野村誠の作曲日記

2017-01-13 オペラ双葉山

本日は、JACSHA(日本相撲聞芸術作曲家協議会)のメンバーらと、両国国技館で大相撲を鑑賞。

夜は、元力士で高砂部屋マネージャーの一ノ矢(松田哲博)さん、高砂部屋の呼出しの邦夫さんを交えての新年会。「オペラ双葉山」の可能性などについても語り合う。

友人から借りている奥泉光小説シューマンの指」を読了。シューマンの音楽を鑑賞する副読本としても、小説としても楽しめる。シューマンの音楽を演奏を通してではなく文学表現してくれている。

夜、知人宅にて、美術家の友人らと深夜まで語り合う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/makotonomura/20170113