野村誠の作曲日記

2019-01-08 多国籍ワールドミュージック初心者オーケストラ

4月の香港でのクリエーションと6月29日の豊中での舞台「香港組曲仮称)」公演に向けてのインタネット会議の打ち合わせ。豊中市文化芸術センターの柿塚さん、砂連尾さん、佐久間さんと。昨年の3ヶ月の香港滞在を、舞台作品化する試み。

続いて、十和田市現代美術館の里村さん、鳴海さんと3月の「アートな旅」企画の打ち合わせ。十和田のピアノを巡る旅になる予定。

庄内の大阪音大に出かけて、豊中市、日本センチュリー交響楽団との「世界のしょうない音楽ワークショップ」。本日は、センチュリー響の楽団員のワークショップ。ここで、ベンジャミン・ブリテンを題材にセンチュリー響のメンバーが考えたワークショップにより、不思議メロディーもたくさん生まれる。後半は、それを受け継ぎ、野村が進行。本日つくったメロディーを少し練り上げて、曲調の確認。前回つくった歌の歌詞の続きを考え、最後は、前回の各楽器の特徴的な即興演奏のメドレーを練習。インドのシタール、インドネシアのガムラン、日本の箏、三味線尺八ヨーロッパヴァイオリンヴィオラチェロ古楽器のヴィオラダガンバ。本当に素晴らしい多国籍ワールドミュージック初心者オーケストラです。次回のワークショップ1月24日には、皆さんのアイディアベース新曲を書いてまいります。お楽しみに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/makotonomura/20190108