そのままなめて

     まなめはうすのサブブログ以下・チラシの裏以上の場所。所有サイト一覧
 | 

2009-02-11 オフ会の探し方 このエントリーを含むブックマーク

オフ会を見つける割と冴えたやり方に釣られてみる。


私の場合、TwitterのDMや@で直接誘われるのがほとんど。あとはメッセとかケータイメールとか。タイムラインで流れてるのに参加してるのは@FMNAKA幹事のだけかも。自分から誘うときはメールかmixiが多いな…(誘う相手がはじめましての人が多いから?)案外多いのは、勉強会から飲みへの流れ。興味のある勉強会に参加している人同士、興味がある方向が同じなのですごく盛り上がる!


私のことは良いとして、元記事より「オフ会を見つけるクールなやり方」。


1.オフ会に参加して楽しみたい!

開催案内探してどんどん手を上げると良いと思います。@7KIのオフ観測をチェックするなり、no titleで「オフ」の検索結果RSSを購読していればすぐ見つかります。一つだけ注意しておくと、楽しみたいということは、楽しませてもらうことではなく一緒に楽しむということです。自分が皆を楽しませるくらいの気持ちでいるのがちょうど良いと思います。


2.特定の人と会ってお話したい

直接会いたいと声をかけるのが一番。あるいは、その人のブログ等をストーカーして参加するオフにかけつけるのもありかと。ただし、直接声をかけるのは応じてくれる人となかなか応じてくれない人がいるのは最初から理解したうえで声をかけましょう。例えば、ネットで有名ということがオフで人と会うことってリスクの一つです。ブロガー同士が仲良くなりやすいのは、そういう意味で同じリスクを取っているもの同士で合うんでしょうね。


3.特定のジャンルについて語り合いたい

そのジャンルについてのブログを開設して話続ける。TwitterにPOSTしまくる。情報を発信することで自分がそのジャンルの人であることを印象づけられるし、何より事前に自分の発信を見ていてくれれば実際に会ったときにそのイメージを利用できるし、会ってすぐに深い会話に入れるし、事前にイメージついた状態で会うと覚えてもらいやすいのでその後の交流も続きやすい。人や場所を事前に認識させるってとっても大事だと思う。


4.オフ充になりたい

オフ会に参加しつづけたい・・・あまりオススメしませんが。私自身、なぜ誘われ続けるのか理解不能ですし(しかも忙しいからすぐ断るし)。多人数オフのときは、盛り上がってないところにいってはみんなに楽しんでもらうような動きをしますが、少人数で語り合うのは人見知り…というかモノ知らずなのですぐにネタ尽きちゃうし、オフだとネットないから出力が80%くらいダウンしちゃうし。基本的にはおとなしくて、盛り上がるとつっこみにまわってたり、はじけるとひたすらボケたりしてますが、向上心の強い集まりに行くと語りだすこともw


5.彼氏見つけたい(女性限定

今すぐ maname@nifty.com に「オフ会しませんか?」とメールをしてみてはいかがでshおやさっそくメールが来たようだ



ネタ記事なのでスルー推奨ですが、まとめると「リスクを背負え」「参加者を楽しませた分だけ、楽しくなるぞ」「(3つ目が思い浮かばなかった)」ってところでしょうか。人気サイト管理人と会いたくてサイト始めましたって人が、目標のサイトより人気サイトになってしまったという話を聞いたとき、私はこれが理想だと思ったことがあります。そういうバカ、大好きだよ。


<関連>

オフ慣れしていない人へ、オフは基本的にはタイムラインの延長だと思いましょう - Yoshikawaの出張所 - ニコニコ部

「いつもブログ読んでます」だけでは、会話は続かない - ARTIFACT@ハテナ系

 |