”M” History My Line このページをアンテナに追加

カレンダー
<< 2007/11 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


ここの日記はハロプロ(卒業メンバー含む)のネタや
ももいろクローバーのネタを書いていたり野球ネタ鉄道などの乗り物ネタなど
いろいろと気が向いたときにいろいろと書いている日記です。
最近はアメブロをメインとしてこちらは長文や画像多めのレポを中心に更新しています。


[PR] レンタルサーバー

2007-11-28

[][]ハロプロ楽曲大賞2007 ハロプロ楽曲大賞2007を含むブックマーク

投票のほうが始まったということでさっそく投票したので

理由も含め結果のほうを書きたいと思います。

あと、自サイトのみで書いている「ライブ楽曲部門」は後日の更新

改めて更新します。

それからGEM-T AWARD2007のほうは主旨的にも℃-uteに限られたもの

ですので向こうで結果晒します。

楽曲部門・PV部門両方書いているので長くなるので隠します。

【楽曲部門】 

5P 1位 ホントのじぶん Buono!

ユニットメンバーバランス、楽曲の詞の内容など全体的に見ても

かなりレベルの高いものだと思いますね。

また、アニメの内容にもあっていていい感じという意味でも高評価。


2P 2位 めぐる恋の季節 ℃-ute

この曲の疾走感とこの詞の持つ季節感恋愛感といったいろいろな感覚

いうのがいい意味で刺激を受けましたね。

また、年末の賞レース(11/28現在ではベストヒット歌謡祭だけですが。)への

エントリーもあったりという意味℃-uteグループの勢いを

表す象徴ともいえる曲だと思います。


1.5P  3位 夏DOKI リップスティック ℃-ute(矢島舞美)

この曲はそれこそ歌い手が舞美ちゃんでなければならないという曲であり、

彼女ならではのパワーを感じさせられる曲となっていますね。

そのパワーは現場で見ても圧倒させられるものはあったが、普段聴いていても

舞美ちゃんの持つ力強さというものは感じ取ることができた。


1P 4位 桜チラリ ℃-ute

℃-uteにとってのデビューシングル曲となるこの曲は歌詞から感じさせる

乙女っぽさやかわいさなど℃-uteメンバーの年齢や雰囲気にあったいい感じが

出ていると思いますね。 

それが高評価につながるという要素が強いですね。


0.5P 5位 鳴り始めた恋のBell 音楽ガッタス

ガッタスメンバーハロプロ・エッグの年長組みとのコラボユニット

いうことでどうなるのか期待と不安といろいろあったけど

楽曲として予想を超えたいいレベルのものができていて

よかったと思いますね。

そしてフットサルをやっている彼女たちらしい躍動感を

うまく出していると思います。



PV部門】

3P 1位 告白の噴水広場 Berryz工房

ロケ地の選別とかという側面を考えたりしたときに秀逸だと感じさせられた。

噴水というキーワードベースにうまく女の子の片思いというものを描き、

等身大学生というメンバーの雰囲気もうまく出せていたと思う。

また、ロケ地はわりとわかりやすく行ったりもしたので愛着があるというのも

あるけど、それを抜きとしても物語性とかいろいろな面で高レベルだと思う。


2P 2位 都会っ子純情(Dance Shot Ver.) ℃-ute

激しくクールに決めていくという℃-uteの雰囲気としては以前とは

違うものを持った作品ではあるが、それをうまく利用して新しい

℃-uteらしさと言うのが垣間見ることができたと思いますね。

また、ダンスショットということですが、全体的に映っていることが多くて

特定のメンバーだけでなくほぼ全員が見やすかったのはよかったと思う。


1P 3位 ホントのじぶん Buono!

スタジオのときのロックな雰囲気もそうだけど緑いっぱいの

芝生の上で踊ることで感じる映像の明るい雰囲気や

若々しさというものが映像から伝わってくるとともに振りもかわいく、

なおかつ心の中に持つ出し切れていない気持ちとかがわかりやすかったりと

言う意味ではいいPVだと思いますね。


推しメン部門】

ともいき・木を植えたい 前田憂佳

とりあえず憂佳ちゃんを推しメン投票する人が2桁行くか気になります。

はいそこ、マコは?とか、雅ちゃんは?とかいわないw

Connection: close