Hatena::ブログ(Diary)

まりおんのらんだむと〜く+ RSSフィード Twitter

◆最近の記事一覧→こちら ◆おすすめ記事→2007 2006 ◆りんくす→こちら ■TOME@wiki

2008-02-02

アルコス


往復書簡みたくなってきました(笑)。



ところで、アルコスの人口はILH1によると93,600人です。シャーガシュの信者が68,000人というのは多すぎませんか。ひょっとしてシャーガシュは女性の入信も認めるんでしょうか。


男34,000人+女34,000人がシャーガシュ信者

残り25,000人が他の神を信仰


だとちょうどいい感じですよね。それとも68,000人の数字がおかしいのか。


たぶん女でも入信してるんじゃないですかねえ。俗信者かもしれないけど。

シャーガシュの入信条件に「男であること」ってのはなかった気がする。



……と思ったら、「Must be Male」ですよ。


としたら、アルコス外にもある程度信者がいるか、グレッグが間違えてるか(笑)でしょうね。

オーランスと同じで、たぶん男性の85%以上はシャーガシュに入信しているのではないでしょうか。


アルコス人PCと他のPCとの関係が難しいという話ですが、ルナー市民にしてどこかのルナーの連盟(league)に放り込んでしまえば何とかなるでしょう。なりませんか? 


なります。そんなときのヒーローバンドです(笑)。


問題はアルコスの神に30%、ルナーの神に35%で合計65%の時間、税はルナー市民で7分の1税、収入の10分の1をカルトにとられることですね。冒険してる暇はあるんでしょうか。問題はルナーのどこのカルトに入るかだよなぁ。


ルーンウォーズでは、このあたり「コミットメント」というオペレーションで扱われますね。

まずイェルム神殿にコミットメント2(10%)、シャーガシュにコミットメント4(20%)、ルナーの道にコミットメント2(10%)、ルナーの神にコミットメント5(25%)、合計13ポイントのコミットメントを割り当てるかたちになります。


コミットメント:2

多神教の Communal Worshipper/俗信者、精霊崇拝の Spiritist、一神教の Lay Member/平信者がこの水準の{コミットメント}を、自分の属する宗派全体に対して割り振っている。基本的に、ある共同体に「普通に属している」というのはこのあたりになる(これより低いと、「近所つきあいが悪い」などの扱いを受ける)。


この状況で、〈縁故〉の相手はキャラクターに対して、予め定められた形で緩和判定を行ってくれる。例えば、〈友人〉なら気が付いた範囲で失敗のフォローをしてくれるし、共同体はその業務に基づいて便宜を図ってくれる(神殿なら《神力》を R0 で使用してフォローしてくれるし、学校なら学術を教えてくれる。また、そもそも精霊崇拝の Charm や 一神教会の Blessing/祝福 もこの類である)。また、重要なルールとして、共同体にもし公式に設定された Gurdian/守護者がいる場合、守護者の Gurdian Function/守護機能を用いて緩和判定をしてくれる。基本的に、R1 程度の大きさの守護者なら Gurdian Function の使用には失敗しないものだから、〈縁故〉を R0 の魔術能力だと思って緩和判定を行えると考えればよい。


コミットメント:3-4

:多神教における入信者や精霊崇拝における Practitioner、一神教の Liturgist/在俗牧師や Orderly/聖人教団の教団員、(教会に属する)魔道の達人などがこの水準の{コミットメント}を個別の神性や宗派に対して割り振っている。


この状況では、とりあえず〈縁故〉相手のアトリビュートから、適当なものを選択して緩和判定に使うことができるようになる(もちろん、ちゃんと〈縁故〉相手と接触できる状況ならば)。《神力》や《fetish》、《Saints Blessing/聖人の祝福》といった存在も、これに相当している(《信仰》の場合、これに加えて active に作用する魔術も教えてもらえる場合があるが、こちらはキャラクター個人の学習と捉えるべきだろう)。

共同体相手の場合、Gurdian Function 以外にも、共同体のアトリビュートを用いて緩和判定をできるようになる(同様、共同体が判定を失敗するとは考えづらいので、都合〈縁故〉で緩和判定ができるようになる)。


ルーンウォーズでは、信仰は「神への縁故」として扱われます(ヒーローウォーズもそうですが)。


f:id:mallion:20080202065542j:image:w550

(クリックで拡大)


いまオペレーションについてまとめていますので、次回は縁故について書いてみたいと思います。

oomizuaooomizuao 2008/02/03 06:35 ●アルコス人を含むダラ・ハッパ文化では入信する人は稀なので、「自分はシャーガシュ信者」と思っている人も実は俗信者、というのはありそうな話です。またダラ・ハッパ人で戦士なら、アルコス出身でなくともシャーガシュを崇めるのがスタンダードっぽいので、アルコス以外にシャーガシュ信者が居るのも間違いないでしょう。
 
●あとカルトに捧げる時間比率も問題になってるようですが、精霊呪術系の魔法を持つルナーカルトに入信すると同盟精霊(Lunar Consort)がもらえるはずなので、HQルールを引き継ぐなら、さらに倍率ドンの+10%分のコミットメントが必要になるかと。
 
●また魔道系で典礼書(Formulary)タイプの呪文をくれるルナーカルトの場合、その呪文は1回使うとプラエケプトル(Preceptor)による再充填が必要になります。いちいち寺院まで帰らず自分で再充填できるようにルナーカルトのプラエケプトルも兼任すると、またしても追加の+10%が必要になったり(苦笑)。

EpiktEpikt 2008/02/03 09:47 ゲーラとの同時入信だと20%追加で85%ですね。これは無理だ。

EpiktEpikt 2008/02/03 09:48 ああ、ちがうか。他の神殿との同時入信でPreceptorにはなれなかったですね。

oomizuaooomizuao 2008/02/03 13:00 ●プラエケプトル(先導師 Preceptor)は帰依者相当ではないので、所属宗教の制限は無いかと。例えばイェルマリオ帰依者/ラショーラナのプラエケプトル(《啓発》済)とかいうキワモノもできるはずです。
 
●HQで85%を宗教関連に割り振っても、カルト教義を邁進するような世俗活動であればOKなので、一概に無理とは限らない……というのmallionさんも述べている通り。ただしその分、PCが普段していること=奉ずるカルト的行動になるように、カルトのチョイスが重要。
 
●一方R=Wだと、宗教の時間制約がコミットメントという形に変わってる、というのもmallionさんのご説明にあるので、焦らず解説を待てば海路の日よりあり、ではないでしょうか?

mallionmallion 2008/02/04 07:27 ダラ・ハッパで戦士だと、ハスタトゥスとかアヴィヴァスとかカストックとか、あとロウドリルとかが一般的ではないかな。ライバンスに一連隊ある、と書いてあるのは、それが珍しいからじゃないでしょうか。
コミットメントについては、今日は雪かきのため書けませんでした(笑)。また後日……

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証