ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

そっと×× このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-09-01

初音ミク「白いクスリ」削除騒動が、いちおう終結

 衆院選挙に目を奪われていたので、29日にクリプトンさんが出した公式見解を見逃してました・・・orz

■「楽器」とは違う「何か」

 今回の騒動で、ミクを「楽器」に例える議論をネット上で幾つか見かけましたが、「楽器」と「音を出すソフトウェア」は似て非なるものですよね。ソフトウェアの場合はその開発者が知的財産権を所持していますから、ユーザーは「これこれこういう条件を守る限りはこのソフトを使って良いよ」というソフト使用上の契約事項を飲んだ上でソフトを使う許可を得ているのです。「金を払って買った楽器で何をしようが自由なんだよ」って話とは違うわけです。

 それに初音ミクたち音声合成ソフトは「楽器」では起こりえなかった問題を引き起こします。

言葉を話せる「楽器」ができたことによる新しい事態。「公序良俗に反するメロディ」とか「他人の名誉を毀損する旋律」とかは存在しなかったからなあ。

http://b.hatena.ne.jp/t-tanaka/20090830#bookmark-15641568

■今回の削除依頼は、特例

 記事についたコメントに対して8月31日 19:54にクリプトンさんが答えているコメントが興味深い内容になっています。

  • 名誉毀損については、法律の専門家の意見を聞き判断していること。
  • 今後も作品の公開停止を求める際には法律家の意見を伺いながら慎重に判断すること。
  • ただし、今回のような特別な事情が無い限りは、作品の公開停止を求めることは望んでいないこと。

ということが明かされています。

特別な事情というのは、

  • 弊社製品が民法上の不法行為および刑法に定める名誉毀損罪を構成するおそれのある行為に用いられ、これがインターネット上で公表されていること。
  • 上記事実が複数の大手インターネットニュースサイトに配信され、弊社製品をご存知でない方々を含む皆様に、上記事実が広く知られたこと。
  • これによって、弊社製品を含む音声合成技術全般、およびこれを利用した創作活動全般に対するイメージが、多様性のある実態と異なるかたちで報道によって広まり、一般に認知され定着するおそれがあること。

ニコニコ動画における動画削除について - ピアプロ開発者ブログ

http://blog.piapro.jp/2009/08/post-267.html

という一連の流れ、つまりネットニュースおよびマスコミで取り上げられて騒ぎになったという事態を指すと思われます。この「炎上」を消火するための緊急措置だった、ということでしょう。

■色々と問題は残っている気もしますが・・・

 今回の騒動ではニコニコ動画のニワンゴさんとクリプトンさんとの間で意思伝達に不十分な部分があったことが反省され、両社間の連絡体制の確認が行われたそうです。では、その連絡体制に基づいていれば、今回の動画削除騒動の展開がどう変わっていたのか、という点はユーザーには良く見えてきません。

 そして、ニコニコ動画以外の動画共有サービスに拡散した「白いクスリ」動画(MMD版じゃないヤツですよ!)は、どうするのか。そもそもソフトウェア使用許諾契約違反を理由に動画サイトの作品の削除を求めることは法的に全く問題無いのか。・・・etc

 なんだか色々と問題は残っている気もしますが、ま、こまけぇことは(AA略


【関連記事】




投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mame-tanuki/20090901/last_turn