Hatena::ブログ(Diary)

まりおんのらんだむと〜く+ RSSフィード Twitter

◆最近の記事一覧→こちら ◆おすすめ記事→2007 2006 ◆りんくす→こちら ■TOME@wiki

2007-10-26

Folk Magic と Rune Magic


ちょっと前のエントリへのお返事になってしまいますが。



RuneQuest Players Guide to Glorantha

RuneQuest Players Guide to Glorantha


Player's Guide of Gloranthaを読むたびに気になっていたんですが、これに載っているルーン魔術って、必要なルーンに斜体でルーンキャスティングに必要な技能が何なのか明記されていませんね。


すでに記憶があいまいなんですが、PDFサプリの Runic Powers になんかありませんでしたっけ。



……。見てみましたが、のっていませんでした。

これは編集ミスかなあ。


さてさて、MRQでは、Rune Magic のほかに Player's Guide to Glorantha で Folk Magic というものが導入されています。



Vampire.S にいさまの意見では、MRQ の Rune Magic とは、HeroQuest の共通魔術(Common Magic)を移植したものではないかとのことで、それに私も同意。



それもおそらく「集中化した Common Magic」ですね。というのは、HeroQuest のルールでも、Common Magic を集中化するときには「自分にあった《石》をみつけて、それと同調する」という儀式が必要とされるからです。これを Selfrock Teaching というんですが、その石の呼び名が「エスロリアのルビー」とか、RQ3でいう「死んだ魔漿石」とおなじ名前なんです。「死んだ魔漿石への同調」(RQ3)=「Selfrock Teaching」(HQ)=「Rune Magic」(MRQ)だとおもうとなんとなく世界観的な違和感がなくなります。微妙に(いや大幅に)ルール違うんですけど。


で、Folk Magic は「集中化していない Common Magic」にあたるんだと思います。


MRQは、プロジェクトリーダーがいない状況で走っているらしくて、なんかサプリメントごとの齟齬がけっこうあって、それが意図的なのか意図的でなのかよくわからんところが困ってしまうなあ。


あと、同じ世界で同時期にルールが2ラインあると、やはりちょっと混乱しますね(笑)。

Player's Update / Traveler's Guide to Glorantha 更新


村雨さんの情報から


MRQ に、Player's Update というバージョンアップが入ったようです。


(PDF直リンクですので注意)


しかし RuneQuest のページからはリンクはられてないぞ……


対抗ロールまわりや100%を超えた技能の扱いの変更、ファンブル表あたりが変わっているようです。けっこう大きな変更ですね。

それにあわせ、Traveler's Guide to Glorantha の更新もおこなわれているようです。

対抗ロールは、確率分布的には気持ちいいものになりましたね(笑)。


同人TRPGの流通について


こちらを読んでのレス。



同人TRPGの流通販売についてはちょっと考えたことがあるのですが、ISBNJAN さえあればアマゾンで委託販売できるはずなんですよね。



海外の同人には ISBN コードのついているものも多いので、これは委託販売できるかもしれません。個人では ISBN は取得できないようですが、JAN については取得できる……んじゃないかなあ。



ただ、費用はアマゾン委託料が年間9000円+JAN 取得料がかかりますね。けっこうハードル高いかも。


あとは同人ショップの委託販売とかに頼むという手がありますが、えろえろな中にぽつんと入るとあまり売れなそう(笑)。

PDFにして配布であればですが、どうやってコピーを防ぐのかっていう問題がでてきますねえ。(いっそ無料配布とか……)


あとは、プレイスペース広島さんに頼むかですね。


トップページ


便利に使わせていただきました。

通販もできますし、現状ではここにお願いするのがベストかと思います。


決済方法は……忘れてしまいました(笑)。たしか、売れた分だけいただけるというシステムだったかと思います。


……って、ちょwwwまだ Mask of Pavis 残ってるwwww

民主党の石井一議員 公明=創価学会を追及(全編ノーカット)



16日の参院予算委員会で、民主党の石井一議員が公明党とその支持母体の創価学会への批判を展開した。石井議員は、公明党には国会議員が党本部を通じて創価学会に納める「上納金」と、国会議員から学会池田大作名誉会長への「P(プレジデント献金」があると追及。さらに党役員人事の決定過程も不透明と指摘し、「あらゆる面で不可解」と批判した。


これは凄い。

何が凄いって、解説のアナウンサーが「創価学会」という言葉を慎重に避けているところ。

3Dミク


たぴおかぱんZ(笑)。


髪の毛の動きがすごい。

3Dミクは気合いが入ったアマチュアが多いですね。