そのままなめて

     まなめはうすのサブブログ以下・チラシの裏以上の場所。所有サイト一覧
 | 

2008-09-16 人生いろいろ オフ会もいろいろ このエントリーを含むブックマーク

ネットの人と会うことについて - おれはおまえのパパじゃないについて、積極的に会う派のブロガーとしてどう思う?って聞かれたので、とりとめのないことを書いてみる。


とりあえず、私自身は「積極的に会う派のブロガー」とは思ってないですよ。会いたい人と会っているだけで、気になるブロガーに次々と声かけているわけではありません。とは言いつつも、今年は「はじめまして」と1対1で会ったオフが10回を超えていれば積極的と言われてしまうのも仕方のないことなのですが。


私はブロガーと会うのに、そんなに敷居の高いことはしていません。数はこなしていますが、ウェブ上でやりとりをしていて互いの存在を知っている人か、一度大きなオフで会った人と一対一で話してみたいとき、そして会いませんかと誘われた場合の3パターンしかありませんから。そして自分から声をかけるときは、直接聞いてみたいことがあるってときです。


以前、俺がものすごく好きなサイトがあって、共通の知り合いが気を利かせて会う機会をセッティングしてくれそうになったのだけど、「いやいやいや、別に会いたくないし!」つってエビのように腰引いて断ったら、「えー!? なんで? 好きじゃないの? 会いたくないの?」みたいな感じになって困った。好きだけど会いたくないっていう感覚は難しいのかしら。

元記事を読んでどうもうまく言葉にできないのがここなんだけれど、私もこんな風にセッティングされたら同じように遠慮すると思う。でも、それは好きだけど会いたくないってのともちょっと違って、好きだからこそ自分から声をかけたいって感じかな。と言いつつなかなか声をかけれない人なんだけれど。それに、私自身が語れる何かを持ち合わせていないってのもあるかな。セッティングされるというのは敷居を上げられてしまうので。


そうそう、ここまで当然のように書いていますが、私の場合、会いたい人と会うときは1対1で会うことを前提にして考えます。もちろん、それがすべてというわけでなく、一緒に遊びたいなって人とは多人数で集まるし、全く知らないオフ会に飛び込んでいって自分と合いそうな人が居たら、直接声をかけてまた遊ぼうってなりますし。最近は勉強会にも良く参加するので、名の知れたブロガーが講師として立っていることが多く、帰り際にまちぶせてあいさつだけでもすることも。結局のところ、id:love_chocolateの「友達になりたいとファンとして会いたいは別」というのがまさにその通り。


元記事では、会った後にフェードアウトのことも心配していますが、私はあんまり気にしてないですね。私の場合、会ってガッカリした!と連呼されたこともありますしw どうもネットから切り離されると戦闘力が半減しちゃうんですよね。ただ、相手の見方が変わるってのはあります。ブログの向こう側には人がいると常に言っている私でも、その相手が想像できる場合とできない場合では全然違いますよ。おもしろさ100倍!もちろん、そこまで楽しめるくらいになるにはオフでしっかり話してないと無理ですけど。きっとフェードアウトされたのは、オフでしっかり語り合えなかったからだと思うんですよね。



とまあ、304向けに記事を書いていたのだけれど、ダメ。私はあの記事に対して自分の意見がよく分からないというのが本音。言いたいことの半分も言えてない。何言ってるか分からない。にもかかわらずもう3時間も考えてるのでこれ以上は時間の無駄と思うので、ボツとしてはてダに投下。

love_chocolatelove_chocolate 2008/09/17 09:24 おお。「セッティングされる」と、それに乗ってつい会ってしまう私(紹介者含めてみんなで)とは正反対だなぁー。「みんなで」と言うところが、キモで、何か楽しい祭りが待ってる気がしちゃって、ついつい行かずにはいられないんだよねぇ・・・。

私は複数で会ってから、そのとき何か感じた人と、後日1対1で会うというのがセオリーだなぁ。1対1であうのもいいよね。でも、「相手を知るため」というより、「より理解を深めるため」の行為だなぁ。

しかし「まちぶせてあいさつ」って、随分な情熱家やねwww

ZGOKZGOK 2008/09/18 20:29 >私の場合、会ってガッカリした!と連呼されたこともありますしw
そんな失礼なこと言えないww
まぁ、ガッカリしたのは、その人の洞察力がお粗末だったってことですよ。

 |