Making the Doroad!

参戦スケジュール

7/12(SUN) Dorothy Little Happy Live Tour 2015 5th Anniversary〜just move on 〜
出演:Dorothy Little Happy
場所:中野サンプラザ
7/26(SUN) TBC夏まつり2015
出演:Dorothy Little Happy 他
場所:勾当台公園市民広場

2011-09-28 ℃-ute春ツアー千秋楽

maiming_glory2011-09-28

超!超ワンダフルツアー@千葉県文化会館〜世界一HAPPYな時間〜

実は5連休もらってました。連休中は3日間連続でゲキハロを観劇して、℃-uteとベリーズの熱演を堪能していました。

どちらも千秋楽は観れてないのですが。。。まぁ、大阪があるので千秋楽の雰囲気はそちらで楽しもうと思います。

さて、休みの内にどうしても書いておきたいこと。。。。それは超!超ワンダフルツアーの最後のレポ。

昼書いたのがもう2ヶ月以上前だもんねぇ。。。

超!超ワンダフルツアー@千葉県文化会館〜℃-ute誕生の地より10年目の決意表明、でもやっぱりHE・TA・RE!〜


毎年春ツアーはキチンと最後まで書かずじまいだったので、今回は意地でも書いてやろうと心に決めていました。

今日はは春ツアーのDVDもリリースされるので、その前にというかそのリリース記念とうい体で書くことにしました(^_^;)

(本当は休み中に上げようとしたのですが、詰め込み過ぎ3日もかかってしまいました(^_^;) 凄く長いのでケータイでは絶対最後まで表示できないと思います<(_ _)>)

それにしても今回のツアー、内容も然ることながら、現場の空気が凄く良くて、本当に楽しいツアーでした。

暫く℃-ute単独がないのかと思うと、本当に名残惜しくなります。。。

それで、千秋楽に行く前に、このツアーを軽く振り返りたいと思います。

スマとの合同紺を挟んだ事もあって、℃-uteでは最も遅い春の幕開けとなりました。

4月30日中野。。この週末の4公演では今まで散々干されてきた中野で自分もこーじさんも一桁席2回を含むすべて15列以内という幸運に恵まれました。アルバムの世界観を反映した構成だった為、初見は内容のマニアックさとやや爆発力不足かな、と物足りなさを感じていましたが4公演終わる頃には、ハイレベルなシングルとアルバム曲との融合のバランスに手ごたえを感じていました。

世はGWに突入します。ここで本来なら我が故郷茨城で℃-uteの初公演が行われる予定でしたが、震災の影響で℃-ute史上初となる公演中止になってしまいました。

後に払い戻しの郵便為替と共に写真が送られてきました。。

f:id:maiming_glory:20110928113054j:image

いい写真。。。でも。。

いつか茨城で℃-uteライブを開催して欲しいなぁ!

舞台は新潟へ。舞美嬢の準ホームタウンということもあって、ラファちゃんを半ば強制的に誘って連番しましたww

ライブ自体もアットホームで楽しかったのですが、18時に終わったこともあって、セキチィ、ラファちゃんと繰り出した新潟の飲み屋超美味かったなぁ(≧∇≦)b

何気に今年のベスト遠征の一つです。

超!超ワンダフルツアー@新潟県民会館〜I LOVE 遠征〜

そこから1日挟んで、5月7日、宇都宮へ。どうしようもないピンチケもいましたが、客の入りは少ないながら場内一体となって掛け声をかけたり合唱したり、今回のツアーの空気が凄くいいと感じ始めた公演でもありました。

この頃から知らない人とも「僕らの輝き」で肩を組みだした気がするww

その日はセキチィ邸に泊めてもらいました。

超!超ワンダフルツアー@栃木県総合文化センター(昼)〜理由あり反抗〜
超!超ワンダフルツアー@栃木県総合文化センター(夜)〜キューティージェットストリームアタック

翌日は、℃-ute史に残るアニバーサリー公演イン越谷。℃-uteメンバー5人中4人が埼玉出身の為、事実上の℃-ute凱旋公演となりました。

今ツアー初のUST配信がされたこともあって公演は大盛り上がり。

最後は愛理にも埼玉の血が流れていたという素晴らしいオチまでつきましたww

超!超ワンダフルツアー@サンシティ越谷市民ホール(夜)〜おいでよ!さいたま!!90%凱旋公演〜

翌週の愛知公演は仕事の為、欠席しました。昨年の松戸に続く自身2度目(4公演目)の欠席でした。

そこから舞美嬢の「らん」もあって、ツアーは3週間のインターバル期間に突入しました。


中断後一発目は、偽千秋楽だった大阪。この中断明け最初の公演はC列中央!!w

エグゼのご招待以外ではホールベストタイの良席でした。やっぱり近くで観るとドキドキしてしまいます。

そして、この公演の舞美嬢のMCは、今までの数あるMCの中でも名作の一つでした。

「らん」を観に来てくれたお兄さんが、翌日舞美嬢にメールをしたという話でした。

自身も高校球児だったお兄さんが、甲子園の試合で、勝ち負けではなく、その頑張ってる姿勢に感動するという話を、舞美嬢のアイドルとしての活動になぞらえた話には、本当に感動しました。

やっぱりこの兄あっての舞美嬢だなと思ったのと、メールを何回も見て涙を流していたという話をとても嬉しそうに話す舞美嬢が印象的でした。

この公演が、良席で良かったなと思いました。

f:id:maiming_glory:20110928113143j:image

大阪2Daysの後は、1週空いて、℃-uteが横須賀に初上陸します。しかもYoutubeで初のライブ生配信。

この注目の公演で、舞美嬢が世界中に大珍プレーを披露してしまいましたwwww

しかも可愛そうなことに、これが明日に発売されるDVDの収録公演となってしまいましたww

一方夜公演はちっさー聖誕祭。個人的にはこちらをDVD化して欲しかった。

超!超ワンダフルツアー@よこすか芸術劇場〜THEE GREEN DAY〜

合同紺とのダブルヘッダーとなった週末、装いも新たに八王子はオリンパスホールでは、ハローのこけら落とし公演にもなりました。

この日は昨年やはりこの八王子の地で伝説となった黄色祭り再びと言わんばかりに、マイマイが大活躍。

そしてボソっと最終日に制服を着てこいという話になりました。

私はこのコトバを鵜呑みにしてして最終日に制服を着用していきました。

そして何と昨日クリーニングに出した制服をとって来ました(^_^;)

さてさて、それでは千秋楽を振り返ってみようと思います。

皆で気合い入れ!

グッズ売り場にはこれまでの公演で飾られていたすべてのウェルカムボードが展示されていました。

それを眺めて、ツアーの思い出なんかにふけっていました。

さて千秋楽前恒例のあれを!と10人くらいで集まって、弾けるゾイ!!の気合い入れ。

と、周りでも結構やってる集団がありました。皆気持ちは同じかww

こういう皆で楽しんでやろう!!って℃-uteの文化いいよね!

千秋楽は何と6列中央。千秋楽はクソ席が常の自分が一桁とか!マサキチさんに感謝です<(_ _)>

今回も開演10分前くらいになると、℃-uteの影アナによる諸注意が始まりました。

愛理の滑舌の悪さも相変わらずだけど、舞ちゃんがgdgd過ぎたww

昼公演同様、「盛り上がっていきますよ!」と会場を煽ります。昼はここで終わりだったんですが、

舞美嬢が「さぁ、気合い入れ行きますよ!」と掛け声をかけると

舞美早貴愛理千聖舞!スタッフの皆さん!

会場の皆さん!

全員揃って弾けるゾイ!!!!

まさか、こんなサプライズが待っていようとは!

だから℃-uteとこのスタッフ達大好きなんだよね!!


千秋楽開演

Midnight Temptationが始まると、もう最後のツアー存分に楽しもうと、全神経を集中させます!

メンバーコールとか、やっぱり今ツアー間違いなく最高って感じの大きさと一体感!

FLからJUMP!

序盤でも頭の中が真っ白になるくらい全力で叫んで跳びます!!

最終日、当然メンバー紹介もアクセルを緩める事はありません。メンバーがスクリーン登場する度にメンバーコールとメンバーカラーのサイリウム。

会場もその都度パッっとカレーチェンジします。皆休まなくていいの(^_^;)

新曲桃スパ。前のアフォ共が水鉄砲持ってキモイプレイをしていたのが若干気になったけど、でもやっぱりこの曲での℃-uteは超絶にカワイイ!!

ちーさと!コールの揃い方も最高!!

最初の挨拶の後は、「3番ホーム3両目」

千秋楽くらいは振りコピしようかと思いましたが、舞美嬢の笑顔を見た瞬間完全フリーズ状態。℃-uteライブで一人をずっとロックオンすることってまずないのですが、このアクトだけは他のメンバーが何をしているのか全然分かりません。

それくらい舞美嬢に釘付け、このアクトの舞美嬢は本当にカワイイ(≧∇≦)b

「別れたくない・・・」はちっさーもそうですが、全員の表情とそして声がガラっと変わって、とにかくカッコ良く決めてやる!って気概が伝わってきます。

このアクトは6列くらいだと、細かな表情は声の震えが感じ撮れて本当にゾクゾクきます。

二番で魅せるなっきぃの肩だしは、相変わらずエロカッコイイ!!

と、何故か愛理なっきぃに負けないくらいの肩だし!どうした愛理なっきぃに触発されたか?それにしてもインナーがみえるくらい出してたのでちょっとおかしいと思ったら、衣装が破けてしまっていたようです。

前曲の流れからkiss meのイントロが流れると場内は異様ともいえるテンションの上昇曲線を描きます。

ヒリヒリとした内に秘めていたテンションがこのイントロで一気に放出される感じ、オーイングからoiコールに転じるこの一瞬の爆発力たるや半端ない。前曲からの流れと言えば、アクセル踏みっぱなしのちっさーの歌声が凄い。もう殆ど吠えてるくらい。

そして近くでもやりますkiss meジャンプ。

このヘビーなビートと疾走感の同居、マジ快感です!!


超々ワンダフルベスト3

千秋楽ということでいつもは3人ですが、最後は愛理以外の4人が担当しました。

最後の担当はなっきぃ

テーマは「℃-uteリーダの超々ワンダフルな伝説ベスト3」


3位:移動がめっちゃ速い

曲中のフォーメーションチェンジの時とかの移動の話。特に会いロンのAメロからBメロに移る時の動きが半端なくて、3歩で端から端へ移動してしまうと、なっきぃが驚きながら話してました。

ここで舞美嬢が実演して、確かに速い。試しに舞ちゃんもやりましたが、バタバタしてました。

確かに、この移動は舞美嬢の特徴だなと思います。で、この舞美嬢に匹敵するクイック移動ができるのがももクロちゃんのかなこぉぉさん。

「走れ」のBメロで見せる、あの移動には、まるで舞美嬢だ!ってビックリしましたから。



2位:やる時はやる

「本番ガッツリ集中してやる時はやるリーダーは凄いと思うんですよ!」と最初に持ち上げておいて、

今ツアーでのダンバコの話。

今回は間奏で踊っているのに、

ノソ*^ o゚)<リーダーテンション上がり過ぎて周りが見えてないから、イェーイって!

と、踊りそっちのけでテンションが上がっていると指摘すると、

舞ちゃんがすかさず「それならまだいいじゃん!」

(o・・)<舞が「せーの!」って言うんですよ。まだ舞がせーのって言ってないのに、一人でイェーイ!とかやってんの!

舞美嬢も笑顔で「迷惑かけてます!」と。ちっさーが「ファンの皆さんが舞美ちゃん見てあれ違うじゃんって笑ってる!」と言うと、

从・ゥ・从私はその笑顔をみて、きっと楽しんでくれているんだと思ってるんですよ!

これには℃-uteメンバーも場内も爆笑。舞ちゃんは思わず「かわいいんだけど!」

しかも笑われているのはライブ後の℃-uteミーティングで初めて気付いたんだとかwww

本当に可愛すぎるww

確かにダンバコでの舞美嬢のフライングっぷりは凄かったからなぁww

でもね、確かに違うじゃんって笑ってる部分もあるんだけど、フライングしちゃうくらい楽しいんだろうなぁって、そんな舞美嬢見てやっぱり凄い楽しくて笑ってるんだよ!w



1位:説明は2回必要

舞美嬢は先生の説明を理解できなくて、いつも他のメンバーがもう一度解説してあげるそうです。

舞美嬢も「先生の通訳してくれる人がが必要なんです。。」とかw

先日のキュースマ合紺リハでもそういうことがあって、舞美嬢以外全員理解していたらしく、

リ ・一・リ<(スマイレージに対して)恥ずかしくなっちゃって、舞美ちゃん後で!

と、メンバーに恥ずかしい思いまでさせてしまったようです(^_^;)

「まずいね。。」という舞美嬢に、舞ちゃんはすかさずフォロー「舞美ちゃんだから先生は怒らないんだと思う」

(o・・)<舞美ちゃんそういうところギャップがあって可愛いから!

これには場内も大歓声、でも舞美嬢は、

从・ゥ・从<済まされません!私!もうダメだよこれは直さなくちゃ!

舞美嬢も反省しているようですww

「全然イライラしないよね、舞美ちゃんに!」とちっさーもフォローするももの、そこはダークナカジマ「4回くらい説明した時ちょっとイラっときた!」

ま、4回もやったら普通はキレるか。。舞美嬢の人徳なのかなw

最後は、

从・ゥ・从<長く付き合って下さいな!

メンバーも笑うしかないって感じでした(^_^;)

ま、これが℃-uteなのよねw


中盤戦

「サークル」「ルルルルル」と中盤のメンバーフィーチャリングアクトは、メンバーの表情に本当癒されます。

ドレス衣装ってこともあって、立ち姿もいいんですよね!

舞美嬢の背中はやっぱりキレイだなぁって見惚れてしまいます。やっぱりこのアクトは近いと、すごく楽しめます。

「ルルルルル」の愛理の幸せそうな顔、本当忘れられません。

隣の幸せそうな愛理ヲタの顔。。早く忘れよう(^_^;)


ソロMC〜℃-uteへ〜

最後の担当は愛理舞美嬢の100回公演と並ぶ、℃-uteライブ史に残る名MCでした。

「今日は最後なのでちょっと真面目な話をしようと思うんですけど。。」こう切り出して、まずは歌への思いを語りました。


小学2年生でこの芸能界に入ってから一番長かったんじゃないかっていう休みの期間があって、その時に自分と向き合う時間が沢山あったので、自分が本当になにをしたいのかとか、昔から自分が本当にやりたかったことって何なんだろうとか思い返していたんですよ。

それで一つのきっかけとしてギターも始めたし、自分は本当に歌が好きなんだっていうことを確認できたし、それを確認する為に、小学2年生でオーディションに受かる前に学校に行く前に歌ってた場所とかにいって、もう一回その時の気分を思い出してみたりとか、そういうことをする時間もあったので、やっぱり歌が好きなんだなって、デビューする前の時の気持ちも思い出す事ができて凄い貴重な時間だったんですけど、私はこれからも歌を歌い続けたいなと、すごくその期間を使って思ったんですよ。

℃-uteに対する想いを続けます。

℃-uteはGREEさんの方でブログをやらせてもらっているんですけど、そのブログに結成記念日とかそういう時長文を書いたりするんですけど、書いている時に思い返すことが、その度その度あって。

この前も℃-uteの日か結成日かに書いて思い出した事は、℃-uteのメンバーとの思い出なんですけど、私達がハロー!プロジェクトキッズとして受かって、15人でファンクラブイベントをやることがあったんですね。

その中で、先にBerryz工房がチーム名を貰って、一緒に出てるイベントのあるコーナーで「私達はこの曲でデビューしますよ!」とお披露目するコーナーがあったんですよ。

その時に私達はハロー!プロジェクトキッズだったので、グループ名もなければ曲もなかったので、皆でベリーズがやってる曲をマネして踊るくらいしか出来なかったんですけど、それをマネして踊る時に悔しさとかも今の℃-uteの5人のメンバーは皆知ってることだし、その時を思い出してみたら悔しかった気持ちも、ずっと一緒に歩んできたんだなって思って、一人でジーンとしちゃったんですけど。

その後も℃-uteめぐる恋の季節のリリースイベント、Cutie Circuitって言って日本全国を回ったことがあるんですね。その時も無告知でイベントをやったことが1回だけあるんですけど。

その時は無告知だったしインディーズだったし、観てくれるお客さんというのは本当数えるほどしかいなくて、まさか今こんな大きなステージに立って沢山の人に見守られながらステージが出来るなんて、その時は考えてもいなかったことで、その無告知のイベントの時に感じた衝撃とか、原点に戻った気持ちとか、そういうのもブログを書いている時に思い出して、悲しかったというか、悔しかったというか、楽しいだけじゃない思い出も℃-uteメンバーには下積み期間もいっぱいあったし、皆それぞれが同じ気持ちで同じ時期を過ごしてきたので、皆同じ思い出があるというか、

どこのHello! Projectのメンバー、どのアイドルのメンバーよりも一番メンバー同士の深い思い出、悔しかったこととか、悲しかったこととか、嬉しかったこととか、メジャーデビュー出来た時の喜びとか、そういうのを凄い皆で共感できるグループだなっていうのを、その時改めて思って。

あまり私って℃-uteのことについて語ったりしないじゃないですか?

いつもこういう時って家族の話とか学校の話とかするんですけど。

いっぱい思い返してみると、℃-uteメンバーってそれぞれ違う子だし、個性もそれぞれだから、小さい頃からやってるっていうのもあって、ぶつかることも沢山あったし、イラっっとすることもあったし、この人に負けたくないって思った事も沢山あるし!

そういう個性があるからこそ、相乗効果でここまでこれたっていうのもあって。

あまり言った事がないんですけど、℃-uteが最初の方のツアーの時は、ツアーが終わると皆でミーティングをするんですよ。今でもするんですけど、最初の方のツアーの時はずっと怒られてばっかりで、本当に℃-uteとして皆で悩んだ事もあったんですけど、

今は皆さんとどういう風に同じ時間を楽しく過ごせるかとか、過ごす為にどうしたらいいかっていうことも!楽しい事も皆で考えられるようになって、あっという間に6周年が過ぎてきて、今やってるって感じなんですけど。。

色々あってもメンバーって凄く大事だなって、改めて話してる今でも感じております。

ここまで話すと場内からは万雷の拍手が起こります。

ここから少しリラックスしたような感じで愛理は続けます。

もう少ししたらもう皆二十歳も超えますよ。。ビックリしちゃいますけど。。

大人になっても進化していけるグループでありたいし、℃-ute個人個人としても進化していける人に皆なっていきたいので、

来ている皆さんは勿論、来られなかった方も、これからも℃-uteを支えて下さい。

再び会場は大きな拍手に包まれます。

その拍手も鳴りやまない中、愛理は口調もかなりリラックスしていましたが、最後に結びます。

しばらく単独ツアーも今のところ予定が無いので、次予定ができたら、その時はもっと進化した℃-uteをお見せできるように、℃-ute5人で頑張っていきたいと思います!!

最後は拍手喝采に包まれます。

感動したというか、とにかく凄いMCだった。

何か自分が℃-uteに感じている好きな部分を全部語ってくれた気がします。

愛理ヲタは勿論でしょうが、いち℃-uteヲタとして涙が止まりませんでした。

大げさと言われようが何と言われようが、これは℃-ute版「出師の表」。

紛れもない名言です。

少しだけ補足すると、話の中で出てきた「めぐる恋の季節」はインディーズではなく、無告知もやってないので、前年のCutie Circuit2006の話をしていたんだと思います。

まぁ、そんなのは些細なこと。この感動の名言に対してなんら影響のあるものではありません。

これを前のアフォが知ったかして話してましたが、そんなの℃-uteヲタなら誰でも知ってる事。

そんなどうでもいい指摘してるくらいなら、愛理の話を真剣に聞け!


最後に愛理は、

州´・ v ・)<はい、そういうことで以上ソロトークのコーナーでした!

州´・ v ・)<では、続いてはソロトーク。。。ソロトークじゃない。。違う!違う、間違いちゃった!

と、ソロ曲コーナーを紹介してこのコーナーは終了しました。

このギャップは。。。(^_^;)

本当℃-uteっていいよねwww

愛理、素晴らしいスピーチと、何より℃-uteを愛してくれてありがとう!!


ぶっちゃけ祭り

昨年の夏秋ツアーではセレンドを使ってライブにおけるコミュニケーションに新機軸を打ち出した℃-uteですが、今ツアーは原点回帰と言わんばかりに、タップ&ストンプ披露や使ったタオルでお馴染み℃-ute No.1のパーティーチューン「That’s the POWER」が復活しました。

今回は追っかけワードで場内の一体感を作り出しました。このコーナーは今ツアーの象徴のような存在になり、FINAL Tでは公演毎の追っかけワードがプリントされたTシャツも販売されましたww

f:id:maiming_glory:20110927004410j:image

千秋楽は「このツアーめちゃくちゃぶっちゃけたよな!」とまずは今までの追っかけワードを振り返りました。

まずは衝撃のカミングアウトとなったあれ。。

从・ゥ・从<岡井のあれから始まったよな!

衝撃の50と3キロwwwww

「説明して!」と促されると

リ ・一・リ<50と3キロだよ!!

場内大爆笑wwあれはまじぶっちゃけたなぁwwww

続いて、「内の一番人気メンバーのスズキもよ、ちょっと寝顔だしちゃって!」

と新潟で披露したカワイイ寝顔が映し出されます。

新潟のお宝のお裾分けですw

あまりの可愛さにメンバーも「もっと人気出んじゃん!」

wwwじゃあ出さなきゃいいのにw

続いては舞ちゃんの幼き日のグラサン姿wwこれは初日の中野で披露されました。

从・ゥ・从<ぶっちゃけどうだったのよ?このサングラス?

(o・・)<まだ小学生だったんだよ。。。グラサンかけてることのおいしさを感じてなくて。。

続いては、「ナカジマお前だけなにも出してないじゃないか!」と舞ちゃん。

そして暴露されたのは、大阪の超々ワンダフルベスト3のコーナーでちっさーに暴露された、鬼奴なっきぃの未公開版www

なっきぃがリアルに怖いwwww

最後は舞美嬢。

リ ・一・リ<うちのリーダーって天然っていうか、男らしいっていうか、逞しいっていうか

と初公開の写真と、舞美嬢が力こぶを作ってる画像が映し出されました。

从・ゥ・从<皆超引いちゃってるじゃないですか!!

で、撮影してる時引かれると思ったそうですが、

从・ゥ・从<カメラ向けられた瞬間全力だよね!!

さすが舞美嬢ww


そして、「後半戦行くッス!」と恒例の追っかけワードも発表されます。

今日の担当は全員。。

「ぶっちゃけ祭りだ!」


さすが最後を飾るに相応しいお題ww

追っかけワードでは勿論「ぶっちゃけ祭りだ!」の掛け声。

スクリーンにはこれまでの追っかけワードが画面狭しと写しだされます。

そしてアンサーワードは

「みんな大好き!!!」

おおぉ、超高まります。

間奏でもメンバーが「好きだよ!」を連呼。

ヤヴァイ。


僕らの輝き

ぶっちゃけ祭りの次は、ロッキンパーティー

BGMに合わせてちさまいが悪ノリしてエアドラミングをやれば、それ楽しそう!と言わんばかりに愛理もドラミングやってましたww

自由過ぎるww

ノソ*^ o゚)<千葉の皆の声が聞きたい!!

イェーイ!のコール&レスポンスからドラミングのBGMが弾けて

勇ましい 輝きの方へ♪ 美しい輝きの方へ♪

ちさとぉぉぉぉぉ!!!!!

最終日はマサキチさんと、となりの見知らぬちっさーヲタと肩を組んで、熱唱してました!!


ラストスパート

至近距離で舞美嬢の笑顔を存分に堪能したキャンパスで癒された後は、超WONDERFUL!

サビはヤケクソで跳びまくったのでヘトヘト。

最後まであの間奏のダンスだけは残念でしたが(^_^;)

そして舞ちゃんのいつもの台詞から、℃-uteメンバーが煽ってダンバコそして青春ソングをぶちこみます。

毎度のことだけど℃-uteのラストスパートは本当に凄い。

℃-uteも皆も後早貴考えないで、全力でぶつかっていくから、この爆発力が生まれるんでしょうね!

モッシュもクラウドサーフやらなくてもこんなしんどいのは℃-uteライブくらいでしょう(^_^;)


ラストMC ツアー総括

千秋楽恒例のツアー総括は、愛理がソロMCでガッツリ語ってくれたこともあって、いつもよりは軽めでした。

f:id:maiming_glory:20110928113247j:image

まずはなっきぃ。今回は最新アルバムを引っ提げてのツアーでアルバムの曲を可愛くとかカッコ良くとか意識して歌っていたそうです。

「このツアー思い入れのある、℃-uteが一歩成長したツアーだったんじゃないかなって思っていたので!」

ここで場内からも歓声が上がりますが。。

「さっき愛理がソロMCで凄い良い事言ってて、あまり聞くと泣いちゃいそうだったから、あまり聞かなかったんですけど。。」

とすぐさまエーイングですっかり悪者ww

これぞなっきぃテイストですね!


f:id:maiming_glory:20110928113319j:image

舞ちゃんは自身初のソロMCでの話。

「文章力がどうしても悪いのでファンの皆さんに伝わるか不安だったんですよ。。」

それでも3回やって自分なりに手ごたえを掴んだそうです。


f:id:maiming_glory:20110928113350j:image

ちっさーはソロステージの話でした。

今回のソロステージはとてもいい課題が貰えたと思ったそうです。

「私の歌う曲が凄いオトナっぽい曲だったので、表情が凄い難しかったんですけど、これからも少しずつ成長できたらいいなと思いました」


f:id:maiming_glory:20110928113216j:image

名MCを披露した愛理

「もう一つ言っておきたいことがあって!」

℃-uteはメンバーもスタッフさんも一つのチームみたいになっているという話をしました。

「今日来て下さった皆さんや、今回ツアーに関わってくれた皆さんも℃-uteチームですよ!ということを言いたかったんですよ!!」

また、いいこと言った愛理!!

またしても大歓声。

さらに愛理は9月7日に新曲が発表されることを告知しました。

本当随分前の話になるのね(^_^;)


f:id:maiming_glory:20110928113421j:image

ラストは舞美嬢。

今回のツアー2ヶ月強の期間に合同ライブや個人で色々な活動をしていたことに触れていました。

「それぞれがそれぞれの場所で吸収したことを出せたツアーだったんじゃないかなと思います。スタッフの方にもツアーを通して成長したねって言ってもらえたことが凄く嬉しかったんですよ!」

最後は舞美嬢らしく℃-uteはもっともっと成長したいと話して、「皆さん℃-uteについてきて下さい!」

勿論ですとも!!


最終決戦

いよいよ最後の瞬間が近付いてきます。

从・ゥ・从<日本中のの皆がラッキーでハッピーな。。。え〜。。。

と、曲紹介でまさかのチョンボww

ノソ*^ o゚)<こういうのもリーダーだね!

(o・・)<いつも最終日にやらかすね!

すかさず舞美嬢も「ゴメンなさい」

気を取り直して、「いざ、進め! Steady go!」

千秋楽だったので、この後千秋楽スペシャルが控えているのは知っていました。

でも、ここでアクセルを一瞬たりとも緩められようはずはありません。

場内も最後の最後、燃え尽きてやるぜ!って気概が伝わって来ます。

冒頭から狂ったような振りコピと強烈なoiコール。途中歌飛ばしもあったんですが、そこは会場で歌ってフォロー。

サビは、会場は勿論ですが、℃-uteメンバーのぶっ壊れ方が半端ない。全員が頭をグォングォン振って全力疾走。

从・ゥ・从<僕らにしかできないコミュニケ〜ショ〜〜〜ン!!!

舞美嬢もシャウトというか絶叫!w

℃-uteと会場の壊れ方は、壮絶と形容するのが最もふさわしい、それくらいの大盛り上がりのアクトでした。


そして最後の最後は「千秋楽スペシャル!!」と℃-uteの代名詞、バキバキのチョッパーベース音と共にまっさらを投下。

前曲で真っ白な灰になったヲタですが。。。このアクトではその灰すら燃え尽くしてしまおうと、とにかく全力で振りコピ。

間奏の舞美嬢独唱のところは、舞美嬢がツアーセットの台にあがるのですが、夜公演では、他のメンバーが煽りをいれて、文字通り場内一体となって舞美嬢を煽りますww

そして最後は、やっぱりこれ!

やーじままいみとラブミードゥー!!!

を撃ち込みました!!


これでしばらく℃-uteツアーとはお別れだけど、今ツアーに一片の悔い無し、完璧に燃え尽きました。

千秋楽にこんな良席を引いてくれたマサキチさんにまずは感謝。そしてハイタッチ。

後ろにいたラファちゃんにもハイタッチ。

そして、会場の外でお仲間達とハイタッチww


打ち上げ

今ツアーの終了を祝して12人で乾杯しました。

千葉ということでお魚の美味しそうなお店を事前に予約していましたが、ビールもスーパードライだし刺身も美味ししい最高でした。

f:id:maiming_glory:20110702222744j:image

f:id:maiming_glory:20110702222348j:image

千秋楽恒例の合宿で宿もとっていたので、時間の心配もなし。本当沢山呑んで語ったなぁww

美味しい酒を飲んで、℃-uteの事をたっぷり語る。

これも℃-uteライブ、特に千秋楽の楽しみなんです。

℃-uteのライブはライブ中だけじゃなくその後も含めて、世界一HAPPYな時間です。



まとめ

いやはや本当に長くなってしまった。。。

文章もですが、書くまでの期間も(^_^;)

本当は恒例の℃-uteブログリンクをしたかったのですが、2ヶ月以上経つと辿れなくなってしまうんですね。。

地道に1日ずつ戻って辿りました(≧ο≦)人(≧V≦)ノ

HAPPY!千聖
お疲れ様でしたっ
だいすき
千秋楽!(あいり)
感謝

f:id:maiming_glory:20110928115649j:image

f:id:maiming_glory:20110928115648j:image

f:id:maiming_glory:20110928115647j:image

と鮮度ゼロのレポですが、それくらい今回のツアー自分的にも思い入れのあるツアーでした。

これまでの定番曲は随分減って、最初は微妙に感じる部分もありました。しかしもはや楽曲の善し悪しに左右されないパフォーマンスを℃-uteは身に付けている事に気付きました。

メンバーフィーチャリングアクトも、歌ってるメンバーは勿論それ以外のメンバーの表情も絶品でした。

ちっさーも最後のMCで言っていたように、この辺は本当に今回は気を使ったことなんでしょう。

今までもそうでしたが今回は特に℃-uteの成長を感じたツアーでした。

世はアイドル戦国時代と言います。

自分は他のアイドルのライブをそれほど観ている訳ではないので大きなことは言えませんが、それでも今話題のももクロちゃんを見ても、他のグループを見ても℃-uteの方が全然凄いと感じてしまう。

それは個人のパフォーマンスは勿論なんですが、ヲタの反応とで作り出すあの空間がなにより凄いと今回のツアーでは特に感じました。

これだけの爆発力とスプリント力のあるライブはアイドル界では。。。なんて比較はしません。

自分の行ったライブでもここだけです。

やっぱり℃-uteのライブ好きです。

この℃-uteライブともしばしお別れですが、来年、さらに成長したむぎわら海賊団のようにパワーアップした℃-uteメンバーに会える事を楽しみにしています。

その前に、もう一度あの感動に浸るとしましょう!


f:id:maiming_glory:20110928113009j:image

-ute最高!!!

2011-07-16 ℃-ute春ツアー最終日

maiming_glory2011-07-16

超!超ワンダフルツアー@千葉県文化会館〜℃-ute誕生の地より10年目の決意表明、でもやっぱりHE・TA・RE!〜

季節を跨いだ℃-ute春ツアーが終わってから2週間が経ちました。

休日出勤に深夜残業。。℃-uteツアーは終わっても平穏な日々はまだしばらく早貴になりそうです。。。

とはいえ次のヲタ現場は8/13のハロ紺まで1か月以上空きます。

この期間は毎年恒例の体をロックモードに切り替えます!

今年もNANO-MUGEN、そしてジャパンと二つのフェスに参戦してきます。アイドルモード全開から切り替えられるかちと不安ですが。。。

このヲタインターバル期間を利用して春ツアーを振り返っていこうと思います。

まずは最終日の昼公演。

いつもは開演30分前くらいに会場に行く自分ですが、この日は開場2時間前に会場入りしました。ある意味奇跡!!

最終日のA5写真とか、日替わりとか、最終日の写真はメッセージなりイラストなり、メンバーの想いが沢山詰まっているので、全メンバー分どうしても欲しくて、こんな早い会場入りとなりました。おかげで周りからは「雨降るからやめろ!」とか散々な言われようでしたが(^_^;)

今ツアー最後の募金活動にも参加できました。気合い入れて学ランで臨みましたww

前の週の八王子公演で、去年の夏秋ツアーで最終日は制服着たよね!って話になって、また着てきてくれたら嬉しい的なMCをしていたので、どうしようか迷っていたのですが、前日にキムくんが「制服着ていきますよね?」って言ってきたので、着ていくことにしました。

去年の市川公演後クリーニングに出してそのままになっていましたww

舞美嬢やメンバーに、最終日燃え尽きようね!って声をかけて、萩ちゃんには「制服着て来たよ!」ってアピるも、「ありがとうございます!」とこれといったリアクションはありませんでした(^_^;)

座席は22列中央。普通の会場だと後列の部類に入りますが、ここ千葉県文化会館の奥行きは半端なくて、真ん中よりやや後ろといった感じ。前通路から2列目なので視界はとても良好です。

いつものように地震発生時の諸注意が終わると、場内に響き渡る声に一瞬耳を疑いました。

「皆さん、盛り上がってますか?」

それは紛れもなく舞美嬢の声。会場は俄然湧きます。

「開演に先立ちまして、お客様にお願いがあります!」と何と℃-uteメンバーの影アナによる諸注意。

さすが最終日!!と一気に高まります。

普段通りの諸注意かと思いきや、「絶対におやめ下さい!分かりましたかぁ〜?」となっきぃは超ハイテンションwww

高輝度サイリウムの使用についても「おやめ下さい!」と言う声にも力が入っていますwwこの効果があってでしょうか?最終日はあの迷惑極まりない高輝度サイリウムが少なかったようにも思えました。

萩ちゃんは噛み噛み過ぎて全然言えてませんでした(^_^;)

「それでは皆さん、お待たせしました!℃-uteコンサート間もなく開演です!」

「盛り上がっていきましょう!」

俄然最終日らしい盛り上がりをみせてきました。

そして、そこから数分、会場が暗転します。

暗がりに静かなBGMと、サイリウムという沢山の星が瞬く中、銀色の衣装に身を包んだ℃-uteが登場します。

とその刹那、イントロが弾けるのを合図に星々が揺れ出します。と同時にoiコールの大合唱。

もう何回も繰り返されて光景だけど、やっぱり痺れます!!

そして、高速で質量のあるビートの加速にのせて舞美嬢が放ちます。

街は週末!!

舞美!!!

会場中の漲るテンションに見事に着火!!

最終日も見事なロケットスタートを決めてくれます!!

最初のMCでは「今日は最終日っ!!」となっきぃも超ハイテンション。

「3番ホーム、3両目」から始まるフィーチャリングアクトは℃-uteの成長の象徴でもあったので、残り2公演かと考えると本当に名残惜しくなります。

「別れたくない」では今日もなっきぃが肩を露出して、エロさ全開放。やっぱり℃-uteで唯一エロスオーラを発するなっきぃ、カッコ良すぎます!!


超々ワンダフルベスト3

担当はちっさー

お題は「やっちまった超々ワンダフルな失敗ベスト3」


第3位:弟とまくら投げをした時。。。

ある時、弟とまくら投げをしていたら、弟の投げたまくらがちっさーの顔面に直撃したそうです。

リ ・一・リ<私ムカついて!仕返ししてやろうと思って弟のところにいったんですよ!

布団の下に潜り込んだ弟にまくらを叩きつける仕草をしていましたが、かなり力が入っていましたww

と、弟は逃げていて、ムキになって枕を投げているちっさーを眺めて笑っていたそうです。

弟が潜っているとおもていた布団はもぬけの殻。。「あれは恥ずかしかったですねぇ」とはちっさーww

ちなみにこの現場には萩ちゃんとなっきぃもいたそうですが、「私達もやられるんじゃないかって。。」とそのくらい白熱の姉弟バトルだったみたいですww



第2位:家族でBBQに行った時。。。

7Mもある大きな岩から川に向かって小さい子どもが川にダイブしていたそうです。

それを見たちっさーが「これ千聖できるんじゃね?」って思って岩の上に登ったそうです。

この冒頭のくだりを聞いた瞬間、この話はもしや?と思いました。

登ったはいいけど、下を見降ろしたら怖くなって引き返そうとしたら、あっすー(ちっさーの妹ね)が「姉ちゃんどこいくの?」と引き返すのを許してくれなかったそうでww

そんな姉妹で問答をしていると、ちっさーの体に大きな虻が止まったそうで、「これを取るには飛び込むしかない!」とおもったや否や、

リ ・一・リ<明日菜にドーンと突き飛ばされて!

「飛び込んで体痛くなかったの?」と心配するマイマイに、

リ ・一・リ<全然痛くなかった!でも本当に気を付けないとむちうちになっちゃうらしいからやる時は気を付けてね!

(o・・)<やらないから!

このBBQの話って何回も聞いた携帯が水没した話と同じではなかろうか?と思ってしまいました。



第1位:小6の時、弟と鬼ごっこをしていたら。。。

必死で逃げていたら、コケてジョジョリした道(ちっさー曰く、砂利道のことらしいww)でアゴを思いっきり強打したそうですwwwで、母親にばれるとまずいと思って、お湯で温めたら、余計に腫れてきたそうで、それを見たちっさーママは

「お湯で温める人いないでしょう!」と呆れたそうですww

ま、普通水で冷やしますわな(^_^;)

それからしばらくアゴにばんそうこうを貼っていたそうです。「その時の写真持ってきました」とスクリーンに映し出されたのは、修学旅行のグループ集合写真。日焼けをして真っ黒な顔、黄色い帽子を被った岡井少年が可愛かったなぁww

バンソーコーもしっかり写ってましたw

リ ・一・リ<本当にひどくて、その時から顎に肉が付いた気がします。

ちっさー、顎の肉やっぱり気にしていたのねw

でも。。多分関係ないと思うよw


それにしても、やっぱり岡井家はワイルドだ、と感じた今回のベスト3のコーナーでした。



ソロMC〜生誕の地で10周年の決意表明〜

舞美嬢が担当でした。

まずは6月30日でハロプロに入ってまる9年を迎えたことに触れると、会場からは拍手が沸き起こりました。

舞美嬢は当時は芸能界にはそれほど興味がなくて、お花屋さんや美容師になりたかったそうです。

それが今ではこうしてステージに立って、と感慨深げに話すと、また拍手が起こります。

今回はその流れから、デビュー当時のメンバーのエピソードを用意してくれていました。

最終オーディションは2組に分かれたそうですが、舞美嬢は萩ちゃんと同じ組だったそうです。

「もうホッペがプクっとしてて可愛くて!!」

そんな最終オーディションでのお弁当のお話。そのお弁当には白飯に梅干しがのっていたそうですが、

「舞ちゃん梅干しが好きだったらしくて・・」

「自分のを食べて、それでも食べたかったらしくて、「梅干し食べない人?」って言うんですけど、誰も声をあげなくて。。」

从・ゥ・从<それで私の梅干しをずっと見てたんですよ!

で、舞美嬢も梅干しが大好きだけど、それを舞ちゃんにあげたそうですw


「今はあんなに女の子になりましたけど、もう昔は本当に男の子みたいで、冬なのにビーチサンダルに半ズボンでいつでも遊びにいけるような格好でスカートなんか着ないぞ!って感じでした」

やっぱりww

そして「仔犬ダンの物語」の撮影の時の話になります。

群馬の大自然の中で撮影したそうですが、クランクアップ後に「衣装を汚さないなら遊んでいいよ!」ってスタッフさんに言われたそうですが。。

从・ゥ・从ちっさー、いきなり水にバーンって入って!!

といきなりビショビショにしてしまったそうですww

さすがちっさー、やんちゃだなぁww


愛理は昔は本当に自分の意見が言えない子で、℃-ute会議でも自分の意見を言わなくて。」

今でも控えめな感じはしますね。

愛理の家に泊まりにいった時のエピソードも話してくれました。

「前に愛理の家に泊まりに行ったことがあって。。で、帰った後に愛理のママから聞いたんですけど、急に家が寂しくなっちゃって、それで一人で泣いてたんだよ!というのを聞いて。。」

確かに愛理って、マイペースだけど常に人に囲まれてることが好きなので、とても寂しがり屋だと思います。

それがよく分かるエピソードでした。


なっきぃ愛理よりも意見が言えない子で。。」

从・ゥ・从なっきぃ!って呼びかけるだけでも泣いちゃうんですよ!

場内大爆笑www

「今ではしっかり皆をまとめてくれて!」

从・ゥ・从昔は、なかさきちゃんなかさきちゃんって言われていたけど。。

从・ゥ・从今ではヘタレ!ヘタレ!って言われて!!

再び場内大爆笑!!!


当時を振り返りつつ、「皆変わっていくんだなぁ」としみじみとする舞美嬢が心憎い一言を加えます。

从・ゥ・从℃-uteが誕生したのって、この千葉県の木更津なんですよ!℃-ute誕生の地なんですよ!!

ここで千秋楽を迎えられるのを喜んで、℃-uteもパワーアップしていきたいと決意表明をした後に、今度は舞美嬢自身のことを振り返ります。

「この前オーディションの映像を見たんですけど、声がちっちゃくて」

あれは色々な意味で衝撃の映像だったなぁww

場内からも笑いが起こります。

その声が小さいという事で、

从・ゥ・从いっつもいっつも母に怒られていたんですよ!

「ホテルにはいつも母が付いてきてくれてたんですけど、ホテルに入るのが怖くて怖くて。。」

从・ゥ・从入った瞬間に「何であんなに挨拶の声が小さいのよ!」って怒られて。。

「そういうこともあったけど今はステージで話す事もできるようになったりとか!成長したなと思いますね!」

「10年目も頑張っていきますので、皆さん引き続き温かく見守っていて下さい!」

℃-ute生誕の地より、メンバーの懐かしいエピソードを織り交ぜながら、10周年の決意表明。

本当に舞美嬢のトークは上手くて面白い!!(アドリブは弱いけどww)

この名演に対して、沢山の拍手が送られたことは言うまでもありません。


That’s the POWER

おっかけワードを発表する学ラン寸劇。公演を重ねる毎に前振りが長くなってきていますが。。。

この日もまた遅刻してくるちっさーに、

州´・ v ・)<いわゆる一つの遅刻です!

ノソ*^ o゚)<ここ千葉県出身の長嶋茂雄監督か!

更に、愛理に対して、「空気読めよ!」とか「スズキはそういうことあるから」とか愛理いじりで盛り上がると、

(o・・)<やめておこうぜ!スズキの悪口言うと後々面倒になるから!

(o・・)<スズキは人気者だし、スゲー!コメント数とか桁違いだし!

久々にブログのコメント数ネタ出たwwww

場内は大爆笑。

(o・・)<どうなんだよ、人気者の心境は?

州´・ v ・)<う〜んどうでしょう。。

ノソ*^ o゚)<長嶋監督か!終身名誉監督か!!

gdgd過ぎるww

(o・・)<帰れ!帰れ!

と言い放たれて、とぼとぼステージ袖に掃けようとするなっきぃww

場内からは「帰らないで!」の声に、

ノソ*^ o゚)<メンバーが止めろよ!!リーダーなにしてんだよ!!

ここでようやく舞美嬢が登場。

从・ゥ・从この子はほっといて。。ここから後半戦行くッス!!

って、前振り長過ぎだよ!!wwww

でも何気に面白かったw


さて、恒例の追っかけワードは、

从・ゥ・从おい、ナカジマ!お前いっつもハギワラにおっ・・ちょくられているよな!

って、舞美嬢噛むなよw

(o・・)<横断歩道がピカピカなるくらいで止まんなよ!!

リ ・一・リ<限界になると泣きそうな顔してさぁ、「もうナカジマ無理ッス」

言われたい放題www

で、追っかけワードは、

「やっぱりヘタレ」


wwwwww

会場中から浴びせかけられる「やっぱりヘタレ!」に対して、なっきぃのアンサーワードは、

ノソ*^ o゚)<ヘッタレ!!

と、あの去年の春ツアー千秋楽以来のヘタレ音頭を披露www

やるな、なっきぃwww


後半戦

僕らの輝きでは、この日も知らない人と肩組んで4連番。終演後は、「肩組み返せなくてゴメンね!」とか「楽しかったです!」とか!

嗚呼やっぱ℃-uteヲタ好きだぁ!!

季節は夏、ここからの夏フェス顔負けの怒涛のアッパーチューンは本当にしんどい!!

でも、この汗は最高!やっぱり℃-uteのライブはスポーツです!!


最終日スペシャル

最後のMCではまた舞美嬢が千葉について触れます。

千葉からスタートした℃-ute、こうして9周年経って千葉に帰ってきて凄い嬉しいです!

そしてラスト曲、いざ進めSteady&Go!で、全力を出し切ります。

そして終演。

「どうもありがとうございました!!」

拍手喝采が続く中、少し間を置いて、


从・ゥ・从<と、言いたいところですが!

「今日はもうメチャクチャ楽しいので、最終日スペシャル!!」

「もう一曲行くぜぇ!!!!」

と、その刹那、バッキバキのイントロが流れます。

まっさらブルージーンズ!!!!!」


場内はウォォォ!!!と怒号の大歓声。

今ツアーで初めてセットリストから漏れたこの曲。でもやっぱり℃-uteライブにはこの曲はかかせないでしょう!

℃スマ最終章でやろうとも、その価値は少しも変わりません。

℃-ute紺でのまっさらは格別です!!

A、Bで余り振りをやらない初のバージョンですが、ヲタはそんなの関係なく振りコピ。

サビではまってましたと言わんばかりのオーイング。やっぱりこの曲の盛り上がりは半端ない。

この曲の見せどころ、舞美嬢の独唱のところは、舞美嬢はツアーセットのお立ち台に登ります。

すると他のメンバーは、ヲタと同じような手の振りで煽り始めます。

このニューバージョンに思わず笑ってしまいました。

最後はやっぱり「やじままいみとラブミードゥー!!」をぶっ放してフィニッシュ!!!


スゲー、楽し過ぎる℃-uteライブ!!


珍客

今回自分達の座席の少し前にPA卓があるのですが、その後ろは空席列になっていました。

が、そこに女の子二人がポツンと立っていて、一人はマスクをしてピンクのサイリウムを振っていました。関係者には違いないでしょうが、時折後ろを振り返ってヲタを眺めていたので、スタッフか関係者かと思っていたら。。

なんとさゆでした。

キュート♪

f:id:maiming_glory:20110717171752j:image

ちなみにもう一人は絵里という噂ですが、果して。。

わざわざ千葉まで足を運んでくれてかなり嬉しかったなぁ!


総括

22列は21列が前通路ということもあって、物凄く見易かったです。ポジションもほぼセンターだったので、メンバーとの目線も本当に最高で何回も誤爆しました!w

横の方もヲタT着て、ガッツリというタイプではないのですが、℃-uteの音楽を楽しんでる感じで、僕らの輝きでは一緒に盛り上がってくれて本当に楽しかった。

舞美嬢のMCも千葉に関して、そして時期的にもこれ以上ないってネタをもってきてくれて、しかも涙というよりはしっかりと笑いをとって、とても面白いMCでした。

そしてやっぱりヘタレ呼ばわりのなっきぃは、でもそれをすっかり楽しんでるようで、本当舞美嬢のMCでの言葉ではないけど、名前を呼ばれただけで泣いちゃうようなオドオドした子が今ではwww

勿論そんな面白おかしいメンバーの成長談に加えて、グループとしてもしっかりと成長しています。

取り分け今回は行け行けのリストではなく、メンバーの表情だったり歌声が今まで以上に引き立つセトリとなっています。

春に始まった時は正直微妙なアクトもありましたが、2カ月以上経って夏を迎えた、この日、本当にどのアクトも素晴らしい!

℃-uteのスキルアップは勿論、ヲタと呼ばれるボクらオーディエンスも聴くとこ、盛り上がるとこ、しっかり音に耳を傾けたからこそ、それぞれのスタイルで楽しめているように思います。

皆で成長してきて、そして作ってきたライブツアーも残すところ後1公演と考えると、本当に寂しくなりました。

本当に楽しくて楽しくて楽し過ぎた、最終日昼公演でした。


さて、次はいよいよ千秋楽レポ、といきたいところですが、今ツアーについてまだ自分なりに書きたいことがあるので、少し時計の針を戻してみようと思います。

从・ゥ・从<もう夏ハロも始まったのに?

いいじゃん!

ここ2年続けて春は千秋楽レポ書いてない(書けてない。。)今回はそうならないようにしないと!


ここまで読んでくれた奇特な方。。。

もう少しお付き合いください<(_ _)>

2011-07-04 ℃-ute春ツアー最終日

今ツアーに一片の悔い無し!!

℃-ute春ツアーついに終わりました。

℃-uteらしいメンバー、スタッフ、ヲタのパワーを結集した最高の最終日、千秋楽でした。

いつもは開場時間にすらいかない自分ですが、去年の夏秋ツアーの千秋楽で最終日写真を一部メンバー買えなくてちょっと悔しい思いをしました。たかがグッズ、されどグッズ。

グッズなんかで悔いは残したくないので、12時半頃会場に行って、ヲ仲間分も含めて、グッズをゲッツしました。

ちなみに最終日A5は昼公演終了時には全メンバーSOLD OUTだったんだとか。

恒例のウェルカムボードは最終日の担当は舞美嬢。和気あいあいとした℃-uteが表現されていました。さらにこれまでのウェルカムボードもすべて飾られています。

おおぉスゲー!!と感動。そして開演5分前頃になると、℃-uteメンバーが影アナで登場。色々な諸注意をしてくれましたが、マイマイ噛みまくってましたww

最終日恒例の曲追加、今回も勿論ありました。今ツアーで恐らく初めてリストに入らなかった、ある意味℃-uteの象徴ともいうべく、まっさらブルージーンズでした。

舞美嬢の独唱部分は、メンバーがヲタ煽りをくらわすなど小ネタも効いていて、大爆笑しましたww

千秋楽は、ボクらヲ仲間恒例の弾けるゾイで気合い入れ。今回は10人でやりました。

と、周りでもやってる集団がちらほら。この光景は何か微笑ましかったですね!これが℃-uteライブだなって。

そしたら何と影アナでは℃-uteメンバーも皆ではじけるゾイとか!!

やべ〜開演前から嬉しくて嬉しくて嬉しいんだよ!って泣けてきた。

途中で愛理の衣装がやぶけちゃうハプニングもあったけど、フルアクセルでつっぱして、恒例のソロMC・

ここで愛理が「今日はまじめに℃-uteの話をします」と言って、℃-ute史を振り返りながら、仲間のこと、ライブという舞台にたてることの思いのたけを語ってくれました。

間違いなく℃-ute史に残る名MC。かなり我慢したんですが、それでも最後は涙が止まりませんでした。

そこから萩ちゃんの「四月宣言」、もう胸に沁みまくります。

その千秋楽を台無しにするようなクソ野郎もいました。

勝手に通路を進んできて、私の横の方ともめてました。もめてたというよりは、割り込んできた野郎を注意した横の人に対して、そのクソ野郎が一方的に因縁をつけてました。さすがに見てられなくて、止めに入りました。

翌日のイベントでもめていたアクトウもそうですが、こいつはら何をしにライブに来ているんだろう?

いや、てめーらが何をしにこようがそんなのしったこっちゃない。ただ、ライブを楽しみたい!って人の奪う権利はてめーらには微塵もない。

そのクソ野郎も最後はしょっぴかれていったけど、係員はこの辺もっと見ていて欲しい。マジメなヤツに損をさせることはあってはならないよ!!メンバーも結構見てたし、本当情けなかったね。。。

と、クソなこともありましたが、それもライブか、と憤りを胸にしまって、でも℃-uteのアクトを見たらそんなことも忘れてしまいました。

最後はダブルアンコールに応えて、℃-uteメンバーが挨拶。

スクリーンには「ありがとうございました」の文字。

本当に終わったんだなぁ。。。でも本当にいいライブだった。

そして最後のMCでかつて梅さんが自身の最終公演でそうであったように、愛理がチーム℃-uteを湛えてくれました。

℃-ute、本当にいいグループだと思いました。


終演後は千葉駅近くの飲み屋で総勢14名で打ち上げ。

事前に調べて予約をしておきましたが、魚は美味いし、SUPER DRYだし、最高のお店でした。

その後は、ホテルで2次会。。


翌日は、まずハロプロTIMEで舞美嬢達が食べにいった、飯田橋ミートに潜入も。。。

「営業時間は4時からです!」と店長さん。

あの口調、絶対他にも訪れて撃沈した℃ヲタがいるはず!

へぇ、メンバーこんなところから入ったんだ!ってちょっと面白いネタもあったのでそれは後日。

結局御茶ノ水の全然関係ない焼き肉屋に入りました!

そして、ついにこの日のメインイベント、ももクロちゃんソロライブ@Zepp Tokyoに参戦。

℃-uteヲタ4連番で臨みました。

この日は、ももクロベテランのセキチィがカナコ(赤)、こーじさんがモモカ(緑)、よっさんがあーりん(ピンク)、そして私がしおりん(黄)。

でソロツアーTを買おうと思いきや、ほぼ全滅状態。

仕方なく非常用に用意していた、キューティー学園の体操着Tシャツを着ていきましたwww

ももクロファンの方から「萩原舞」とか書いてあるよ!というヒソヒソ話が何度も聞こえてきまいた(^_^;)

「これ自分達で作ったんですか?」何てツッコミも受けましたねwww

ライブはハッキリ言って想像以上でした。

一曲目のピンキージョーンズのバク転から、おおぉ!!と唸ってしまいまいた。

かのスピードスター℃-uteを遥かに凌ぐ圧倒的なスピードとパワフルなダンス。本当に凄い!!

ただ、ヲタのパワー、そしてメンバーの歌唱力は、個人的な印象では℃-uteの方が上。

特に愛理ちっさーってのは改めてズバ抜けた存在だと思いました。

でも、ヲタの熱さは一緒!!この日はまさかのカナコ聖誕企画まであったのですが、会場中が真っ赤に染まって本当に凄い光景。

ソロでサイリウムの色がパッと変わるのもなんだか前日の℃紺のようwww

また行きたいなぁ!って思いました。


ラストは桃繋がりで桃スパイベ3回目。席はO列端であまり見えませんでした(^_^;)

さらにあくとうの喧嘩のとばっちりで飲み物がひっかかったので、「ふざけんな!」と一言いい放って、席についたもので、周りの方をちょっと驚かせてしまいました。。反省。

イベントは。。。まぁ、うーんって感じでしたけど、都会っ子はやっぱり高まりました。

握手会は一発だととてもいい感じになるみたい。

結構高速だったにも関わらず言いたい事言えたし、表情やリアクションもよかった気がします。

本当に楽し過ぎる2日間でした。

改めて、この二日間に携わってくれた方、ももクロちゃん、そして我らがチーム℃-ute

本当にありがとうございました!

レポはちょっと時間がかかってしまいそうだけど、少しずつ書いていこうと思います。

2011-07-02 千秋楽

さぁ、行こう!

℃-ute 6thアルバムを引っ提げてのツアー、℃-uteコンサートツアー2011春『超!超ワンダフルツアー』。

毎ツアー春は色々な新しい℃-uteとの出会いがあります。昨年は5人体制となって初のツアー、ソロコーナーを設けることで、個を打ち出す事、そして「四月宣言」に代表される5人で一つが強調されたツアーでした。

そして今回は、アルバムでも目玉となったソロではない、フィーチャリングトラック、そのコンセプトが前面に出ていたライブだったと思います。

具体的には確立した個のユニットへの還元。

この事により更にパワーアップした℃-uteを見る事ができました。

4月より始まったこのツアーは、震災の影響で我が故郷の茨城公演が中止になったりもしましたが、凱旋紺あり、オリンパスのハローこけら落としがあり、そして緑祭りがあり、途中合同紺を挟んで、気が付けば夏。

℃-uteは勿論、ヲタも一回りもふた回りも逞しくなったんじゃないかと思いますww

そんな春ツアーも今日が千秋楽。

秋に合同紺が控えていることを考えると、今年の℃-ute単独ラストになる可能性も高いと思います。

合同紺も楽しいけど、やっぱり℃-ute℃-uteヲタで溢れた単独紺が最高です!!

今日は、1年経っても消えないほどの強い思い出が残るように、全力で歌って、踊って、跳ぼうと思います。

世界イチ熱くてカワイイ、キューティーロッキンパーティにしましょう!!

そして、公演後は千秋楽恒例のヲタ合宿。

今宵も思いっきり語りましょうや!!

なっきぃ愛理ちっさー、萩ちゃん、そして舞美嬢!!

完全燃焼しようゼイ!!

さぁ、行こう!

D

2011-06-30 9周年!

maiming_glory2011-06-30

セカンドインパクト

先週の℃-ute八王子公演、こーじさんのおかげで7列という良席で観る事ができました。

やはり前は嬉しいですが、特に今回のツアーは、とにかく各アクトの表情が絶品で、前列だとその細かな表情を堪能することができるので本当に高まります。

で、今回特に強烈に印象に残ってるのが「別れたくない」

この曲はご存知の通り、ちっさーがメインを務めるアクト。ちっさーの艶やかな歌声も然ることながら、各メンバーのクールな表情にもゾクゾクさせられます。

そんな中一際異質なオーラを感じて、そのオーラの早貴をふとみやった瞬間、一発でKOされてしまいました。

なっきぃ!!!

エロッ!!!!!!!!!!

この日初めて気付いたんですが、桃スパ衣装で二番に入る時、なっきぃは意図的に衣装を着崩して、肩を露出するんです。

剥き出しの肩から覗く薄ピンクのインナーがまた強烈にエロい!!

そして必殺の斜め目線。

正に一撃必殺です!



そんな余韻も冷めやらぬ中、さらなるインパクトが

中島早貴セカンド写真集 W saki

中島早貴セカンド写真集 W saki

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ、℃-uteのメンバーとして活躍する中島早貴の2nd写真集を発売します。

前作「NACKY〜中島早貴ファーストソロ写真集〜」の発売から約1年半。

今作では、中島早貴の魅力を?ダブル?で楽しめるよう、「白と黒」をメインテーマに、美しさ・美少女ぶりを白で、かっこ良さを黒で表現しています。

白パートでは、キュートな白水着はもちろん、男の妄想的あこがれ・白シャツ姿でのキッチンシーンや、天使衣装を身にまとい、柔らかな世界を創出。

黒パートでは、セクシーな黒水着のほか、美しい体のラインがくっきり分かるシースルー的な黒シャツ、挑発的な小悪魔衣装などで魅了。

17歳らしい等身大のかわいらしさと、負けず嫌いで勝気な部分・・・性格的な二面性も「白」と「黒」で表す内容です。


f:id:maiming_glory:20110701031750j:image

どっきゅーん♪


f:id:maiming_glory:20110701031749j:image

ずっきゅーん♪



ナニヌネナカジマベイビー♪


ナニヌネナカジマベイビー♪


ナナナナッキィキィ♪

ナナナナッキィキィ♪


リ ・一・リ<暑さでやられたか?

ノソ*^ o゚)<てか、曲違うだろ!!


D

う〜ん、夏だね!!www




てか、興奮してついついクリックする手に力が入って。。。。

あの惨劇を繰り返してしまいそうで怖い。。。((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルブルブル

あの惨劇→甘い罠に気をつけろ


皆さんもくれぐれもお気を付けを。。