Hatena::ブログ(Diary)

元・【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

江戸御府内八十八ヶ所関連の記事 → [御府内88]
[東京][千葉]は都道府県別のカテゴリー設定はございません。

2014-04-06

【関東第二十二番】阿遮山 円満寺 不動院 その二 (浅草寿不動院)

宗派 真言宗智山派

本尊 不動明王

三十六童子 小光明童子

111-0042 台東区寿2-5-2





阿遮山 円満寺 不動院 → その一【御府内第七十二番】





阿遮山 円満寺



浅草仏具屋さんが立ち並ぶ、

稲荷町田原町界隈。。。

ここにも関東三十六不動霊場札所があると気づき、

いそいそと伺ってみれば、

御府内八十八ヶ所でもお参りした、

不動院さんに九年ぶりの訪問。



ご本尊



このお寺や御本尊については、

前回訪問した「その一」をご覧ください。

お顔がなぜか少し白い御本尊です。

不動尊真言を三唱しました。



【第二十二番】御尊影と御朱印



第二十二番の御朱印と御尊影です。

2014-03-14

【関東第十五番】明王山 聖無動院 宝仙寺 その二 (中野不動尊)

宗派 真言宗豊山派

本尊 不動明王

三十六童子 獅子慧童子

164-0011 中野区中央2-33-3

公式サイト http://www.housen.org/





→ 明王山 聖無動院 宝仙寺 その一【御府内第十二番】




14時に西新宿の新規顧客とのアポがあるもので、

午後イチに中野坂上の企業を訪問する予定です。

この近くにある関東三十六不動札所、

中野の古刹、宝仙寺にお参りしました。

前回お参りしたのは九年前の、

御府内八十八ヶ所の第十二番の時。

その過去記事にほとんど内容がないのには、

あまり良くない思い出があります。




山門




寛治年間(1087〜94)、

源義家が「後三年の役」平定後の帰京の途中に、

護持していた不動明王像を安置する為に建立したとされるこちらです。



阿形 仁王  吽形 仁王



あまり年代物ではないようですが、

山門は大きく立派な阿吽の金剛力士。




大師堂  中野町役場跡碑


山門をくぐると右には葬儀が終わったばかりの大師堂。

左には「中野町役場跡」と記された石碑があります。

明治二十八年(1895)から昭和初期まで、

この境内中野町役場、中野区役所が置かれていたとか。



石臼塚  三重塔




その石碑の前に小さな池があり池の真ん中には噴水が。

どうやら昔名物であった中野そばを挽いていたものの、

機械化によって道端に放置されていた石臼を、

供養する為に積み上げた石臼塚なんだそうです。

その奥の三重塔も近年再建されたものだそうですが、

純木造建築の飛鳥様式です。




本堂  本尊・不動明王




本堂にはお寺の縁起より少し後の、

鎌倉期の不動明王立像本尊に、

五大明王が安置されています。



御影堂  弘法大師坐像



本堂左手の御影堂には、

この巨大なお大師様、

脱活乾漆技法という弘法大師坐像が祀られています。



六地蔵と見送り地蔵  見送り地蔵


墓地入口には六地蔵と、

大変珍しい"見送り地蔵"と呼ばれている、

石造地蔵菩薩坐像、引導地蔵尊。( ・∀・) イイネ!

思わず、フェイスブックの仏像グループに投稿してしまいました。

しかしよくよく冷静に考えると、

六道を巡回して衆生を救済していただけるお地蔵さまが、

「あらまぁ〜、地獄道に行っちゃいました。」って、

見送ていていいものだろうか??。

手に持っている宝珠(タマネギ)もとんがりが丸まっちゃって、

おにぎりに見えるものだから、

だんだん裸の大将にみえて仕方なくなって来ちゃった。(^_^;)





堀江家第一墓所  堀江家第二墓所



墓地中央には、長く中野村の名主をつとめたという、

この堀江家の墓所が二箇所。

名主であると同時に宝仙寺の檀家総代も代々なさっていたとか。

堀江家は十六代の恭一氏を最後に途絶えてしまったそうです。



石碑群  枝垂梅と枯山水



宝篋印塔や八十八大師塔、

枝垂梅と枯山水など、他にも見所は沢山あります。




大書院  御尊影と御朱印



さて寺務所である大書院で、

この御尊影と御朱印を戴きました。

今回の童士は師子彗童士です。



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← 二つのブログランキングに参加致しております。

人気ブログランキングへ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。

2014-03-11

【関東第二十一番】川崎大師平間寺東京別院 薬研堀不動院 その二 (薬研堀不動尊)

宗派 真言宗智山派

本尊 不動明王

三十六童子 大光明童子

103-0004 中央区東日本橋2-6-8  

公式サイト http://www.kawasakidaishi.com/about/yagenbori.html




→ 【御府内第二十三番】川崎大師東京別院 薬研堀不動院 その一




今朝は朝イチで浅草橋企業とのアポがあり、

「どうせダメ元。」とあまり期待せずに伺いました。

駅から少し離れていたもので、

ちょっと早めに場所を確認。

まだ約束時間まで三十分ほどあったもので、

この近くに関東三十六不動霊場の札所があることを思い出して、

ついついお参りしてしまいました。





川崎大師東京別院 薬研堀不動院 




関東三十六不動霊場の第二十一番、

川崎大師平間寺東京別院薬研堀不動院」さん。

江戸三大不動にも数えられ、

「その一」で伺った通り御府内八十八ヶ所霊場の、

二十三霊場でもあります。

明治二十五年(1892)より川崎大師平間寺の東京別院となり今に至ります。




密壇の本尊




本尊不動明王は興教大師こと、

あの覚鑁さんが大厄の後に一刀三礼で敬刻されもので、

元々は根来寺に安置されたものですが、

天正十三年(1585)に豊臣秀吉に攻められた際に東国に下り、

ここに堂宇を建立したのがこちらの薬研堀不動院のはじまりとか。

ですから目黒目白と並び江戸三大不動とされているものの、

大きさはとても小さなお不動さまです。 




御尊影と御朱印




いただいた差し替えの御朱印と御尊影。

こちらの童士は大光明童士様です。




柳橋からみた船宿






にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← 二つのブログランキングに参加致しております。

人気ブログランキングへ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。

2011-03-20

「東京お遍路 大江戸めぐり 〜江戸御府内八十八ヶ所〜」 (主婦の友ベストBOOKS)



東京お遍路 大江戸めぐり―江戸御府内八十八ヶ所 (主婦の友ベストBOOKS)

東京お遍路 大江戸めぐり―江戸御府内八十八ヶ所 (主婦の友ベストBOOKS)



久しぶりのブログ本題(?)、

御府内八十八ヶ所」ネタを書くことが出来ました。

主婦の友ベストBOOKSより、

こちらのガイドブックが発売になっております。



ただ、ガイドブックというよりは、

どちらかというと紀行・随筆といた風合い。

挿絵も写真でもはなくイラストです。



しかし結願をした者が読むと、

なんとも懐かしいもので、

いつかはやりたいと思っている、

御府内八十八ヶ所逆打ち巡礼」

・・・を、思い出してしまいました。



いえいえ、それは当分無理です・・・。





人気ブログランキングへ ← 二つのブログランキングに参加致しております。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。

ファーマウンテンファーマウンテン 2011/03/20 20:28 まさかご購入されたとは・・・

最近、思いましたが哲学や宗教に『絶対』はありませんね。

個人の解釈をいかに自分に応用するか、と思いました。

先に『4コマ〜』を購入したので『歎異抄』はちょいお待ちを・・・

makoto-jin-reimakoto-jin-rei 2011/03/21 18:36 読み終えて言えることは、
ニーチェには仏教の知識があったこと。
「絶対がない」こそが「ニヒリズム」であって、
般若心経の「色即是空空即是色」なのだと思う。
けして「虚無」「無価値」だけを説いている分けではなく、
どこか「他力本願」にも通じる「生き方」を感じてしまう。

『4コマ哲学教室』買っちゃったんだ。
これも貸せば良かったね。
『歎異抄』はいつでもいいです。
ごゆっくりどうぞ。

2011-02-12

Yahoo!ブログ「歴史好きのやじきた道中」



近頃はすっかり神社仏閣ネタが少なくて、

古くからのファンには誠に申し訳ない限り。

ブログタイトルも改めようかと、何度も思っておりますが、

もうすでに多くのサイトにリンクされて頂いており、

逆にご迷惑かと留まっておる次第です。




そんな中で昔の御府内八十八ヶ所の記事に、

最近、コメントを頂戴しているのがwaka様です。

ご自身も御府内八十八ヶ所巡礼を発願なさったとか。

ブログをお勧めしておりましたが、

この度、Yahoo!ブログで始められたそうです。




歴史好きのやじきた道中 → http://blogs.yahoo.co.jp/algebristic



懐かしいなぁ〜。

御府内八十八ヶ所霊場

wakaさんの記事は一つ一つが丁寧な記事で、

とても勉強になります。

早速、リンクさせて頂きました。

是非、皆様ご覧下さい。




人気ブログランキングへ ← 二つのランキングに参加致しております。 

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← よろしかった応援クリックをお願い致します。

wakawaka 2011/02/12 17:48 わざわざ記事を一つ立てていただいて恐縮です。
もう少し短くまとめられれば…と思い日々ネタを考えています。

私もカテゴリーをもう少し広くできるように、とりあえず巡礼
の記事を書き終えてからいろいろ手を広げようと思っています。

makoto-jin-reimakoto-jin-rei 2011/02/12 19:05 あまり手を広げてしまいますと、
こちらのようなスチャダラブログになってしまいますよ。w

ともかくこれから楽しみに読ませて頂きます。

黒烏龍茶黒烏龍茶 2011/02/13 18:15 久しぶりの眉二シャッター参戦でしたが、
makotoさんがいらっしゃる5分前くらいですか?
急にばたばたと列が伸びてしまい、ろくにご挨拶できず失礼しました。

ジサマとのアベック席お疲れ様でした。相手も相当意識してたみたいで(笑)

そうそう、眉さんのご機嫌が悪くなった原因の新人中年助手さん、
あの年齢からということは(前任のバイトくんと違って)修行の末の独立も考えているでしょう。
一生懸命、やられている気持ちは空回りながら伝わるのですが....

楽しみにしていた、今年初めての、綺麗なお湯での「あつもり」。
どんぶりの出すタイミングが遅れたせいかデロデロの柔らか麺でした。

柔らか目は嫌いではないのですが限度超えてると(泣)
麺をすすって「???」と思ったのは、眉つけあつもりで初めて。
しかも、いつもよりも量多目で(滝泣)
ローテくずしてでも、次もつけリベンジになりそうです。

makoto-jin-reimakoto-jin-rei 2011/02/13 18:27 黒烏龍茶さん、ろくなご挨拶も出来ず、
大変失礼致しました。

ロチュウジロジーは、あれから、
私をかなり意識しているようで、
熱い視線を感じ、疲れ果ててしまいました・・・。

中年助手さんの独立、どうでしょう。
一之江のスナさんなら大丈夫でしょうけどねぇ。

眉さん最近確かに麺が柔らかめですよね。
思い切ってカタメコールをしてみてはいかがでしょうか。

mskey153mskey153 2011/02/13 22:10 土曜日、夜の部閉店前に眉二に行ってきました。
雪が降っていたせいかもしれませんが、空席ありの
状態、意外と狙い目の時間かもしれません。
これから回数が増えそうです・・・。

しかし路駐が相変わらず多いですね。
救急車両の通行時はボトルネックになりそうです。

中年助手さん、初見でしたがいきなり怒鳴られていましたね・・。
何か「怒られすぎ」→「動きが固くなる」→「タイミングがずれて
また怒られる」という悪い連鎖に陥っている気がします。
真面目そうな人なんですが・・・。

makoto-jin-reimakoto-jin-rei 2011/02/14 06:13 土曜の夜、やっていたんだね。
昔は雪が降ると臨休だった。
閉店間際はお湯が濁ってしまうので、
つけ麺あつもりは、出来ないんだよねぇ。

路駐、ひどいだろ。
私の代わりにキレちゃくれないか。(笑)

中年助手さんの「悪い連鎖」は、
うちの会社でもよくあるねぇ〜。

2011-01-07

新井山 梅照院 薬王寺 (新井薬師) その二 

宗派 真言宗豊山派

本尊 薬師如来・如意輪観音(二仏一体)

165-0026 中野区新井5-3-5

公式サイト http://www.araiyakushi.or.jp/





新井薬師 → その一




昨日の夕方頃から、

右目の内側がゴロゴロと痛んでおり、

真っ赤に充血が続いています。

いつもの通り周囲に眼科医診察をすすめられるも、

基本は初診で「なんでこんなになるまで・・・。」

と、いわれなければ満足出来ない

私の"医者嫌い"はそう簡単に変えられません。



しかし眼病の話をして、

この近くの新井薬師が「目の薬師」として、

古来より篤く信仰されていることを思い出しました。

私はたとえ現世利益信仰の薬師如来とはいえ、

自らの病気平癒のお願いをするつもりはありませんが、

この眼の痛さも、おそらく仏様のお導きか・・・。

少しだけ寄り道をしてみました。

【御府内第七十一番】で伺って以来、約六年前ぶりの参拝です。 



新井薬師門前  新井薬師境内




さてこの新井薬師のご本尊

薬師如来と如意輪観音の表裏一体の黄金仏。

大きさはたった一寸八分(約5.5cm)しかありません。

これもまたどこぞの弘法大師空海作と言われておりまして、

新田家代々の念持仏であったとか。

戦乱のさなかに、新田家から消えてしまったこの御尊像、

その後、相模国の行春さんという僧が この地で草庵を結び、

天正十四年(1586)その庭の梅の木の穴から光が出て、

このご尊像が再発見されたんだとか。

そしてこの「梅照院」となったそうです。

さらに後の世の徳川二代将軍・秀忠の第五子、

東福門院和子さんが悪質な眼病を祈願して快癒したことから、

「目の薬師」と呼ばれおり、

または第五世の玄鏡さんが、

元和三年(1617)に薬師如来の啓示によって、

とても優れた小児薬を調合したそうで、

「子育て薬師」とも呼ばれています。




お前立本尊  めめ絵馬





堂内を仰ぎ見ると、寅年のみのご開帳の、

秘仏のご本尊の前に、お前立本尊のお姿がみえました。

賽銭箱上には、眼病平癒を願う、

この「めめ絵馬」が高く積まれていました。




夕方なんだか、眼の痛みが軽減したような・・・。(゚ー゚ヾ)




にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← 二つのブログランキングに参加致しております。

人気ブログランキングへ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。

2008-02-06

アクセス解析 その四




アクセス解析 → その一その二その三

→ 「アクセス解析」関連の記事




元より利用していた「BlogPet」のみならず、

最近「はてなダイアリー有料オプション」にも、

申し込んだものですから、

この二つのツールを駆使すると、

かなり正確なアクセスの解析が出来ます。




この一週間、どういう訳だか、

毎日、訪問者数が「桁」違いに近く伸びています。




いったい、どこから来たものかと、

「リンク元」を見ても、

特に顕著なものが見当たりません・・・。




「検索」の「語句」や「単語」から推察すると、

どうやら「御府内八十八ヶ所」関連によるものであると思われます。




なんらかの「マスメディア」で、

御府内八十八ヶ所」が、

取り上げられたことに依るものなのでしょうか。




ご存知の方がいらっしゃったら教えて下さい。




にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← 二つのランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ ← 応援クリックをお願いします。

ちゃとちゃと 2008/02/12 17:08 2月2日放送のアド街「門前仲町」の回で、68番永代寺が紹介され、その中で御府内八十八箇所にも触れていました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/080202/07.html
あの番組の特性上、さらっと紹介されただけなので、どの程度影響があったか分かりませんが、ご参考まで。

makoto-jin-reimakoto-jin-rei 2008/02/12 23:28 ちゃと様、コメントありがとうございます。
「アド街」ですか。なるほど・・・。
時期も、その影響も、ばっちり一致しています。
ありがとうございました。