Hatena::ブログ(Diary)

なんとなく犬 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-09-22

ビデオカメラ、迷った挙句にSony HDR-PJ760V

| 23:53 | ビデオカメラ、迷った挙句にSony HDR-PJ760V - なんとなく犬 を含むブックマーク ビデオカメラ、迷った挙句にSony HDR-PJ760V - なんとなく犬 のブックマークコメント

うちの両親が「子供が生まれたらビデオカメラを買ってやるってことに決めてるから、好きなのを選んで教えて」と素晴らしい申し出をしてくださいました。素敵な両親です。


とはいえ実は当初、ビデオカメラに対してはかなり懐疑的だった私。ご存知の通り自分の趣味はカメラ。「ビデオなんて撮って、いったいいつ見返すわけ?」って気持ちと、自分の5D mark IIで撮った動画にフツーのビデオカメラが勝てるわけがないっていう気持ちがあったので、ビデオカメラを買ってくれる代わりに一眼レフのレンズを買ってちょーだい…っていうお願いをしようかなと考えていたわけ。


でも実際問題、子供ができたらやっぱり動いている絵も欲しいかも…と。5D mark IIでも確かに動画は撮れるし、実際に映画やCM、ドラマの撮影機材として使われるほど画質は優秀なんだけど、いかんせん撮るのに気合いが必要。子供の貴重な一瞬を撮る際に、「あ、ちょっと待って。レンズ取り替えるわ」とか「三脚立てて、音声マイクつけて…」とかやってる暇なぞあるわけがない。ということで、両親の気持ちをストレートにありがたく受け取ることにして、今回はビデオカメラを買おうと決めた。


んで、いざ購入を検討し始めると、これがなかなか難しい。なんといっても自分はビデオカメラに関する知識が殆ど無い。しかもオーストラリアでは販売されている機種が限られているため、店頭で実際に手にとって試すことが出来ない。Google先生に聞くのはもちろん、価格.comや海外の動画評価サイト、YouTube等々を参考にして長いこと検討した結果、最終的にはSonyHDR-PJ760ってのを買うことに。これって現在Sonyが出してる一般人向けのビデオカメラでは最も高機能・高価格。最初はもっと安いCX590Vとかを検討してたんだけど、深く知れば知るほど欲が出てきて、結局最後には最高価格帯にたどり着いてしまったという…。以下、これに決めた理由。

  • まず個人的なブランドイメージ的にSonyCanon以外は却下。Canonはカメラでお世話になってのるので検討対象となり、Sonyはビデオカメラでは結構イケてるっていう勝手な想像から。
  • いざCanonの個人向けビデオカメラのラインナップを見てみると、なんかメーカー的にあまりビデオカメラに力を入れてないんじゃないか…?という感じが。良さそうな機種もあるものの(特にG10)、広角が弱いものが多く、子供が小さい頃は望遠よりも広角が重要だろってことでCanonは却下。
  • んじゃSonyで…ってなると、CX/PJ590VかPJ760Vかってことになる。ここでの決め手は手ぶれ補正。PJ760Vに搭載されている空間手ぶれ補正ってやつがなんとも凄い。YouTubeとかで実際の動画を見てみると、撮影者は歩いているのにまるでレーンに乗せたかのようなスムーズな映像。レンズの動きとかも目玉みたいで面白くて、理系心をくすぐられちゃったわけです。
  • 場所によっては液晶で動画を撮ることが禁じられている(液晶の光がじゃまになるため)場所もあるらしく、ファインダーがついている方が便利らしい。そうした場合、Sonyの現在出しているラインナップではPJ760しか残らない。
  • PJ760Vは値が張るが、どーせ何年も買い換えることはないんだし自分が金出すわけじゃないし。しかも内蔵メモリも590Vよりも32G多くてお買い得感が高い。
  • PJ760は590Vより重し大きいけど、自分も相方も手がデカイしさほど気にならんだろう…という希望的観測
  • 中途半端な機能のものを選ぶと、「iPhoneで撮った動画とさして変わらないじゃん。これならiPhoneで良くね?」ってことになり、結果として使わなくなるっていう運命になりそう。

そういうわけでPJ760Vに決定。

IMG_0765


では実際に使ってどうだったかというと、これが大正解。大正解な理由は下記。


  • やっぱ一眼レフと気軽さが違う。液晶開けて録画ボタンを押すだけでOK。オートフォーカスも優秀なので誰でも使える。起動も早い。これはつまり、一眼レフとは違ってうちの相方でも使えるということ。自分は一眼レフで写真を撮ることに重きを置きたいので、相方が動画役になってもらえるのは非常に助かるわけです。
  • 一眼レフで動画の場合、音がショボくなるので外付けマイクを使ったりしてたんだけど、PJ760Vは何もしなくても音も綺麗に取れる。風切り音とかも自動でシャットするので何も心配いらない。
  • なにせよ空間手ぶれ補正が凄い。面白いほどブレない。技術の進歩って凄い。
  • 室内での撮影はやっぱり広角が必要。広角に強くて良かった。
  • 真っ暗闇の中でも暗視カメラのように撮影できるNight Shotってモードがあるんだけどこれが面白い。いや、別に変な用途には使ってないですよ…。
  • PJ760Vはプロジェクター機能がついてて、撮った映像をそのまま壁等に投影して楽しめる。こんな機能は蛇足であってもなくてもかんけーねーぜ…って購入前は思ってたんだけど、実際に使ってみるとなかなか楽しい。両親に動画を見せる際等にも高評価。
  • うちの親が590Vを持ってたので使わせて貰ったが、自分には小さすぎて逆に使いづらかった。外装を含めた高級感といい、760Vにして正解。
  • 画質も全く問題ない。そりゃ本気出して5D mark IIで撮った動画に比べたら面白くもなんともない映像だけど、この手軽さにはかなわない。5D mark IIは作品撮り、760Vは思い出撮りって感じ。
  • メニューとかのUIiPhoneタッチパネルに慣れている自分からすると全くもって物足りない。けどまぁビデオカメラなんだしこんなもんなのかなぁ…といった感じ。

総じて高評価で満足度が高い。これからビデオカメラの購入を検討している方にはオススメ。後悔しないと思いますよ。

yamacamyamacam 2012/10/04 00:36 購入する前、した後の客観的分析が好きです。(笑)
ビデオも進化しているんですねえ。。

mamamamappymamamamappy 2012/10/07 21:18 自分の中でのビデオカメラって十年以上前で止まってるので、いざ購入してみてその進化にビックリ。いい時代になったもんです。

リンク元