Hatena::ブログ(Diary)

たまごまごごはん このページをアンテナに追加 RSSフィード


「ROCKei-ON!!」

メロンブックスさん特設サイト「CG BR@S」(専売)
メロンブックスさん特設サイト「高校制服ノート 今日のアイドルさん」(専売)
メロンブックスさん「生ビールっすか!?サンデー」 COMIC ZINさん「生ビールっすか!?サンデー」
メロンブックスさん「駄菓子ラヂオ」 COMIC ZINさん「駄菓子ラヂオ」 とらのあなさん「駄菓子ラヂオ」
メロンブックスさん「女子制服カレンダー」 COMIC ZINさん「女子制服カレンダー」 とらのあなさん「女子制服カレンダー」
メロンブックスさん「HE@LTHY CINDERELLA」
履歴書の書き方なんて教えてあげないんだからっ! ライトノベルでわかる微分積分 (3時間でだいたいマスター) ライトノベルでわかる確率 仕事のマナー「気がきかない」なんて言われるのは大問題ですっ! (社会人1年生のお仕事サポート・ブック)
・乃梨子×瞳子応援サイト。
・書いていることの真偽は自分で確かめてください。

web拍手ボタン

2008-09-29 大黒黒客日記

[]日本の「悪役」像の代表ってなんじゃろ?

WEB拍手で「ダークナイト」の話題があったのですが、ちょっと面白かったのでピックアップ。

ちなみにジョーカー米国で行われた映画の悪役アンケートでダースベイダーを抑えて1位になったそうです。凄ぇ。

まじで!す、すごい。

 

映画見た方だともうヘッドバンキングするくらい納得なのですが、とにかく「ダークナイト」でのジョーカーの悪役っぷりがすごいのですよ。中には「狂気」と見る人もいるかもしれませんが、人間の心理の裏の部分をがっつりつかんだ悪の美学に陶酔させられます。少なくとも自分は、見ていてなんだか納得させられてしまいそうになった悪役は、このジョーカーとハンニバル・レクターくらいです。一生にそうそう何度も見られる悪役ぶりじゃないので、DVDでたら絶対見てください。見ないと損です。

 

はて、ジョーカーがどんな悪役かをここでネタバレなしで書くの難しいんですが、ちょっとだけ簡単に書いてみると自分はこう見えました。

・基本的に冷酷非情。

・なめたような軽さで相手の心をもてあそぶのがやたらうまい。

・お金や欲望には全く興味がない。快楽殺人でもない。

・人の心をひっくり返した部分をたくみに突いてくる。

・自分が死ぬことを恐れるそぶりがない。

ただの狂気じゃないわけですよ。また、泥棒の汚らしさもない。欲望に従って生きず、むしろ恐ろしいほどの信念があるので、ヒーロー以上にヒーローなんです。ダークサイドだけど。

 

アメコミや映画はそこまで詳しいわけじゃないのですが、やはり思い出されるのはダースベイダー。あの格好と「シュコー」音には多くの人が心酔したものです。

あとは、スパイダーマンのカーネイジやヴェノム、マーブルのオンスロート、キングピン…うーん、やはりダースベイダーとジョーカーのずば抜けっぷりとは一線を画している気がします。

あと、悪役というにはアレなんですが、先ほども書いた「羊たちの沈黙」のハンニバル・レクターは美学を持った悪役だったなあと。

 

はて、それでは日本の悪役ってどんなかな?と考えてみたのですが・・・。

これが意外に思いつかない。

もちろんものすごい数の悪役がアニメ・漫画・ゲームにあるわけですが、どうも「悪の美学に徹する」タイプの悪役がどうも思い浮かびません。

まあ自分が知らないだけなんですが、どちらかというと人間味がある悪役が多い気がしてなりません。

たとえばヤッターマンなどタイムボカンシリーズ三悪。あれは極端かもしれませんが、どうにも人間臭ければくさいほど愛される気はします。プリキュア5のブンビーさんんなんかは、そこが愛されたゆえに生き残ったわかりやすい例です。

ラピュタムスカ大佐も、悪に徹しきれない感じの滑稽さが愛されるキャラです。まあかなーり人殺しているので悪ですね。二元論で言い切れない…いやあ、ムスカはムスカだからなあ。

その他友人に聞いて出てきたのが・・・

 

仮面ライダーショッカーたち→でもあんまり美学?らしいものが思いつかない。

デビルマンの敵たち→かなり濃い個性がそれぞれにある。話しがそもそも深い。

ナディアガーゴイル→いい感じで悪に酔っていた!が最期はアレだった。

ヘルシングの少佐→美学濃い目の狂人。なかなか最期までインパクトは強かった。

・FF7のセフィロス→美形悪役の代表。悲しみも多い人で、ファンは多いよネ。

 

などなど。あげればきりがないのですが、強烈な悪の美学を持って日本を熱狂させた敵というので「これだ!」というのがちょっと思いつきません。少佐はいい線いってますが、日本人みんなが知っているというものでもないですね。

 

個人的にいいなあと思うのは、ドラえもんの「宇宙開拓史」ギラーミン

wikipediaより。

ガルタイト鉱業に雇われた腕利きの用心棒。コーヤコーヤ星の独占を邪魔するドラえもんらを殺そうとする。更には、「コア破壊装置」を星に取り付け、強制的に住民を追い出そうとする。人を殺す事も厭わない人間ながら、ギラーミンのポリシーとして「どんなに相手が強くても恐れず、どんなに相手が弱くても見くびらず」を持ち、強者との闘いを望む一面も覗かせる。初対面でのび太の実力を見抜き「このガキ只者ではないな」と心の中で思うほど(のび太の方も「恐ろしい相手」とギラーミンの力を見ぬいた)。のび太との一対一の早撃ち勝負を行うも敗北。映画版ではロップルに額を撃たれ敗北。

かっこいい。

こういう、まさに「悪役」は心をつかみますね。

 

今ならば現実的な部分がさしはさまれて「勧善懲悪はうんぬん」なんて意見もあるかもしれません。まあそれは置いておきましょう。今大事なのは「かっこいい悪役」です。

まだまだほかにもたーくさん悪役はいます。日本人的には、人情味があったり、悲しみをたたえている方が悪役としては惹かれるものがあるのも確かです。

ただ、時には死ぬときまで悪役として一本筋貫いているキャラが見たいのです。

 

誰もが知っている日本の悪役おぶ悪役。誰かいるでしょうか。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/makaronisan/20080929/1222622800