Hatena::ブログ(Diary)

まりおんのらんだむと〜く+ RSSフィード Twitter

◆最近の記事一覧→こちら ◆おすすめ記事→2007 2006 ◆りんくす→こちら ■TOME@wiki

2006-08-26

「狼と香辛料」参考文献


作者さんのブログに載っていました。


せっかくなので、Amazon へのリンクをはってみます。


金と香辛料―中世における実業家の誕生

金と香辛料―中世における実業家の誕生

↑『狼と香辛料』を書こうと思ったきっかけの本。中世の商人の活動のほとんどの分野が書かれてます。そのかわり、時代や地域は結構ばらばら。


北の十字軍 (講談社選書メチエ)

北の十字軍 (講談社選書メチエ)

↑『金と香辛料』を手に取るきっかけとなった本。北方への十字軍についての本。面白いですよ。


ドイツ中世後期の世界―ドイツ騎士修道会史の研究

ドイツ中世後期の世界―ドイツ騎士修道会史の研究

ドイツ騎士団の話とか載ってます。阿部謹也先生の本はこの分野でダントツに読みやすいです。全集が最近出ていますのでそちらを見るのが良いかもしれません。


中世の星の下で (ちくま文庫)

中世の星の下で (ちくま文庫)

↑中世の雰囲気がすごいわかる本。夫婦で蚤を潰しあってる描写とか!もう!


中世ヨーロッパの生活 (文庫クセジュ (590))

中世ヨーロッパの生活 (文庫クセジュ (590))


↑これもネタにして本書きたいです。


↑三回読みました。16世紀ルネッサンス前については、修道院に残された資料から当時の社会状況なんかを論じている論文が多いのですが(その辺の資料を読んでいるとわかります。サン・ドニ修道院とかよく見ます)、その際の注意点とかを改めて挙げていて、この本だけでももちろん内容がぎっしりなのですが、他の本を読むときにも役立ちます。


中世都市と暴力

中世都市と暴力

↑すごい時代だったんだなあというのが実感できます。


神に問う―中世における秩序・正義・神判

神に問う―中世における秩序・正義・神判

中世の迷信

中世の迷信

中世ヨーロッパに見る異文化接触

中世ヨーロッパに見る異文化接触

中世ハンザ都市の研究―ドイツ中世都市の社会経済構造と商業

中世ハンザ都市の研究―ドイツ中世都市の社会経済構造と商業

詩人イエス (新教ブックス)

詩人イエス (新教ブックス)

魔女狩りと悪魔学

魔女狩りと悪魔学

↑魔女狩りについての思い込みというものが結構崩れると思います。


ペストってすごいなあと。作中ではちょっと出せません。


中世の裏社会―その虚像と実像

中世の裏社会―その虚像と実像

中世都市の女性たち

中世都市の女性たち

↑女性は抑圧されていた!!とか良くありますけど、これを読むとそんな気もしないような。むしろ立場的には結構強そうです。たくましい人はいつの時代もたくましいということでしょう。


↑テーブルマナーとか確かのってました。食べ物とかの記述も多かった気がします。ビール醸造の仕方が載ってたんだっけなあ、とうろ覚え。衣食住の調べものには良いかもしれません。


『ハンザの経済史的研究』(高村象平/筑摩書房

(※Amazon にデータなし)

キリスト教の歴史 (講談社学術文庫)

キリスト教の歴史 (講談社学術文庫)

キリスト教の歴史ものとしてはかなり名著だと思います。


どれもこれも高いよ!(汗)

図書館で探すのがよいか……

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証