Hatena::ブログ(Diary)

まりおんのらんだむと〜く+ RSSフィード Twitter

◆最近の記事一覧→こちら ◆おすすめ記事→2007 2006 ◆りんくす→こちら ■TOME@wiki

2008-02-05

テストプレイ:2/8 チャット


2/8(金) の事前打ち合わせチャットですが、irc で、21:00〜 #RWTEST @ irc.cokage.ne.jp にておこなう予定です。


いちおう公開としますけど、どうなんでしょう。

だべりんぐで終了する気もしますので見てもアレかもしれません(笑)。


実際のキャラクター作成自体は、個人でやってもらうようになると思います。

で、wikiかどこかでキャラクターシートをおくのがいいかなと考えておりますが、そのへんも何かあればチャットで。


なお、以下の accelerator さんのところで、irc チャットソフトの設定の仕方などが詳しく解説されております。



また、以下のところで、irc 用ml にも登録をお願いします。

同時入信とコミットメント


ルーンクエストからある、「神に○%の時間とエネルギーを捧げなければならない」が、ルーンウォーズではメタルールとして実装されています。


人はリソースクーポン)としてトータルで{コミットメント:20}を持っており、縁故にそれぞれ割り振ってやることで「その縁故に対してどのくらい身を捧げているか」を表します。30%なら6、60%なら12になります。


これは╋╋(コミュニケーションのルーン;く、くるしい)で表したらどうかと思いついた。


《ナーザの叙聖者》╋╋12

〈鐘の寺院のヒーローバンドへ〉╋╋2


みたいな感じ。



ということはですね。職業を下級貴族にして、生活はそちらの収入でまかなおうとすると、おそらく縁故〈家族に対するもの〉にも時間をとられますね。たぶん10%。


縁故のコミットメントのルール上の機能は、「その相手/共同体のもっているアトリビュートをどの程度使えるかどうか」のようなので、下級貴族として「自分でアトリビュートをもっている」のであれば、ルール上は必要ないと思いますよ。(そのコネを意図的に活用したいのであれば、割り振った方がいいでしょう)


ヒーローバンドの場合でも、ガーディアンの魔術を使わないのであれば、まあコミットメントをわりふらないで、ロールプレイで押し切ってしまってもいいかもしんない。


なお、このルール(メタルール)は応用範囲が広くて、神との縁故である《○○の帰依者》とかを使うと、神のアトリビュートの一部(=魔術)を使える、というかたちになっているわけです。だから《○○の帰依者》にもコミットメントを割り振らないといけないわけですね。


魔精と書いたのは Lunar Consort が魔精相当なのでそう書きました。祈祷師じゃなくても魔精のようなものが持てる、というのがルナーの魔術の併用の特典だと思ったのですが。


ルナーの伴は、神友/同盟精霊/使い魔と同等のものなので、魔精はシャーマン(ジャーカリール)じゃないとダメだと思う。

ルナーの神がどの体系のものをくれるかは、Immortal (個人的には仏教用語をもってきて「覚者」と訳したい(笑))によって違うと思うんだけど、ナーザであれば3つの神力を提供しているので、神友みたいなのをくれるんでしょうね。でもゲーラだと3つの魔術体系相当の魔法もってるから、神友/同盟精霊/使い魔どれになるんだろう……

Blood of Orlanth 発売



Blood of Orlanth - Devastation: Glorantha (Glorantha: The Second Age)

Blood of Orlanth - Devastation: Glorantha (Glorantha: The Second Age)


し、しまった。注文忘れていた。


あと、Amazon さん書影とか書名とかぜんぜん違うんだけど大丈夫なの?