Hatena::ブログ(Diary)

武蔵野日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-08-20

ヒョウタンとヘチマが植わるたたずまい

ヒョウタンとヘチマが植わるたたずまいを含むブックマーク ヒョウタンとヘチマが植わるたたずまいのブックマークコメント

朝からものすごい雨だったので、午前中は自宅待機。Amazon プライムでレンタルするのは1日1作品まで、と決めているのだが、お盆は1.5日に1作品ずつ追加して、結局トイ・ストーリー3まで見てしまう。

トイ・ストーリーは「トゥーン」も含めて全部見た(第1作と「トゥーン」はテレビで放映されたものを見た)が、3が一番いい。最後のシーンなどはグッとくるものがある。メイキングも見たことがあるが、トイ・ストーリーが1995年に公開されたものである、というのは本当に信じがたい。自分が高1のときのことなのだが、高1のときにこんな映画を見ていたら衝撃を受けていたことだろう。この時代のゲーム機の CG は「バーチャファイター」のように今からすればおもちゃのようなものだったが、それでも「バーチャファイター」をみんな熱狂してやっていたことを考えると、20年ひと昔、というのは本当である。

本筋とは関係ないところで気になったのは、この作品中でアメリカの保育園(英語では day care だが日本語でデイケアと言うとほぼ介護のような?)が出てくるのだが、さすがにこの保育園、保育者がいなさすぎではないか? 自分がアメリカに住んでいたら、保育園ではなく幼稚園(Preschool)に通わせるのだろうな、とは思うが、日本の保育園(というより保育者)はかなりすごいのではないかと思ったりする。おいしいご飯は食べさせてくれるし、しつけや礼儀作法、トイレトレーニングもしてくれるし(お勉強は、してくれないけど)。

子どもが小さいうち(特に未就学のうち)に海外に行くのがいい、と聞くのだが、語学もすぐ忘却することを考えると、行くなら中高生のうちに交換留学等で数ヶ月〜1年間程度行ってもらい(その費用は、子どもが希望すれば出してあげる)、その後海外の大学に行きたくなったら自分で奨学金を取って海外に行ってもらうかな、と思っている。学部で行くのは正直コストパフォーマンス的には微妙で、行くにしても大学院から行くのがいいのでは、と思ったりする(20年後どうなっているか分からないけど)。

f:id:mamoruk:20160820140533j:image:w180

昼からは三鷹の国立天文台横の三鷹市星と森と絵本の家に行く。雨の日に行けるところが少なく、ウェブで調べて土日でもやっていて人がそんなにいなさそうなところを探したのである。

f:id:mamoruk:20160820142314j:image:w220

行く前はそんなに期待していなかったが、行ってみたらとても落ち着いた雰囲気で、すごく良かった。絵本やおもちゃの選択や展示も素敵で、ヘチマやヒョウタンが植えてあるのも素晴らしく、庭でトンボやカマキリなどそこかしこにいるのもびっくり(蚊もたくさんいて、娘の足に3-4匹ついているのを見て、速攻退散したけど、虫除け必須!)。月に1回くらい来たいな〜。やはりこういう雰囲気のところで子育てをしたいものである。

2016-08-19

研究に半年早く着手する

研究に半年早く着手するを含むブックマーク 研究に半年早く着手するのブックマークコメント

今週1週間はほぼ全部休んでしまったので、午前3時からメール処理。本日締め切りの書類を送ったりする。

午前中は大学院の受験生と会う。すでに合格は決まっているのだが、既卒なので10月から研究生で来たい、ということである。確かに研究生で来てくれるならそれはいいことだと思うのだが、現在は座席をあげることができないという致命的な問題があるので、それを了解してもらう、というちょっとイレギュラーな対応。外部から来る人は基本的に博士後期課程に進学希望の人に来てほしいのだが、確かに研究生を半年するとか、あるいは半年間うちに通えるとかいうようなケースは、就職希望の人でも受け入れていいのかな、と思ったりする。

お昼は一昨日に引き続き、「およぐ!」と言うので近所の遊水池に行く。快晴ではなく曇り模様なので、今日はだいぶ楽である。1時間ほど遊んで帰宅。2回目だが、もう自分で泳げる(手を引かなくても前に進む、という意味)ようになりつつあり、上達の早さに驚く。

ここ、水深が20cmくらいなので小学生くらいになると泳ぐのが困難になるのだが、大きな子が来て飛び込んだり、シャツを脱いで水面に叩きつけて遊んだりして危なくなったので(「小さい子がいるから、やめてくれないかな?」と注意したのだけど)、退散。親も見て見ぬ振りをしたり、スマホいじってたりして、親も親なら子も子だなぁ、と思ったりする。そもそもそれくらい大きいなら普通のプールに行ってほしい……(うちも、おむつが外れててプールに行っていいならプールに行くわけだし)

2016-08-18

見るだけで触ってみないカブトムシ

見るだけで触ってみないカブトムシを含むブックマーク 見るだけで触ってみないカブトムシのブックマークコメント

予報的には雨模様だったので、雨でも遊べる多摩六都科学館に行くことを企画。ここは保育園の遠足で来たことがあるのだが、娘(2歳3ヶ月)がまだ1歳になる前で、親はいいのだが娘自体が楽しんでいなかったように思うので、再度来てみたのである。

雨の中、車で来てみると「大昆虫展」なるものがやっていて、虫を怖がる娘はどうか? と思ったが、入ってみたら娘が超興奮。怖いが見るのは好き、というやつか……。「カブトムシハウス」というのをやっていて、中でカブトムシを放し飼いにしているのだが、入れ替え制で入らないといけないもので、ちょうど昼過ぎにならないと入れないタイミングだったのだが、娘がどうしても入りたいというので、「お昼ご飯を食べてからまた来ようね」と説得。なんとか納得してくれたが、これがイヤイヤ期というものだろうか?

科学館の中でご飯が食べられるところは大混雑。外に行くとだいたい専業主婦とその子どもにしか会わないが、ここは父親もかなり多く、父はこういうところで家族サービスのポイントを稼いでいるのだろうか? と思ったりする。結局車で外に出て、ご飯を食べてまた戻ってきた(そのまま帰ろうか、それともカブトムシを見るか、娘に聞いたら、「カブトムシ、みる!」と言うので)。

f:id:mamoruk:20160825182600j:image:w220

カブトムシハウス、中に入ってみると、娘は触りたがらないし近寄りたがりもしないのだが、我々にはカブトムシを捕まえて、と言ってくるので、渡された木の切れ端に乗せたりする。10分はあっという間。外に出ると、展示されているカブトムシをしげしげと眺めたり。好きなんだなと思う。

午後は中を歩きながら遊具で遊んだり。楽しかった模様。こんなに動けるようになっていたんだなぁ、とびっくりする。

2016-08-17

昆虫を見るのはいいが触れない

昆虫を見るのはいいが触れないを含むブックマーク 昆虫を見るのはいいが触れないのブックマークコメント

朝起きて少しメールの読み書き。日中は全然何もできないなぁー。

午前中は近所の公園。下を見ると直径2cmくらいの穴が蜂の巣のようにたくさん空いていて、なんだこれ? と思ったが、セミの這い出た穴のようで、そこかしこにセミの抜け殻がある。見上げると木の枝にもたくさんセミの抜け殻があって、1m^2 四方で10体以上抜け殻が。人生で初めてこんなにセミの抜け殻を見た気がする……(セミも)。このあたりは自分も幼稚園〜高校生くらいまで住んでいたエリアで、小金井公園も中学生のときは夏休みに週3回くらいは(瞑想に)行っていた気がするのだが、こんなに虫がいた記憶はないなぁ。小学生のとき、カブトムシの幼虫を掘り起こした記憶くらいしかない。

f:id:mamoruk:20160821092150j:image:w220

ちなみに、娘(2歳3ヶ月)は虫はアリでも怖いようだが、見るのは好きなようで、抜け殻を探してはキャー!と叫んでいる。生きているセミを見つけては「とって。」と指示してくるので取るのだが、取ると本気に怖がって10mくらい離れて「こわいよ、あっちいって!」と言われたりする(汗)好きなのか、怖いのか、どっちなんだ……。

外でセミを見つけたり探したりキャーキャー言っていると、5-6歳くらいの姉弟が「なにしてるの?」とやってきて、セミの抜け殻を帽子に乗っけたりして遊んでるんだよ、と言うと、男の子がセミのいっぱいいる場所を教えてくれた。女の子はというと、水着を持って公園内の遊水地で遊ぶようで「たのしいよ。きたらいいよ。ともだちもたくさんできるよ。ともだちつくりにいこうよ。」と娘および我々を誘っていて、自分が小さいころ、これくらいコミュ力があったら人生違ったように思うが、自分が幼稚園〜小学生のころは、知らない子や知らない人と喋るなんて、絶対できなかったなぁ。

娘自体は最初「いかない。」と言っていたが、ふらふらと遊水地まで行くと、急に顔つきが変わり「はいる!」と言うので、一度帰宅して水着に着替え、行く気まんまん。自分が小学生のころは汚い水たまりに過ぎなかったが、いまは2日に1回は清掃しているそうで、毎日子どもたちが入りにきているようである。自分も娘とプールに行くのが密かに夢だったのだが、調べてみるとおむつが外れていない子はプールには連れてきてはいけないそうで(そりゃそうだ)、こういう場所があってよかった。

f:id:mamoruk:20160817113942j:image:w220

行ってみると、1歳〜6歳くらいまでの子どもが10人くらい、ぱちゃぱちゃと遊んでいて、娘も保育園ではビニールプールで遊んでいるが、このサイズのプールは初めてのようで、おっかなびっくり。しばらくすると慣れたようで、楽しそうにぱちゃぱちゃやっていて、満足。しかし日差しが強く、帽子を持ってきていなかったので、タオルを首に巻いて汗をふきふき、水分を定期的に補給していたのだが、プールを上がると熱射病のように気持ち悪い。今度来るときは帽子が必須……

2016-08-16

お盆だと思っていたら違うかも

お盆だと思っていたら違うかもを含むブックマーク お盆だと思っていたら違うかものブックマークコメント

午前中、近所の公園に行く。お盆休みのつもりだったのだが、なんだか専業主婦っぽい人と子ども、そして保育園の集団が来たりして、あれ、もしかして今日は普通の平日(世の中の人は働いている日)?と思ったりする。

うちの娘の通う保育園は今週1週間基本的にお休みで、どうしてもという場合には見てくれるのだが、毎日お弁当持参になり、かつ他の日に合計5日間休ませないといけないし、それならということで1週間完全に休みにした(去年と同様)のだが、去年はこんなに平日感を感じなかったのは、そんなに外界に出なかったからだろうか。

お昼には駅前のココスに行く。義理の弟から、石垣島には200mおきにココスがある、という話を聞いて、行きたくなったのである。娘(2歳3ヶ月)が、やたらとココスのおこさまうどんセットにくいつきがよく、うどんセットを2セット頼んでしまった。なにか琴線に触れるものがあったのだろうか。

帰宅してから3時間ほど昼寝。最近は昼寝すると偏頭痛が出てくるので、あまり昼寝することはないのだが、日月と車で出かけたので疲労がたまっていたらしい。

夜は Amazon プライムでトイ・ストーリー2を見る。Kindle Fire TV Stick を買って最初はプライム特典の無料のものだけでもたくさんあるからいいや、と思っていたのだが、家にいながらにしてレンタルできる便利さを知ってしまってから、週末や休日にはレンタルする生活で、まんまと Amazon の術中にはまっている。まあ、400-500円の48時間レンタルで、3-4回は繰り返し見るので(同じ映画を何回も見ないと単語が聞き取れない)、元は取れていると思うが……。