Hatena::ブログ(Diary)

まりおんのらんだむと〜く+ RSSフィード Twitter

◆最近の記事一覧→こちら ◆おすすめ記事→2007 2006 ◆りんくす→こちら ■TOME@wiki

2008-04-06

TRPGのベネフィット


「TRPGのコスト」のつづき。


前のエントリでは「TRPGのコストって何があるんだろう」ということを考えたわけですが、


1.人的コスト(まず人を集める必要がある)

2.時間コスト(準備時間+セッション時間)

3.環境コスト(プレイする場所を準備する)

4.資金コスト(ゲームのルールとかを手に入れる)


ということで、けっこうTRPGを遊ぶにはコストがかかるぞ、ということを話しました。


gginc さん曰く、ほかに


5.評価コスト(周囲の誤解をとくコスト)


を付け加えてみてはどうかと。うん……たしかにご近所とか部下とかにはどんなものか説明はしづらい(笑)。


「評価コスト」については、これを読むといろいろ思うところがあるかもしれません(笑)。


月曜日は魔法使い (HJ文庫G シ01-01-01)

月曜日は魔法使い (HJ文庫G シ01-01-01)


TRPGのコスト関係については、いろいろとほかのブログさんでも考えていらっしゃいます。



しかし、ひるがえって、なんでじゃあそんなコストのかかるTRPGを趣味にしているのでしょうか。コストをかけてもあまりあるベネフィットがあるんではないか。


んで、考えたのは次のようなことです。


1.じつは「物語制作」という視点からみると、TRPGは一番コストがかからないのではないか。

2.気のあう(趣味を同じくする)ひとたちと一緒にいろいろ話すことが楽しい。(パーティ的な楽しさ)

3.ダイスを振り、頭を使い、ゲームを支配する楽しさ。


3.については、いろいろ語られていますが(このへんとか?)、2.も大きいですよね。


個人的にはTRPGはホームパーティ的な要素があって、GM=パーティのホスト、プレイヤー=パーティの参加者、と考えるといろいろうまくいくんじゃないかとおもっています。

各自の家でもちまわりでゲームをして(GMは家のひとがやる)、ゲームが終わったあとに夕食をホスト(GM)が用意し、みんなでわいわい食事をして酒を飲んでから楽しく解散、というのが個人的な理想の休日なのですが。……あくまで理想だなあ(涙)。


で、1.については、じつは小説を書いたり演劇をしたりするのに比べて、一本の物語をつくって他のひとと共有するコストは、TRPGはとても少なくてすむのではないかと思うのです。

まあ、本気でやると演劇とあんまり変わらない、と佐野史郎氏は語っておりますが、ふつうそんなにやらないと思う(笑)


佐野史郎:そう。それに、TRPGをやってると、映画を作ってるっていうか、仕事をしているような気になってきちゃったんだよね。


小林:熱心にやっていたから。


佐野史郎:そう。俳優の仕事とまったく同じなのに。ノーギャラで。疲れるし。やはり、表現者ですから、表現をして、残したいわけじゃないですか。もちろん、このTRPGは残らないというのも大きな魅力なんだけど。


TRPGをやってる人だったら、ひとつやふたつはほかの人に語れるエピソードをおもちではないでしょうか。(あのときファンブルでパーティが全滅……とかでも可。)


そして、これはわたし個人だけのことになるかもしれませんが、


4.ルールと世界が一体となることで、世界を重層的に表現できること。

5.キャラクターとして、その世界を疑似的に体感することができる。


というのも大きなベネフィットです。

この世界の体感については、またいつか別に書いてみたいと思います(どうやってセッションで表現するかとか、いろいろと問題があります)。


こういうところは、人によって違うでしょうが、TRPGをやるベネフィットというのを、いちど考えてみてはどうでしょうか。それによってプレイスタイルを見直すきっかけになるかもしれませんよ。

紙魚砂紙魚砂 2008/04/06 12:35 どうもです。
パーティーゲーム的な面白さとしては、友人としばしば話したのは

・4人以下ならデジタルゲーで大体対応可能(Wiiとか)
・5人以上になると途端にデジタルゲーで出来る範囲が狭まる

という状況があって、TRPGだと5〜7人ぐらいで遊べるので意外と需要があるとか。

また、ボードゲームとかやってもいいんですけど勝敗がついて状況によってぎすぎすしたりするので(人数が多いとて番が減って余計プレイの満足感に格差が出やすい)、基本協力ゲーなTRPGはそういう面でもメリットがあるように思います。

そのうち解消されそうではありますが〜

それでは

ぷぷりこぷぷりこ 2008/04/06 13:39 私は、「おなじ夢を共有することができる」と思ってます。
見る人によって若干の違いはあれど・・・
ネトゲはそれに近いですが、自由度は及びませんね。

akito_lightlyakito_lightly 2008/04/06 16:59 TPRGになってます。

mallionmallion 2008/04/07 05:29 >紙魚砂さん:
そういった運営方面で新機軸をうちだしたTRPGが今後でてくるのではないかと思ったりします。あとは、プレイ環境の整備をTRPGメーカーサイドで乗り出してくれるといいんですけどねー。

>ぷぷりこさん:
そうですね。マンガや小説を書いても「共有」するのは大変ですものね…… TRPGはその点、同じセッションにいた人は同じ物語を共有できますからね。

>akitoさん
ご指摘ありがとうございます。修正しました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証