Hatena::ブログ(Diary)

まりおんのらんだむと〜く+ RSSフィード Twitter

◆最近の記事一覧→こちら ◆おすすめ記事→2007 2006 ◆りんくす→こちら ■TOME@wiki

2008-12-15

ダックの神話

Ducks Guide to the Durulz

Ducks Guide to the Durulz


ダックの神話のサマリです。


Revealed Mythology のキートの神話とはだいぶ齟齬があるような気がしますが(詳しく読んでないんですがキートはこんな悪役ではなかった(笑))、まあグローランサではよくあることということで。


■天宮の神々と最初の卵

人のルーンが創造された時代。天宮において、皆に愛されるダックと鳥類の祖ヴリーマクは結婚し、母なるカーナールダ(Carnarda)を生みました。この最初のダック(のちに「ダックの祖母」と呼ばれる)とカーナールダはそれぞれ3つの卵をうみました。


■八者の巣

ダックの祖母と、カーナールダの卵からは、精霊使い「影を泳ぐもの」デスドレイク(死の鴨)、ドゥルストームビル歌の歌い手エッグビーターハートラーの6者が生まれました。

カーナールダと祖母なるダックと6者をあわせて、「八者の巣」と呼びます。


■鴨の地(ガンダーランド)の「真のドルゥルズ」

スパイクの南方の地に、ダックたちは「ダック帝国」(ガンダーランド)を築きました。そこは食べ物の心配をすることなく過ごせる素晴らしい楽園でした。そんななか、冒険心あふれるドゥルは、ダックの祖母を連れ、舟をあやつって北へ向かい、世界を見て回ることにしました。


■最初の旅

ドゥルとダックの祖母は旅の末、「やわらかな沼地」(東方諸島のどこか?)に着きました。そこではフラミンゴの祖父がアオサギの公子と支配権を競っており、ダック帝国の安寧とは程遠い有様でした。かれらはダックの祖母がヴリーマクと結ばれたときに覚醒した鳥類たちの子孫で、あわせてキート族と呼ばれます。ダックの祖母はガンダーランドに戻りましたが、ドゥルは残って彼らを和解させる手だてを探しました。


■ドゥルルズの戦い

しかし、キートランドのキートたちは、ダック帝国の豊かさに嫉妬し、戦いを仕掛けてきました。ストームビルとデスドレイクが武器を振るい、「影を泳ぐもの」が精霊を使って防戦しました。神々の戦いの時代が始まったのです。


■探索者ドゥルオーランスの帰還

そんなとき、ガンダーランドにドゥルが帰ってきました。ドゥルは北にいる「オーランス人」という種族の間に赴き、ドゥルオーランスという名を得ていました。ドゥルオーランスはガンダーランドにオーランス人を招待し、新しい技術と知識を広めました。オーランス人の人間たちもガンダーランドで平和裏に過ごしました(ガンダーランドの法を守る限り)。


■イェルムの軍勢迫る

しかしオーランスとの友好の噂を聞き、皇帝イェルムが軍勢を差し向けてきました。オーランスはフマクトを派遣し、またキートランドのキート達も集まってきてイェルムと戦う準備をしました。このときが、最初にして最後の「真なるダック」たちの連帯の時でした。

ガンダーランドの辺境、フーンラ野でイェルムの軍勢とオーランス人/ダック/キートの連合軍は激突しました。しかしイェルム軍は強く、太陽槍により多くのダックたちが焼き払われました。


■ガンダーランド炎上エクソダス

楽園は灰と泥の中に崩れ去ろうとしていました。オーランス人は戦って退路を確保していました。しかし、フラミンゴの祖父は「もはやオーランス人とは協力しない」とイェルムに誓い、去っていきました。キート達は次々と去り、彼らの連帯は失われたのです。キートは単なる多くの部族の寄せ集めにすぎなくなりました。

ドゥルオーランスたちは死ぬまで戦うことを望みましたが、ダックの祖母はガンダーランドを捨て、スパイクを降りて人間と獣たちの地へ赴くことを選びました。ドゥルオーランスがダックたちを率いました。


カーナールダは、最後まで残り、イェルムと対面しました。カーナールダはイェルムに平手打ちをかませ、いつの日かドゥルルズたちにした仕打ちを後悔することになる、と宣言しました。イェルムはその勇気に感じ入り、カーナールダが立ち去ることを許しました。


■暗黒来る

やがてオーランスがイェルムを斬り、皇帝は殺されました。イェルムが西方の死の門へ飛んでいく直前、彼はドゥルルズたちに自分を助けるように3度命じました。イェルムがカーナールダの瞳に見たドゥルルズたちの力だけが、イェルムを死から救えたのです。


しかしドゥルルズたちは3度それを拒みました。


イェルムは泣き叫びながら地獄におくられ、大暗黒が始まりました。


「長き夜」の間、ドゥルルズたちは「はらぺこの民」――トロウルたちと、「顔無しの敵」――混沌と戦いました。また死せざる者たちと戦うため、フマクトと協力しました。


■キートの犠牲

ヴィゼラでは、キート達が反神たちによってバラバラにされていく大陸をつなぎとめようと、お互いに翼をつかってネットをつくり、島々を集める儀式を行いました。しかし反神にそそのかされたソーン族が途中で抜けたため、島々が大陸に戻ることはありませんでした。儀式のため、キート達の翼は疲れ、もはや飛ぶことはできなくなりました。ただソーン族たちだけは飛ぶ力を残しましたが、かれらは混沌になりました。


■イェルムの審議と呪いの言葉

やがてオーランスが「光持ち帰りし者たちの探索」でイェルムをすくい、太陽はふたたびグローランサに戻ってきました。イェルムは、かつてドゥルルズたちが自分の懇願を拒絶したことを忘れていませんでした。イェルムはダックの祖母から翼を奪い、空を飛ぶことを禁じました(※ルールによれば、いかなる魔術を使っても、ダックは飛ぶことができないそうです)。それがイェルムの呪いでした。ダックたちは「呪われた民」として、グローランサの歴史時代を生き抜かねばならなくなったのです。


関連エントリー

「メジャーWiiパーフェクトクローザー」が“ヤバすぎる”とネットで話題に


D


  • リモコン横持ち対応
  • バッティングのミートカーソルが9箇所にしか動かせずロックオンで近付ける方式
  • 明らかに早いタイミングで振らないとバットにかすりもしない
  • 必殺球投げると7〜8秒のミニムービーが時々入る
  • フライにもかかわらずランナーが勝手に走塁
  • キャラのポリゴンは64レベル、てか吾郎の左右の腕の太さがおかしい
  • ストレートは投げてもスタミナが一切減らない
  • 点差があっても延長戦という完全ルール無視
  • 試合中1塁ベンチに打球が飛んだが、人が誰も居なかった
  • 内野ゴロを打った時どこからともなく「アウト」と何者かの声がするが塁審はいない
  • 打球が異常なほど転がらない
  • ゲームオーバーの時に音楽が一切流れない 効果音すらない
  • どう見ても間に合わないフェンス直撃ヒットにフェンスまでぶつかっていき、跳ね返った球を拾いに行く外野
  • 未だにボール球が出ない
  • ホームランが呆れるくらいに出る 適当にやっても3イニング10本とか
  • 2アウト1塁でセンター前ヒットなのに1塁ランナーが走っていない
  • 左中間や右中間に打球が飛んだ時、たまにセンターの動きがボールのバウンドと一緒のタイミングで止まる
  • ライト前ヒットの打球をライトが後逸したら、ライトが全く動かなくなった→センターが必死に追いかける
  • フライの捕球、足元に落ちそうなボールが、瞬間移動でミットに収まることが3回に1回くらいある
  • 見た目は木製バットなのに打球音が金属バット
  • 「打球がいつものセンター前へのキャッチャーゴロなのにファールになったり酷すぎる」とかいうわけの解らない事態になる
    • いくつかの条件を満たすと、どこに転がっているボールでもキャッチャー以外拾ってくれなくなるようだ
  • つーか主審とバッターが時々ピッチャーに背を向けてる
  • 製作がかのドリームファクトリー

これはやばすぎるwww

終電・・・なくなっちゃったね・・・///

終電・・・なくなっちゃったね・・・///


903 社会保険庁職員(北海道) :2008/10/12(日) 23:44:31.68 ID:Uziwaie8

>901

待って!あきらめるのはまだ早いよ!

23:56発の上り普通列車を使って2駅戻ると

0:07発の下り急行に間に合う

普段なら間に合わないところだけど

今日は9753Mって臨時列車が走ってるからダイヤがずれるんだよ

ほら,この時刻表を見て。

書いてないけど23:36に貨物列車があるから9753Mをスジに入れると

後続の673Mが2分遅れるだろ

それで


ξ /// )ξ「終電・・・なくなっちゃったね・・・」

(`・ω・)「いや、まだだ!23:56発の上り普通列車を云々云々云々」

ξ;゚д゚)ξ「・・・・・・」

ξ ゚д゚ )ξ

フラグばっきばきw

なんかまた調子悪いぞ

スターが出なかったりはてブでコメントをかけなかったり「下書き一覧」とか「編集」が出なかったり。

なんでしょうか。また不具合か。