そのままなめて

     まなめはうすのサブブログ以下・チラシの裏以上の場所。所有サイト一覧
 | 

2009-12-19 ドミニオン会の跡 このエントリーを含むブックマーク

告知エントリ

はてなグループ::ついったー部


他の人のレポート

@4NY FournyのASミュージック日報

@pittrap 2009-12-20 - 弾記

@terrasima no title

@shinzaki 今日のしんざきとドミニオン会の顛末 09/12/21: 不倒城

@retlet ドミニオンをゆるゆると遊びましょうの会レポ - ついたった。@retlet - はてなグループ::ついったー部

@cactusman ドミニオンをゆるゆると遊びましょうの会レポ - アナログゲームに夢中

@orangewind ドミニオン会の感想 - ワクワク人生のススメ!


スイスドロー

全7テーブルで同じアクションカード10組(基本+陰謀)で

1位4点、2位3点、3位2点、4位1点

という点数で競い合いました。


<1戦目>

堀(Moat)、詐欺師(Swindler)、鉱山の村(Mining Village)、男爵(Baron)、公爵(Duke)、

鍛冶屋(Smithy)、銅細工師(Coppersmith)、寵臣(Minion)、拷問人(Torturer)、貴族(Nobles)

<2戦目>

仮面舞踏会(Masquerade)、工房(Workshop)、大広間(Great Hall)、庭園(Gardens)、密偵(Spy)、

民兵(Militia)、祝宴(Feast)、議事堂(Council Room)、祝祭(Festival)、冒険者(Adventurer)

<3戦目>

手先(Pawn)、中庭(Courtyard)、礼拝堂(Chapel)、仮面舞踏会(Masquerade)、改築(Remodel)、

泥棒(Thief)、役人(Bureaucrat)、偵察員(Scout)、橋(Bridge)、研究所(Laboratory)

<4戦目>

堀(Moat)、秘密の部屋(Secret Room)、村(Village)、願いの井戸(Wishing Well)、役人(Bureaucrat)、

共謀者(Conspirator)、公爵(Duke)、議事堂(Council Room)、書庫(Library)、ハーレム(Harem)


RankPlayerRound 1Round 2Round 3Round 4Total
1@naji_yuruyuru443314
1@re_ne442414
3@hakushi434213
4@maname341412
4@terrasima144312
4@pittrap332412
7@cactusman214411
7@shinzaki043411
7@izmktr134311
7@sylpheed13423211
7@cat_lost334111
7@den_k244111
13@peraneko412310
14@retlet12429
14@orangewind22329
14@ynakata03339
14@_jackson24129
14@kotobukiya41319
14@kamome7731149
14@No623139
21@decoymaker32218
22@4NY13217
22@superbrothers12137
22@Chico_0221227
22@takerunba32117
26@d14a01146
27@kabibouzu01315
27@A24_mitsugishi11215

7卓で同じ組み合わせなのに、すぐに終わる卓もあれば、勝った人の戦略が全然違ったりしておもしろかった!



今日おもしろかったコンボ

スイスドロー3戦目で寺島さんが、初手で「中庭」「中庭」でプレイ。以降アクションカードなしのコインプレイで圧勝。試合は別卓だったので見れなかったけれど、これは素晴らしいと思った。

スイスドロー4戦目。寺島さんの噂に感化されて私は初手4-3だったが銀貨2枚で5金目指して「議事堂」2枚だけで公爵プレイ。村と共謀者でまわすいずみさんが公領取り巻くっていたが他の2人が伸びなかったため、議事堂パワーで10金2BUYが安定して取れるようになったら追い上げるスピードはこちらの方が上。決まったのがうれしかった♪

・最後のゲーム。漁村3枚、鉱山2枚で手札を圧縮して、冒険者3枚で終盤は属州ゲットしまくり。が、男爵発動しまくりののろくさんに惜しくも届かず。良い回しだと思ったのになー、というか冒険者が生きたの初めてだった。



タブラの狼

11人でボディーガードまで入った。初日の方針決めのときにルネさんが占いCOしてしまったので、対抗もCOする流れになって殿下がCO。その遅さからも明らかに偽者と思っていたが、ルネさんの占い先が殿下だっただけに狂人だろうと思っていたら、実は真占だと知ってゲーム後に私ビックリ。霊COはピットさん一人だけで確定。ゲームとしては初日に3人が決戦投票になったけれど、そこに2狼が含まれていて、片方吊られてしまって圧倒的不利に。襲撃はちこさん。ここで霊能もお仕事終了&統一占いで私が確白に。2日目にペラネコさんからあらぬ疑いをかけられて吊られたことぶきさんは実はボディーガード。その日はタケルンバ占い統一だったが、殿下が襲撃に。対抗占に白出しされたうえに、占いローラーはなしという方針が出ちゃっただけに順当。ここで残占1人・確白2人・片白2人・灰3人だったかな?ここでぺらねこさん吊って村に平和が。初日に両狼が疑われちゃったこともあってあっさりでした。



飲み会での話

・飲み会の前に、3人人狼。しんざき「私は狼です。狂人は誰ですか?」まなめ「私は人間です。私はしんざきさんを吊ります」ちこさん「えっ・・・」→投票 同時にちこさんを指名するしんざきさんと私→ネタバラシ「ちこ:村人、しんざき:狂人、まなめ人狼」。数分の出来事。

・初手民兵はアリか。

・基本セットの最初のゲームで工房で村を集めて、木こりで取りきりプレイ(遅い

・村と木こりだけでまわすぺらねこさん。

宰相はどう使うか。

・願いの井戸を使いこなすのにはどうしたら良いか→予知能力を身につける→それでも3Costの研究所にしかならない。

・密偵は4costの価値あるの?

鉱山の使い方「手札に銅貨と銀貨がありました。どちらをアップグレードしますか?」

・銅細工師プレイと運のよさ

交易場は本当に強いのか

・玉座の間+持続カードの扱いについて→持続カードの枚数分玉座も場に残る。

原住民の村は取るべきか

・見張り(Lookout)は怖い

・巾着切り強い

・対破壊工作員戦の戦い方

TRPG経験者が7割くらいいた(私はTRPGの意味良く分からないレベル

・みんな「シャドウハンターやりてえ」→ピットさん「俺持ってる」→次はシャドハンオフを!

・某氏「私もまなめはうすで人生変わったんですよ」→3年くらい前に、しんざきさんの不夜城を検索してひっかかったのがまなめはうすだった。そこで読んだシゴタノで変わった→それ、まなめはうすじゃなくてシゴタノで変わったのでは・・・

・24日のドミニオン会は朝までやる方向で。ハーレムプレイとか、仮面舞踏会でプレゼント交換とか。



帰りの電車での話

ちこさんに「まなめさんとしんざきさんは有名人と言われてたんですけど、何で有名なんですか?」と聞かれて東京村について教わった。そもそもしんざきさんなんてteraさんと比べたらプレイ回数はひよっこだし、なんで有名なのかが一番の謎。なんだろう…人狼のエントリをいっぱい書いていたからなんだろうか?詳細求ム。

で、東京村との大きな違い。まずはジェスチャーからで「人間が親指を下に向けて、狼だったら上に向ける」。私自身、対面人狼は、はてな村ラノベ村・mixi村・暗黒アナゲ会とやってきてこれは初めて。暗黒アナゲ会は私が最初にmixi村とポーズを合わせてしまったけれど、どこでも人間は「親指を上に向ける」ものであった。他のジェスチャーも、彼らは人狼をプレイする上での会話は全部ジェスチャーだけでできるので、統制が取りやすいと言っていた。うらやましい限りである。

あとはCOに関する話。

「狩人は吊られそうな疑いをかけられたらCOするのが基本、むしろCOせずに吊られらたら全員から怒られる」というもの。15人以上いて1〜2日目だったら気持ちは分からなくもないが、私の考えは「人間側が持っている狼側に隠している唯一の情報」が狩人の存在だと思っている。そこを明らかにしてしまったら、狼の襲撃に対してリスクがゼロになってしまう。

もう一つが占いCOの話。ここは詳しく聞かなかったが、COの方式が全然違うらしい。対抗を必ず出すわけでもないのは分かるけれど、占いが能力を駆使して全員見つけたから「○○さんと△△さんが狼でした、以上!」とかいうかっこいいCOまであるらしい。ゆえに、対抗なんてしないのだろうなと思う。対抗COを全部出させる理由は、狼が臨機応変に疑われたので能力者COするのを防ぐため。理にはかなっているだろう。

ポーズも狼の耳の両手ポーズでは、出す瞬間に読まれて相手が結果を変えてくるからダメと言われたが、そこまで臨機応変で変えられるプレイヤーなんているのか・・・次元高すぎだろJK。でも、こういう形式だからこそ、3狼で初日の夜に「お前占COしろよ」と言ってCOさせた人を後発で黒出しCOして真を乗っ取るなんてこともできるんだろうなーと思った。

で、私がこう考えしまうのが一つあって、私の戦歴がC国ばかりでA国B国D国E国F国と移り変わってきた国の方では、狂人は狼とささやけない=統制の取れない国が苦手だからこそ。ラインがあるゲームが好きなのだ。チャット人狼や対面も統制の取れないゲームなので、私が苦手に思う部分もあるのだろうな。COの方法とかも流行があるし、変化させていくべきなんだと思う。

ちなみに、上記の2つはおかしいようでおかしくない。私が“それは違う”という言い分は理にかなっているだろうけれど、「狩人CO」「占い潜伏」という2つの非常識が同時に満たされれば、それはまた一つの常識になる。最悪なのは真占いを序盤に破壊されること。灰を狭める仕事をさせないと後半は(上級者どうしでない限り)材料が乏しい。それは、初日に占いが真・偽全部COで揃ってしまい、初日の吊りで狩人COが出てしまうこと。この時点で、夜に狩人を襲撃し、対抗の狂人は翌日偽COをして狼に真を襲撃させれば良い。しかし、対抗まで揃わないならば狩人がいなくても抑止力が働くのである。襲撃は推理の材料であり、能力者を吊ることは襲撃手(=確白を消す)を減らすだけでなく、ローラーという吊り手まで減らすことになり、そこと残灰のバランスで襲撃するべきか否かを判断することだろう。案外、村はたんたんと進むはずだ。


で、いろいろ考えた挙句私が考えた最善手。私が狩人で初日に吊られそうになったら、こう言う。

「ギドラCO!私は狂人が狩人のどちらかです。霊能者を騙ります」

さて、みなさんなら私をどう扱う?

 |