Hatena::ブログ(Diary)

たまごまごごはん このページをアンテナに追加 RSSフィード


「ROCKei-ON!!」
とらのあなさん「ROCKei-ON」 COMIC ZINさん「ROCKei ON」 
とらのあなさん「ROCKei ON!!」 COMIC ZINさん「ROCKei ON!!」
とらのあなさん「ROCKei ON3」 COMIC ZINさん「ROCKei ON3」
とらのあなさん特設サイト「あなたと、わたしと。」 COMIC ZINさん「あなたと、わたしと。」 メロンブックスさん特設サイト「あなたと、わたしと。」
メロンブックスさん特設サイト「K-ON OVERDRIVE!!」 とらのあなさん「K-ON OVERDRIVE!!」 COMIC ZINさん「K-ON OVERDRIVE!!」
メロンブックスさん特設サイト「ピチマギカ」 とらのあなさん「ピチマギカ」 COMIC ZINさん「ピチマギカ」
メロンブックスさん特設サイト「CG BR@S」(専売です)
メロンブックスさん特設サイト「高校制服ノート 今日のアイドルさん」(専売です)
メロンブックスさん「生ビールっすか!?サンデー」 COMIC ZINさん「生ビールっすか!?サンデー」

履歴書の書き方なんて教えてあげないんだからっ! ライトノベルでわかる微分積分 (3時間でだいたいマスター) ライトノベルでわかる確率 仕事のマナー「気がきかない」なんて言われるのは大問題ですっ! (社会人1年生のお仕事サポート・ブック)
・乃梨子×瞳子応援サイト。
・書いていることの真偽は自分で確かめてください。

web拍手ボタン

2006-11-22 [日記]よもやま日記

[][]身体欠如少女の憂鬱〜サイボーグ化できない少女達〜

(注意・このエントリは身体障碍差別を助長するものではありません。ファンタジーの記号論としての文章ですのでご理解いただけると幸いです。それもふまえて、語尾等修正しました。ご指摘、情報、色々ありがとうございました。なるたけ誤解がないよう、でも自分の中の物語の構造論も削らないよう文章に修正を加えていくと思いますので、ご容赦ください。11月23日追記)

  • ビっ子たん。

ビっ子たんシャブ壱inDEEPより)

こちらキャラを作った絵師さん。

賛否両論わいたネタですが、なかなかどうして、かなりかわいいです。左足と右目がないんですネ。1枚目のイラストの足が非常に生々しいのに、あんまりグロではないです。

身体欠如キャラといわれるとどうしても江戸川乱歩「芋虫」とかそっちを先に思い浮かべてしまいます。あとは映画フリークスみたいのとか。そちらは悪趣味なのをわかって悪趣味に描いていますネ。しかしこの絵の趣旨は違ってきています。

108 Name: Anonymous : 2006-05-10 07:27

ビっ子さんいいよな!

社会的には言いにくいんだけどな!

やーっぱり、そのような表現を見ると、心にヒッカカリがあることは感じちゃうかもしれませんネ。(追記・文章力がなく、誤解を招きやすい文体だったので訂正しました。引用部も検索エンジンに引っかからないよう表記を少し訂正してあります。11月23日)

しかしこの子、かわいいんですよ。非常にイキイキとした目と動きをしているので、暗さを感じない。んじゃわざわざ左足なしじゃなくてもいいじゃないか!と言われると、それはそうなんですが、絵の構図としてなんとも言えない魅力を感じるのです。

 

  • 色々な身体欠如キャラ。

こういう身体欠如キャラというモチーフは、少年マンガではなかなか描けないジャンルだと思います。それこそ表現的に問題があるとされる、というのが一番のカベ。

しかし、マンガ小説内にまったくないかというと、結構いることはいるんですよね、男性の場合は。それは歴戦の証であったりそのキャラの人生だったりと、ストーリーにかかわる場合が多いんじゃないかと思います。「そうせざるを得なかった」的な重みを持って語られたりとか。あるいはもう切り払ってサイボーグ化している場合も多いですネ。フック船長をはじめとし、腕がない、足がない、目がない、というのは悲惨な場合もありつつ、勲章のように描かれることも多いと思います。あとは地蟲十兵衛とか。

しかし、少女キャラで身体欠如、となるとストッパーがかかってしまいます。和月先生のあとがきかなんかで読んだ気がする程度の推測ですが、ジャンプなどではアウトになったキャラ多いんじゃないかと思います。

ちょっと他にネット上で有名になった身体欠如少女達を並べてみます。

 

異形

2004年にお絵かき掲示板に描かれ、長編ストーリーとして有名になった作品。人間ですらないのですが、その身体欠如っぷり(クビだけとか)と切ないサイレントストーリーが心にグッと残ります。

 

ナナの生活魔界都市日記より)

多分再掲。悲惨注意。

 

エロゲーエロマンガを見ている人でも、「こういうジャンルもあるんだなあ」程度で親しみがなかったり、苦手な人はとことん苦手なジャンルだと思います。正直これをしっかりと描くためには、18禁の世界の方が描きやすいだろうなあ。少年少女向けなら、女性の身体欠如はできるだけ避けたい、あるいはそうとう理由を明確にしないといけないかもしれません。

とはいえ、むかーしからひっそりと存在するんですよ、このジャンル。特に異端スキな男性やゴス好きな女性の間で、「身体欠如の少女像」は数ある「少女イメージ」の中の一つとして、ひっそりと、かつしっかりと描かれ続けていると思います。

 

  • 体の一部を失うことの、作品における意味。

とは言っても、身体の一部がないのは全て同じような描かれ方なのかと言うと、かなり違うと思うので、いつものように私観で分けてみたいと思います。

1、戦闘を繰り返しているうちに、やむなく失ったという「戦いの証」

2、その少女の人生の悲惨さを物語る記号

3、失ったパーツそのものに、大きな意味がある。

4、身体を欠如しているというシチュエーションそのものが世界観を作っている。

5、身体を失った後、サイボーグとして活躍している。

 

欄外

精神そのものを失っている。または崩壊している。

人形、ロボット、人造人間。

1について思い出すのはこの人。

風の谷のナウシカ 3 (アニメージュコミックスワイド判)

クシャナ殿下。さすがにアニメでは描かれませんでしたが、ほんのり表現されてましたね。当時は「いいのか?!」と驚いたものです。幼かったしね自分も。純粋だったんですよ。うーん、正確にはサイボーグっぽい?

あとこの人も最近失いましたネ。ハガレンの戦闘の激しさを物語るショッキングなシーンでした。へたに死ぬよりはるかに痛々しく見えます。他にも片腕を失った戦士は割りと見かけるかもしれません。

2は「視覚を失った」という形でよく見られると思います。たとえば「ONE」のみさき先輩のように、「それは反則!」と思わせつつもやっぱり見ていて切ない気分になってしまうキャラ。ドラマや小説にもよく出てくるタイプです。

3は、ストーリーが進行してからもぎとられることが多いかもしれません。あえて別にしたのは、「身体欠如した少女」がポイントなのではなく、その「失ったパーツ」の方がメインになるから。多少フェティッシュな感じしますネ。

そして、上記にのべた2つのサイトは、4だと思います。ビっ子さん以外。身体を失うというストーリーもありますが、どちらかというと「身体欠如のために描かれたストーリー」という逆算じゃないかな?と。一枚絵イラストで描かれる場合も主にコレだと思います。

エンバーミングのヒロイン。この子は和月さんがこのシーンを描きたくて作られたキャラ、と言わんばかりに愛情注がれて(?)いる子だと思います。

5はかなり多いと思います。攻殻機動隊銃夢など、サイボーグならではの魅力あふれるキャラは多いです。男女とも、サイボーグはやっぱり夢とロマンだよネ。サイボーグではないですが、ガンスリンガーガールの少女達などは、生体パーツで作られた生き人形かもしれません。このジャンルはかなり面白いと思うところなので、今回は保留。

欄外は、「観用少女」のような完全に人間ではない何かや、人格を喪失した少女を意識して並べたのですが、精神面の話で言うと非常に複雑になりそうなので、こちらも保留。今ものすごい勢いで土壌を肥やしている「ヤンデレ」なんかも、キャラクターとして魅力的なジャンルだと思います。

  • 体を取り戻せない少女達

ちょっと4にポイントを絞ってみます。

そういえばゴス系のコスプレイヤー達も、眼帯や包帯、時には松葉杖や身体欠如の少女をテーマにしたコスプレをする人がいます。それらの人がみんな「体に欠陥があるのが好きなの?」とか「モラルがないの?」と言われると、そんなことはないですヨ。やっぱり「どう表現するべきか難しいテーマ」だと言うのはわかっていて、あえてそれを選ぶんです。自分の投影として。

 

はて、これが少年だったらどうか?と言われると、成立はするんですが、テーマとしては弱いと思います。やはり「少女」であることがポイント。なぜ架空の世界でこのような記号が描かれるのか。

これもまた分類してみます。分類ばっかだな!とか言われるとその通りですスンマセン。でもこうすると自分で考えまとめやすいのですヨ。

1、異端の象徴。私は普通じゃないですよ、特殊ですよという少女心理の証。

2、男性からみて性的な象徴としての身体欠如。

3、少女を特別な存在として捕らえている。少女像に生と性と死を描きこむ。

レイヤーの人は1でしょうネ。ちょっと例が特殊ですが、中高生の少女の中には自分の体の一部がおかしい、と思い込む子もたまにいます。それは目だったり、手だったりなんですが、「人と私は違うの!」というアイデンティティにする場合もあるのです。「リスカっぽい」キャラや「世の中を片目で見る」少女を演じる少女達は、その異端さを楽しんでいるのです。現実社会と混同してしまうとちょっとアレですけど、割り切って演じていたり、作品の中でキャラに演じてもらうのは楽しいですヨ。女性が心の状態を表現するために、絵画・イラストでこのような手法をとることは結構多いと思います。

2は言わずもがな、エロマンガの世界。体の不自由な少女や、言葉や光を失った少女、さらには白痴気味な少女まで。あと、イラストレータートレヴァー・ブラウンの描く少女達もそうでしょう。これは「妄想は妄想」と切り離せない場合、苦手な人が多いと思います。ふと思い出したのは、なんかの小説で、中国の少女が芋虫状態にされて目もつぶされて性奴隷にされるという話。文章だけどかなり精神的にヤラれました。奪われる性として、身体欠如・精神欠如は一つの鍵かもしれません。ただし、完全に受け取り手のエゴなので、妄想の域から脱することのない部分だと思います。って書くまでもないですネ。架空は架空。逆に今の「フェティッシュの考え方」や、ひいては「萌えの文化」を見る切り口になるかもしれません。

3はこの写真家を思い出しました。

ヤン・サウデクの「the knife」という作品。小説「猫背の王子」の表紙にもつかわれました。この人は極度の肥満体型とか拒食気味の人など、人間の「異形」をとらえる写真家だと思うんですが、「少女」もその「異形」の一つの形として表現されています。

以前「少女幻想」の話のときにもチラッと書いたのですが、「少女」という二面性・多面性を持ったテーマは、それを「すばらしい表現」とも「悪趣味」ともとれる意味で、非常にすぐれています。

つまり、少女が身体の一部を失ったときに背徳感が生まれるのは、あらかじめ仕組まれているのだと思うのです。「うわ、社会的にヤバイ!」と思ったら、そのときにはきっちり少女のワナにかかっています。

この少女達がサイボーグ化したり新しい肉体を身に着けたとき、それは受動的なアイデンティティを失い、攻撃性を持ったヒロインに変貌します。だから、物語の中で身体欠如をしたキャラは、身体欠如のままである時に魅力を持つといえます。残酷な話ではありますが。攻撃的ヒロインの魅力はまた別の時に。

  • 目立つよりも、ひっそりと。

もっとも、放送禁止にひっかかることにはかわりないので、あまり今後もメジャーな活躍を遂げるジャンルには絶対ならないでしょう、っていうかゴールデンタイムに両手両足ない少女が出てくるアニメ登場するのは想像できないなあほんと。

ただ、みんなが「心にひっかかる」と思うからこそ、このファンタジーにはあまーい香りも含まれる場合もあります。スカーフェイスでこちらをにらみつけてくる少女達などを見ていると、そこに個性が含まれていたり、読者の自己投影がえぐるようになされてきて、そういうところをファンタジーにするときに生まれる魅力は他ではなかなかないかもしれません。あくまでも表現の手法として。ゴス系の場合はあえてその「異端っぷり」を楽しむ人もいますね。

「ビっ子さん」に関してはちょっと特殊で、作者の吉田音さんが長い間愛し育んでいるキャラのようです。モデルになった方がいるようですが、今回はそれは置いておくとして、描かれたキャラそのものが多くの人に愛され続けており、力強くかつ飄々と生きているのがポイント。反対意見も多々ある中で、むしろ愛され「表現の方法論」「個性としての表現論」を切り開いてきたキャラのようですヨ。萌えを中傷や消費と見るか、その魅力にただ身を任せるかで、見方は変わってくるんだなあと思いました。ハンディの表現はいけないという事のほうが差別で、むしろ普通の特徴と一つとしてとらえられたら、という意見もあったようです。なるほど。(11月23日追記)

今後も「ひっそり」と、ファンタジー世界の中での表現技法として、身体欠如キャラが育まれることでしょう。身体の特徴だけに頼らず、また過激さだけを求めず。それらのサイボーグになれない少女達が、作品の中で様々な形で愛され生きていくのを描いていくのは、非常に魅力的だと思うのです。

ただし、その甘い香りには毒もたっぷり含まれてますけどネ。ひっそりがいいんです、ひっそり。

 

関連(11月23日・リンク追加)

ハンディ少女総合画像掲示板

表現の方法論として面白い掲示板だと思いました。苦手な人は見ないほうがいいかも。

イラスト置き場

元絵師さんのサイトを発見したので追加。うーん、「その傷口の色は〜」の文章がちょっと気になるところ。

ほっといていいのか!

ビっ子さん(続き)(事故、ハプニング)タレコミコーナー

KLEINES WERKさんコメント

安眠(あみん)ガレキのばぁーフィギュア

一応、様々な角度から見た「ビっ子たん」の意見交流がなされていたので掲載

今回の記事は現実と切り離した、架空の世界の記号としての話なので、コメントは控えておきます。

pgyapgya 2006/11/22 18:02 X51.orgの身体完全同一性障害の記事を思い出しました。

ナギナギ 2006/11/22 21:42 ユナイト双児さんとこが、一時期(10年ぐらい前?)装具系に嵌っていたのを思い出します。
手足切除者愛好者[ACROTOMOPHILIA:アクロトモフィリア]というジャンルがあります・・・。
(コメントコレ系ばっかしやな・泣)

makaronisanmakaronisan 2006/11/23 01:08
>pgyaさん
http://x51.org/x/05/03/2551.php
http://x51.org/x/06/04/1009.php
これですね。最初見たときには理解できない世界だなあと思いましたが、今でも理解するのは困難です。後悔している話なんかもあるのですが、自主的に切る人の心中はその人にしかわからないんだろうなと思います。
>ナギさん
装具系って気になります。うーん、ディシプリン的な何かでしょうか。四肢切断願望については、現在ではpgyaさんのおっしゃられている身体同一性障害と言い換えられることが多いようですネ。アクロトモフィリア、っていうんですねえ。勉強になります。そしてそれ系のコメントは大歓迎ですw

ななしーななしー 2006/11/23 07:18 ある種の身体障害者は意外にモテるって話を聞いて
「微乳が好きなんじゃなくて、それを恥らってるのが好きなんだ」
的な思考からそういうのもあるのかなぁ程度に考えてたんですが
違う理由でそれが好きってのもあるのかもって思いましたヨー

とうりすがり2とうりすがり2 2006/11/23 09:02  なんと言うか、判り易い記号というのは確かですよね、怖いもの見たさとかも。
 ガンスリーガールは苦手だったなぁ、結構この手は平気だったのに。

ほっけほっけ 2006/11/23 11:24 興味深い記事で大変面白く読ませていただきました。
身体欠如というと、私がジャンプ系でぱっと思い出したのは「幽遊白書」の躯です。彼女はもろにこういった願望の元、キャラクターが描かれているような気がします。まぁすでにサイボーグ化し、ここでいう受動的魅力は失われていますが。

makaronisanmakaronisan 2006/11/23 16:07
>ななしーさん
結局は、受け取る側のエゴではあるんですよね、こういうの。現実から切り離したファンタジー論としては、見た目以外の、精神的なものとして魅力を感じる、というのはとても納得しました。メンヘルや精神分裂キャラが人気を持つのも、そのへんなのかもしれませんネ。
>とうりすがり2さん
なるほど、ドキっとする快感なのかもしれませんネ。戦争反対だけど銃器好き、殺人反対だけど殺人事件物好き、みたいな。
ガンスリがキツいのは、未来が見えないからだと思いました。「これから失う」という予感がるものは、精神的にクるものがありますネ。
>ほっけさん
はっ!なるほど!
身体欠如による攻撃性は多々あると思います。ブラックラグーンのバラライカや武装錬金の斗貴子さんの傷なんかもそうかもしれませんネ。記事に付け加えておきます。

tgutgu 2006/11/23 17:29 はじめまして、ハンディ少女総合画像掲示板管理してる者です。
アクセス数が倍になってなにがあったんだ、と思っていたらこちらで紹介されていたのですね。
単にハンディは萌要素の一つ(2次も3次も含めて)と思っているだけなのでこのことについては考えた事がありませんでした。
最後の「目立つより〜」は非常に頷きながら読みませてもらいました。

makaronisanmakaronisan 2006/11/23 18:00 おお!管理人さんわざわざありがとうございます。非常に興味深く見ていました。表現手法としての魅力を感じながらも、さまざまな角度からの視点のイラスト(フェチズムとして描かれるものと、かっこよさとして描かれるもの)が混在していて、紹介文に迷い二転三転してます。でも本当に興味深いです。
「ハンディは萌要素の一つ」として切り離して考える方が、楽しめるんだなーと思いました。制服みたいなものかもしれませんネ。

tgutgu 2006/11/23 18:51 >切り離して
そうですね。心のバリアフリーというか、ハンディを負のモノと意識しない、障害を個性としてみなす人が楽しめると思います。

makaronisanmakaronisan 2006/11/24 03:47 個性としてみなして、自分の内や理解できる仲間同士でのみ楽しめるジャンルだな、と思いました。もちろんこれで傷つく人がいるなら、その目に触れないようにするべきでしょう。ただ、物語のキャラクターとして男性で身体欠如をトレードマークにしているのが多いことを考えると、切り離した上で一つの要素にはなっていくだろうなと思いました。

nyokkinyokki 2006/11/24 04:33 ROMANTIC FOOL のほうではもう消えているので控えていたのですが
貼ったほうがいいような気がしてきたので。
以下以前、ってもちょっと前だけど、ROMANTIC FOOLにあったビっ子さんについて、より。長くてすいません。あなうー

ビっ子さんについて。
宜しければご一読下さい。

[ビっ子とは]
当サイト「ROMANTIC FOOL since 1995」のキャラクターです。
その名は検索されにくいようにカタカナ、ひらがな、漢字から成り立っています。
キャラを作った当初は名の通るキャラになるなど想像もして居ませんでした。
多少なりとも日の目を見るようになってきた今だからこそ、一度話しておきたいと思います。
元来こういう事を書いたとて逆に叩かれるであろうかと危惧して伏せていたのですが。
2,3年前に出した同人誌「欠損少女」には掲載した内容です。
[成り立ち]
私の知り合いに、事故で後天的に片腕と数本の指を失った女性が居ます。
周囲の人間は多分に彼女を気遣ったり、奇異の目を向けたり、腫れ物に触るかのように接したりします。
が、彼女はそんな全てを意に介さず、凛として歩くその姿は大変に格好良く、美しいなぁと素直に感じます。
元来そんな友人へのリスペクト、憧れの気持ちからビっ子さんは生まれました。

しかし果たして彼女に限った話なのでしょうか。
私たちは誰しもが何かしらの欠損、欠陥を抱えているものではないでしょうか?
勿論私も貴方も、その因果の外には居ません。
欠損を認めた上で、受け止め、飲み下してそれで尚どうやって生きていくか が重要なのだと思うのです。
障害者だから、欠損が目に見えるから という理由で聖人かのように扱い、「触れてはいけない」という暗黙を作る、目を背ける方が陰湿で、差別に当たる と私は考えます。

ビっ子は、そういう欠けてしまったものを認め、受け容れた女の子が無様であろうと強く生きていく様を描こうと思い作ったキャラです。
そのネーミング、見た目から彼女を敬遠する方、憤慨する方、いらっしゃると思います。
健常者たる私がハンデを背負う人を描く事に怒りを覚える方もいらっしゃるでしょう。
むしろそういう方々のほうが多いかもしれません。
ですが、一度考えるきっかけにして頂ければ幸いです。
それで尚ビっ子さんとか見てらんないし キモいし と仰られるのならそれもまた結構です。
所詮はアングラを行くキャラクターです。素直に放置、スルーを決め込んでやって下さると幸いです。

[展開]
同人誌 「欠損少女」2004.春

ガレージキット 「ビっ子さん」安眠(あみん)ガレキのばぁー様方で制作して頂きました。

明るく強いビっ子をこれからも描いて行ければ幸せです。

[設定(私の知る限りの情報)]
ビっ子(16歳)
小学生の時に交通事故で左足と右目を失う。
傷痕にケロイド。
青い目。 カラコンでは無いらしい。
過去、各種ストレスから頭頂部周辺は白髪に変化。
現在は黒いメッシュを入れている。(ビっ子曰く「かっこいーっしょ。」)
後ろ髪は刈り上げ。
愛飲する煙草はCHERRY。 日に2,3箱いってる。
娼婦を生業としている。
バンドでVoをやっているらしい。
昔薬漬けだったらしい。
昔荒れていたらしい。
手首に傷は無い。
放浪癖。
良く食う。
良く呑む。
良く笑う。

としあきとしあき 2006/11/24 04:44 「片輪少女」(RAITA@絶対少女の嘘企画?)のことかと思った。

makaronisanmakaronisan 2006/11/24 12:47
>nyokkiさん
こうしてみると、彼女の力強さに敬意を表します。ビっ子さんのキャラクターが飄々と社会を生き抜いているのには、やはり作者さんの思いがこめられているんですね。フェティッシュな描かれ方をしているキャラクターたちと一緒にしてはいけないなと思いました。娼婦の設定はちょっとびっくりです。
>としあきさん
絶対少女さんは独自のエロマンガ美学を持っているなあと思います。あれは嘘企画だったんですね。でもいずれやりそう。ビっ子さんとはベクトルがまったく違いそうですネ。

negative-naivenegative-naive 2007/01/26 11:44 身体欠如の男性といえば、『どろろ』の百鬼丸とかはけっこうハードに身体欠如してますよね。確かに男性で欠如してるキャラと、女性で欠如してるキャラとでは扱いが違う。たいへん興味深い着眼点で、しかも扱いにくい話題を書いていただけて、とても参考になりました。ありがとうございます。

櫻島3櫻島3 2008/07/22 14:00 他所からの放浪で参りました。お邪魔します。身体欠如娘を探してて、ビっ子さんに一目ぼれしてしまいました〜!ロックな生き方がカッコよすぎるv娼婦でも良いです…がタバコは一日1箱までにしなさいね〜。
自分の周囲にも生命力に溢れる五体不満足の方がいます。人間なんて皮を剥いただけでも、誰が誰だかわからなくなるのにね。身体欠如…重い言葉なんでしょうね…。無限の住人の主人公は体が切れたりするんですが、くっつくので欠如には該当しないですね。w

BoーノBoーノ 2011/03/30 01:22 ビっ子さんの本の内容、知ってる人いません?よかったら教えてほしいんですが・・・

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証