Hatena::ブログ(Diary)

武蔵野日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-12-29

第4回入力メソッドワークショップ + IM 飲み会 2011

第4回入力メソッドワークショップ + IM 飲み会 2011を含むブックマーク 第4回入力メソッドワークショップ + IM 飲み会 2011のブックマークコメント

朝バスで高の原に移動。NAISTから京都へは行きにくいなぁ。

四条で@さんと@さんと合流し、出町柳まで移動して、お昼ご飯を一緒に食べる。仕事納めを過ぎているので、お店が閉まっている……。移動の前後で、雑談的に博士号を取得することの得失についてお話ししたり。あと、自分がなんでNAISTにいるのかも、話しながら分かってきたり。

なんだかんだ言って博士号は受け入れ先の研究室のボスがどういう意向なのかに強く依存するので、あまり一般化しにくいが、少なくとも博士号を持っている人は (先行研究としての先人の肩に乗り、敬意を払うということができないと、研究論文は書けないので) 真摯な態度で仕事ができる、ということはある程度保証してくれるので、そういうパスポート的な存在ではあるのかなと思った。なかったら仕事が杜撰だという訳でもないし、博士号持っていても程度問題として適当な仕事をする人はいるのだろうけど……。先行研究に立脚しつつ自分の論文のストーリーを組み立てる、というのは、先人に敬意を払う一つの方法であり、これが唯一の方法であるわけではないが、少なくとも博士号を持っている人は、この方法で自分の意見を述べることができる、という訓練を受けていることが保証されるのである。

たとえば、先人に敬意を払うというのは、ある人の仕事を含む仕事を自分がしたとき、他の人の成果を利用している、ということを研究ではちゃんと明記しないといけないし、もし仮に自分でやり直したのだとしても、他の人の仕事を知っていたらそれは言及しないといけないし、そういうのが堅苦しいと思うか、それを知りつつ無視するか、という立場の違いかなと思うのだ。個人的には、研究の文脈を離れたとしても、他人の仕事には敬意を払うべきだと思っているが、世の中そうは感じない人もいるのだろうなと思う。そして、誰が先にやったかなんてどうでもよい分野も世の中にはたくさんあるのだろうとも (それはそれで一つの考え方である)。

さて、午後から毎年恒例の第4回入力メソッドワークショップ。今回は呼びかけが遅かった割にはたくさんのスピーカーが集まってくださって、いろいろなトピックのお話が聞けて満足。tetsuo-s くんが Moses のコミット権限を持っているというとを初めて聞く。なにか見つけたら直してもらおう (笑)

個々の発表は @nokuno さんが まとめてくださっているので割愛すると、今年は3月の言語処理学会の年次大会で入力メソッドに関するセッションが開催されたことと、11月の自然言語処理に関する国際会議で入力に関する世界初のワークショップが開かれた、ということが特筆すべきことかな。ワークショップも隔年くらいで開催できるといいのだが……。

夜の部は てんてこ舞 にて。参加者は25人。部屋を貸し切りにできたので、いろいろと盛り上がる。今回は主に学生の人たちが社会人の人たちから深イイお話を聞いたのがためになった、とフィードバックをいただいている (笑) ので、今後とも少しずつ学生の人たちも巻き込んでいきたいものである。入力メソッドに関する研究をやってくれる人の絶対数がそもそも少ないのだが、今回 NAIST からは松本研の teruaki-o くんが古文に対する濁点の自動付与の研究 (一見なにも応用できなさそうに見えるが、実はスマートフォンなんかで濁点を省略しても自動で推定して候補に加える、なんてことに応用することが可能なので、入力メソッドに関係している!)、あと鹿野研の keigo-k さんが未知語の読み推定に使える 多対多最小パターンアライメント のお話をしてくれたり、それなりに関係するテーマをやっている人がいたりするのだ。

二次会は きゅんとやで。最初奈良に帰る終電の時間を1時間間違えていたのですぐ出ないといけないと思い込んでいたが、よくよく調べると11時過ぎまで OK だったので、某社の方々と怪気炎を上げる。最後、今回あまりお話できなかった @ さんと10分ほどサシで語らう。いつも @komatsuh さんとはこんな感じかもしれない (笑)

tabatee さんもおっしゃっていたが、最近の「昼の部」はちょっとアカデミアに寄ってきているので、来年はもっと開発寄り「こんなの作りました」という発表が増えるといいなと思う。そういう意味では、当日飛び込みで5分話してくれた @ さんはさすが。 前日の夜 の話に触発されてさくっと実装して実験した結果について話してくれるとか、こういうノリとフットワークの軽さがあるとよいかも (笑)

みなさん、来年もどうぞよろしくお願いします〜!

帰りは tetsuo-s くんと2人で出町柳→高の原と経由して帰ってくる。お酒の飲み過ぎか、それとも京都で人ごみに当たったのか、タクシーで帰ってきている途中から微妙に気持ち悪く、帰ってきてから作業もできず、そのまま就寝。こういう日もあるよね……。

参考: