Hatena::ブログ(Diary)

MSN

2007-10-05

ブロック2

KC「吉岡正晴さんをゲストにお迎えしております《月曜日 THE UNIVERSE》、番組はじまってずいぶん時間が経つんですけど、1曲目、DAVID T.WALKERで、「WHAT'S GOING ON」でした」

吉「これはもう、マーヴィン・ゲイの曲なんですが、そのローランド・バイナムのオープニングテーマであり、エンディングテーマだったんですよ」

KC「いいですね〜」

吉「で、FENには、ソウルショーが2つあった、と。ひとつがこの、ローランド・バイナムの番組で、どっちかっていうと知的で、大人っぽい話し方をするんですよ」

KC「ハイ」

吉「もうひとつのドン・トレイシーショーの方は、10代20代を相手にしたような、シングルヒットを中心にした、R&Bのトップ40もののイケイケな感じで。ディスコっぽい曲もかかったりしてたんですよ」

KC「へ〜。どちらに影響受けました?まぁ、どちらもなんでしょうけども」

吉「うーん、どっちも極端にスタイルが違ったからね。両方好きだった。ドン・トレイシーの方とは、後年、個人的に知り合いになって……」

KC「そこは吉岡さんのすごいとこだよな〜」

吉「彼の家に招かれたりだとか、いいお付き合いをさせて頂いてるんですよ。で、彼と知り合ったの1980年ごろだった思うんですけど、彼が何かのようで来日したときに、インタビューすることになって、インタビューしたら意気投合して、当事Eメールとかないんで、住所と電話番号交換して……80年じゃそれこそファックスもなくて。手紙のやりとりでしたね。で、ぼくの方から電話したりだとか、家に遊びに行ったりだとかして、個人的に親しくなったんですが。で、そのドン・トレイシーショーの方は、番組のテーマ曲がないんですよ。いきなり1曲目から大体アップテンポな曲でガーンとはじまって……これはその当事、すごい斬新だったんですよ」

KC「それもまたひとつのスタイルですよね」

吉「そうそう。で、ドン・トレイシーに『なんであなたの番組にはオープニングテーマ曲ないんだ?』って聞いたんですよ。したら、『いや、今はこういう方が新しいんだ』って言うんですよ。テーマ無しの方が、かっこいいものなんだって説明するんだよ」

KC「それがまた、吉岡さんには目からウロコだった?」

吉「でしたね」

KC「それ以来ワンデイアキュビュー使ってらっしゃるという……」

吉「使ってないよ!」

KC「トレードマーク、メガネですもんね。フフフフフフ」

吉「でね、そう言われて聴いてみると、たしかウルフマンジャックにたしかテーマがあったんじゃなかったかな……」

KC「まぁ、ロック系の、何かあったんじゃないですか……? ぼくはわかんないなぁ……」

吉「たしかにね、いきなり曲からはじまる番組もいくつかあったんですよ。ぼく聴いていた70年代中ごろは、日本の番組はぜんぶ、AMもFMも、必ずテーマ曲があって……」

KC「必ずフュージョン系のインストなんですよね、ああいうのって。スタッフとかアジムスとか」

吉「そうそうそうそう。で、『みなさんこんにちは』とか『こんばんは』かなんかではじまって、それから1曲目がかかる……みたいな」

KC「イージーリスニング的な聴き方が多かったってことでしょうかね?」

吉「うーん、でも、番組に前テーマ後テーマがあるっていうのは当たり前だったから……歴史なんじゃない?」

KC「そういえば、この番組にも……」

吉「前テーマはありますよね」

KC「ありますね」

吉「後テーマはないですよね」

KC「ないです。《おやすみユニバース》です!」

KC「吉岡さんは、この番組毎週お聴きになってるんですよね?」

吉「聴いてますよ、リアルタイムで」

KC「『今週こうだったよね〜』とかお電話・メールを頂くんですけども、平均して月に3,4回お会いするんで、『こないだのあれ、なんなの?』みたいなお話されますけど」

吉「先週で言うと、ぼくは5050503050と。っていう話ですよね。フフフフフフフフ」

KC「フフフフフフ。年齢の話ですけども。」

吉「反動がついたっていう……」

KC「で、吉岡さんは、数限りないインタビューをされてきたわけですよ。さっきの話でいうと、ラジオDJとか、他にはジャーナリストの方にもたくさん……ぼくはほら、97,8年くらいにデビット・リッツと吉岡さんに紹介して頂いたじゃないですか」

吉「そうだっけ?」

KC「ジャネットが来日したとき、『ローリングストーン』の同行取材で。J-WAVEで土曜日の午後に片寄くんの番組に、ぼくがゲストで行ってたんですよ。」

吉「あ、そうだ、そこにデビットを連れて行ったんだっけ」

KC「ジャネットと一緒にデビットが来て。ぼくはそのー、ジャネットにはその前に会ってて自宅とかも行ったことあるんだけども、それより、デビット・リッツに興奮してたんですよ……!」

吉「ほぉ〜。そうなんだ。やっぱ松尾さん、ちょっとひねくれてるよ。フフフフフ」

KC「そしたら!片寄明人くんも『デビット・リッツですかっ!』って言うのよ。彼、マニアだから」

吉「えっ?!そうなんだ……」

KC「で、ぼくに、『あれってデビット・リッツですよね……あんな見てくれがパンクな人だとは思わなかった!』ってショック受けてましたけども」

吉「へぇ〜」

KC「まぁ、それはいいとして、吉岡さんは多岐にわたるインタビュー経験がお有りだけど、数でいうと、ざっと何人くらいなんですか?」

吉「うーん、正式なものでいえば、300〜400ぐらいのもんですよ」

KC「おっ、何かデータがあるんですか?何か取り出しましたけども」

吉「フフフフフフ。そう、79年くらいから92,3年くらいまでにインタビューしたもの、大体カセットテープに録るでしょ?それをコピーして……」

KC「あっ、カセットのインデックスをコピーしたものですか!」

吉「そう、(ペラペラめくりながら)こんなのをとっといて……これが大体2,300くらいかな?」

KC「(ペラペラめくりながら)これは……」

吉「何でも言ってください、覚えてないのもあるけど。フフフフフフ」

KC「ちょっとこれ、すごいですよ。宝の山だなぁ」

吉「今、要は、ぼくがインタビューしたカセットテープの背の部分だけをコピーした一覧表をお見せしてるんですが……」

KC「パッと見開いたところで、88年、もうニュージャックスイングの流れのとことか……」

吉「そのころは松尾さんはデビューしてますよね?」

KC「この年にデビューしたですよ。そういう意味で88年のところを開いたんですけども……エヴァン・ロジャース、カール・スターゼン」

吉「イワン・ロジャースね。プロデューサーの」

KC「今リアーナのプロデュースとかをやってますよね」

吉「この人たちは……キャリン・ホワイトも?かな??」

KC「やってましたよね」

吉「そのころ、白人2人組で」

KC「イアンはRCからアルバム出してますよね」

吉「そうですね」

KC「〜シャンペンキング」

吉「それ、ニューヨークでインタビューしたんだよね〜」

KC「あと、テディ・ライリー+ジーン・グリフィン。88年7月25日」

吉「それたぶん初めてじゃないかな」

KC「これ、すごいですね〜」

吉「テディ・ライリーは、その、ニュージャックスイングが出てきたときですよ」

KC「88年の7月25日ってのは、もう、チャート上、ガイのファーストアルバムと、ボビー・ブラウンの『ドンビークルーエル』と……」

吉「キース・スウェットも出てたよね?」

KC「キース・スウェットは87年くらいですけども……」

吉「あ、そっか」

KC「でも、まぁ、そのころですよね。それと、あと、ロバート・クレイ……」

吉「ロバート・グレイ、ブルースですね」

KC「ブレンダ・ラッセル」

吉「ブレンダ・ラッセルは日本でインタビューしましたね」

KC「ジャジーデファンドシュプレッサ……これがあんな今、盟友になるなんて思いもしなかったですよね。フフフフフフ」

吉「フフフフフ。そうね、ジャジージェフ&フレッシュ・プリンスは、今でいう、ウィル・スミスですよ!もう会えないですよ!」

KC「まぁ、別のルートで会うことになるでしょうね」

吉「今や映画スターですからねぇ」

KC「おっ、これすごいな。88年10月のカセットテープ……A面にフレディ・ジャクソンの10月6日のインタビュー、B面には8日後の10月14日は、ナタリー・コールの電話インタビューが入ってますよ!これ、別のテープに入れましょうよ!どんだけ地球に優しいんですか!」

吉「フフフフフ。カセットテープが今ほど安くなかったからね。しかも、これ、いちばんいいカセットですよ。クロームテープっていうんだっけ?マクセルのエクセル???

KC「10月11日、ホール&オーツ。これがA面で、翌日、B面にテンプテーションズって……す、すごい!」

吉「フフフフフ」

KC「これはもう、六本木の『ジョージ』じゃないですか!」

吉「まるでね」

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/makoyu/20071005/p1
佐藤友哉・鏡家サーガデータ集(→作品人物年表
 『フリッカー式』ノベルス/文庫比較+元ネタ集前文・第一章
123)・第二章(12)・第三章(12)・第四章(123)・第五章(12)・第六章(12)・終章(12
松尾潔「THE UNIVERSE 月曜日」対談回→黒沢薫()・吉岡正晴(未校正)(122(続)3455(続)6)・久保田利伸(起こし中)(12345678
水曜WANTED!註釈→28363845
全日本プロレス王者変遷(2000年6月以降)三冠世界タッグアジアタッグ世界ジュニアチャンカー最強タッグジュニアリーグジュニアタッグリーグ・三冠王者決定戦(20002003)・世界タッグ王者決定戦(2003)・アジアタッグ王者決定戦(200320052009)・台湾カップワンデーT