Hatena::ブログ(Diary)

まりおんのらんだむと〜く+ RSSフィード Twitter

◆最近の記事一覧→こちら ◆おすすめ記事→2007 2006 ◆りんくす→こちら ■TOME@wiki

2014-05-17

神儀、あるいはヒーローフォーム

ルーンクエストにおけるルーン王/司祭ののことを、HeroQuest2 では Devotee 「帰依者」というーーのかというと、ちょっと違うようです。


帰依者

Sartar: Kingdom of Heroes より


f:id:mallion:20140517224040j:image:right:w160

  • 帰依者は神を体現し、神儀(Feat)を使うことができる。
  • 単に条件を満たすだけでなく、クエスト(しばしば神に与えられるクエスト)を果たし、異界を訪れて神前でそのしもべとなることを許されなければならない。
  • 帰依者はその責務のため自分で働いて生活することができない。たとえば農夫バーンターの帰依者といえど、バーンターに関わる儀式を執り行うため農作業をする時間が取れないのだ!
    • ほとんどの場合、生活を支えるのはカルトである。そのため、ほとんどの場合、帰依者は司祭である。
    • 2、3人を超える司祭を養える氏族はほとんどない。部族でも、氏族外の司祭を抱えられるのは6-7名がせいぜいである。司祭に任命されるのは難しいのだ。
  • 帰依者は1つのカルトだけしか帰依できない。帰依者は魔道や呪術を放棄しなければならない。

HeroQuest2 においては、ルーンクエストにおける神性魔術に相当するものはルーン・アフィニティを使った魔術として実装されています。

「カリル・スターブロウがヴィンガのルーン王じゃなく入信者だった!」というのはこれで解決されています。個人の持つルーンが十分に強ければ入信者でも強力になることは可能なのです。


神儀
  • 神儀は神の事績の一つを再演し、自身は神と一体化し、自身が神であるかのように振る舞うことで魔術をおこなう。神の魔術は、あたかも神が振る舞うかのように行われる。
    • 神儀を行っているとき、視覚的にもそれと分かる。英雄化(ヒーローフォーム)と呼ばれる事もある。
  • 神儀は特定のルーンに結びついている。
  • 神儀を行うには、その目的を準備段階で指定する。目的が達成されれば、神儀は自動的に終了する。神儀のスコープ外の行動を取れば即座に神儀は終了する。
    • 神儀を喚び起こしているとき、神話における神として行動しなければならない。さもなくば魔術は弱まる。

つまりこれは「神様ごっこをしていると本当に神様の力がつかえる」という魔術です。


神儀の例:

オーランス:《大いなる嵐の神儀》(嵐のルーン)

オホーランスとは大いなる嵐ーー特に春の豊かな雨に先立ち北西から来る良き「雷雨の嵐」のことである。オホーランスとなった貴方はとても大きく広がり、そして非物質的な風そのものになる。その稲妻と強力な風は「スリンバリの戦い」で火の部族を打ち破った。オホーランスとなった貴方はほかの全ての風と嵐に命令を与えることができる。ときには「アンブローリの王」と呼ばれることもある。


アーナールダ:《女神オラーネの神儀》(豊穣のルーン)

アーナールダは、従順な妻というだけではない。アーナールダが雷鳴のような王を宥めねばならぬときには、胸にサフランを塗り、素晴らしい宝玉のついたアンクレットとブレスレットを身につけ、花冠で自らを飾る。額には宝石の冠、首には黄金の首飾り。かように盛装した彼女は、男たちを惑乱させる。彼女の要求を拒める夫や恋人はない。彼女に反対できる男はなく、みな彼女を守るために戦うだろう。


フマクト:《皆殺しの神儀》(死のルーン)

フマクトは社会を超越し、宇宙的な栄誉にのみ敬意を払う。かつて彼はて出会うものに皆「我を恐るべからず、然らずんば生そのものを恐るべし」と叫びながら歩んだことがある。しかし全ての者はフマクトを恐れた。ために、彼は出会ったものを皆殺した。彼は魔物と神々を殺し、人間とトロウルを殺し、ドワーフとアルドリアミを殺し、ドラゴンと混沌を、数え切れぬ者たちを殺した。彼はオーランスと出会って初めて歩みを止めた。なぜなら風の王は生を愛し、故に死を恐れなかったからである。


最後のフマクトの神儀なんか「道端で出会うものを皆殺しにしていく(風の王以外止められない)」という用途にしか使えないような気がするんだけど。ひどい。


この神儀 Feat に相当する魔術は、ルーンクエスト6版ではまだ実装されていません。Adventures in Glorantha では、もしかするとルール化されるのかもしれませんが。でも、魔術ルールをつくるメタルールでもないと再現できない気もするけど…


こういうストーリーのルール化は HeroQuest の方がやりやすいですね。

thalionthalion 2014/05/17 23:03 フマクト神儀怖い…敵の群れに単身特攻みたいなイメージですね

EpiktEpikt 2014/05/17 23:09 HWあたりでは説明がなくて漠然としてたけど、実際featはすべてこのような形で使用されるってことなのかな

RyuRyu 2014/05/17 23:29 >『帰依者は魔道や呪術を放棄しなければならない。』
…あれ?悟法はOK??

EpiktEpikt 2014/05/18 00:30 いやそれは悟法側が併用を許さないのでは

yukuhitoyukuhito 2014/05/18 08:17 応用は利かなさそうですね。アーナールダつえーな。

EpiktEpikt 2014/05/18 11:21 “嫁が魅力的な女を演じているのだから夫はそういうものとして扱わなければならない”

alley-catsalley-cats 2014/05/18 21:40 Humakt のこの魔術は昔懐しの Berserk を神技化したものですね。RQにもフマクトの持ち呪文に《無敵》がありましたよね。単なるバーサークも神話背景があると、これだけ格好良く(?)なるという例ですね。

そして、これを最初に読んだ時は、不真面目な私は「お、こっちのバーサークはチャラーナじゃなくて、オーランシで止められるのか、便利そう」と思ったのでした。

AyukataAyukata 2014/05/20 17:58 フマクト神儀。ジョノンロールって人が実践した記録がStormTribeにありますね……

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mallion/20140517/p1