのですが、Aメロだけはメンバーの名前叫んでジャンプするのもこれまたCutie Circuit以来の悲しい性。今ではこれやる人があまりいなくなってしまって、後ろでみていたサファイア氏に「あそこで飛んでたの前の方ではそこの二人だけでしたよ」とご指摘を受けてしまいました。マジ?ちょっと恥ずかしいんだけど。。

サビの振りで前半をバック、後半をフロントに合わせてやってるのは、会場広しといえども自分しかいないのでは?と思ってます。これは基本的にはバックの方がこの曲のリズムに非常に合っててノリ易いからなのですが、後半フロントにするのは、そりゃ。。一応自分は舞美嬢推しなんで。推しがフロントに出てくるのに、ましてやピンクのTシャツ着てそれはあまりにも不自然なんでね。フロントの振りしかやらないだろうと油断してた連番者に突きがビシっと入ってしまったり(バックの振りは横に手を出すので)と結構ご迷惑をおかけしたのも事実。。これからはちょっとだけ気をつけたいと思います(^。^;;

それにしてもさすがはキューティーショー。大きな愛でのクラップの部分もパシッってよりはバシッ!!って感じで会場の気合が伝わってきました。

最後のフレーズがウイスバーヴォイスではなく、

大きな愛でもてなしてっ!!!!

と思いっきりシャウト風になっていました。確か正月のハロ紺もちょっとそんな感じがしたのですが、今公演では完璧にシャウトしてました。やっぱり会場だけでなく℃-uteメンも相当気合が入っていたようですね!

17.まっさらブルージーンズ

またもや間髪いれずに、栞ちゃんが「最後の曲いきますよ〜!!!」

バキバキのベースサウンドにのせて、℃-uteが小気味良いステップを刻み始める。呼応するように会場も盛り上がる。

あの奇跡の進撃を続けたCutie Circuitのオープニングフレーズでもある、栞ちゃんの代名詞、「2階も。。」

ノk|‘−‘)<まっさらブルージーンズ!!!!!!!

うぉりゃ!まっさらキタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!

会場中至る所で熱く激しいフリコピが発生、そしてお馴染みの「気合だ!気合だ!」と絶叫する軍団もw

栞ちゃんの号令に合わせていよいよラストダンス。会場も俄然熱くなってきました。

Aメロはめい一杯気合入れて踊りました。Bメロは完全にキューティーショー仕様。

栞ちゃんの「こっち〜!」の号令で向かって右に移動。ちなみに2番は梅さんが「今度はこっち〜!!」と逆に左に移動。いつものフリではなく、ハイハイとかなりハイテンポに腕をフリあげながら煽りまくってました。

サビの速射砲はもう力振り絞って超高速で腕を上下運動。以前キューティーパーティーでアドバイスのあった左手をチョキにするのも忘れずに。

間奏のいつもの激しい振りではなく、オ〜イェイ!オ〜イェイ!ハイ!ハイ!ハイ!と完全にキューティーショー仕様で煽りまくり。これは問題のあの場面に備えて、舞美嬢の体力を温存させる狙いもあったのでしょうか。。って舞美嬢なにそんなにノリノリで煽りまくってんだよ!!!!!体力温存しなくていいの。。ってこの娘にゃそんな計算無理だってね。。そんな事はよく分かってますよ。さて。。

最後にして最大のヤマ場、舞美嬢ソロがやってきました!!

まっさらぴんのブルージーンズ♪

何気に着崩して〜♪

大きな夢を翳した〜ら♪

ゴクッ。。会場中が固唾を呑んで見守っているようでした。。

美人になぁった〜!!!!!

イ、YE━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━S!!!!

良くやった舞美嬢!!!思わずガッツポーズ。

冷静に見れば、お世辞にもうまいとは言えませんが、4公演とも魂が揺さぶれる舞美嬢の声が胸に届きました!!

緊張から解き放たれた舞美嬢が、℃-uteが、そして会場が。。。

最後一段のギアを手をかけ、ON!!!

まっさらぴんのブルージーンズ!!!

ラストの数フレーズはありったけの体力を使い、もう本能だけで動く、まさに分析不能な盛り上がり方をしてました。

ラストは、キューティーショーのシメは

ドタバタしてても

LOVE ME LOVE ME LOVE ME LOVE ME

や〜じままいみとラブミードゥー!!!!

アイッ!!!!

き、決まった!!

終わった瞬間すべてを出し切ったって感じでもう全然動けなかったです。


MC

最後も恒例の一言挨拶。

  • 「2007年2月25日、私達℃-uteにとって、記念すべき忘れられない1日になりました。皆さん今日は本当にありがとうございました。まいみぃ〜こと矢島舞美でした!!」
  • 「今日のコンサート大成功!これからも今までと変わらない声援よろしくお願いしますわ。梅さんこと梅田えりかでした!」
  • 「2階席のみなさん、ありがとうございました!そして1階席の皆さんもありがとうございました!今日は本当に楽しかったです!なっきぃこと中島早貴でした!」
  • 「一足お先に℃-ute桜満開となりました!もっともっと大きな花を咲かせますので、これからも応援よろしくお願いします!お鈴こと鈴木愛理でした!」
  • 「今日のコンサート一言で言うと、楽しかった栞菜〜!!アリカンこと、有原栞菜でした!」
  • 「ウス!最高だったっす!またコンサートでお会いしましょう!4月、5月と次のコンサートが決まってるっす!場所は、東京、名古屋、大阪。皆さん是非来て下さい。ハギティこと萩原舞っす!」
  • 「今日の感想は心の日記にしっかり書き込んでおきます!そしてキューティーガールズ存続希望の方は、どんどんファンレターお待ちしてます!ちっさーこと岡井千聖でした!」

まずは舞美嬢のオーソドックスですが感謝に溢れた挨拶、ちょっと捻りを加える梅さん、満面のスマイルで1階2階に気遣うなっきぃ、叙情的でさらりと美しい表現をする愛理、○○栞菜!をすっかり定着させた栞菜!、いつものロックキャラに続いて、この日は団長キャラと舞回しっかりとキャラ作りをするマイマイ、そして定番のキューティーガールズの宣伝しながらも、心の日記という名言を残したちっさー。。

全員が普段どおりの自分を存分に発揮してくれましたが、同時に一人一人が自分らしさにとても磨きをかけている!

そんな成長がとても感じられた℃-uteらしい挨拶でした。

この、一人一人の挨拶に割れんばかりの拍手。一人一人が堂々としっかりと挨拶してました!

最後の舞美嬢のシメ。℃-uteというものを簡単に振り返ってくれるのですが、このシーンは涙ボロボロ、色々な事を思い出して、舞美嬢を直視する事ができませんでした。

「2005年に℃-uteという名前が付いて、昨年2006年にはCutie Circuitで、全国を回る事ができました。そして本日、℃-uteのデビュー単独コンサート大成功致しました!!!!」

おぉぉぉぉぉ!!!会場が地鳴りをあげたような、文句なく今日一番の大歓声!!

本当はここで舞台を去って握手会に移るのですが、

ステージ上の7人への、いっこうに鳴り止まぬ歓声、それどころかその歓声は益々大きくなり、それはいつしか

バンザーイ!!バンザーイ!!

と万歳コールへ!!

これを見て初日夜には舞美嬢が、そして最終公演では、梅さんが、なっきぃが。。愛理が。。と連鎖反応的に涙が伝ってきました。最後は栞ちゃんが号泣。

それを見て今度は会場が℃-ute℃-ute℃-ute℃-ute!の大合唱!!

舞美嬢が最後の力を振り絞り「今日のコンサートが成功できたのも皆さんのお陰です!

「本当にどうもありがとうございました!!」

最後に握手会の告知を行い、桜チラリのBGMに合わせて、JUMPのイントロと共にぶち破った扉へ再び戻っていきました。

彼女達が去ってからも、℃-ute最高!!のコールがしばらく鳴り止むことはなかったです。

と、これが私が味わった奇跡の2日間の全容です。もちろんこれから握手会があるのですが、その話は福岡から帰ってきてからゆっくりと。

コンサートで泣く、それはある意味アーティストとオーディエンスの気持ちが限りなく同じ気持ちを共有出来た時、もっとも心が近づいた時なのかもしれません。

であるからこそ、コンサートで泣く、何てことは滅多にないのだと思います。かつてロックキッズのお友達hiroくんが後藤真希最終公演で泣いた、という話を聞きました。尊敬するSK氏が、こんこん卒紺で泣いたという話も聞きました。そう言った話はを聞くにつけ、とても羨ましかったです。自分はまだそういう境地に達したことはありませんでした。

そしてようやく2007年2月24日、25日その境地に達することができたと思います。

しかもその涙を、舞美嬢の言うところの「昨年2006年にはCutie Circuitで、全国を回る事ができました。」のCircuitを共に転戦し続けたよなか氏や、会場中のみんな、さらにはステージ上の℃-uteのみんなとこの涙を共有できた事は、生涯忘れる事はないと思います。

最高の2日間でした。ありがとう、そして、

℃-ute最高!!!

リl|*´∀`l|<とキレイにまとめてるけど、握手会、グッズの話、色紙の話とまだ語るべき事はありますわね!!

ハイ。。

てな訳で、

从・ゥ・从<続け!!

御意。。

to be continued ...

2007-02-27 日本青年館 2Days

maiming_glory2007-02-27

ただいま!キューティーショー最高に楽しかったです♪

24日、25日、℃-uteの記念すべきデビュー単独コンサート、始まったよ!キューティーショーに参戦してきました。

期待通り、そして予想通り、私のハロヲタ生活5年の中で最高の2日間となりました!もう何と表現したらいいのか。。やっぱし涙涙の2日間でした。

普通メジャーでCD出してコンサートやって、という順番でその人を推す訳じゃないですか!ところが℃-uteは今回が初ライブ!推しのライブをこんなにドキドキして迎えられるって℃ヲタの特権だよなぁと、この幸せを噛み締めながら、青年館に向いました。

さて、いつもならライブレポといくところですが、今回のレポに関してはじっくり時間をかけて書きたいので、ちょっと後回しにしようと思います。

从・ゥ・从 <と言いながらメロン紺とかこの間のROCKショー、さらに応援企画第6弾も書いてないよね?

リl|*´∀`l|<だよね〜!!

御意。。今回は絶対書きます(^。^;;

ノk|‘−‘)<栞菜らず書くんだ栞菜!!

イエッサー!!

という訳でまずは、この2日間の出来事を書き綴ってみたいと思います。

24日昼

もう本当にワクワクドキドキしながら、JUMPを何回も口ずさんで青年館を目指しました。と、ここでアクシデント。千駄ヶ谷駅からレッズサポの流れに任せて歩いていましたが、青年館の場所が微妙に分からない事に気付きました。。。2週間前にあれほど予行演習をしたのに。。結局仙台の里田さん推しに電話して何とか辿り着く事ができました。

会場に着くと、すでに中に入った連番者のよなか氏から1舞で℃サインポスターあたったよんというご連絡。クソ!相変わらず引き強えな〜!!と思いつつ、自分も開演15分前に場内へ。

座席はC列サブセンター左。この実質2列というのはおとめ紺の3列を更新する過去最高のグリッド。去年さんざん連番したアズーリ#61がとても懐かしく思えました。恐らくこのユニを着ての連番はこれが最後。二人で気合をいれると、照明が落ち場内大歓声。そして鳴り響く静かなオルゴールの音。やっぱり1曲目は予想通り、EVERYDAY。。とその刹那そんな静寂を突き破る爆音!℃-ute初の単独コンサート、記念すべき1曲目、℃-ute未来への第一歩は、、

JUMP!!!!!!!!!!!

JUMP JUMP JUMP JUMP 高く!!

ステージセットの7つの扉が開き、黄色いシャツを着た℃-uteの7人が登場!!

そう来たか!!一瞬戸惑いながらも会場中大興奮!!

℃-uteの第一歩は熱く力強い、最高の一歩でした。

ところで、この黄色いシャツにチェックのパンツの衣装。今までのようにちょっと凝っていたり、ヒラヒラしていた衣装とは一転、シンプルで自然体な感じがとてもグー!!特に体のラインが割りと強調されていたのですが、え?ちっさー?栞ちゃんも結構!舞美嬢いつのまに!!と、ちょっと驚きとドキドキ交じりの発見がありました。特に梅さんには驚かれました!!相当凄いっすよ!!揺れてましたよ!!あと一歩であの何とか5に入れそう(爆)

(o・・)<って何の話してんねん!!!

洲 ` v ´)リ ・一・リ <ペシッ!!

はい、スンマセン。これくらいで辞めときます。

詳しいライブ内容については後ほど書こうと思いますが、本当にどの曲もどの曲も全部℃-uteってのが嬉しくて。しかも℃-uteオリジナルの曲は全部フル。当たり前ですが、これは本当に嬉しかったです。

そしてオリジナルではないのですが、一番やばかったのが、乙女パスタに感動。自分の中ではこの曲こそが℃-uteの原点だと思っています。白い衣装の舞美嬢×梅さん×栞ちゃん×ナッキーの4人が登場して、イントロが流れ出した瞬間、頭の中がいっぱいいっぱいになってしまいました。曲は進んで2番からはキューティーガールズの3人も登場。そして曲も終盤に差し掛かり、前後に分かれていたメンバーが7人一列になった時。。急に目の前がぼやけて、7人がよく見えなくなってしまいました。。何かこんな光景が見られるのをずっと待っていたような気がしました。でもいざそんな光景を目の当たりにすると。。見れないもんですねぇ。。見ようとするほど、目のぼやけがひどくなってしまって。。最後はひたすら拳突き上げて、金曜日ぃぃ〜!!!♪って熱唱してました。本当はそんなに熱唱する歌ではないんですけどね(^。^;;

情けないくらい何もできませんでした。本当ふざけんなよ!この曲をリストに組み込むなんて反則だよ!!でもメチャクチャ嬉しかった。

公演終了後はよなか氏とがっちり握手を交わし、その後抱擁。

本当アズーリの横でこの日を迎える事ができて良かったです。

握手会は当然全員におめでとーのお祝い。何のひねりもありませんが、やっぱし皆にどうしてもこの一言が言いたかったので。

24夜

N列サブセンター左で栞ちゃんヲタサファイア氏と連番。昼は色々な思いが交錯してあっという間に終わってしまいましたが、夜は℃-uteステージを存分に楽しむ事ができました。それでも乙パスはやっばしダメでした。。

公演終了後、舞美嬢が℃-uteのこれまでの℃-uteの歴史や、単独コンサートが開催できた事へのお礼を述べるのですが、ありがとうございましたと言った後、会場を包み込む万歳コールが沸き起こりました。これを見た舞美嬢が感極まって泣いてしまいました。

泣くなよ!舞美。。さん。。

。。。。何かこの涙は舞美嬢がこれまで背負い込んできたものの重さ、そして今日という日をどれだけ大切に思っていたか、そんなものが、こんな一介のヲタにもヒシヒシと伝わってきました。

このステージを大切に思ってくれてありがとう。。。本当にあなたは素敵過ぎる。。という訳で舞美嬢に泣かされました。


さて、そんな汗と涙で体中の水分を出しつくした後は宴会だ!!場所は2週間前のロックショー@青年館後に開拓したビアホール。茶屋に代わる新たな聖地の予感がする名店です。メンバーは奇しくもCutie BirthDay Partyをやった5人。かなり飲んだので細かいところまでは覚えてませんが、何かスゲー熱く℃-uteとか、それ以外の事についても語ってた気がする。思えばこんな風に℃-uteの事を熱く語り合うのも夢だったんですよね〜。公演後も本当に楽しかったです。


25昼

意外にもナッキーヲタベロケロぽん氏と初の連番。しかもD列センターとある意味昨日昼を上回る席。ケロぽん氏はオレンジのユニを着ていた事もあり、何度もナッキーにキョロキョロ見られてました。で、自分はというとこんないい席にいたにも関わらずさっぱり舞美嬢にレス貰えませんでした(ノ_・。)

この公演では今までになくフレキシブルなポジションチェンジでなるべくお互いの推しに近づけるように頑張ってました。そんなポジションチェンジも思いの他楽しかったです。25昼は一つの夢が実現しました。この日は昨日の5人に加えて、私にいつも舞美嬢グッズを恵んで下さるのの推し(この日は愛理)のワダさん、そして是非一度℃紺を見せたかった、元ピンクファミリーで現ピンキー推しのSK氏も参戦。7人揃った。しかも推しは奇跡的に全く被っていない!ついにあれをやる時がきました。

公演約10分前、ロビーにて、

リl|*´∀`l|<えりか!!(よなかさん(本当は愛理が良かったらしいw))

从・ゥ・从<舞美!!(ボノ)

ノソ*^ o゚)<早貴!!(けろぽんさん)

洲 ` v ´)<愛理!!(ワダさん)

リ ・一・リ<千聖!!(SKさんにお願いしましたw)

(o・・)<舞!!(ゴルゴさん)

ノk|‘−‘)<栞菜!!(サファイアくん)

7人揃って、弾けるゾイッ!!!

ヤター!!「ちょっと1曲聴いて下さい」の江ノ島水族館の水槽前で弾けるゾイをやってる7人を見て以来の念願がついに叶いました!!

25夜

メッセージ集めもほぼ完了して、再び7人で弾けるゾイで気合注入して、いざ最終公演へ。最後はやっぱしよなか氏と連番。ちなみに座席はK列サブセンター右。4公演目で初の右です!ここでちょっとしたミラクルが。自分の後ろには何とゴルゴさんが!!奇跡の縦横連番が完成しました。マイマイ登場の時のゴルゴさんの声援マジスゲーwww

EVERYDAY YEAH!片想いでは自分の左の方が二人で合体してたので、自分もこの方にちゃっかり合体。これでよなか氏を含めて自身の℃で最高記録となる4連合体が完成w公演後に横の方に「合体しましたよね!」「やっぱりやらなきゃダメですよね〜!」と言われて結構嬉しかったですね。ちなみにこの方々はベリヲタさんとのことでした!ちょっとベリヲタさんも好きになりましたw

ラスのまっさらでは定番の「や〜じままいみとラブミードゥー」をやっていたら、よなか氏も「う〜めだえりかとラブミードゥー」と絶叫。おいおい、愛理じゃないのかよ?と思ったのですが、原点だから、とのこと。確かにこのネタの原点は札幌の梅さんヲタでしたからねぇ。

最後のMCで再び万歳コールが起こると、舞美嬢がウルッ、すると連鎖反応的に、梅さんが、愛理が、ナッキーが。。そして最後は栞ちゃんが号泣!!

最後の栞ちゃんの号泣、マジやばかった。。続に言う二期メンの栞ちゃん。ハロプロでも入った時期が違うとちょっとした壁を感じたりするものですが、こと℃-uteに関しては全くそういう事を感じませんでした。それはやっぱりCutie Circuitという℃-uteというものを形成する上で最も大事だった時期を共に駆け抜けたからなのかなぁって思います。握手会でくたびれモードの時もあるけど、℃-uteとして走ってきた時間に差はあるけれでも、栞ちゃんも同じくらい℃のこと好きで大切に思ってるんやな〜ってめちゃくちゃ感動しました。

最後はよなか氏と、そしてゴルゴ氏とも抱擁。

最後の握手会。どうしても舞美嬢に伝えたいことがありまして。。

从・ゥ・从<何でピンク色かって?

いや。。まぁそれもそうなんだけど、どうせ握手会で聞いても

「あ。あ。えと。。」で終わってしまうやん。。

ま、何て言ったかはライブレポにでも書こうかと思います。至ってシンプルな一言です。

二日目も勿論宴会。メンバーは昨日と同じ。お店は茶屋と同じビルの普通の居酒屋でした。よなか氏が気を利かせてくれて「矢島」様で予約。すると次の客も「矢島」と言うのが聞えました。もしや。。と思って振り返ると、紫の℃-uteTに、愛理だったか誰かのTを着た集団が。。

℃ヲタ キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

通路を挟んで向かいだったので、とりあえず向こうの集団と通路越しに乾杯w

ここで気を良くしたか、こちらは茶屋と何ら変わらずいつもの行為に走りましたwww

最後は別集団の方と「札幌で会いましょう!!」と約束。

f:id:maiming_glory:20070228035600j:image

何か涙涙の二日間だったけど、こんな感動めったに味わえるものではないですからね!

こういうのもたまにはいいかな。誰が卒業するでもなく、存分に泣けるのは、℃ヲタとこの会場に足を運んだ人たちの特権ですね!

℃-ute、紺もヲタもすべてが後発で、だからこそ、そんな大きな派閥みたいなものもなくて、割とのんびりしてて、自分はこんな℃紺と℃の現場が結構気に入ってます。

春からは℃-uteのツアーも始まります。まだ参戦された事のない方は、是非一度足を運ばれてみては?

℃-ute、最年少ならではの若さを爆発させながらも、どこか古き時代の娘。テイストが漂う、そんな素敵なグループです。

2007-02-24 まもなく910便フライトの時刻となります

キューティーショー開幕!!

ついに、ついにこの日がやってまいりました。

シャツの準備もした。

グッズの手配もした。

サイリウムも準備できた。

色紙の表紙も一応作った

ひろぽん氏のナッキー仕様バルサユニもギリギリで引き取れた

よし。

从・ゥ・从 <YJ910便は予定通り13時30分、フライト予定です。

ついにキタか。

自分のハロヲタ生活の集大成!もうとにかく楽しんできます。

連番する方ウザくてもこの二日間だけは許して下さいm(。_。)m

いざ、JUMP!!

めぐへ

今日ステージに立つ中にめぐはいません。。

でも、今日あのステージに7人が立つ事ができたのは、めぐの力があったからこそなんです。

ステージの7人+めぐの事も思いながらコンサートを楽しみたいと思います。

そして、めぐもこの公演の成功を祈ってあげてください!

2007-02-23 キューティーショーまであと1日

maiming_glory2007-02-23

始まるよ!キューティーショー

いよいよ、いよいよですね!!!

今日は仕事を早々(つっても21時前)に切り上げて、本屋へGO。Kindaiの捕獲には成功したもののSo Cute!と神懸った7ショットの掲載されているUP TO BOYはゲッツできませんでした(ノ_・。)

f:id:maiming_glory:20070223183948j:image

それにしてもこのショットは色んな意味で凄い。センターがナッキ×栞ちゃんなのが凄い!*1梅さんの超美少女っぷりが凄い!しかもちょっとセクシーwマイマイもどう見ても正統派だよな〜。

で、舞美嬢。。なんだあの股引みたいのは??ネタか?相変わらずスゲーファッションセンスしてますなぁ(^。^;;

さらに予約したチラリを受け取りにタワレコへ向うと、なぜかTシャツの集団と遭遇。何だ?何だ?と思ってよく見ると10-FEETのライブがやっていたようです。みんな汗かいてて、やりきった〜て顔してました。明日は自分もあんな幸せな顔してんだろうなぁ。

それにしても本当に始まるんですね。本当に長かった。2004年夏の、名もなき7人組の女の子の乙女パスタに感動の衝撃。以来少しずつではありますが彼女達のライブが見たい!そんな気持ちが増してきました。(ちなみにブログ左上の画像がその時のやつです。ここが自分の℃と舞美嬢推しの原点でもあるのです!)℃-ute初シングルも、℃-uteメジャーデビューも勿論嬉しかったのですが、℃-uteという名前を授かって、なっちふれあい紺への出演が決まった時の嬉しは別格でした。それをも上回ったのが、もう何遍も言ってますが、Cutie Circuit 2006!やっぱしどんな形でも推しのライブってのが自分にとっては一番なのです。

2年半以上も単独紺を待てたのは、彼女達の無限大のキュートさに加えて、たとえどんな条件でも、どんなに短くても、常に全力で、そして一つ一つのステージを本当に大切にする彼女達の熱く真摯な姿に胸を打たれたからに他なりません。こんな娘たちがフルでコンサートやったら、こりゃ、とんでも無いステージになる!!そんないつ訪れるか分からない未来の興奮を信じつつ、とうとうこの日を迎える事ができました。

℃-uteと呼ばれる7人の娘たちは2年半前からは想像もできなかったほど大きな存在となりました。でもあの時の初々しさや直向さは少しも変わってない。

明日(てか今日ですが。。)は彼女達の2年半で培ってきたものに、自分の2年半の思いを存分にぶつけて、最高のギグライブにしたいと思います!!

それでは、景気づけに定番のあれを!!

リl|*´∀`l|<えりか!!

从・ゥ・从<舞美!!

ノソ*^ o゚)<早貴!!

洲 ` v ´)<愛理!!

リ ・一・リ<千聖!!

(o・・)<舞!!

ノk|‘−‘)<栞菜!!


7人揃って。。

いや、7人と会場全員でぇ・・

弾けるゾイッ!!!

皆さんで最高の想い出を作りましょう!!!

グッズ

たくさんあり過ぎて分からん。。面倒くさいから写真やめてDVDと個人セットだけにしようかなぁ。。あ、全部セットって手もあるか。

さらには!単独コンサート記念企画!!と題して先着500名から抽選で直筆ポスターが当たるらしいが。。グッズで早起きは無理!!という訳でこちらは潔く諦めます。

個人セット

Tシャツと腕章と生写真のセットらしい。ナメ猫じゃあるまいし、腕章とか何に使うんだよ!!とツッコミたくなりますが、色とりどりの個人Tシャツは嬉しいですねぇ。嬉しいんですが。。舞美嬢ピンクって。。。。ええ〜オレもあの強烈なピンクファミリーの仲間入り???

从・ゥ・从<イヤンイ。。ヤン。。

似合わね〜!!しかも噛むな!!!

ちなみに他のメンバーはこんな感じらしいっす。

  • 梅さん 黄色(愛ちゅん色)→特に意味はなさそう
  • 舞美嬢 ピンク(さゆ色)→なんでやねん。。(T T)
  • ナッキー オレンジ(絵里色)→まさにナッキーカラー。これはいいですね。
  • 愛理 黄緑(ガキさん色)→カッパカラーだからかな?これは某ガキヲタさん二度オイシイ!
  • ちっさー 青(?)→ちょっと男っぽいイメージから?だからちっさーのもっと女の子っぽいところフィーチャーして欲しいんだって!
  • マイマイ 紫(よっすぃー色)→セクシーカラーかw
  • 栞ちゃん 赤(ミキティ色)→情熱の色?意外と栞ちゃんにフィットしてるかも!

やっぱ、舞美嬢のピンクが一番ないわ〜!

いずれにしてもあのユニは今公演で着納めにしようかなと思ってます。

次はピンク色でお会いしましょう(^。^;;

*1:実は単なる身長順のようですが。。