Hatena::ブログ(Diary)

武蔵野日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-06-30

20年ぶりの再会変わらない

20年ぶりの再会変わらないを含むブックマーク 20年ぶりの再会変わらないのブックマークコメント

娘(4歳1ヶ月)が、朝「コーチがかっこいいから、一人でもスイミングに行く!」と言っていたので、これは・・・と思いつつスイミングに行ったのだが、どうも月に4回のレッスンで6月30日は5回目の日なのでレッスンがなかったようで、そのまま多摩六都科学館に切り替え。

娘は「虫が見たい」と言うので虫が見られるフロアに来たのだが、多摩動物公園と違ってここはそんなにたくさん虫がいるわけではないので、あまり満足しなかった模様(汗)絵本を読んでほしい、というので魚の本を読んだりうんちの本を読んだり。

子どもはこういう本好きね〜。

お昼ご飯を食べて帰ったら、娘は珍しく昼寝してくれたので、保育園の会議の議事録を作成したり、ノート PC のデータを整理したり。12インチ MacBook、ディスク容量が 512GB しかないので、せっかく Dropbox が 1TB まで使えたり、Google Drive の容量が無制限だったりしても、全部を同期すると溢れてしまう。12インチ MacBook で SSD が 1TB のモデルがあれば買い換えるのにな〜。

夜は渋谷に移動して学部時代の同窓会。1998年文科3類16組(フランス語)の入学20周年記念ということだが、もう20周年! とびっくりである。駒場キャンパスから渋谷は近いので、よく歩いて渋谷に来たものだが、40歳にもなって渋谷を歩くと、もうここはあと100回訪れることはないよなぁ、10回はあるかなぁ、なんて考えたりする(自分は少なくとも100回は渋谷を訪れたことがあるはずで、1,000回に近いオーダーだと思うが)。

f:id:mamoruk:20180630212144j:image:w280

同窓会は同期28人(たぶん)中14人が集合するというもので、とても楽しい会だった。たまたま隣に座った同期(というか全員同期だが)が日中英の通訳をしていて、台湾に長期間住んでいた(学部時代は哲学をしていた)という話で、自分も台湾の言語政策で(科学史・科学哲学専攻で)卒論を書いたし、現在は(ニューラル)機械翻訳で日中英の翻訳に取り組んでいるし、なんとまあ、と驚く。確かに全員基本的に文系なので、工学の世界にいる自分が外れ値ではあるが、他の人たちも数奇な運命を辿っていて、自分は全然普通だなぁ、と思ったりする。

あと、学部時代に特に仲が良かった2人のうち、しばらく東京にいなかったので会えなかった1人に久しぶりに会うことができて、じーんとする。自分も8年間くらい東京にいなかったし、最後に会ったのは(自分は忘れていたが)12年前のようだ。みんな20歳のころにやりたかったことを(迷いながら20年かけて)やっているんだな〜、と思ったりして、20歳のころはそうは思わなかったけど、もがいたり苦しんだりしながら40歳まで生きてきて今の自分がある、っていうのはみんな素敵だなと思う。

学部生時代は自分の中ではあまりいい時期ではなかったのだが、こうやって20年も経つと思い出すのは全部楽しいことばかりで、時間が浄化(美化)してくれる、ということもあるなと感じる。自分自身も少しずつ変わるし、これからの20年もどうなっていくのか楽しみである。

しおしお 2018/07/04 15:53 久し振りに書き込みます。
20年ぶりに集まって出席率50%ってすごいですね。また、1クラス28人(ぐらい)というのは少ない気がしました。こちら、理科の類でフランス語のクラスでしたが、40人はいたと思います(女性は4人)。理系ということもあってか、その後、医学部に入り直したのが少なくとも2人います。

最後に、タイトルが「五七五」になっていることに今日ようやく気づきました。

mamorukmamoruk 2018/07/05 14:05 最近ほとんど日常生活しか書いてません(笑)

確かうちのクラスは文科の中でも少なかったと思います。フランス語のクラスの中で一番後ろでした。帰国子女もいましたし、自分は英語を履修せずにドイツ語とフランス語を初習で取りましたし、第3外国語の履修のパターンが他の人と違う人が集められたのかもしれません。再履修で理科のドイツ語を取ったりしましたが、確かに40人くらいいた記憶があります。

うちのクラスだと、医学部に入り直した人もいますが、ロースクールに入って弁護士とか、公認会計士とか税理士の資格を取って働いている、という人が1/3強でしょうか。ストレートで就職してそのまま職場変わってない、という人は2-3人だったような。。。

タイトルはここ2年くらいだいたい575で書いてます。時々苦しいことがありますが(汗)楽しんでいただければ!