Hatena::ブログ(Diary)

ふと思うこと

 | 

2017-02-21 後世に伝え残したい記憶〜あぶさん

作者の水島新司は、元々南海ホークス阪神タイガースファンであったため、当時の南海ホークス監督(選手兼任)・野村克也に『あぶさん』の入団を打診。


景浦安武南海ホークス、入団が決まった。


物語は、現実のプロ野球と同時進行で進んで行く。


長打力は魅力だが大酒飲みのため、瞬発力はあっても持久力がない――という設定で始まった『あぶさん』の景浦安武であったが、次第に超強打者へと思いもよらぬ変貌を遂げて行くが、連載初期の南海ホークス時代から幾つか取り上げてみたい。


ドラフト外入団で、新人スタートは二軍であった。


代打不足から一軍へ上がるも結果を残せず二軍落ちもしながら、次第に野村克也選手兼任監督に信頼される代打の切り札的存在になって行く。


景浦安武が入団した年、南海ホークスリーグ優勝に輝いた。(南海ホークスとしての最後の優勝=昭和48年)


景浦安武は、日本シリーズにも出場した。


試合が終われば通天閣を一望する、ほとけ横丁の行き付けの飲み屋『大寅』で一升酒を飲みほし、試合になり代打登場時には物干し竿バットに酒しぶきを浴びせ、あるときは勝負を決める豪快なホームラン大阪球場のレフトスタンドへ叩き込む。


あぶさん』の主題歌は、当時の南海ホークスのエース・江本孟紀が唄い、レコード化もされていた。


新潟市出身の背番号・90、酒仙打者。


♪その名も景浦、のんべ鷹〜


 |