Hatena::ブログ(Diary)

旧・元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】跡地

はてなダイアリー終了に伴い
はてなブログに移転しました
  → 新・元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

2019-01-11

「家康、江戸を建てる」(祥伝社文庫)



体調があまり優れず、

昼飯はコンビニで適当に済ませたもので、

いつもの通り貯金読書ネタで失礼致します。




家康、江戸を建てる (祥伝社文庫)

家康、江戸を建てる (祥伝社文庫)





あの「銀河鉄道の父」で、

第158回直木賞を受賞した門井慶喜さんが、

第155回で二度目の候補になった作品

装丁タイトルがいかにも、

ドキュメンタリータッチなので、

直木賞候補話題になるまでは、

ノンフィクションの本だと思ってました。

このお正月NHKドラマ化放映されましたが、

そちらはまだこの文庫を読む前だったので、

録画はしておりますがまだ観ていません。

題名主語は「徳川家康」ですが、

それぞれの話の主役「家康」はではなく、

「川の治水」、「金貨」、

飲料水」、「石垣」、

と、いった江戸の基盤を作り上げた、

職人たちのオムニバスストーリー。

最後に「天守」の話となり、

秀忠が家康と語り、

平和バトンをつなげます。

これを完全に現代人の視点語り部が、

淡々と紡ぎあげていきます。

この展開が実に新鮮で斬新。

ラストも胸熱でいいなぁ。

ありそうであまりない、

新しいタイプの歴史小説の傑作デス。





【追伸】

この「はてなダイアリー」が、

2019年1月28日をもって、

更新を停止するとのことですので、

本日を持ちましてこのURLでの、

ブログ更新を終了とさせて頂きます。

長年のご愛読誠にありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/makoto-jin-rei/20190111/p1