Hatena::ブログ(Diary)

最速転職研究会

2012-06-02

「Facebookで自分の名前と写真を広告に使えないようにする方法」について

01:19 | 「Facebookで自分の名前と写真を広告に使えないようにする方法」についてを含むブックマーク

表題の件について、ソース不明の噂話や、意味を理解しないままリスクを誇張して拡散される様子を数日前から見ることができる。放っといて収まるかと思っていたらnanapiが大拡散していた。記事を書いているのはnanapiの社長であるkensuuである。時給800円のバイトかと思ったらkensuuである。

http://nanapi.jp/37983/

この件についての見解をいくつかTwitterに書いた。

まあ、全くのノーリスクというわけでも無いだろう。

正確に言えば「この設定が意味を持つような不適切な実装をしてはならない」

「表示」するだけならば、広告主や、他の広告ネットワークに対して、あなたのプロフィール画像や表示名に対してアクセスを許可する必要がない。facebook.comのiframeを使って直接Facebookから表示するだけだ。この意味がわからなかったらウェブ系の仕事に関わっているプログラマの人に聞いてみましょう。そのプログラマの人が、自分の言わんとしていることを分からなかったら、無知で無能なクズですので、そのような人間に仕事を与えてはいけません。不適切な実装をし、バグを産み、ユーザーの個人情報を漏洩させる危険因子です。経営者の人は、そのような人間の年収を500万円下げましょう、年収が500万円以下なら負債を負わせると良いでしょう。

Q. Facebookが外部サイト上に広告を出すかどうか

ずっと前からそういう噂はある。開始時期がいつなのかってのは具体的な話は出てないはず。利用規約、データ利用ポリシーの中で触れてるので、改定のタイミングで噂になってるのだろう。

外部サイト上の広告に写真とプロフィール使っていいかの設定は、ずっと前からある。新たにできてると思ってる奴は、Facebookの設定を網羅的に見たことがないのだろう。いつの間にかできている、と言ってる人もろくに見てない。この設定はかなり前からある。

少なくとも2011年8月以前から存在している。ソーシャルメディアコンサルタント的な仕事をしている人がこの設定の存在について今まで知らなかったのだとしたら、その人間は無知で無能なクズですので、そのような人間に仕事を与えてはいけません、今すぐ縁を切りましょう。

http://twigstechtips.blogspot.com/2011/07/facebook-ignoring-privacy-settings-for.html

Q. FacebookAdsense的なサービスを始めるとした場合の懸念は何か?

パターンA: Facebook自身が、facebook.comドメインを使って広告ネットワークを展開するケース

個人特定できる状態で外部履歴を使うことにならないか、という点。これについては、広告目的のプロフィール生成に外部履歴使わないということがFAQに書かれてる。匿名の履歴を広告品質全般の改善に使う可能性があるとも書かれている。これは今までと同じで変わらない。

何が問題になるかというと、今までは「Facebook内に配信される広告」はユーザープロフィールを元に配信された広告だということを知っていればよかった。広告をクリックした時にユーザー属性が広告主に伝わる可能性がある、と、Facebook内に関してのみ注意を払っていればよかった。外部サイト上でもSNSのプロフィールを使ったターゲット設定がされた広告が配信される、のであれば「これはFacebookの属性情報使った広告ですよ」と明示しないといけないだろう。「どのような条件で出されている広告なのか」がユーザーから認識出来なければ、広告をクリックした際に、訪問先のサイトにどういった属性情報が伝わるのかが分からなくなってしまう。

パターンB: 外部の広告ネットワークと提携するケース

次に、第三者の広告ネットワークに対して、likeボタンの設置、興味を持っている友人の一覧を許可する場合。これはiframe使って第三者にユーザー情報渡さなくても出来る。ただし「Facebookが」ユーザーに対してどんな広告が配信されたのかを知りうる状況になる。likeボタンを使ったトラッキングしませんというルールが守られると信じるのであれば影響はないというか今までと大差がない。

さて、いずれにせよ「友人に対して配信される広告に自分のアイコンを使っていいのかという許可・拒否設定」は、気分の問題でしかない。それ以上の意味をもたらしてはいけない。不用意にスクリーンキャプチャを撮られて自分のアイコンが露出する可能性が上がるぐらいしかリスクが浮かばない。

Googleに外部サイト及びAdsenseに対して+1ボタンと友人を表示するのかどうかの設定(https://plus.google.com/+1/personalization/ )があるのは、DoubleClick cookieと、Googlecookieを限定的とはいえ、連携するための設定だからだ。Adsenseを表示する際に、同時にgoogle.comのcookieを使ったコンテンツをロードすることになるからだ。

一見似ているけども、意味合いもリスクも違う。Facebookがユーザーを騙しているというつもりはないが、これは「ユーザーに対して自分の情報の公開範囲がきちんとコントロールできるかのような錯覚」を与えてしまう分、タチが悪い。

プライバシーを気にする人にとって本当に大事なことは「自分の属性情報を使ってターゲット設定された広告を拒否する設定があるか」であるのに、Facebookには、その設定が存在してなくて、自分のプロフィール画像を使って良いかの設定だけは以前からある。この設定はユーザープライバシーが漏洩する確率にほとんど影響しない。意味が無い。大した意味が無い設定があたかも何か重大な意味があるかのように騒がれてしまっている。

過去の事例

3月17日、毎日新聞掲載の記事。記事の掲載期限切れてるようなので丸ごと引用してるtumblrにリンクはる。

http://rapeandhoney.tumblr.com/post/19506965062

"グーグルフェイスブックも、自分の情報の公開範囲や、広告などへの利用を止める設定ができる。"

この記事に対する自分の言及。ツッコミどころは他にもあるのだが、とりあえずFacebookの設定に関する箇所だけ取り上げる。

自己の情報の公開範囲をコントロールできますよ、というのは、広告のターゲティングに使われても構わない情報のコントロールが出来ますよ、とイコールではない。同列に並べるのは間違いだ。

まとめ

  • 「広告に対してユーザーデータを使用して構わないか」という設定は、通常はこういうものではない。
  • ユーザーに対してこの設定を選ばせる意味は殆ど無いし、意味が生じてしまうような(ユーザーデータが直接的に広告主や第三者に伝わってしまうような) 不適切な実装がされてはいけない。
  • この設定をオフにすることで何が起きるかというと、ユーザーにとってのプライバシーリスクは、ほぼ全く変わらずに、単に広告のクリック率が下がるだけだ。

俺は本当にウンザリしているし、この件、このデマ、及び、意味を理解しないまま解釈をねじ曲げて拡散した人々を、心の底から馬鹿にしている、軽蔑している。iframeでどうとか、same origin policyがどうとか、そんなことは世間一般大多数の人間は知らなくていい。技術的なことを理解しているかどうかと無関係に、まともに日本語を読む能力が欠如している、悪意を持った歪んだ解釈をする、ソースを確認しないで拡散する。意味も理解しないまま、とりあえず設定をオフにしてみる。そのような人間の存在は、真にユーザーのプライバシーを守りたいと考えているユーザーや、事業者にとって脅威である。

本来必要であるのは「自分の属性情報を使ってターゲット設定された広告を拒否する設定があるか」だが、俺がFacebook中の人だったらそんな設定を作りたくない。単に広告に使われて困るプロフィール情報は入力するなと言うだろう。「拒否する設定」を作ってしまうと、ちょっとデマを拡散されただけで「どの程度リスクがあるのか正確に判断できない人々」によって業績に深刻な影響をおよぼすことになるからだ。ユーザーの平均知能が低いままであれば本当に必要な選択肢が与えられないだろう。

最後にバカ発見器として機能している、この記事のブックマーク一覧に自分の知り合いの名前がなくて、本当によかった。大変喜ばしいことだ。本当によかった。id:kiyoheroとは縁を切ろうと思います。

http://b.hatena.ne.jp/entry?mode=more&url=http%3A%2F%2Fnanapi.jp%2F37983%2F