Hatena::ブログ(Diary)

元・【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】 Twitter

江戸御府内八十八ヶ所関連の記事 → [御府内88]
秩父三十四ヶ所観音霊場自転車順打ち巡礼記
→ 発願・初日(1番〜11番)
→ 二日日(12番〜27番)
→ 三日目・結願(28番〜34番)
[東京][千葉]は都道府県別のカテゴリー設定はございません。

2016-12-17

ラーメン二郎 京成大久保店 その四百九十五

営業時間 11:00〜14:00/17:00〜20:00

定休日 日・祝

274-0072 船橋市三山2-1-11






→ 「ラーメン二郎 京成大久保店」過去記事一覧

ラーメン二郎ラーメン二郎京成大久保店を愛する者達のオフ会

12345678910

111213141516171819

眉鍋会 → 1(2012)2(2013)3(2014)4(2015)5(2016)

眉鍋組遠征 → 12345678910

→ ラーメン二郎関連店・訪問回数一覧

→ 「ラーメン二郎」関連の記事

→ Twitter 〜ラーメン二郎京成大久保店(@OKB26)〜

→ Twitter 〜眉鍋組(@mayunabegumi)〜





ラーメン二郎京成大久保店





さて今週も恒例の土曜昼の部眉シャッター

0950集合にPPは珍しく原チャリ大おじさん。

ワタシ、おがっち、ケンヨーさん、ミオリン氏と続き、

黒さんはお仕事で欠勤届が提出済み。




CH-47J




三週間後に迫った「降下始め」練習でしょうか?

CH-47Jが二機、習志野演習地の周りを、

ぐるぐると飛び続けておりました。








昨日、開店14周年を迎えた我らが眉二郎

一日遅れではありますが、

「おめでとうございます」とご挨拶。

眉さん、満面の笑顔です。






小ブタ(800円)自動ヤサイ





小ブタ(800円)自動ヤサイ






ブタ  麺





うひょひょい。

まるでダブル?かっつーくらいに、

ブタ、ぶた、豚が、ゴロ、ごろ、頃。。。

これがバチコイな"黒無ネ申月豕"。





コショウ入れ




普段は入れないコショウですが、

数週間前に容器の中の穴が、

半分閉ざされたモノになりました。

中のコショウも変わったという噂デス。




新しいコショウをふる





うん、ブラックペッパー比率の高い、

香り高いコショウです。

こりゃ、眉さんのスープに良く合います。





スープ





しっかしさすがは15年目、

安定の美味さで最高な眉二郎です。

Nikon D500 その二

公式サイト http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d500/





Nikon D500 その → 

Nikon D7100 その → 十一十二十三十四十五

→ 「D7100」関連の記事

Nikon D90 その → 

→ 「D90」関連の記事

→ 「一眼レフ」関連の記事





本日のカワセミ





先週ファインダーのホコリが気になって中断した、

カワセミ撮影のリベンジに出かけましたが、

ピントが甘かったりブレていたりと、

まるで返り討ちにあってしまいました。

すべてダメダメです。。。




オナガとカルガモ





やっぱり三脚を持っていかなくちゃダメかなぁ。

それから600mmくらいのレンズが欲しいなぁ。。。





公園の野良猫  試写

試写  試写

「とっぴんぱらりの風太郎」【上・下】(文春文庫)



→ 「鴨川ホルモー」(幻冬舎文庫)

→ DVD「鴨川ホルモー」

→ 「鹿男あをによし」(幻冬舎文庫)

→ 「プリンセス・トヨトミ」

→ 「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」(ちくまプリマー新書)

→ 「ザ・万歩計」(文春文庫)・「ザ・万遊記」

→ 「万城目学」関連の記事




千葉"本宅"と大阪"別宅"を往復する

二重生活になりまして早いもので半年です。

いろいろとライフスタイルに変化がありましたが、

その内の一つは読書の冊数が著しく減ったこと。。。





→ [本・雑誌]記事一覧 - 元・【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】




もちろんブログに載せていないものも、

多数、読んではおりますが、

それでも全体数でもおそらく半減以下。

往復の新幹線では映画を観ることが多く、

そして何よりも関西では、

電車の通勤時間が短いんです。

だって新大阪から福島は、

京都線一駅4分、

大阪で乗り換えて、

大阪から福島は環状線で、

たった一駅2分なんです。。。








そんな読書環境の中で、

久しぶりにブログに載せたいと思ったのは、

久しぶりの万城目学さんの初の時代小説

出来損ないの"ニート"伊賀忍者風太郎が、

不思議なひょうたんと出会い、

大阪冬の陣、夏の陣で死闘を繰り広げる物語

しかし、そこは万城目ワールドですから、

血で血を洗うような戦闘絵巻の中に、

なんとも力の抜けた魅力的な登場人物を配し、

独特の世界観が広がって行きます。

これは"忍び"を「生業」とするもののお話ですが、

実は人生にとって「仕事」とは何か、

命を賭してでもなり遂げるべきものは何かと、

読者に対して問いかけている作品でもあります。

この主人公をそれを成し遂げる、

ハッピーエンドなんですが、

なぜか涙が止まりません。




あ!?、万城目作品で泣かされたの初めてかも。(笑)