Hatena::ブログ(Diary)

たまごまごごはん このページをアンテナに追加 RSSフィード


・乃梨子×瞳子・優子×夏紀応援サイト。
・書いていることの真偽は自分で確かめてください。

2010-08-30 私立桜が丘高校軽音楽部日記

[][]この日を待っていた、大島永遠先生の「女子高生」復活!!

ぼく大島永遠先生大好きなんですよ。

最近完結した「同棲レシピ」も当然全部買ってます。

まだオチ言わないでね!買ってきたばかりで読み終わってないので!

で、微エロ漫画時代のからおそらく全部買っていると思います。そのくらい好きというか、読んでいて安心出来る作家さんです。僕的には波長が合うというか。もちろん躁状態気味な描写が得意でクセの強い作風なので、誰にでもオススメというわけじゃないんですが、安心のクオリティ

その中でも、ダントツに、猛烈に好きなのが『女子高生』なんですよ!

最高に最低な女子高漫画。「女子高って汚ねえぞくせえぞ、幻想ぶち壊してやる!」的なテンションの高さと、狂った青春なノリがもう楽しいの何の。一時期は「バカ軍団」というサブタイトルがついていたくらいバカです。ちょっと前の漫画ですが、多分今読んでも面白いはず。

ちなみに「表紙の女の子もかわいいし、お色気だろー」と思って買うと罠にはまります。むしろ「毛の処理忘れたー!」「ボーン!」とかそういう漫画です。そこがいい。

特にヒロインの友人の鈴木由真がすげー好きでねえ……。あの子の自然体っぷりと空気読めるっぷりは最高でしたよ。大好きだよほんと由真かわいい。

 

その!

「女子高生」のスピンオフが!

載っているとか!!!

ちょっとちょっと、マジですか。夢じゃないんだよね。

 

載っているのは増刊号扱いの雑誌「すもも」。

具体的に言うと、「ちょっとエッチなコミックハイ!のスピンオフ雑誌」みたいな位置づけだと思います。半分くらいコミハイ人気連載のサイドストーリーですね。「柊小学校恋愛くらぶ」のお姉ちゃんセクロスシーンとかも載っています。リミッター解除版コミハイ。

 

その中に燦然と輝いていたのが、大島永遠先生の『女子高生 GIRLS LOVE』でした。

題名だけ見るとなんだかマリみてみたいですよね。

でも違うよ。全然違うよ。全く違うよ。

こういう漫画だよ!

わー。やべー。あの頃のまんまだー。

おっぱい見えてるのに全然うれしくねー。

これこれ、これを待っていたんだよ!

 

この作品は『女子高生』の後輩たち、という設定で進んでいきます。『女子高生』読者ならニヤニヤする展開もありますが、基本的にはオリジナル。

話の発端は「下着なんて嫌いだ!」という発想で集まった3人の女子高生の会話でした。

もうこの時点でおかしいよね。

全力で言っていいと思います。

お前ら頭おかしいと。

 

『女子高生』シリーズは、本当にバカとしかいいようがないことを全力でやりやがるところが魅力の一つ。

ある意味それが「若さってやつだなー」という面白さでもあるんですが、そんなレベル余裕で突破しているのが最高に楽しいわけですよ。

さすがに『女子高生』本編の、特に香田レベルの頭の悪さは突破しないだろうなあーと思っていましたが、余裕で突破してくれました。

というかこいつらまだまだ飛んでいきそうです。怖い!(ニヤニヤしながら

 

本家『女子高生』とのリンクもちゃんと残っています。

セレ部!!!!

懐かしいよセレ部! あったまわるいよセレ部!

(知りたい人は、読もう『女子高生』!)

かつて、ということなので、もしかしたら絵里子や由真は卒業しているのかもしれないですね。

さらにこんなところにも。

香田ーーーー!

なんだろう、全裸というエロシチュエーションなのに全然萌えない。

これでこそ香田。

個人的には一番左の「裸にルームウェア」はエロいと思います。かなり興奮しました。

しましたが、そこをエロく描かないのが大島先生流。

 

いやあ。

『女子高生』完全復活だな!

一応「読み切り」と書いてましたが、この雑誌が不定期刊で、かつラストに「つづく・・・かも?」と書かれていたので、これは期待大です。

載り続けるのなら、まじ買い続けるよ「すもも」!

バカ軍団そのまま帰ってくるわけじゃなくて、全員新キャラ、だけどトンチキ、というのが嬉しいですね。待ちに待った作品が、新たな形で、でもテンションそのままで帰ってくる幸せ! 待っててよかった!

 

----------------------------------------------------------------------

 

「すもも」であと面白かったのは、松林悟先生の『紳士なミーツガール』でしょうか。

いつもどおりの松林イズム全開です。

イエスロリータイエスタッチ、はだめですよ。

あと選択肢少なすぎ。しかし紳士だから仕方ない。

この幼女の行動も不可解極まりないんですが、それ以上に主人公の前田紳士が紳士で、まさに「おれたち」過ぎて最高でした。

こういうハイテンションロリコン物を描かせたらほんと松林先生すごいですね。

 

その他、むつきつとむ先生の連載がはじまったりと、期待大な雑誌。

若干「チャンピオンREDいちご」臭もしますが、紳士度高め。次回はタカハシマコ先生も描くとのことでどうなるか楽しみです。

 

つかまじで、『女子高生 GIRLS LOVE』連載してくれないかなー。

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/makaronisan/20100830/1283108775