Making the Doroad!

参戦スケジュール

7/12(SUN) Dorothy Little Happy Live Tour 2015 5th Anniversary〜just move on 〜
出演:Dorothy Little Happy
場所:中野サンプラザ
7/26(SUN) TBC夏まつり2015
出演:Dorothy Little Happy 他
場所:勾当台公園市民広場

2010-06-03 ショッキングLIVE 5/15(℃) 静岡 その2

maiming_glory2010-06-03

ショッキングLIVE@静岡市民文化会館(千秋楽) その2〜℃-uteに訪れた新しい季節〜

今更春ツアーのレポなんて・・・と思ってたらポケモーのツアー日記が6/2付で更新されていました。しかも更新してるのがあの萩ちゃん!

マジライブすきちゃん(笑)

ってスマネタかよ(^_^;)

とにかくもハギティの更新で俄然やる気も出てきました。まぁ、ポケモーからツアー日記が無くなるまでには・・・

MC

憧れ My STARのラストのリフレインの余韻を楽しむ間もなく、元気一杯の自己紹介が始まります。

開口一番舞美嬢が「汗がぁ・・・」というと場内は大爆笑wwマジ汗の量が半端ない。

从・ゥ・从最後、完全燃焼で終わりたいので、皆さんも是非完全燃焼して、クタクタになっちゃって下さい!と、舞美嬢の並々ならぬ気合いが伝わってきますww

それにしても舞美嬢はこのツアーで「完全燃焼」って言葉をよく使ってました。「全力投球」に通じるところがあって、いかにも舞美嬢らしいなぁって思います。

この先、曲順、衣装、ステージのセット……同じ構成でコンサートをやる事は二度とないから、ツアー最後である今日を悔いなく、完全燃焼します

http://gree.jp/c_ute/blog/entry/441322945

f:id:maiming_glory:20100604075341j:image

ノソ*^ o゚)<2階の皆さん、FINAL行くぞ〜!!
(o・・)<1階席の皆さん、最高の思い出を作りましょう!

05.四月宣言

℃-uteらしいアッパーチューンで既に汗ダクですが、やはり今ツアーの中核はここから。

℃-uteに訪れた新しい季節はこの曲より始まります。

メロウなメロディラインに合わせるように沸き起こるハンズクラップ。場内はこれまでの℃-uteのアクトにはあまりなかった、温かさに包まれます。

この雰囲気を楽しむように常に笑顔のメンバー、ステージ上のあちこちでメンバー通しでアイコンタクトをとったり、ジャレあったり。ステージ上のこういった仕草は公演毎のアドリブが入ったりします。

最終日、「あのパン屋の匂い♪」というフレーズのところでは、舞美嬢は「匂い」を表現する為に、手で愛理を煽っていましたが、当の愛理は「舞美ちゃん汗凄い!」*1と、舞美嬢を指差しして笑ってましたww

Bメロで両手を広げて幸せを表現する舞美嬢の仕草もとても印象的です。まるでDJケミカルのようだww

そんな仕草と共に、5人の歌声も最高です。スローテンポの曲調なので、一人一人がしっかりと歌声をだします。皆気持ち良さそうに語尾を伸ばしてて、それが何とも心地良かったりします。特にBメロの後半を務めるちっさーの声の伸びが半端ない。

体にグワァ〜と響いてくるその歌声、本当爽快な気持ちにさせてくれます。

ステージの至る所に幸せが落ちています。

そんな幸せが凝縮される、すなわち5人が参集する終盤、間奏部で5人が笑顔でクラップしたり、ラスサビ前で、舞美嬢を中心としたフォーメーションを作って、℃-uteとしての独唱したり、やっぱり5人が揃った時に一番幸せを感じられます。

f:id:maiming_glory:20100604080027j:image

一人一人の個がまずあって、それが調和したのが℃-ute。やはりこのアクトは、このツアーで表現したかったこと、そして℃-ute像というものを色濃く反映しているような気がします。

バラバラだったメンバーが集まって、そして最後は「バイバイ」とまた別れていきます。

このちょっとしたドラマ仕立てのような、演出もいいですよね!


と、今日は1曲タップリ書いたら、燃え尽きました・・・

ばいちゃーこ!

リ ・一・リ<パクんなよ!!
(o・・)<ヘタレ!

ヘッタレ・・ヘッタレ・・

ノソ*^ o゚)<!?


to be continued ...

*1:と言っていたのは、後のMCで知りましたが

2010-06-01 入学式まで後4日

maiming_glory2010-06-01

ショッキングLIVE@静岡市民文化会館(千秋楽) その1

キューティー学園入学式までいよいよ4日となりましたが、学園モノというシチュエーション故か、全く高まりません・・むしろグッズ見てテンションが更に下がりました。一体何をさせたいんだ・・・(^_^;)

バスツアーは一大イベントですが、その前の大イベント、すなわち℃-ute春ツアーの事について改めて触れてみようと思います。

最終日の行動記だけは早々と書いたものの、肝心の千秋楽レポはまだでした。

その千秋楽レポとツアーそのものを印象に残ったアクトと共に振り返ってみます。

5月15日静岡、ツアー千秋楽。千秋楽に欠かせない、キューティーショーから続くこの儀式を今回もやりました。

℃-ute!!舞美(ズイコさん)、舞美(ボノ)、舞美(ラファちゃん)、舞美(KKNさん)、早貴(セキチィ)、愛理(マサキチさん)、千聖(こーじさん)、千聖(よっさん)、舞!(みつくん)

9人揃って・・・弾けるゾイ!!

前回ツアーより待望だったガチなっきぃヲタセキチィが加わって、各メンバー推しが揃いました。自分のヲ仲間では放課後のエッセンス以来、ある意味スーパー種牛より貴重な存在ですww

キューティーショーの時に一緒にやったメンバーはもう一人もいないあたりに、時の流れを感じます。


01. SHOCK!

5人体制最初のツアーはこの曲から始まりました。まぁ既定路線の訳ですが、愛理ワンマンの構成に加えて、曲も微妙とツアー前はネガティブ要素ばかりが思いつきました。

しかし、いざ蓋を開けてみると、oiコールや愛理コールの浴びせどころ、振りも意外と単純な事もあって、場内もいい感じで一体感が生まれれば、個人的にも適度に踊れて程良い汗をかく事ができて、一発目としては、かなりハマったアクトでした。

02. まっさらブルージーンズ

MCを挟んで「皆さん行きますよ!」という掛け声と共に投下されるのは、その高速ビートと共に℃-ute史を切り開いてきた「まっさらブルージーンズ」。

この曲を序盤で投下するというメソッドは前回ツアーで確立されたものですが、前ツアー同様その効果はてきめん。場内の爆発的なテンションに、呼応するように℃-uteも会場を煽る、いや挑発してきます。

ヲタVS℃-uteの激突に、場内はとても春とは思えない熱気を帯びます。

このアクトが終わると、もう汗ビッショリです。

さらにこのアクトではポジション取りが非常に重要になります。推しとラブミードゥと撃ち合えれば、序盤はそれだけでお腹いっぱいになれます。ただ5人になったことで、舞美嬢のポジションがかなり上手にズレてしまって、最初は結構戸惑いました。

勿論舞美嬢と撃ち合えれば最高ですが、そこは℃ヲタ。基本前のメンバーを、しかし最後はどんな角度でも舞美嬢を、このポリシーをほぼ曲げずに頑張りました。

ほぼ・・そう、さすがに最前下手に陣取った時はムリでした・・・(^_^;)


03. 甘い罠

この曲は℃-uteの新しい風、岡井千聖に尽きます。ちっさーのソロパートでドスンと響く迫力ある歌声、本当存在感抜群でした。

04. ★憧れ My STAR

憧れ My STAR★のミックスをバックに流して、SHOCK!PVの映像を繋いで制作されたメンバー紹介のVTRもかなりカッコ良かったですが、そのミックスからフェードインして、イントロに突入するその構成にマジ痺れました。

露出度の高い衣装にチェンジしてることもあって、その出だしは本当強烈なインパクトを残します。

ハギティのアンニュイな歌声、なっきぃのエロティシズムを刺激しまくる誘い目と体のくねらせ方、舞美嬢と愛理のアイコンタクトの時に見せる不敵な笑み、もうすべてに痺れます。

やっぱりこのアクトの5人は最高にカッコイイ!!

そのアイコンタクトをとってる時、愛理のお腹がプニプニしてると某愛理ヲタのご指摘がありましたが(^_^;)

最終日は舞美嬢が後ろを向いた時、ベットリと汗がついてて、その汗の量に驚きました。

いつも以上に汗だくになりました〜

コンサート始まって3曲目ぐらいから汗がタラ〜って垂れてきて、メンバーにもビックリされちゃいました

って、公演後の日記で舞美嬢も感想を書いてたけどマジ凄かった

http://gree.jp/c_ute/blog/entry/441773923


さぁ、舞美嬢もブログを更新してくれたし、明日は早いから今日はこの辺で・・・

バスツアーまでに終わるかな・・・

从・ゥ・从<今までのパターンからして、確実に無理ね!

・・・

to be continued ...

2010-05-19 ショッキングLIVE 5/8(℃) 大阪 後編(100公演記念スペシャル)

maiming_glory2010-05-19

ショッキングLIVE@なんばHatch 後編〜100公演記念スペシャル 初心忘れずに〜

間が少し開いてしまいましたが、100公演レポの続編です。

前編はこちら⇒祝! ℃-ute単独100公演目〜

100回公演を振り返る映像

ハンディカメラを持ったスタッフが目の前を横切って、そのカメラをステージに向けました。もしかして、何かあるのか!!

そう思った刹那、スクリーンには「すべてはここから始まった」の文字が映し出されます。

おお!!会場が一気に騒がしくなります。

そして、

f:id:maiming_glory:20100520045823j:image

青年館にお集まりの皆さん、キューティーショーの幕開けです!!

おおおおぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!

キューティーショーで初々しく自己紹介をするメンバーが映し出されます。もう会場は大盛り上がりです。

挨拶の映像が流れ終わると、わっきゃない(Z)のBGMが流れ出します。場内は勿論oiコールが湧きあがります。

このBGMをバックに、℃-uteの100公演を振り返るダイジェスト映像がツアー毎に流れます。

ツアータイトルと共に公演数とそれを足した通算公演数も映し出されて会場は、その度に大盛り上がりです。

さらに℃-uteツアーと言えば、コントや劇などで数々の名(迷?)セリフを生んできましたが、そんなセリフも絶妙のタイミングで投下されて、お祭りムードに一層拍車をかけてくれました。


始まったよ!キューティーショー(4公演)

まずは、℃-uteライブ史を語る上で、いや℃-ute史を語る上で絶対欠かすことのできない名シーン、℃-uteの記念すべき第一歩、JUMPのオープニング、扉越しに℃-uteの文字をかたどった7人のシルエットが映し出されるところからスタートします。

みんな本当に初々しい。


f:id:maiming_glory:20100520045822j:image

ペシッ!!

キューティーガールズも、この頃は小学生コントだったんですよね!本当3年という月日を感じてしまいます。



ゴールデン初デート(+ 6公演 = 10公演)

初のツアー、傑作2ndアルバムを引っ提げた完成度の高いライブでした。℃-uteライブの代名詞ともなったタップが初披露されたツアーでもあります。その初タップが披露された模様も映し出されました。

f:id:maiming_glory:20100520045821j:image

もう!バカバカ!!

嗚呼、ハギティなんて可愛いんだ!!今やすっかりツンデレクイーンですが、こんな目に入れても痛くないほど可愛い時代もあったんですね!

って、ハギティは今もカワイイですけどねw



放課後のエッセンス(+ 11公演 = 21公演)

ライブハウスツアーで日本全国を飛び回った記憶があります。舞美嬢が喉を潰して大ピンチになった時もありました。

そしてとにかく7色の衣装がきれいで、「EVERYDAY YEAH! 片想い」の時は、あたかもステージに虹がかかったような鮮やかさでした。

f:id:maiming_glory:20100520045820j:image

北京行っちゃおうかな!!

舞美嬢の演じる天然スポコン少女が妙にハマってたなぁ。それが1年後のツアーにも続いていく訳ですがww



忘れたくない夏(+ 19公演 = 40公演)

℃-uteと言えば、夏!を決定付けたツアー。コンセプトとセットリストで作り出す世界観がドンピシャでハマった正に傑作と呼べる内容でした。

雨女伝説が生まれたり、そして7人体制最後のツアー、とても思い出深いツアーです。

でも、このライブといえばやっぱ・・・

f:id:maiming_glory:20100520045819j:image

キュンキュン♪

アアアアア〜(≧∇≦)b

なっちゃんなっちゃんなっちゃん!!!!!!

会場もコレだよ!!って感じで大いに沸きましたwwなっちゃんの萌え萌えキャラを決定付けたシーンですねw



AB℃(+ 18公演 = 58公演)

ついに50公演目を迎えました。栞菜の復活を信じて℃-uteヲタが一致団結したような気がします。

6人になってもパワーダウンした何て思われたくない!彼女達の意地と、そして℃-ute史上最高傑作と呼べる4thアルバムを引っ提げた新機軸のアクト群の結晶、完成度では、現時点でNo.1のツアーとなりました。

中でも圧巻は寸劇とその流れから桜チラリの高速タップへとなだれ込む、ザ・キューティーショータイム!

f:id:maiming_glory:20100520045818j:image

や〜じ〜ま〜!!!

キャロラインセンセイお久しぶりですwwww


そして、千秋楽でバルーンが降ってくる光景は幻想的でもあり感動的でもありました。

f:id:maiming_glory:20100520045817j:image

何か・・皆さんの笑顔を見るのが本当に嬉しくて・・・

千秋楽で泣きながら挨拶をするちっさー!!こういう素直なちっさー本当にカワイイ!!スタッフもそうなのでしょう。ここの映像は超ロングバージョンww

ステージ上で、当のちっさーは超恥ずかしそう。

そして思わず、

リ ・一・リ<本当太ってる!!

これには場内大爆笑wwwまぁ、この時期はピークでしたからね(^_^;)



キューティーJUMP!(+ 26公演 = 84公演)

「キューティー」「JUMP」という℃-uteを語る上で欠かすことのできない二つの単語が合体したツアー名からもわかるように、とことん元気で、とことんカッコイイ、℃-uteそのものといってもいい、℃-uteの魅力が詰まった、℃-ute史上最大のロングランツアー。

f:id:maiming_glory:20100520050511j:image

ごっつ早かったで!!

またしてもキューティーガールズかwww

この長い長い夏の終わりは、℃-uteを照らし続けてくれた梅田えりかという太陽のサンセットを意味しました。

あの、季節外れの夏の夜の出来事は決して忘れません。

そして。


ショッキングLIVE(+ 16公演 = 100公演)

100の文字に会場からは拍手!

BGMが終わると、このダイジェスト映像の最後は、

矢島舞美中島早貴鈴木愛理岡井千聖萩原舞℃-uteです!

と締められました。

100公演目を迎えて

映像が終わるとサプライズでスタッフさんからケーキが運び込まれました。

「知らなかった!」とかステージ上でワイワイするメンバー、すると愛理が「リーダー号泣なんですけど!」

舞美嬢を見やると、目を真っ赤に腫らしたリーダー。

ここでちっさーがダッシュしてステージ袖からティッシュを持ってきます。なっきぃは「その間に一人ずつ話していこう!」と無理やりまとめだします。いや、こういう時のなっきぃ意外と頼りになります。

みんな、頼りないリーダーを救え!とばかりに一致団結ww


なっきぃは一生懸命話しだします。でもヲタの視線は泣いてる舞美嬢とそれを取り囲むメンバーに釘付け(^_^;)

思わずなっきぃ「みんな、聞いてないじゃん!!」

ある意味ファンにまで虐げられるなっきぃ(^_^;)でも、それでも頑張るなっきぃが好きだ。

気を取り直して、

「100回公演っていっぱいやったなぁって思いましたけど・・」「自分スゴイなぁって!」

なっきぃ自画自賛かい(^_^;)

愛理は今日スタッフに言われるまで、100回ってことを全然知らなかったそうです。

「色々なところにきて皆さんに会えるのも、皆さんのおかげで、私達幸せだなって思います。」

愛理らしい感謝に溢れた言葉です。

ハギティは「舞の気持ちを伝えたいと思います!」と切り出します。

色々あったなぁ、なんて振り返ったり、今日は100回ということでテンションも上がったことなど、ハギティらしくちょっと落ち着かないMCでしたが、最後はファンへ感謝の気持ちを述べて、「皆さんアイラブユー!!」とカッコ良く締めてくれました。

くぅ、萩ちゃん痺れます!


ちっさーは「喋ると泣きたくなるから・・・」と早くも高まる気持ちを抑えられないといった感じ。

「ファンの皆さんがこんな私についてきてくれて本当幸せだと思う!」と物凄い謙遜モード。

さらに「他のファンの方からも握手会とかでスゴイ勇気もらってるし・・・」

って、ちっさーどんだけ謙遜してんの。℃-uteファンは例外なくちっさー大好きなんだって!ちっさーからめちゃくちゃ元気貰ってるし!

さらにちっさーは続けます。

「このメンバーに出会えて本当によかったです!」

場内からは歓声と拍手が起こります。そしてちっさーは続けます。

「つらい事も一緒に乗り越えてきたメンバーだから・・・」ここでちっさーの涙腺が決壊して、しばし沈黙。

「この5人で100回を迎えられた事が幸せだと思うし・・大好きです皆さん!!」声を振り絞るように残したちっさーの最後のセリフにウルッときました。自分もこの5人と100回を迎えられてホント良かったと思います。ちっさーいい子ッス。

舞美嬢はいきなり「違うんですよぉ・・・」と涙声で切り出します。「何が違うんだい?」「そこ気になるよ!」とメンバーに総ツッコミをくらいますww

最初は100回ということで、想いを色々話そうと思っていたらしいのですが・・映像やケーキのサプライズに相当やられてしまったようです。

客席からも、ステージ上の℃-uteメンバーと同じように、この頼りないリーダーを見守ります。

「一番最初のコンサートの時・・・最初コンサートが・・・」

舞美嬢の目から一気に涙が溢れてきます。そしてそれまでは比較的穏やかにメンバーのMCを聞いていた自分も、一気に熱いものが込み上げてきました。

この一言だけで、舞美嬢が何を思ったのか、自分なりに十分理解できたつもりです。

最初に初めて℃-uteで単独コンサートをできるって聞いた時に、もうみんな凄い嬉しくて・・・

オープニングアクトとか、バックダンサーとかやってたりして、それが℃-uteだけでステージに立てるよって言われて、すごい嬉しくて・・・

一番最初のコンサートはシルエットから始まるんですけど、扉の後ろでギリギリまで手つないで、「頑張ろう!」みたいなことを、

位置につかなくちゃいけないよ!って言われてるのに、いつまでもくっついてたりして・・・

何か緊張して、そういう時から100回やってきたんだなって・・・

舞ちゃんも言ってたように、リハーサルの時とかも楽しい事とか辛いこととか色々あって、そういうのをずっとメンバーと一緒に頑張ってきて、今日100回・・・

ここまで喋ると、気持ちが高ぶって色々な感情が混ざってしまったのでしょう。

泣きな、エヘヘヘヘ・・・と思わず笑みをこぼすと、会場もつられて笑顔が咲きます。

メンバーはしっかり!とばかりに舞美嬢に喝をいれます。

「今日、「四月宣言」とか「夢があるから」とか歌ってて・・・」

「特に「四月宣言」で「諦めない途中で曲げない、いつまでも初心忘れない」って言った時に、一番最初のステージ、あの時の気持ちのまま、100回、200回ずっと頑張りたいなと思っていて・・・」

「この100回の記念の日に、こうしてここに集まって下さった皆さんが、私たちを見守ってくれて、本当にすごく感謝してるし、ここには来れなくて、応援し続けてきてくれたファンの方もいると思うんですけど、本当にそういう方達とか、いつも支えてくれる家族とか・・・

℃-uteはビックになりたいですけど、こうして今の℃-uteがあるのは、本当に支えてくれる皆さんのおかげだと思ってて・・・」

「本当に何か・・・ありがとうございます!!」

本当に長いMCでした。想いがどんどん溢れてくるのに全然まとめられないって感じで、たどだとしく、とめどない話っぷりに、ハラハラしてしまう場面もありましたが、それでも溢れる思いがヒシヒシと伝わって来ました。

そんな舞美嬢に、場内も大きな拍手と「ありがとう!」の言葉を贈ります。

本当この娘は真っ直ぐで熱いな。何か凄い嬉しくて、自分もボロボロ泣いてました。


続けて愛理が、「これからも℃-uteはこんな素晴らしいリーダーについていくので!」と言って場内を沸かせます。

最後はいつものツアー同様、「オツカレーライス!」と挨拶したりワイワイやってましたが、あまりに夢中にやり過ぎて退場のBGMが終わってしまいました(^_^;)

「音楽が終わっちゃった!!」とgdgdになりながら「せ〜の!」と掛け声をかけて「℃-uteでした!」をやりましたww

そして、去り際に舞美嬢が、さりげなく、でもとても印象的な言葉を残していきました。

「200回に向けて、101回目も頑張ります!!」

まずは次に1公演、常に全力投球の舞美嬢らしいセリフに、最後は清々しい気持ちになりました。

公演後は、即座にヲタモダチ集団のところにいって握手したり、抱き合ったりw

オレもいい仲間に恵まれたw

これがライブの醍醐味かもしれないね。そんなステキな出会いをありがとう、℃-ute、そして舞美嬢!


舞(My) 100公演の軌跡

ここで自分の100公演を簡単に振り返ってみます。まず参戦率ですが100公演中98公演。なっきぃとタイ、ちっさーよりも参戦数が多い訳で、これは我ながら凄いというか残念だと思います(^_^;)

チケ運ですが、自分は本当にどうしようもないチケ運です。100公演後の飲み会で皆にこれまでのチケを見せたのですが、そのあまりのひどさに絶句されたくらい・・・

キューティーショーこそ、当選すら困難な中でC列(2列)、D列(3列)という神懸ったチケ運を見せましたが、以降はキューティーJUMP!の84公演まで、一桁列は僅か1回・・・特にキューティーJUMP!の14公演中12公演が20列より後ろという伝説級のチケ運は記憶に新しいところです(^_^;)

転機はショッキングLIVE。ここからフォース、いわゆるエグゼ枠でチケが買えるようになって、飛躍的に上昇しました。℃-ute90公演目(自身88公演目)で、ようやく念願だった初最前をゲッツして、初回公演以来のベストグリッドを更新しました(^_^;)

そして、この100公演で再び最前が巡ってきました。

こうして見ると、本当の節目では、いい思いをしているので、まぁ恵まれてるといえるかもしれません。

ベストライブは数え切れませんが、一つだけ上げるなら、やはりキューティーJUMP!千秋楽でしょう。


100公演のお祝い

今ツアーが始まった時から、何か100公演のお祝いがしたいと思っていました。

最近は2ツアー連続で、栞菜へのお見舞いメッセージ寄せ書きTシャツ、梅さんの卒業お祝い寄せ書きTシャツを贈っていて、100公演目も寄せ書きにしようと思いました。

自分はWebとかで募って集めるのはあまり得意じゃないんで、たとえ少なくても自分の足を使って集めるようにしています。

今回は合計色紙4枚にメッセージを集めることができました。

書いて下さった皆さん、貴重なお時間を割いていただいて、本当にありがとうございました。

このみんなの想いが詰まった色紙をどういう風に贈ろうか、色々考えた挙句、今回はアルバム風に仕立てました。

色紙の他に、ページが余ったので、DVDやライブ写真をペタペタ貼って、少しメッセージも入れてみました。

大阪出発前日に徹夜して作りました・・・(^_^;)おかげで、まぁ、満足いくものに仕上がりましたw

f:id:maiming_glory:20100508174742j:image

f:id:maiming_glory:20100508174901j:image

f:id:maiming_glory:20100508174921j:image

f:id:maiming_glory:20100508175140j:image

f:id:maiming_glory:20100508175225j:image

色紙と共にこのアルバムは、100公演終了後、「℃-uteのみなさんへ」とスタッフさんに託してきました。


打ち上げ

8人でパーっと。とにかくビール飲みまくった!本当幸せだった。

その後、説教タイムだったらしいけど、徹夜疲れで、即行寝ました(^_^;)


℃-ute、100公演おめでとう!

萩ちゃん、ちっさー愛理なっちゃん、そして舞美嬢!

℃-ute100公演改めておめでとうございます。

たった2曲、だけど℃-uteの単独ステージを2曲観られるステージは自分にとっては何より貴重で、℃-uteと一緒に全国各地を飛び回ったCutie Circuit 2006当時の事をつい昨日のように覚えています。

同期のBerryz工房の活躍に本当に悔しい思いもした事でしょう。

一方が華々しいステージで活躍する中、デビューもままならない日々。「この8人でライブがやりたい!」当時熱病のように舞美嬢が語っていたこのセリフこそ、この時の℃-uteの気持ちそのものではないかと思います。

それでも、ショッピングセンターだろうが炎天下だろうが、機材がショボかろうが、そんなの関係ない!どんな悪条件でも、そこにステージがある限り全力を尽くす、その姿勢に痺れました。

だからこそ、あの単独コンサートが決まった時、℃-uteの皆は勿論ですが、ボクらファンにとっても同じ位嬉しかった。

初回公演での彼女達の晴れ晴れとした、そして楽しくて!楽しくて!楽しいんだよ!って表情、本当満たされた幸せな時間でした。

中でも、舞美嬢がライブを出来る事の喜び、感謝を伝えたMCは今でもハッキリと覚えています。

ライブを出来ることへの感謝を忘れずに1公演1公演を大事にするグループであって欲しい。そうすれば絶対もっともっと素晴らしいグループになれる。初回公演の時、ボンヤリとそんな事を思っていました。

3年という月日は経ってしまえばあっという間ですが、それでも色々な事が起こります。℃-uteも当時からメンバー編成も変わってしまった訳ですし。

でも、100公演目、あのMCの時の舞美嬢は1公演目の初めて単独ライブを行った時の舞美嬢そのものでした。

勿論、外見はいい感じでキレイに成長してますが、中身はまんまあの時の舞美嬢。

1公演目の気持ちを昨日の事のように話す姿に、本当言葉にならない程嬉しかっです。

℃-uteが全くブレないのは、やっぱりこの娘があってなんだろうって改めて思いました。

あの手厳しい萩ちゃんが100回公演のブログでこんな事を言ってくれてました。

http://gree.jp/c_ute/blog/entry/438204723

やっぱり思ったのが

やじさんがリーダーで

よかったなあ〜って

おもいました

これからも色々迷惑かけるかもだけど

よろしくですっ

普段舐められっぱなしだけど、やっぱり℃-ute℃-uteらしいのは舞美嬢の存在なんだろうなぁ。

でも、舞美嬢がリーダーらしくないリーダー、舞美嬢らしくいられるのはやっぱり℃-uteだからこそなんだろうと思います。

ステキな関係だよなぁ。

本当、5人みんな大好きです!

これからも初心忘れず、たのばって下さい!!

自分も200とか300とか早貴はどうなるか分からないですが、まずは次の1公演、℃-uteと一緒に可能な限り全力で弾けたいと思います。

2010-05-16 静岡遠征記

静岡遠征記

15日の静岡公演で3カ月に及んだ℃-ute春ツアー「ショッキングLIVE」が終了しました。℃-uteのみんな、参加された皆さま、おつカレーライス!!

今回は最終日限定は無し、千秋楽のみ1曲追加されて特別な演出もなく、過去2ツアーほどのスペシャル感は無かったですが、それでもいいライブでした。

例によってライブの模様は後日改めてということで、今回は最終日とその翌日の行動記を。

昼公演、ちっさー張りにギリギリの会場着で連番者のマサキチさんにはご迷惑をおかけしました<(_ _)>

下手8列目でしたが、7列目から段差がついてたので、とても見やすかったです。

夜公演前は恒例の気合い入れをやって会場に入ります。今回は9人揃って弾けるゾイでした。前回ツアーより念願だったなっきぃヲタ

(セキチィ)も加わって、一応メンバー全員分揃いましたが、その中で舞美嬢は4人・・・大人気だ(^_^;)

夜公演は、16列センター下手。通路席だった上に右側も一席空いてたので、マサキチさん共々広々と使わせてもらって、文字通り完全燃焼しました。

終演後はホテルにチェックインしてからいざ宴会場へ。

今回はズイコさんにかなり早めに手を打ってもらっていて、「海坊主」という静岡おでんを楽しめるお店に総勢8名で乗り込みました。

乾杯の掛け声は、勿論「℃-uteツアー終了、おつカレーライス!!」

自分は携帯小説家からのビッシリと2L写真が入ったアルバムを持参。よっさんが千秋楽でゲッツしたなっきぃのカラーボールや壁に飾ったハギティのファイバー、それに梅さんが載ってたサンスポと肴にはことかきません(^_^;)

個室だったので、気兼ねなくヲタヲタしてました。ハギティのファイバーは店員も「カワイイ子ですね!」

そりゃそうだww

料理もかなり美味しくて閉店の12時まで、あっという間でした。その後は「昭和ホルモン焼き」なる店で二次会。

さらには締めにとラーメンを食べましたが、このラーメンは信じられないくらい不味かった・・・

ホテルに戻ったら、お酒とライブ疲れのダブルパンチで、速攻でノックアウト。爆睡してました。

ホビーショー

翌日は軽く朝食を済ませて、チェックアウトまでワンピースを観てました。

その後は、静岡ホビーショーなるものに行きました。田宮の即売ブースや、様々な団体の模型などの展示会。

かなりの力作揃いで、かなり楽しめました。

f:id:maiming_glory:20100516105420j:image

f:id:maiming_glory:20100516105723j:image

f:id:maiming_glory:20100516105924j:image

f:id:maiming_glory:20100516110908j:image

で、ツアーの最後はやっぱりこれを食べました。

f:id:maiming_glory:20100516124103j:image

おつカレーライス!!ww

西に向かうメンバー、東へ向かうメンバーで別れましたが、線路を挟んでバッタリ再会ww

早貴に出発する西組に向かって、℃-uteマフラータオルを振ってお別れしました。

ばいちゃーこ(ちっさーのパクリ)、静岡!!

本当とても充実して疲労困憊の静岡遠征でしたが、、帰りのこだまの車内でも写真見たり、100公演分のチケット見たりと、ヲタヲタしくしていました。

そして、春ツアーのボーナストラック的なハロショイベに向かいました。

2010-05-15 ショッキングLIVE 5/8(℃) 大阪 前編

maiming_glory2010-05-15

ショッキングLIVE@なんばHatch 前編〜祝! ℃-ute単独100公演目〜

100回目公演が終わったかと思ったら、もう今日が千秋楽です。只今静岡へ移動中です。

今ツアーでは、自身88公演目でやっと初回公演のグリッドを更新できたり、ライブでは初の神戸だったりと色々とありました。そんな中でもやはり一番のトピックと言えば℃-ute100回公演でしょう。約1年前に工房さんが到達して、℃-uteも大阪で50公演目に到達した時から、自分の中では100という数字はかなり意識していました。

遅くなりましたが、今回はそのメモリアル公演を振り返ろうと思います。

記念すべき100回公演は、5月8日なんばHatch昼公演で迎えました。3年前に青年館で跳んだのがつい先日のようです。この記念すべき公演に、席運最悪で有名(?)な自分にとって、初最前に潜り込んだ福岡公演を1番上回る、過去最高の番号が来ました!!

正直オールスタンディングなら後ろに下がろうと考えていましたが、どうやら席が出るらしいという情報をキャッチしたので、心は決まりました。

最前下手、福岡と全く同じポジションです。いつも最前を占領している魑魅魍魎がばっこする、センターから上手付近を避けたというのもありますが、ここは「君の戦法」での絶好のなっきぃポジww、そして何よりライブ終盤戦における舞美嬢のホットスポットでもあるからでした。

情報通りイスが出ていたので、予定通りのポジションに座りました。「ゴール下は戦場だ!」と言ったのは湘北の赤木キャプテンですが、最前もある意味戦場。相変わらず狡猾な魑魅魍魎集団の一人が順番を守らないで、もめ出す。本当こいつら汚い!さらにいるはいるは席取りする奴ら。マジ気分が悪い。

こういうことが横行しているから、℃-uteのライブに嫌気がさす人が後を絶たないんだ・・・

はっきり言って今の℃-ute現場ってハロプロでも最低だと思う。勿論一部の人間だけなんだけど、そんなヤツらのせいで現場の空気が悪くなる。℃-uteやスタッフ達が最高のライブを提供してくれているだけに、尚やるせない。

これは100公演を期に是非言っておきたかった。

さて、最前の素晴らしいところはとにかく前のスペースが広いこと。そんなに振りコピ派じゃない自分にとっては、横より前のスペースってのが嬉しいです。

さて、いよいよ記念すべき100回目の公演が幕を開けます。

LIVE 1

初っ端のSHOCK!からとんでもない近さに圧倒されるものの、普段と変わらない100回目の公演です。

憧れ My STAR」後の最初のMCで、

从・ゥ・从<皆さんの目に焼き付けてもらわれるように・・・もらえるように!

いつも通り、いや最近にしては珍しく噛む舞美嬢ww

ここでなっきぃが、

ノソ*^ o゚)<2階席の皆さん!今日℃-uteのコンサート100回公演ですよ!!

と、初めて100回を意識する発言をしました。

「4月宣言」は全体の仕草を見渡せる後ろもいいけど、みんなの楽しそうな表情が見られる最前ってのもまた格別です。そして何より、Bメロのちっさーの必殺のビブラートがCD音源より遥かに迫力があって、とても心地良い。


ショッキングフォトのコーナー

なっきぃが担当。まずはちっさーネタで、1枚目はちっさーが差し入れしてくれたダンゴの写真。いつも差し入れをしてくれる気遣い屋さんと散々持ちあげます。

ちっさーも思わず「嬉しくなっちゃった!」と漏らします。

が、2枚目の写真は、なっきぃハギティの2ショット。リハの前日にとった写真だそうですが、この時ちっさーが遅れてきて(またかい(^_^;))、2ショットになっていることを暴露しました。

ここでちっさーがすかさず、「普通ね、この写真逆!!」

リ ・一・リ<普通最初に悪いところを見せて、イイって感じで思わせてくれればいいのに・・・そこね、ダメです!

「今ダメ出ししないで・・・」と最近ダメ出しを連発されてるなっきぃも若干凹み気味ですw

続いては、ハギティの落としたケーキやら、愛理のこぼしたクラッカーにつけたチーズやら・・・

って暴露話ばっかやん・・・なっきぃの性格が出たな(^_^;)

何故か場内は微妙な空気で、写真の順番どころか、ハギティには「この写真を選ぶセンスがね!」と圧巻のダメ出しw

本当はもっと変顔写真があったけど、可哀そうに思って出さなかったそうですが、

ノソ*^ o゚)<ナカジマの優しさ受け取って!
(o・・)<いらな〜い!!

ハギティにはかなわないなww

ここでハギティが変顔について名演説を始めます。「ぶっちゃけると変顔を出してもいいんだ!」

そして、「今から名言言うから静かにしてて下さい」と切り出すと、場内もオオォ!と俄然期待してしまいます。

「もし舞が変顔出すとするじゃないですか!それで舞の変顔ヤヴァって引いて、舞のファンじゃなくなるじゃないですか・・・」

(o・・)<それって本当の舞のファンじゃないんですよ!

曰く、そういう変顔も受け入れてくれるのが本当のファンだと。

全くもってその通りとばかりに場内も沸きます。


LIVE 2

「ダーリンI LOVE YOU」が始まると、

リ ・一・リ<大阪の皆さん、100回公演ということで盛り上がっていきましょう!

℃-uteの盛り上げ隊長ちっさーが切り込んでいきます。

「The Party」のハギティなっきぃへの虐げっぷりが益々エスカレートしてるwww

反対の下手側の、舞美嬢×愛理×ちっさーがお互いをつつき合ったりする細かい仕草と表情がまた何とも楽しそう。

本当幸せになれる最高のアクトです。

舞美嬢MC

舞美嬢MCは、「今日はちっさーがやらかしてくれましたよ!」という切り出しから、久々にちっさーの武勇伝シリーズ。

話は大阪に向けて出発する集合場所から。ちっさーが一番最後に着たそうですが、「ま、いつものように」と舞美嬢の発言にもトゲがあるw

しかもちっさーがスーツケースを忘れてきたそうです。舞美嬢曰く、とてもこれから大阪に行く人とは思えない身軽な格好だったそうです。

心配する舞美嬢を尻目に「何とかなるでしょ!」と。舞美嬢もその心の持ちように感心したんだとかw結局スタッフさんに色々買い揃えてもらったようですが(^_^;)

ちなみにこの模様はちっさーがブログで報告してくれてます。

しかも、今日は℃-uteの単独コンサート公演100回記念と言う日に、違う記念を作っちゃいました

【寝ぼすけちっさ-と忘れられたトランク…】

http://gree.jp/c_ute/blog/entry/438209532

从・ゥ・从<色々大変だったんですけど、ちっさーは毎日毎日、ちっさーを観察してると本当に楽しいんですよ!

って、愛犬について語る時と同じ目線ww

ハギティが童顔について全く別の人と喋ってる時に、「童顔って知ってる?同じ顔の事を言うんだよ!」とツッコンでたそうですが、別の人と話しているハギティは、当然全くのスルーだったそうです。

さらにちっさがー急に地球について語り出した時の話。

この振りに会場も「あのちっさーが?」的にちょっとどよめきます。

「今、地球のエネルギーがって言いたかったんですけど・・・」

从・ゥ・从今、地球のアレルギーが!!

爆笑ww

そんなちっさーに対して、

从・ゥ・从私天然って言われますけど、本当に何でちっさーが(天然って)言われないのか不思議なんですよ!

舞美嬢、昔梅さんが言ったでしょう。ちっさーは言い間違いが多いだけで天然ではないと!ww

100回公演にちなんだMCになるかと思いましたが、いつも通りでした。もっとも101回目の公演では、「今日はちょっとしんみりとした話になっちゃいますと」といつもライブで心がけてることなんかを話してくれました。

LIVE 3

ついにこのポジション取りでもっとも威力を発揮するアクトがやってきた!「君の戦法」。

真正面でセリフを発するなっきぃにもうメロメロ。「いいから着いてきて!」と言うと、全力でハーイ(゚Д゚)ノ

何て、ダメなオトナなんだろう(^_^;)

「EVERYDAY 絶好調!!」のフラッグパフォーマンスも100公演らしくしっかりと決めました。愛理は「私上手かったですよね!」と自画自賛の投げも決まってました。

しかし、実はこの後の公演は結構gdgd愛理ハギティなっきぃと失敗者続出。100公演目はしっかり決まって良かったです。


愛理MC

愛理のMCはハロショ甲子園臨店でイベントが終わって帰る時の話。

って、まんまブログで語られた話でした。

http://gree.jp/c_ute/blog/entry/427639868

ブログでも語られてるあと10分からの話、表情豊かに話していたので、より臨場感タップリに楽しむことができましたw

うどん屋に行く前に実はマックに寄っていたそうです。でもうどんがおいしそうだったのでお店によったそうです。

ちなみにこの日は愛理ハギティはお揃いの服を着ていたそうで、その時の様子を「きょうだい(姉妹)で迷子になって笑ってるみたいな・・」と表現していましたwww


LIVE 4

なっきぃの「愛してる愛してる」で癒された後は、ちっさーハギティが競い合うように煽るFLからいよいよ怒涛の攻勢が始まります。

特にハギティの掛け声と共にはじまる、℃-uteの100回目のフライト「JUMP」は自分にとっても、とても感慨深いアクトです。

最近定番化している、間奏で跳んでる時のちっさーのセリフですが、

リ ・一・リ<皆さん、記念に残るJUMPして下さい!!

と、今回もいいセリフを残してくれました。

自分も97回目のJUMP、色々な事を思い出しながら、でも、今この瞬間を楽しんで思いっきり跳びました。

再びハギティが「タオルの準備はいいですか?」と促して始まる「SHINES」。スタッフが℃-uteメンバーにタオルを投げ入れる為に自分の目の前にスタンバイしますが、そのすぐ前に舞美嬢がいたので、一瞬自分の使ったタオルを投げ入れようかと思いましたw

ヲタによるシンガロングもこれまでにも増してバッチリ揃ってる。

恒例のメッセージボールを投げ入れるところでは、舞美嬢は力み過ぎて叩きつけるように10列くらいに着弾してました。

しかし次の日の102回目公演ではキレイな放物線を描いて、圧巻の3階席にスタンドインしました。(その後1階に落ちてきました)

ちなみにこの100公演目の愛理ボールは知り合いがゲッツしました。

初めて見せてもらいましたが、日付と会場、それにキモイwイラストも描かれていました。

最後の「青春ソング」を含めたライブアンセム群で、ほとんどの曲で舞美嬢が正面にきます。もう死ぬ気でガッツきました。

それ以外でも正面にきたメンバーは拳を振り上げて、みんなにガッツきました。

そして心なしかメンバーもちょっと笑みを漏らしたように見えました。

何かとても幸せな時間を共有できたような気がして、本当楽しかったです!

LIVE 5

最後のMCで、再びなっきぃが今日は100公演ということを強調しました。さらに「100回公演でもファンの皆さんに囲まれて本当に嬉しいです!」と喜びをかみしめていました。

ちっさーも「100回記念というのに朝から色々ありまして・・・」と舞美嬢に暴露された話を振り返りましたw

「今日アレルギーじゃなくてエネルギーがブワァ〜ッと伝わってきました!」とこれまた舞美嬢の話をネタにして、会場を沸かせました。

ハギティはいつも通り「オツカレーライス!」と挨拶。100回ということには特に触れませんでした。

愛理は「200回、300回と続けていきたいので、しっかり付いてきて下さい!」

舞美嬢は終盤の4連発の事に触れて「最後に激しい曲が続くじゃないですか!もう残ってる力を振り絞って」

ヲタも身に覚えがあるのでしょうw場内からは笑いが起こります。

そして、「完全燃焼な感じが凄く気持ち良くて、もっと長く続けたいのですが・・・」

と正に℃-uteライブの醍醐味を語っていました。

そうこの完全燃焼感こそが自分にとっての、℃-uteライブ最大の魅力です。

最後は都会っ子で場内の温度を数度上昇させて、「夢があるから」でしっとりまとめる。

これまでの99公演と変わらず、完全燃焼してライブが終演しました。

うん、特に何もなかったけど、1公演1公演を大切にする℃-uteらしい最高の100公演目だった。

そう感慨にふけっていると、ふいに自分の目の前をハンディカメラを持ったスタッフが横切っていきました・・・

to be continued ...