Hatena::ブログ(Diary)

まりおんのらんだむと〜く+ RSSフィード Twitter

◆最近の記事一覧→こちら ◆おすすめ記事→2007 2006 ◆りんくす→こちら ■TOME@wiki

2016-01-16

ケイオシアム・ルーンクエストはルンクエスト2版ベースとなりました

前回のまとめから、いろいろと状況が変わってしまっているので2016年1月現在の状況をまとめてみます。


ケイオシアム社からのアナウンス

SOME Q&A ABOUT WHAT’S HAPPENING WITH RUNEQUEST


What's Happening with RuneQuest?


As we announced at Gen Con 2015, a brand new version of RuneQuest is going to be released in 2016. It will be the fourth Chaosium edition of RuneQuest.


Moon Design acquired the rights to Greg Stafford's legendary game setting Glorantha and the game systems RuneQuest and HeroQuest in 2013. But with Moon Design now part of the Chaosium ownership, Chaosium becomes the licensed publisher for RuneQuest (along with HeroQuest and other products related to Gloranthan universe).


What about RQ6?


As announced at Gen Con 2015, the Design Mechanism license concludes in July 2016. That edition of the game is available until then.


What will the new Chaosium Edition be based on?


We are big believers in starting from first principles whenever we do a book, and in the case of RuneQuest, RQ2 is that foundational document. We are then building up from RQ2, incorporating concepts learned from RQ3, RQ6, Pendragon Pass, Call of Cthulhu, the Epic System, and the RQ Dragon Pass campaign (what? haven't heard of the last two? That's because they were never published!).


Will elements of RQ6 be retained in the new edition?


Yes, RuneQuest incorporates many elements of RQ6 (combined Attack & Parry skills, opposed rolls, combat styles such as Sword and Shield, hit locations instead of general hit points, 100%+ scalability, actions, adding two characteristics to determine the starting values of skills, etc) while keeping the rhythm of RQ2 combat. Because RuneQuest is NOT generic, we avoid many elements of RQ3 that its own writers considered to be significant design flaws.


So the new edition of RuneQuest has Glorantha as its setting then?


An important design goal for us is that the rules system needs to be integrated with the setting and should reinforce and reward the player's interaction with the setting. And the setting for RuneQuest is Glorantha!


Who is involved in the project?


Sandy Petersen and Ken Rolston are both involved with this project, as is the entire Moon Design team, and as with the Guide to Glorantha, we are working with twenty years of Greg's design notes.


When can we see more?


We'll be sharing design aspects of the new RuneQuest in due course - but you are going to need to have a little faith in the ability of the Moon Design team (with lots of input from Ken, Sandy, and others) to finish writing it!


BTW, aren't you also reprinting RuneQuest 2?


Yes, we're bringing the classic second edition back into print to kick-off the 50th Anniversary of Glorantha celebrations in 2016. Players will have a wide variety of ways to play games in Glorantha, be it old school (RuneQuest Classic), crunchy (the new RuneQuest edition), storytelling (HeroQuest-Glorantha), or d20 (13th Age). Our motto is: Pick your system, grab your players, enjoy Glorantha!


  • ケイオシアム社がルーンクエストとグローランサの出版権をとりました。
  • ルーンクエスト6版は2016年の7月までは販売を継続する。(訳注:以降は別の名前になって再発売される)
  • (HeroQuest をふくめ)われわれ(ムーンデザイン社)はもともと全ての出版物はルーンクエスト2版を原典としてきた。新ルーンクエストの場合も、ルーンクエスト2版をベースにルーンクエスト3版ルーンクエスト6版ペンドラゴン・パス*1クトゥルフの呼び声、the Epic System*2、RQ Dragon Pass campaign*3 の要素を取り入れたものになる。
  • ルーンクエスト6版からは、「攻撃と防御が同一技能に統一される」「対抗ロール」「戦闘スタイル、たとえば〈剣と盾〉など」、「トータルHPの廃止、部位別HPのみ」「技能100%以上を扱えるスケール」「技能の初期値を2つの能力値の合算から求めるルール」などが導入される。
  • 新ルーンクエストはグローランサ専用のシステムとなる。
  • サンディ・ピーターセンとケン・ロールストン*4がプロジェクトに加わった。
  • グローランサのラインは、クラシック(ルーンクエスト2版再販)、新版(新ルーンクエスト)、ストーリーテリング(HeroQuest Glorantha)、d20(13th Age in Glorantha)とわかれ、プレイヤーの好みに応じて対応できるようになる。


ジェフ氏がGoogle+に上げた写真ですが、「新ルーンクエストのキーリファレンスだよ」ということで、


f:id:mallion:20160116043547j:image


ルーンクエスト3版、ルーンクエスト2版、Guide to Glorantha にくわえて、ペンドラゴン5版と Great Pendragon Campaign が写っています。

ペンドラゴン要素ってのは、もしかすると年代記的にプレイすることができるようになるみたいなことかもしれませんね。


……というわけで、ルーンクエスト6版をベースにした「RuneQuest : Adventures in Glorantha」は幻となりました。とほほ。(この名前を付けると出版されない呪いでもかかっているのだろうか……*5

RQ AiGドラフト版はe-bayで1050ドル=12万円以上の値段が付く始末です。


-------

*1:ファンベースで、ペンドラゴンのシステムを使ってグローランサを舞台にしたバリアントゲームが存在した

*2:未出版

*3:未出版

*4:ルーンクエスト3版時の「ルーンクエスト・ルネッサンス」をおこなった。Oblivion にもゲームデザイナーとして参加

*5:これで3回目

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mallion/20160116/p1