Hatena::ブログ(Diary)

que sera, sera

2011-05-12

2011年期待作発売日一覧

| 01:43

期待作が色々出てきたので整理のため。

5月26日 トトリのアトリエ〜アーランドの錬金術師2〜(PS3)

      パンドラの塔 君のもとへ帰るまで(Wii)

6月16日 シュタインズ・ゲート比翼恋理のダーリン(Xbox360)

6月23日 シュタインズ・ゲート(PSP)

      メルルのアトリエ〜アーランドの錬金術師3〜(PS3)

7月21日 ノーモア★ヒーローズ レッドゾーンエディション(PS3)

7月28日 デビルサバイバー2(NDS)

2011年夏 ファイナルファンタジー零式(PSP)

      フォトカノ(PSP)

9月1日  グランナイツヒストリー(PSP)

9月22日  To Heart2(PS3)

9月 DARK SOULS(PS3)

2011年秋 NEWラブプラス(N3DS)

      セブンスドラゴン2020(PSP)

      俺の屍を越えてゆけ(PS3)

2011年10月 アーマードコアV(PS3Xbox360) 

発売日未定

 エースコンバット・アサルトホライゾン(PS3Xbox360)

 デビルサバイバーオーバークロック(N3DS)

 戦律のストラタス(PSP)

 テイルズオブエクシリア(PS3)

 人喰いの大鷲トリコ(PS3)

……新作を購入するか、the bestまで待つかは兎も角、ロロナとトトリ、あとDemons soulは予習をしとこう。

2011-05-05

最後の約束の物語

| 23:17

●王国滅亡の一日を描いた物語。

●テーマがキャッチーで、難易度が高いと聞き、トドメに特典のブックレットに釣られて購入。

●ストーリーやキャラクターは好みでした。王国を取り囲む鋼機兵の大群。地平の彼方まで広がる軍勢に対して抗う術はなく、主人公達メサイア騎士団は国民を救うため転移魔導陣の起動を決意する。失われる命に涙しながら、それでも民を守護する象徴として毅然と振舞い戦い続ける。熱い展開が好きな方にはお勧め。え、設定が未消化?最後の一日なのに丁寧に説明する時間なんてないのです。

●約束の相手はもちろんシェリ……マラルメさんでした。しかし特典やムービーにあるような魔導陣発動時の主人公との艶姿がないのは非常に遺憾である。他のキャラクターにもないんだったら詐欺だ!あれですか、大人しく設定資料集の発売を待てということですか。

●難易度はそこまで難しくはなかった。イーリアの秘法(SP全損により発動する最終奥義≒メガンテ、ただし蘇生不可)を使わずともSP消費技が十分強く、SP自体も戦闘不能とラスボス戦以外減る機会がないので、ボス戦でバンバン使えばサクサク進む。ブレスVには届かなかった。

●システム周りに不備あり。誤字やフリーズがそれで、フリーズ自体は自身はクリアまでに2度発生しただけだが、ラストダンジョンセーブポイントラスボス戦までないので全滅よりもフリーズの恐怖に冷や冷やしながら進んだ。

2011-02-08

楽園防衛隊

| 23:46

蒼穹のファフナー DVD-BOX【初回限定生産版】

蒼穹のファフナー DVD-BOX【初回限定生産版】

●劇場版ガンダムでラストの刹那を見たときはギャグにしか見えなかったが、自身は全く変わろうとしないのに異星人には(自身に都合の良い)変化を強要するそのエゴはどうなんだろうと思った。本作がテレビ版の後日談に当たるため、メインキャラクターである少年少女達の人格がキラさん(殺人ノートを持たない方)並に悟った風なのもこの印象を際立たせる一因なのかもしれない。

2010-11-20

GAMEアンテナ2010〜

| 22:33

今後の(GAME方面での)予定を確認。

12月1日

 モンスターハンターポータブル3rd(PSP)

12月2日

 テイルズオブグレイセスエフ(PS3)

2011年1月20日

 ヴィーナス&ブレイブス(PSP)

2011年1月27日

 戦場のヴァルキュリア3(PSP)

 つくものがたり(PSP)

 アマガミ(PSP)

2011年2月17日

 キャサリン(PS3)

2011年2月24日

 アイドルマスター2(Xbox360)

発売日未定

ドリームクラブZERO(Xbox360)

 ディシディアデュオデシムファイナルファンタジー(PSP)

 ぺルソナ2罪(PSP)

 人食いの大鷲トリコ(PSP)

今年もそうだったけど、年末からラッシュが続きますね。

娯楽が充実するのは結構だが、そろそろ動かんとズルズル死んでいきそうだ。

2010-11-07

シンジテミル?

| 00:28

インシテミル (文春文庫)

インシテミル (文春文庫)

ライトノベルを実写でやってみたbyホリプロ

分かっていたけどやっぱり酷かった。

無垢で清楚な雰囲気が逆に胡散臭い女性にトラップとしか思えない超高額バイトを紹介され、ホイホイ応募した主人公が殺人実験に強制参加させられてギャフンと言わされる話。テーマは「信じる」。でも最後は騙した人間と騙された人間が一緒に帰途に着く。駄目じゃん。

責任の所在が原作にあるのか脚本にあるのかは知らないけど、この程度ならテレビ特番で十分だろう。

分かっていたならどうして観たと問われると、それはほら、身体に流れる厨二の血が疼いたと言いますか……。

●エンディングで流れるMay’nの歌を聴くために1,800円払いました。……CD買えるじゃないか!

地球を爆破した主人公、宇宙を救う

| 00:09

スターオーシャン4 インターナショナル - PS3

スターオーシャン4 インターナショナル - PS3

●3で強制終了されたスペースオペラの前日譚。

 始まりの物語。でも割とクライマックス。劇場版00と微妙なリンクを感じるのはどっちが模倣したかとかではなく単に使い古されたモチーフなんでしょう。