Hatena::ブログ(Diary)

まりおんのらんだむと〜く+ RSSフィード Twitter

◆最近の記事一覧→こちら ◆おすすめ記事→2007 2006 ◆りんくす→こちら ■TOME@wiki

2005-09-28

昨日は

眠くてご飯も食べずに寝てしまいました…

はてな勉強中

記述方式とかヘルプを読んでます。

リンクを張る方法がまだよく分からない…

バラザールパック(HQ版グリフィン・マウンテン)

ファイルを見ていたら、以前書きかけた(見出しのみ)ものを発見。

これも、面白そうだなぁ。


グリフィン・マウンテン

■バラザールとはどのような所なのか?

○歴史

○諸勢力

  • ヴォタンク人
  • 外来人
  • 古の種族

○抗争

■英雄戦争の到来

■興味深い場所

ブリーフィング

○ヴォタンク人

[ステレオタイプ]

[バラザール人と犬]

◎ルール:動物の知性

○サーター人

[ステレオタイプ]

○ルナー人

[ステレオタイプ]

■キャラクターの創造

◎キャラクター作成のヒント

○ヴォタンク人

−文化キーワード

肉体系技能:〈持久力〉、〈隠密移動〉。

精神系技能:〈バラザールの地理〉、〈バラザールの習慣〉、〈バラザールの神話〉、〈荒野での生存〉、〈(皮革,石材,骨材,木工)製作(一つを選択)〉、〈精霊戦闘〉。

人間関係:炉辺、(出身の)氏族、部族。

魔法:バラザール人は祈祷師を通じて精霊と接触します。主に職業によってどの精霊と接触するのかが決定されます。

−職業キーワード

−魔術キーワード

“イェルマリオ”サルカントゥス Thalkantus Yelmalio

肉体系技能:なし。

精神系技能:〈サルカントゥスの掟知識〉。

入信条件:

掟の精霊:光の精霊、槍の精霊、

光の精霊

一般的な強度:

槍の精霊

一般的な強度:


◎ルール:「過てる信仰」 Misapplied Worship

バラザール Balazar

[英雄バラザールの伝説]

ヴォタンク Votank

捨子 Found Child

友なる犬 Brother Dog

炉辺の母 Hearth Mother

精霊

  • 自然精霊

 炎の精

 溶岩の精

 薬草の精

 夜の精

 北風の精

 雨の精

 岩石の精

 土の精

 木々の精

 泉の精

◎ルール:技能精霊とは? What is Skill Spirit?

○オーランス

アーキタイプ

サーターの冒険者たち

◎神儀の使い方のヒント

●“冒険者”オーランスの戦士

●エルマルの戦士

●フマクトの戦士

●ウロックスの戦士

●バービスター・ゴアの女戦士

●ヴィンガの女戦士

●オデイラの狩人

●ランカー・マイの法官

●イサリーズの商人

●チャラーナ・アローイの癒し手

●雷鳴轟くオーランスの祭祀

●ヤーナファル・ターニルズの歩兵

●イリピー・オントールの学者

●ジャーカリールの宣教師

●ディーゾーラの宣教師

●ルフェルザの宣教師

■三つの砦

エルコイ Elkoi

ディケーネ Dykene

トルリス Trulis

■遭遇

アロサウルス Allosauri

バブーン Baboons

バラザール人の狩人 Balazaring Hunters

熊 Bears

[熊の神霊]

大魚 Big Fish

ド・カラル(ジャガベア) Do-Karal

◎ルール:混沌の諸相

ブルー Broo

◎ルール:病気の感染

  • セッド、強姦の精霊 Thed, Spirit of Rape
  • マリア、病の母 Malia, Mother of Diseases

砦の戦士 Citadel Warriors

クロコダイル Crocodiles

ドラゴニュート Dragonewt

◎ルール:ドラゴン魔術

ドワーフ Dwarves

エラスモサウルス Elasmosauri

エルフ Elves

巨人 Giants

鷹 Hawks

家畜 Herd Beasts

ルナー・パトロール Lunar Patrol

ニュートリング Newtlings

オーランス人 Orlanthi

サッカール Sakkar

サッキュバス Succubus

トロウル Trolls

ウォクタパス Walktapus

水蛇 Water Wyrm

狼 Wolves

●著名な人物

■嵐の砕き手スターニャ Starnia the Storm Render

◎ルール:従者 Follower

ブルーバード Bluebird

■鋭き眼のグラニィ Grany Keeneye

  • 邪鬼 Cacodemon

■蒼顔 Blueface

ハルシオン・ヴァル・エンコース

■ジョー・ミス Jhoe Mith

■“真の巨人”ゴン・オルタ Gonn Orta, the True Giant

生息時代:大暗黒時代、歴史時代

生息地:ゴン・オルタはプラックス(大荒野)とバラザール(ペローリア)の間に広がる西岩の森山脈に居を構えている。

重要なアビリティ:

肉体系技能:近接戦闘 8W2、射撃戦闘 18、巨体 5W5、大声 2W2、怪力 18W4、タフ 15W3。

精神系技能:商取引 15W、イサリーズへの帰依 2W2、宝物鑑定 2W2、歴史 18W、巨人の工芸品知識 8W2、モスタリ文化の知識 18W、旅達者 10W2。

性格:瞑想的 15W2、つむじまがり 5W2、好奇心旺盛 15、モスタリへの不信 18、魔法の品を求める 5W2。

関係:同盟者 12(ドリンギ)、部下 15W(バシュビシル、ヘン・シク、サ・ミタ)。

アフィニティ:【意志疎通 12W2】、【商人 5W2】、【旅 5W3】

戦闘:ゴン・オルタはここ数世紀のあいだ戦ったことがないが、必要に迫られればそうするだろう。彼の〈近接戦闘〉のアビリティは、同じような大きさのものにのみ意味を持つ。ほとんどのものに対して、彼は単に〈巨体〉のアビリティを使って踏みつぶしを行う。

◎ルール:サイズ比較

 多くの生物は人間との明らかな大きさの違いを反映して「巨体」(Large)や「小型」(Small)のアビリティを持っています。これらのアビリティは種族キーワードに含まれる以外にヒーロー達が所有することは不適切でしょう。種族キーワードでこのアビリティを持つものでさえ、永続的な魔法による以外にこれを変えることはできません。人間やウズは、ヒーローポイントを消費するだけで、巨人の大きさになることはできないということです。ヒーローは「体格の良い」(Bulky)、「スレンダー」(Slender)、「長身」(Tall)といったアビリティを持つかもしれませんが、魔法によらなければ、それは種族の限界のうちにとどまります。

 相対的な大きさを表すのに加え、生物はこれらのアビリティを様々な判定で用いることができます。たとえば、〈巨体 1W〉以上を持つ生物は、倒れた生物に対して〈巨体〉の目標値から20(以上)低い値を使って「踏みつけ」を行うことができます。生物はその〈巨体〉を使って判定を行います。

 人間は〈巨体〉でも〈小型〉でもありませんが、判定に際しては目標値6(通常最低のアビリティ・レーティング)を持つものと考えます。従って、人間を「踏みつけ」ようとするには少なくとも〈巨体 6W〉が必要です。

 ゴン・オルタは歳経り、広く知られている真の巨人だ。

■シナリオ

フィルシャーラの獄

巨人の城

金輪の踊り手

ゴンドー・ホルストの隊商