Hatena::ブログ(Diary)

まりおんのらんだむと〜く+ RSSフィード Twitter

◆最近の記事一覧→こちら ◆おすすめ記事→2007 2006 ◆りんくす→こちら ■TOME@wiki

2008-01-24

シリーラについての短文


Jeff さんにまとめてもらったので。


  • シリーラではオーランスの3つの下位カルト(冒険者、雷鳴轟く、全ての父)ははっきりしないよ。あんまり気にしないで。

  • シリーラ丘陵について……

丘陵地とちいさな農耕地と、たくさんの森林。夏は暑く、冬は寒い。自由な小農の氏族が、ルナー化された(またダラ・ハッパを真似ている)貴族たちに支配されている。貴族たちは、ジラーロの都やツバーナのことを気にしている。素晴らしい軽騎兵を生む土地だが、ほとんどの農民は徒歩(かち)で戦う。


デイサネルス?サルカントゥス? そんなことあえて言う人はいないよ。イェルマリオはイェルムの息子であり、大暗黒の時代、グバージ戦争の時代からここに寺院があったんだ。(何度も略奪され破壊されているけど) イェルマリオの信者は不屈で誇り高く、サルタンや富める貴族たちに傭兵として雇われている。


わーい、イェルマリオイェルマリオー(笑)。

ドラゴン・パスと基本的には同じと考えてよさそうですね。



鮎方さんもおっしゃるとおり、アラコリングさんを崇めてもあんまり現世利益なさそう。社会規範を定めるカルト(部族の王権をつくった人だから)なんだろうけど、部族があるのかも不明だし(笑)。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mallion/20080124/p3