Hatena::ブログ(Diary)

武蔵野日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-07-06

出張は移動時間でほぼ終わる

出張は移動時間でほぼ終わるを含むブックマーク 出張は移動時間でほぼ終わるのブックマークコメント

朝、娘を送って品川へ。予約していた新幹線は間に合いそうになかったので、1本遅い便にしたのだが、品川に着いてみたら、乗れる時間だった。残念。

新大阪で阪急(神戸線)に乗り換えたかったのだが、大阪力が低く、どこに行くのが最善か分からず、御堂筋線で南方乗り換えで十三へ行き、十三で乗り換え。どうやら新大阪からJRが一番楽だったようだ。

帰りはJRの駅までタクシーで行き、新大阪から新幹線。予定していたより1本早い新幹線に乗れたのだが、入場してしまったのでEX-ICの予約を変更できず、車内で便と座席の変更手続きをしてもらう。

結局1日のうち用事の時間が1時間ちょっとで、9時間が移動という日だった。最近こういうのが多いが、育児中は仕方がないかなぁ……。これでも、最近は泊まりの出張も年に数回は OK になったし、だいぶ楽になってきているとは思う。今のうちに育てておかないと、年をとってから育てたいと思っても無理だし、ふんばりどころでもある。

2016-07-05

人数が多くないなら聞いて楽

人数が多くないなら聞いて楽を含むブックマーク 人数が多くないなら聞いて楽のブックマークコメント

午前中は情報理論の授業。一応授業に行く前に MacBook Pro の電源は確認しているのだが、授業30分くらいで電池が切れそうになったので、演習課題を出して電源を取りに居室に戻る。たまたま演習課題を2つ用意していた回だったのでよかったが……。

午後は進捗報告を聞くが、研究室のネットワークが使えない問題が解決しておらず、かつまだ就職活動中で進捗報告をしない学生もいるので、すぐ終わる。いつもこれくらいの時間なら負担も少なく楽なのだが、この人数でこれくらいの負荷だと研究も進まないだろうなぁ。

B4 の学生たちの研究内容について、今年は M2/D の人たちに面倒を見てもらっているのだが、毎週の進捗報告も含めて全部お任せしているので、今度どういうことをやっているか聞くのが楽しみである。今年は希望者のみ NLP 若手の会シンポジウム(YANS)で発表予定なので、全員が発表するわけではないと思うが、おもしろい結果が出るといいな。

2016-07-04

小テストちりも積もれば試験並み

小テストちりも積もれば試験並みを含むブックマーク 小テストちりも積もれば試験並みのブックマークコメント

午前中は自然言語処理の授業。毎回当日の朝に小テストの問題を考えているのだが、さすがに専門分野なので10分あれば問題が作れる。

お昼は NL 研(情報処理学会自然言語処理研究会)の原稿のコメント。以前はいざ知らず、電子化されてからは〆切を過ぎたら自動的にサイトがクローズするので、ちゃんと〆切に間に合うように出さないといけない。言語処理学会年次大会も、国際会議同様の論文投稿システムを導入してからは、自動的にサイトがクローズするので、〆切には厳格になった(NL研と違い、論文投稿が発表申し込みになるので、論文が書けないことによる発表取り下げは基本的にないけど)。〆切が延長される学会もままあるが、自然言語処理関係ではあまり見かけないので、コミュニティの雰囲気なのかなと思う。(人文系の人が来にくくなった、というのと関係しているかもしれない)

午後は南大沢に移動してオートマトンの授業。こちらは問題を10分で作れるわけではないが、問題を解くのは解答を見なくても自力で解けるな……(さすがに)ただ、証明はやはりちゃんと内容を理解していないと説明できないので、あやふやなまま(予習せず)で授業に臨むと撃沈。またちゃんと準備してから来よう(汗)

2016-07-03

アラフォーで短期記憶がなくなった

アラフォーで短期記憶がなくなったを含むブックマーク アラフォーで短期記憶がなくなったのブックマークコメント

この日記を書いている現在、3週間前の出来事について思い出して書いているのだが、経験上2週間以上前のことを思い出すのは(記録があっても)不可能である。多分海馬から長期記憶に移行するところで消えてしまっているのだろうが、昔と比べると手がかりがあっても思い出せない、というところが大きく違う。

この日は記録によると午前中は家の前で遊んだらしいのだが、何をして遊んだのかも思い出せない。家の前で遊ぶのは珍しいことなので、何か理由があって家の前で遊んでいたはずなのだが、それすら記憶にない。

あと、夕方ではなく夜にサミットに行っているようで、これもいつも日曜日は夕方に行くので、何か理由があって夜に行ったはずなのだが、なぜ夜に行ったのかも思い出せない。

写真を見ると、確かに特徴的なことをしているのだが、何でこの日こういうことをしているのかも、分からない。確実なのは、この日の午前中と午後には娘と2人で遊んでいた、ということだけだ。

こうやって人間は記憶を失っていくのだろうか……。

2016-07-02

COLING は由緒正しい会議です

COLING は由緒正しい会議ですを含むブックマーク COLING は由緒正しい会議ですのブックマークコメント

朝に少しだけメール処理して、ずっと COLING(再来週〆切)と NL 研(来週〆切)の原稿を見る。今週の日中は大学のネットワーク障害関係でほとんど時間を取られてしまったので、しっかり時間を取れる初めての機会である。

NL 研(情報処理学会自然言語処理研究会)に関しては、日本語原稿なので日本人なら言語的な障害はなく、実験が終わっているとするとどれくらい論文の書き方が身についているか、ということなのだが、小まめにできたところまで送ってもらえたりすると、スキマ時間に少しずつコメントできたりするのでありがたい。一気に送ってくるのでもいいが、全体的に上がるのが遅いと、最近は小町の仕事時間が限られているので、十分付き合えない、という問題があるのだ(たとえば前期は月曜日と火曜日は授業以外ほとんど何もできないとか、木曜日は1日中会議に拘束されることが多いので何もできないとか)。

COLING(自然言語処理のもっとも歴史ある国際会議の一つ)にー関しては英語原稿なので、 内容プラス言語の壁もあるのだが、結局論文でも初見の内容についてコメントしたいのは英語以前の部分が多いので、やっぱりいきなり国際会議の原稿を書くのではなく、NL研なり言語処理学会年次大会なりで一度日本語原稿を書いてもらってから、英語で書く、という順番の方がいいのだろうな、と思ったりする。(日本語原稿を英語にしたところがスタートで、そこまでの原稿は内容は日本語でチェックしているので、英語の表現だけチェックすることができる一方、英語原稿で追加された部分は分量的に少ないので、直接見てもそこまで負荷は高くない)

今年は COLING が終わると COLING 併設のワークショップくらいしかないので、ここで決着できるといいのだが……。