Hatena::ブログ(Diary)

まりおんのらんだむと〜く+ RSSフィード Twitter

◆最近の記事一覧→こちら ◆おすすめ記事→2007 2006 ◆りんくす→こちら ■TOME@wiki

2007-07-22

「オーランスの死」とヒーロークエスト


f:id:mallion:20070722053049j:image:right:w250「オーランスの死/フィンブルウィンター」(1621年〜1622年)のあいだの、ヒーロークエストってどうなってたの? というお話が World of Glorantha ML に流れていたので紹介いたします。

「オーランスの死」のおこっている間はオーランスの魔術がつかえないので、ヒーロークエストもできないのか? という質問です。







ちょっと止まっている(もう少しお待ちください……こればっかり)「ヒーロークエスト考」の記事で書いたのですが、



ヒーロークエストを行うと、まずは神界にある「神の本拠」(God's Home)へ出ます。そこからお目当てのヒーロークエストの行われた神話時代のコピーである英雄界へ出て、ヒーロークエストをおこなうという手順を踏みます。オーランスの場合だと、「オーランスの大広間」(カルリノーラン/Karulinoran)に出て、そこから各時代の英雄界へ出ることになります。


「オーランスの大広間」は、死んだオーランス信者たちが座り、ミンリスターの鍋からながれでる尽きることなき蜂蜜酒の河から角杯ですくって飲みながら大宴会がひらかれているという、まあオーディンのヴァルハラみたいなとこです。戦士だけじゃなく農民とかもいるところが違いますが。

正面の王座には、オーランスとアーナールダが座っていて、ヒーロークエストのときにはオーランスの許可を得て英雄界に出ることになります。


Roderick Robertson 氏によれば、「オーランスの死」のあいだは、このオーランスとアーナールダがいません。そして広間は全くの空になっており、ほとんど廃墟のようで、ところどころ崩れおち、犬や悪霊、もしかすると混沌までうろついているかもしれないという状況。


広間からは「大暗黒時代」の英雄界へつづく扉しかなく、通常のヒーロークエストがおこなわれる「嵐の時代」へは出ることができません。結果として、ほとんどのヒーロークエストは実行不可能になっている、とのことです。


ロデリック氏はこれをTVにたとえて、「普通のときは『フィノヴァンの略奪』の番組とか『オーランスとアロカ』の番組とかを見れるんだけど、このときは『オーランスは死んでおり、地獄へ行く』チャンネルしか見れないんだ」と言っています。


さらに、ルナーはオーランスが何度も蘇っている(グバージ戦争、EWF)ことを知っており、ヒーロークエスターを英雄界におくって、オーランスを蘇らせる目的のヒーロークエストを妨害しようとしています。ルナーはこれにほぼ成功したと考えているのですが……


しかし、最後にロデリック氏は言っています。

「でも、それはロカマヤドンでもできなかったんだ」。

「ルーンクエスト4thで模擬戦。」



cart さんのところで、MRQ のプレイレポートがあがっています。

じつはまだプレイできていないわたくし(笑)。

TRPG SEARCH の新着エントリー情報にはてなスターが



氷川さん、すばらしいです。

その対応力にいつも脱帽してます。


これ、はてなスターに対応していないブログエントリーでもスターをつけられるってことですよね?

「究極のアフィリエイト、ニコニコ市場」






民放、オワタ\(^o^)/


とは気づきませんでした。ふむう。


ひぐらしのなく頃に」で鉈を売るというのは、もうTV局には逆立ちしても出来ないし、AdSenseでやったらむしろ怒られてしまうだろう。しかし視聴者自らがそれをやれば、もうそれはネタとして成立するのだ。


成立はするけど、買う人いるんだろうか(笑)。

「佐藤優氏の人生相談がスゴい件」


(Via 魚蹴さん)


すごいねw。インテリジェンス人生相談。北方謙三の人生相談(ソープに行け)みたいなインパクトが。

佐藤優氏の「国家の罠」は一度よんでおかねばと思ってはいるんだけど。


国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて

国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて


参考:

  • 読書法 (佐藤優氏の「情報の捌き方」のこと)

nico in hatebu



最近は流れが速すぎてついていけないような気がするので。

でも、はてブされてるのってエロ関係が多い気がする(笑)。

「コアリクイをおどろかしてみる」


D

(via 魚蹴さん)


うおおおかわいい! 

なぜかナマケモノと対峙しているのが笑った(笑)。