まこたん(makotan)の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

makotangmail.com   

 | 

2008-01-20

[]独り言

最近色々見てて、気になってたこと

まず、ふつーの業務に使うようなソフトウェアを作るのは「適切にトレーニングすれば誰でも出来る」のであって、そこに高度な”なにかしらの”判断はほとんど必要ない。っていうのが事実

ただし、要件は大抵使う場所に近いところから出るのでそこは日本でやる必要がある

だから開発の所は単価の安い海外にどんどん流れていくんでしょって感じ

単価が安いから上流工程の方に逃げようとしても、単価の安い海外はさらに売り上げを上げる為に上流の方に向かっていく。

そこでさらに上流・・ってやっていると日本のソフトウェア産業は思いっきり先細ると

そこで、ほにゃららが提案するほげって開発手法を使って生産性を高めれば良いのかって言うと、ほにゃららは売り上げを上げる、またはユーザ数を増やすことを考えるので海外にも当たり前のように出て行く。

海外に出た時にはやっぱり価格で負ける日本のソフトウェア産業の先細りには変わりなし

これがここ数年見てきた感じの流れかな

このまま行けば、海外の優秀(でしかも安い)な企業がソフトウェア産業も肩代わりを初めてくれるので、日本の実装が出来るエンジニア数はほっといても減少する。

なので、日本のソフトウェアエンジニアの幸せは早く別の技術を身につけて転職することなんじゃないのかと。そのときにプログラムを作れたり理解できるのはものすごい力になることかもしれないんだし

そうならない為には自社プロダクトを作ったり、自社でしかできない何かを持つしかないんじゃないかなぁ〜それ以外はどう考えても良いこと無い気がする

まぁそこまで言い切ってるのに別の業界に出て行こうとしない人がここにいるのは何故?みたいな・・・まこたんが提案するほげって手法の全貌が表に出たら某S社のメリットが無くなるからね(笑)

うん、やっぱり理論的に矛盾はない。このまま突っ走ろう<これが結論

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/makotan/20080120/p2
 | 
東京の天気予報
-天気予報コム-
<< 2008/01 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

makotanのアンテナ

1. 「S2Axis」を含む日記
2. Sandbox/S2AnA - SeasarWiki
3. CNET Japan Blog - 近藤淳也の新ネットコミュニティ論
4. ヨタの日々
5. 「S2JDBC-Gen」ブログ
6. 「chura」を含む日記
7. 酔狂人の異説
8. Azureの鼓動:ITmedia オルタナティブ・ブログ
9. 「escafe」を含む日記 - はてなダイアリー
10. 「s2dotnet」を含む日記
なかのひと あわせて読みたい