Hatena::ブログ(Diary)

たまごまごごはん このページをアンテナに追加 RSSフィード


・乃梨子×瞳子・優子×夏紀応援サイト。
・書いていることの真偽は自分で確かめてください。

2008-03-31 大黒黒客日記

[]私のヰタ・セクスアリス その3

いくつか集まったので、またご紹介させていただきます。

 

小学校低学年の時、「家族がそれぞれ、いつ何をしているか調べる」という宿題が出た。

自分が寝た後の両親の行動について「未知の時間」と記した。

自分としては「観察不可能なので分からないことは分からないと書いた」だけだったのだが、

それを見た母親のニヤリという雰囲気の表情の意味がずっと分からなかった。

これは、なまなましい!というか今聞くとかえって色っぽいですな。

しかし家族のそういう話は性の目覚めであると同時に「聞きたくない話」というのもまたしかり。不思議な感覚だなあこれ。

しかしあれですね、ごまかす時に「それは未知の時間ですから」というのしゃれてますね。しゃれてないですね。そうですね。

 

 

ヰタ・セクスアリス・・・ちょっとアレですが記憶の底に残ってる初めての性的興奮らしきものは、幼稚園か小学1年のころに読んでいた、ウルトラマンの絵本でした・・・

たしか怪獣にやられているウルトラマンたちに何だか解らない胸の高まりが・・・、「大丈夫?」とか話しかけながらもっとやれ怪獣とも思ってたり・・・、生

粋の変態か俺はorz ま、まぁオーケンだってボーグ星人で目覚めたんだからアリだよね!

第27話 サイボーグ作戦

ボーグ星人って、女性なんですよね。

ウルトラマンの服装(?)のぬらぬら感もさることながら、あの「やる」「やられる」の感覚が妙に艶かしくて、という人はかなり多いと思います。変態じゃくて、あれはきっと人間の中の性欲をくすぐる要素があるんじゃないかと思うのですよ。

もうちょっと一般的だと、戦隊もののヒロインがやられたときに、なんて人多いですよね。

ヰタ・セクスアリス投稿していいですかね?中学生まで純粋少年だった自分はWOWOWの無料放送枠がそれ

CCさくらを妹と一緒に見ていたくらい純粋だったが、たしか「鋼鉄天使くるみ」だったかな…そのあたりから

夜7時に無料放送でえっちなのはいけないと思います!しかし平気で家族団らんしてた我が家に脅威を感じる…

なんと!CCさくらで目覚めないなんて!…いや、あれは目覚めた人がさらに目覚めるアニメでしたね。

しかし「くるみ」の実写は妙にエロティックでしたねえ。最初はなんじゃこりゃと思ったのですが、その湧き出るエロス感にどきどきしました。

にしてもくるみとか「エスパー魔美」がお茶の間で流れていた時代ってのがなんともかんとも。おおらかだったなあ。


マルメコ

その学研のマンガってのは、るくるくで人気のあさりよしとお氏が描くまんがサイエンスではないだろうか?

ヒロインのあさりちゃん、あやめちゃんはすごく可愛かったし、特にあやめちゃんは酷い扱いされてて、毎回色々な実験台にされてるのがエロかった。

自分が見たのはもっと前ですねー。しかし「まんがサイエンス」は、ちゃんと学習マンガのセクシャルを押さえている名作だと思います。これで目覚めた人も多いでしょうねえ。

もちろんそれ抜きにしても「まんがサイエンス」は実際に使える知識満載なので、大好きです。

panparade

私のヰタ・オタクアリスミンキーモモ(当然、空モモの方)」でした。病んで入院してるとき友達に「面白いアニメがある」と勧められるままに見てそのままズブズブとはまっていきました。

モモで人生変わった人は多いと聞きます。もちろん空モモ。そんなあなたに、マンガ版「ルー・ガルー」。

自分は再放送で後半から見たクチなんですが、死ぬシーンは割りとトラウマです。今思うとものすごいことをやってのけたなあと感動すら覚えます。

おっさん

私の「ヰタ・セクスアリス」は岡村靖幸の「だいすき」ですね。(古)

直接の性の目覚めではありませんが・・・。

幼いころ初めて聞いたときに何かモヤモヤとした感情が湧いてきたのを今でも覚えています。

岡村靖幸はエロいな!自分もそれは性が目覚めたあとに聞いた気がしますが、今聞いてもその艶っぽさがたまりません。

その流れでミッチーも好きです。

歌を聴いてモヤモヤ、というのをたどっていって「目覚めた音楽」を集めるのも面白そうですねー。


子供向け教育系でもう一つ定番なのが天才てれびくんのアニメコーナーですな。

恐竜惑星とか「ジーンダイバー」とか「ナノセイバーとか、あの辺りバーチャル三部作と言われてるらしいです。

萌え」という言葉の由来は恐竜惑星のヒロインの名前「萌」からきているという説が一般的らしいですが、それは確かに説得力があると思えるほどに

飛べイサミといい、あずきちゃんといいあの頃のNHK教育アニメは原初的な意味での「萌え」に満ち溢れていた…。

天テレのアニメは、女の子が非常にかわいいため、やられましたねえ…あれは普通に「萌え」だと思います。アリスSOSもいいですね。

イサミのスパッツ、あずきちゃんの恋愛、ナディアのありとあらゆるエロス(まあ、特殊すぎるけれど!)。加えてNHKは割と子供でも家族で見やすいので、目覚めには最適なのかもしれません。

そして今の子は「電脳コイル」で萌えるんだな!

kaizenai

学研仲間がけっこういるようでびっくりしました。

というか、前から思ってましたがたまごまごさんとはマブになれそうです。

学研と進研ゼミで萌えた人は絶対多いですってまじで!

しかし、「女の子に対して目覚めた」というのはこの二つ多いですが、女性が学研や進研ゼミで目覚めた、ってあんまり聞かないですねそういえば?

自分がヰタ・セクスアリスを感じた頃ってネットとかはまだまだ身近な物じゃなかったんですよね。

得られる情報も今と比べたらずっと限られたものだったわけで。

ネットが発達した今、思春期の人達のヰタ・セクスアリスってどんな感じになるのか興味深いです。

子供番組や童話、学研の書籍なのは今も変わらないのでしょうか。ネットといってもそこまで触りつくしているわけじゃない年にこそ、ソフトランディングで目覚めてほしいですよね。

今の子はどんな作品で、はじめてのドキドキをするんでしょうねー。