Hatena::ブログ(Diary)

Mai Tanaka Photo Diary 

 

2016年05月14日

f:id:maitanaka:20160625155237j:image

f:id:maitanaka:20160625155238j:image

おさむとちさこ

2016年05月05日

f:id:maitanaka:20160625154952j:image

f:id:maitanaka:20160625154951j:image

いとこのおにいちゃん

2016年04月26日

f:id:maitanaka:20160606215412j:image

f:id:maitanaka:20160606215410j:image

バイバイまたねバイバイまたねバイバイ 

2016年04月09日

f:id:maitanaka:20160606214444j:image

f:id:maitanaka:20160606214443j:image

f:id:maitanaka:20160606214441j:image

人と対話をする事は日常的なのに

人を日常的に撮影する事が減った

対話しながら撮影すればいいことなのに

対話が先にいってしまい

写真は二の次になってしまう

写真を通して自己との対話をする

人を通して自己との対話をする

表現してる事と伝えたい事の映像が

うまくまとまってなくて

自分の不器用さと散漫さにつど気付かされる

まとめないとまとまらないことにもきづけない

まとまらないからこそまとめつづけるしかない

のだけど

でも永遠にまとまらない気もする

あきらめないけどあきらめてまとめつづけよう

2016年03月26日

f:id:maitanaka:20160429180139j:image

f:id:maitanaka:20160429180137j:image

f:id:maitanaka:20160429180135j:image

f:id:maitanaka:20160429180132j:image

f:id:maitanaka:20160429180134j:image

f:id:maitanaka:20160429180324j:image

f:id:maitanaka:20160429180326j:image

f:id:maitanaka:20160429180131j:image

f:id:maitanaka:20160429180129j:image

私にとってのいきものは

関係性や雑念に捕われる事なく撮れるもの

興味があるから撮る

戯れたいから撮る

かわいいから撮る

愛しいから撮る

おいしいから撮る

自然だから自然でいられる

彼らにとって目の前にいる私は

その場の興味の対象でしかなく

そこにはなんの関係性も成立しなくて

いきものといきものでしかない

私にとっての彼らは

ここに今生きているという意味で対等であり

このいのちを頂くという意味では対等ではない

かわいいと愛しいと思うのは主観

おいしいという事はあたりまえの生活の中で知った

知っているはずなのに

あたり前の生活だからこそ知らない

食べるいのちをコントロールしているのは人間だけど

食べるいのちを消費するだけの人間は食べられるいのちにかなう事はない

2016年03月13日

f:id:maitanaka:20160418215117j:image

f:id:maitanaka:20160418215119j:image

環境が変われば変わる

関係性が変われば変わる

やり続ければ変わる

やらなければ変わらない

「人は変わらない」という言葉が嫌いだった

生きている限り変化してくものだから

変わらないわけないじゃないか!と思っていた

「人は変わらない」という言葉をあきらめで使う事が嫌いだった

たしかにあきらめてしまったらそれ以上の変化はない

でもやり続ければ必ず変化はすると思っていた

自分がなかなか変化できない事のいらだちを

他人の変化に期待し

他人が変化するように介入し

人にかまけているだけの自分がいた

他人が変わったてみたされるわけではない

自分が変わらなくては何も変わらない

自分が変わらなくては変わらなくては変わらなくては

そんなふうに自問自答しながらも何も変化出来ない自分に腹を立て

他人と自分を比較し自虐しつづけるのだった

自虐する事は「自分の事を解っている」ふりするだけのためで

気付くと「変化しなくてはいけない」という事だけに捕わている自分になっていた

正解などないのに何が正解かを考えてばかりいる

正解などないでも足りないものがあった

私にたりない物は「変化」ではなく「覚悟」なのだ

ああ そうか

変化する事に恐れているわけではない

覚悟する事を恐れているから何も変わらないんだ

そうか そうか そうか


誰がどうとか気にせずにただわがままで自分本位な本音を言えた時

本当の意味で思い知らされるのだった