Hatena::ブログ(Diary)

元・【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

江戸御府内八十八ヶ所関連の記事 → [御府内88]
[東京][千葉]は都道府県別のカテゴリー設定はございません。

2008-10-08

松林山 大圓寺

本尊 釈迦如来

宗派 天台宗

153-0064 目黒区目黒1-8-5




タヤパンと二人。

新規顧客獲得の為、

目黒を訪れました。




目黒駅に程近い、大円寺。

「あ、そういえば、タヤパン?。

このお寺って、昔二人でお参りしたね。」

それはおそらく三年以上前ものこと。

その頃おいら、ブログは始めていたかもしれないけど、

あの頃は、御府内八十八ヶ所以外のお寺の記事は、

まったく書いていなかったからねぇ。

まさか数年後、何でもありブログになろうとは、

その頃まったく想像しなかったことであります。




改めて二人お参りしてみました。

目黒駅から、行人坂を下り進むと、

まずはこの祠が目につきます。




目黒川架橋供養勢至菩薩堂 勢至菩薩石像




宝永元年(1704)、西運という僧が、

浅草寺目黒不動に毎日参詣し、

これにより江戸市民の報謝を受けて、

目黒川に架橋したことから、

勢至菩薩を祀った祠なのだそうです。




本堂




この寺自体はは、寛永年間(1624〜1644)に、

湯殿山修験道の行者も大海が創建したと伝わります。

明和九年(1772)の明和の大火の火元となった寺であることから、

なかなか幕府から再建の許可が出ず、

幕末近い、嘉永元年(1848)になって、

ようやく薩摩藩主・島津斉興の帰依によって、

やっと江戸のその菩提寺と認められてから、

その再建を許されたそうで・・・。




生身の釈迦如来堂



本堂左隣の、釈迦如来堂には、

本尊の「生身の釈迦如来像」と呼ばれる、

写実的な清凉寺式の木造釈迦如来立像が安置されています。

これは旧国宝であり、現在の国指定重要文化財です。

残念ながら秘仏のようですが、

直近では、来月20日にご開帳があるようです。

都合が合えば是非伺いたいね。タヤパン。




五百羅漢と湧水 石仏群五百羅漢像




お寺の北側左手には、この湧水を中心とする、

拈華微笑を表している釈迦弟子達と五百羅漢石像。

あまりの迫力に圧巻です・・・。




とろけ地蔵尊




この「とろけ地蔵」はなぜ「とろけ」ているのか、

ちょっと取材不足でよく分かりませんでした。




阿弥陀堂




本堂右手には、立派な阿弥陀堂。

覗き見ると、丈六を満たすような、

大仏級の阿弥陀三尊が伺えますが、

残念ながら、お顔までは伺えませんでした。







にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← 二つのランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックをお願いします。

結婚記念日 14th




結婚記念日→ 11th12th]、13th




今日は夜に月例会議があったのですが、

会議が終わると、すっ飛んで退社して、

閉店間際の花屋に飛び込み、

迷惑そうなバイトの店員にお願いして、

とにかく花束を作ってもらい、

コンビニシャンパンを買って帰宅しました。





結婚記念日14thの花束とシャンパン




結婚して14年か・・・。

長かったような、短かったような。




アンチ巨人の私がいうのもなんですが、、

14年前のこの日は、日本プロ野球史上初の、

最終日同率首位対決のあった日です。




結婚式を挙げたホテルテレビで、

それを観たっけ・・・。




人気ブログランキングへ ← 二つのランキングに参加しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← どちらも応援クリックをお願いします。

タヤパンタヤパン 2008/10/09 00:07 月日が経つのは早いものですね。

結婚記念日、おめでとうございます。
私には、いまだ一回目もやってこないので、うらやましい限りです。

3年以上前とは違い、お寺めぐりも営業のたまの隙間の短時間ですが、また行きましょう。

makoto-jin-reimakoto-jin-rei 2008/10/09 05:52 タヤパン、ありがとう。

当然ながら、結婚しなくて、
結婚記念日はこないのだ。
はやく結婚しなさい。


お寺めぐりや掃苔は我等の活力。
また行こうね。

栴檀栴檀 2008/10/09 12:27 10/8が結婚記念日なんですね!おめでとうございます。
ちなみに僕の両親の記念日は10/13でして、僕の出産予定日も本当は10/13だったそうです。
よく考えたら10/13て日蓮聖人の命日だったりするんですけど・・・これは因縁でしょうか?

大圓寺様の縁日は参詣客が大勢いらっしゃいますよね。
皆さんお経も達者だし、中には印を結んでらっしゃる方もいました。
以前、makotoさんにもメールしましたが、天部の諸尊に祈祷するのになんで観音経?って思ったんですが
こちらのお坊様の話をうかがってなるほどと思いました。
事相の世界って奥が深そうです。

makoto-jin-reimakoto-jin-rei 2008/10/10 06:13 栴檀さんありがとうございます。
10/13「因縁」というより「御縁」でしょう。(笑)
大圓寺さんは、文字通り
「都会のオアシス」になっていますねぇ。
ほっとする空間です。