Hatena::ブログ(Diary)

たまごまごごはん このページをアンテナに追加 RSSフィード


・乃梨子×瞳子・優子×夏紀応援サイト。
・書いていることの真偽は自分で確かめてください。

2009-02-19 大黒黒客日記

[]エロマンガ単行本、表紙の悩みあれこれ。

ちょいメモ的に。

別に18禁なことは書かないですが、表紙が18禁かもしれないので収納。

 

 

やっとのことで… - LO作家限定ラクガキ掲示板

表紙のこだわりが半端ではなく、ものすごいだめ出しをされると噂のLOコミックス。水無月露葉先生はなんと6回も没を食らったそうで。

うはー、半端じゃないな!!

 

LOは特に表紙に厳しい部分がある可能性もありますが、そうでなくても表紙にはことさらに厳しいのがエロマンガ業界。

というのも、ぶっちゃけ表紙で売り上げが極端に変わるからです。

 

もちろん作家名で作品が分かるようなエロマンガ好きなら、表紙がどうあれ知識で買うので問題はないわけです。

しかし実際の売り上げ数で言うと、表紙買いの割合が圧倒的に高いようです。

もっとぶっちゃけて言えば、表紙がエロければ売りあげはっきりがかわるということです。

もちろん内容あってこその表紙ですが、表紙で敬遠するが故に内容のエロさが伝わらないのはもったいないですものね。

この本えろいよ!という代表選手のような、よくできた表紙。

もうすがすがしいほどに「このマンガは抜きマンガです。抜け!」というオーラが伝わってくるのがすばらしいですね。

作者の武田弘光先生自体がかなり有名で、待ち焦がれていたファンが一斉に買ったために売れたというのもありますが、そうでなくてもこの絵が平積みになっていたら、ついついリビドー動かされて買っちゃった男性は多いのではないかと思います。

 

一方こちら。

確かにエロなんですが、こちらはそこまでエロを押していないんですよね。でも初見で買う人も多かったと思います。

というのも、ものすごく絵画の技術が盛り込まれていて、一見しても「この本は何か違う」というオーラを放っているから。ルネサンス絵画の匂いも感じられる技術にはエロさを越えて、圧倒されるため息すら出ます。本当にうまい。

個人的に好きな表紙、鬼束直先生。

脱ぎ脱ぎではなく、そんなに露出度高くないんですよね。なのになぜこれがオーラを放つかというと、マンガからリアルに近づけたような描写方法ではなく、「リアルをマンガにしました」というびっくりするほどの体温感があふれているから。

だから、半脱ぎパンツを描くだけでストーリーが見えてきます。

この表情もあわせて、見ているだけでこの少女との間に生まれる物語が感じられるじゃないですか。なんともよく計算された絵です。デザイン的な題字もまたいいですね。

「陵辱です!」と明示するのはとても大事。

というのもジャケ買いした人が、開いて見たら陵辱で「ぎゃー!」なんてことがよくあるから。陵辱作家さんは表紙にとてもとても気を遣っていると思います。

陵辱物の傾向として、やっぱり黒や赤のどぎついのが多いですよね。あんまり青のさわやか系は見かけません。

昔は逆に、表紙にすごいキャラを使っていながら、中には出てこないジャン!みたいなトラップもありましたね。最近は激減しましたが。

 

ここでちょっと分類。

・とにかく脱げ!露出度を高く、ギリギリ限界までエロく!

・美しくアーティスティックに。

・物語性を感じさせる一枚絵。

・ジャンルを明確化させる表紙。

あとは作者・・・というよりも編集部との兼ね合いで表紙は決まっていくかも知れません。

今ちょっと思いつかないのですが、「自分の好きなエロマンガ表紙」ってのは一度やってみたいなあ。

 

はて、肌色多めなエロマンガの表紙。

さらに法則があって、できるだけ彩度の高い物が求められます。

そのため、一旦作家さんが塗ったカラー表紙の上に、「ピンク」のレイヤーを一枚うっすらと印刷時に重ねることがあるそうです。

すごーい微細な差で、言われないと気づかないレベルなんですが、これがあるとないとでは目をひくかどうか、ひいては売り上げが変わるほど、なんて話も。検証したことがないので、あくまでも噂ですが。

でも理論としてはすごくわかります。少しでもピンクな方が目を惹くのは実際どのジャンルでもありそうです。

改めて自分の持っている本がどういう色をしているのか、見直してみるのもいいかもしれません。

 

-----------------------------------------------------------

 

そう考えると、雑誌のLOや、海野螢先生の表紙なんかはチャレンジャーですよね。

エロティックさを感じさせないとても清涼感溢れる絵。

実はピンク溢れるエロマンガ売り場では、逆に「青」は目立つというメリットもあったりします。

それでも人間のリビドーは「ピンク」にとことん弱いようで、「青」などの寒色はデザイン的要素がない限り避けられることが多い様子。エロマンガ慣れしている人には逆に「青」は効果的なので、なかなか難しそうです。

エロマンガ表紙芸術の世界も掘り下げると面白そうですねえ。

あなたのおすすめのエロマンガ表紙はなんですか?