ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

『萬雅堂』便り

2009-09-30 劇眼漫歩

劇眼漫歩45号

同人45号」_ 08:50

神戸に立ち上がった鉄人は28号だけど、この同人誌は45号(季刊)。

懐かしのマンガという関連はあるけど、「号」はこじつけ(笑)。同じ横山光輝作品だったんで、つい…

この表紙は同人のたかはしまこ(高橋正雄)さん、「伊賀の影丸」ですね。16ページのマンガも描かれていて、まるで復刻版です。凄い凄い!

「なつ漫誌話・伊賀の影丸」も、皆さん実にお詳しい。

毎度のことながら、同人諸氏のマンガ懐古譚には頷くことばかりです。

今号も嬉しい記事が満載で、楽しませていただきました。

高橋孝三郎高橋孝三郎 2009/10/03 08:41 萬雅堂さん、会誌の感想、紹介、
ありがとうございます。
たかはしさんのおかげで、
影丸特集、立派にできました。
神戸の鉄人も、立派でかっこうよかったです。
ぼくらには、うれしい、いいものを作ったと思いました。

manga-domanga-do 2009/10/03 19:10 鉄人28号、お近くの会員もいらっしゃるようですね。レポートでも是非に!
次号の特集「フィギュア大好き」にドンピシャですぞ。

2009-09-29 懲りないなぁ…

うどん用肉汁

カレーと肉汁_ 19:56

仕事の合間をぬって(←強調・笑)カレー(チキン)と、うどん用の肉汁(豚バラ肉ときのこ類の甘辛味)を作る。

で、今夜はカレー。明日はうどんを打って、夜に武蔵野風・肉汁うどんとする予定。

懲りてな〜い♪

<肉汁レシピ>(5〜6人分)

─材料─

豚バラ肉300g

ナス 2ヶ

しいたけ、しめじ、まいたけ、えのき(適量)

長ねぎ 2本

だし汁 1200cc

みりん  200cc

醤油 200cc

砂糖 大さじ2

生姜すりおろし 少々

─作り方─

豚バラ肉を炒める。

ナスときのこ類を加えてさらに炒める。

だし汁とみりんを合わせたつゆを温めておく。

炒めた具を入れて煮る。

具が柔らかくなったら醤油と砂糖を加え、長ねぎを斜め切りして入れる。

仕上げに生姜のすりおろし。

胡椒を一振りしても良い。

─食べ方─

たっぷりの湯で茹でて、よく水洗いしたうどんをざるに盛り、温かい肉汁につけて食す。

※前日に作り置きしておくこともないんだけどね…

ZHIZIZHIZI 2009/10/02 20:40 ご無沙汰してました。おいしそうですね、挑戦してみます。では、時節柄、お体大切に。

manga-domanga-do 2009/10/02 21:17 こんにちは!
このレシピではちょっと甘すぎるかもです。
私の場合、煮返したためかもしれませんが… 
ま、お味はお好みでどうぞ。

2009-09-28 本業はどうなってる?!

ゴ、ゴメン…_ 18:26

日曜夜、客3人。月曜昼、同4人。

打った、打った、茹でた、茹でた、正直、ちょっとくたびれた(笑)。

なので、週末あたりまで麺打ちはお休みしましょう。

本業に支障が出てはいけません…て、既に影響ありありかもね。

カミサン曰く「逃げてない?(呆)」 

う、図ッ、図星…☆★☆

ということで、机に向かっています。

2009-09-27 毎日、そばばかり打っている。

蕎麦カリント。あとをひきます。

いいのかしら?_ 16:26

土曜日、朝は早く起きて先ず「うどん」の準備。600gの玉を二つ丸めて寝かせる。

で、月曜に使う「つけ汁」のためのだしをとる。

昼を挟んで「そば打ち」。北海道と戸隠と先般入手の会津の粉で4回、2kg(一応、20食分)を。内、1回は延ばしで穴が開いてしまった(原因はつなぎ粉を変えたための「水回し」の失敗)。この分は自宅用として残し、3回分を保冷バッグに詰める。

寝かし終わったうどん玉を踏んでから「うどん打ち」。これもパックに小分けする。

つけ汁の他、鍋やあげ笊、せいろなどを別のバッグに入れて、夕刻出発。

夜は「お蕎麦を食べる会」。

先般の手塚邸お片付け仲間の恒例慰労会?でもあるのだが、私のそばを「ダシ」にイッパイ飲ろうという算段です。

10人ほど集まるというので、プレッシャーはあったが、これに応えられないようでは情けないというもの。

7時からの宴は各自が酒目当て、料理目当て、そして蕎麦目当てとバラバラなので、私はすぐに台所に入って茹での準備。

一応、「そば粉の違いを味わってみて」と言いながら一食分ずつを(歓談の様子を窺いながら)茹でていく。

感想はそれぞれ。各自、味の好みが分かれるのが面白い。

いくらか余裕があるかと思ったが、あっという間に完食。うーん、全部持ってくるべきだったか! しかし、おおむね好評で安堵、安堵。

最後まで残ったレギュラー数人に「うどん」のお土産。

帰り際、主宰から「気持ちとして受取って」と、ン万円もするという時代モノの蕎麦猪口をいただく。なんという海老鯛!

帰宅はまたしても深夜。

充足感もあって熟睡したようだ(笑)。

目覚めて、「そうだ、蕎麦カリントをつくろう!」。

昨日、自宅用に残した分を素揚げしてパラパラと軽く塩を振る。

うん、旨い! おやつやおつまみにピッタリ。

昨日のうちに気付けば持って行けたのに残念。ま、また今度だな。

今夜も客人、で、明日も昼に数人が…

麺処「萬雅」大盛況なり!!!

すなすな 2009/09/28 11:26 美味しいお蕎麦をごちそうになりました。ありがとうございます。「お蕎麦を食べる会」に参加者のすなです。贅沢に北海道・会津・長野を全て頂きました!!個人的には会津が好きでした。つゆも東京風で好みの味でした。本当に美味しかったです!!蕎麦肴でお酒(蕎麦湯割り)が進みました。また、お蕎麦を頂きながら、マンガ話・手塚先生話をお願いします。ありがとうございました。

manga-domanga-do 2009/09/28 18:31 おやおや、コメントをどうもどうも。
喜んでいただけて何よりです。こちらこそ、またの機会に是非…

2009-09-25 お味噌の季節

読売新聞9・24夕刊

ご尊顔を拝す。_ 21:48

知人からの「増岡弘さんのお味噌の記事が載っていた」との連絡に、昨日の読売新聞夕刊を近所の販売店で入手。

オヤオヤ、写真入りで大きく! 「開祖さま」お元気そうで何より。

そうか、もう味噌の出来上がる時期だよな。このところ「そば」に熱中して忘れていた。寝室には樽とカメが鎮座しているというに(笑)。香りに気付かないということは、盛んだった発酵が収まっているということ。そろそろ封を開けましょうかね。

でも、その前に明日の晩の「お蕎麦を食べる会」の準備が…いや、やはり当日に打つべきかな…今日は早く寝よう。

2009-09-24 川越から新狭山、そして…

軸装の受け取り_ 23:57

「軸装が出来ました」と、書道用品店から連絡を受けたので、夕刻、文化祭出品のための軸を受取りに川越へ行く。

その戻り道、途中下車してギャラリー「麦」に寄る。

銅版画の個展開催中。彼岸花をモチーフにした作品が素敵でした。

ギャラリーのHPが出来たというのでアドレスをいただく。

http://g-mugi.sub.jp/

まだ情報がほんの少しのようですが…(笑)。

「これからドンドン充実させていくよぉ〜!」とはマスターの談。

私からも、どうぞこの先ご贔屓に!と。アララ、ちょっと雑談したせいで時間押しだ。

で、帰宅せず、そのまま「そば道場」に直行。

本来は遅刻だが今夜も盛況(満杯)で順番待ち、一応、間に合ったことにはなる。ホントは見学も勉強なのだが…イケマセンネェ。

今日で4回目。回を重ねるごとに分かることがあります(面白くて仕方がない)。今の私はスポンジなのでしょう、きっと。先輩の言う「壁」なんて分からない、無我夢中の段階なのでしょうけどね(笑)。

会長さんから「つけ汁」のレシピをいただいた。ありがとうございます。

コレ、門外不出(秘伝)なのでは? やれ、嬉しや! さっそくにチャレンジ致しませう。この土曜日と月曜日にそばを供することになっている。果たしてそれに間に合うのか?(「かえし」は一応自家製があるが…)

2009-09-23 久し振りの

会津産そば粉2.5キロ

バスツアー_ 09:42

シルバーウィークとやらの連休、一日くらいはどこかに出かけましょうとバスツアーを申し込んでおいた。

「リンドウ咲く那須茶臼岳と江戸の宿場町、会津・大内宿」というコース。

私、手塚邸の疲れが出ても、車中で寝ていればいいのだとばかり、ホントに即、熟睡していた。

前日の同コースは大渋滞だったそうで、那須のロープウェーも途中で諦め、大内宿に到着も夕方5時半。帰りは深夜で、「金返せ!」騒ぎだったとか。

この日はそんなこともなく、予定通り無事に那須茶臼岳に到着。

f:id:manga-do:20090922134128j:image

でも、モヤってますね。

f:id:manga-do:20090922125610j:image

f:id:manga-do:20090922130237j:image

さて、リンドウは…

f:id:manga-do:20090922130742j:image

あった!

ただし、大内宿に向かう山道は大渋滞。5キロをノロノロなんと1時間45分!(これは前日と同じとか)

f:id:manga-do:20090922165950j:image

大内宿は人、人、人…

f:id:manga-do:20090922172200j:image

でも、風情がありますね(この中にカミサンが・笑)。

そして、この地で会津のそば粉をゲット!!!

私にとっては思いがけずも、そば粉の買出しツアーになった(ラッキー!)。

帰途もウツラウツラと寝てばかり、最寄の駅前ロータリーに着いたのは夜11時を回っていた。

日帰りバスツアーにしては、もともと強行軍の、往復700キロ、〆て17時間の旅でした。

くまごろくまごろ 2009/09/24 11:05 ガスっちゃってるのは残念でしたね。
でも収穫はあったようで。

大内宿へ入る道の辺りに湯野上温泉ってのがありまして、そこの川沿いに無料の露天風呂があるんですよ。
脱衣場なんて洒落た物は無い露天風呂ですが風情があるんです。
あの辺りはホント古い町並みがあったりで好きです。(まぁ住むのは大変ですが・・・)

しかし人がワンサかいますね。
ん〜以前はそんなに人がいなかったのに。
何処もかしこもごっちゃがえしてます・・・

manga-domanga-do 2009/09/24 13:22 湯野上温泉駅って、かやぶき屋根の駅舎でしたね。女性駅長の。
露天風呂はもちろん混浴で(笑)。
また改めての、のんびり旅をしたいものです。

2009-09-21 庭のお掃除

手塚邸_ 00:17

東久留米にある手塚治虫邸の庭の片付けに参加。

先日、新聞に紹介された元虫プロ社員による「恩返し」だ。

http://mcsammy.fc2web.com/MushuProOB/jpg/090912Asahi.jpg

これに私も呼ばれました。任意ではありますが、せめて一度くらいはお手伝いしたいと思っていたので、むしろ嬉しいお誘いです。

私は庭の斜面の草刈りを担当。さすがの手塚邸、草刈りといっても「ハンパねぇ!」広さです。

途中、庭に出てこられた悦子夫人に紹介される。

「はじめまして」の挨拶も変だし…「お邪魔させていただいてます」って挨拶したのかな?(覚えてない・笑)。

遥か昔は社長夫人、ペーペー社員などは直接に会話できる立場じゃありませんでしたからね。元社員の一人「我々の仲間」として紹介されて、なんだか、嬉し恥ずかし、やたらドギマギするばかり。

間近で見る悦子さんは、私の母親より少し若い…とても上品な奥様でありました。

夕方、みんな揃って記念撮影。末娘の「チイちゃん」と孫の(手塚治虫そっくり!)「ひろくん」も一緒。

心地よい疲労感と共に帰宅。

このプロジェクト、まだまだ続くそうです。

くまごろくまごろ 2009/09/22 09:23 ご恩返しと言いますかそう言うプロジェクトは良いですね。
一致団結と言うのも少なくなってきてるご時勢ですし。

しかしそんなに広い家ってすごいなぁ。
一度外見だけ拝見してこようかなぁ<怪しい行動にしか見えませんね(笑)

布花館布花館 2009/09/23 09:55 まぁ、そんな企画があったんですか!
それは良い事をしましたね(^^)v

先生の家と地続きにあった1スタ(ジオ)は
今、どうなっているんですか?
あまりにも、遠〜い遠い昔の事なので、
貴方のこの記事を読んだら、
心が一瞬タイムスリップしましたよ・・・

manga-domanga-do 2009/09/23 11:26 >手塚邸
駅前タクシーはもちろん、周辺の皆さんが知ってるお屋敷ですけど、うろうろジロジロはやはりねぇ…(笑)。
>1スタ
現在も当時のままの「虫プロダクション」ですよ。
3階(屋根裏部屋)もそのままに…
いとうちゃんが頑張ってくれてます(なんだか私信・笑)。

布花館その2布花館その2 2009/09/23 18:23 わ〜ぉ!!
3階ですって?!Aさんの悪戯でBさんの髪の毛が燃えた、あの仮眠室ですね!
いとうちゃん・・その道一筋って、凄すぎ!(@@)

manga-doその2manga-doその2 2009/09/23 19:59 …ど、どうしてそのことを?!(汗)
※補足しますと、1スタ隣接の手塚邸の跡地には9軒の家が建ったとか。
私、グループ・タックが1スタ2階を間借りしてた時、手塚邸壊すの見てたんだよねぇ…(涙)。

2009-09-20 そば好き多し!

お客人_ 12:21

私の「そば修行」を助けてやろうとのお心遣いか、たくさんの方が「試食」してくださる。

つまり「そば打ち」の機会を作ってくださるのだ。大変にありがたい!

いくら麺好きのカミサンでも毎食の「そば攻め」は困るでしょう。

そば道場の主宰者は昔、息子から「親父、いいかげんにしてくれ!」って怒られたんですって。修行時には「毎日、三食がそば」だったと(笑)。とにかく日々打ちたくてたまらなかったそうです。

私もさすがに毎日は打てないが、このところ三日に一度は打っている。

そして、今の段階では毎回<進歩>が自覚できるのが実に嬉しい。おかげで打ち上がりも安定してきた。一番大事だという「水回し」の具合が何となくつかめた気が…しないでもない(慎重・笑)。「切り」は、「数回やれば、誰でも細く切れるようになるよ」という道場の先輩の言葉通りになった。もう1.5ミリ幅OK。

お客人が目の前で召し上がりの場合は反応がダイレクトだし、お持ち帰りの方からの後日の感想も参考になっている。

先日はついに電話での注文が入った!「今から二人前お願いします」って(慌)。

こうなると、麺処「萬雅」が、ちょっとマジになってきそう…デスねぇ。

今夜も「そば」目的の来客あり。今から、腕が鳴る!(笑)。それにしても、「そば好き」の何と多いことよ!

けっこう陽射しの強い中、庭の片付け。ゴーヤのつるを全て取り払ったら、隠れていた可愛らしい実がいくつか出てきた。でもこれ、もう大きくならないのだ。中くらいのものも一週間くらい同じ大きさのまま。放っておくと黄色くなって弾けてしまう。なので、もう終了です。

観賞用トウモロコシも収穫したが、なんとも貧相(スカスカ)で、今年は失敗。

垣根のところに彼岸花が咲いていた。今頃きっと日高の巾着田は見事なことでしょう。

f:id:manga-do:20090920115109j:image

くまごろくまごろ 2009/09/22 09:19 それこそ週二日の昼時のみ営業とかありえそうですね(笑)
まぁそうなると大変ですが・・・忙しさに本業が変わっちゃうかもしれませんね(笑)

ヒガンバナってやっぱり切なさを感じますね。
線香花火みたいで・・・
その姿とは逆に毒性があるんですよね。
まぁ毒々しいと姿と言えばそんな感じもしますけど。

manga-domanga-do 2009/09/23 11:39 >そば
はまりすぎ、の声もボチボチと聞こえて…(笑)。
>彼岸花
室内に置いてはいけない(火事を呼ぶ)とか言われますけど、そのせいでしょうか。
単体では切ない感じも、巾着田に行くと一面の赤に圧倒されますよぉ!

2009-09-19 ふぅ…疲れた。

ミニ講演会_ 10:23

二十数名の同年代か、ちょっとだけ先輩の方々をお相手に「アニメ・マンガ」のミニ講演会。

TVアニメーション作品の制作行程をごく簡単に説明したり、セル画、設定資料の紹介と解説。マンガ原稿を見せたり、私的な執筆・出版事情なども交え、思い浮かぶままアレコレ…一時間ちょっと喋って(いくつかの質問にも答え)なんとか無事に終った。

アニメの現場で話すのとは勝手が違うが、もうこの歳になると照れも気負いも無く「(図々しくなったものよなぁ…)」と自分で感心(笑)。

司会の方が「ご希望の方がいらしたら、本もお分けできますよ。今ならサイン入りで」なんて言ってくれたおかげで、自宅在庫?がずいぶんと放出できることになりました(講演料代わり?どうもどうも・笑)。

でも、やはり疲れたのでしょうね、夜に書道教室があったのだけれど、何も書く気がせずボンヤリ。文化祭の提出作品が片付いたリラックスモードの教室とあって、私もすっかり甘えた気分で過ごしてしまった(先生、ゴメンナサイ)。

さぁサイン本、これからお届けに回らねば!

2009-09-17 はてなダイアリー

5年目_ 17:36

「祝!鳩山新政権」始動と共に、この日記も5年目のスタート。

たいしたものです。よくもまぁ続いています、吾ながら。

基本、文章書くのが好きなのでしょうね。それも、とりとめもなく…(笑)。

初めは「情報発信」のつもりでした。でも、途中からは自分の近況報告、日々の記録になってしまった。…ま、それでいいんだけどね。

だだ、ブログによって、古い友人との再会や、新たな多くの人と交流が生まれたのが何より嬉しい! これから先の人生、友人知人はかけがえのない財産ですもの。大切にしていきましょう。

明日、自治会のサークルからの要請で「アニメとマンガ」のミニ講演をします。

その準備というか、お見せしようと思うセル画とかキャラクター表、マンガの原稿などを引っ張り出す。年配の方々、どの程度の関心がおありなのか…まぁ、出たとこ勝負ですね(笑)。雑談の真ん中に位置するだけと考えよう。

ところで、新大臣が「アニメの殿堂」建設計画中止の方針とか。

そりゃそうでしょうね、あれだけ無駄予算の象徴に受取られては…里中理事がお可哀相デス。

関係ないけどPP&MのMが亡くなった。虫プロにいたころ大ファンだったのです、PPM(来日コンサートにも行ったっけ)。マリー・トラバース、72歳か…どうぞ安らかに。

2009-09-16 「まんが聖書物語」(合本)の重刷見本

ズシリと重い、880ページ!

第6刷の到着_ 15:15

いのちのことば社から「まんが聖書物語」(合本)の重刷見本が届く。おや、講談社(文庫版)と重なっていたのでしたか。で、こちらの方が先に製本? 印刷所は同じなのですよね、この本。

2007年8月以来の第6刷。発行部数は前回同様の2500部(累計22500部)。

1999年の11月の初版(10000部)刊行ですから、そろそろ丸10年となります。

ということは単純計算で、毎月100冊近くが売れているということになりますね。

こんなに分厚く、重い本なのに…(値段だって2500円!)。嬉しいことです。ご購読に感謝、感謝!!!

そうそう、この本がスペイン語版になるという、例のヤツです。

今日でこの日記、丸4年が終了だ。明日からは5年目に突入。

変わらぬお付き合いをよろしく!

2009-09-15 オープン?!

麺処「萬雅」_ 20:34

ついに、お客さまをお招きして「そば」を供してしまった!

ちょっとした用件でお会いする方が、近くまで来てくださるというので「ならば、さらに拙宅まで足を延ばされて!」と相成った。

わざわざおいでいただくからには、もちろん、手打ちそばが出されます。「さぁどうだ、美味いだろ?!」って、無理強いはご迷惑でしょうがね(笑)。

食後、穏やかな昼下がりをしばしの歓談。

仕事部屋を覗きたい、というご要望にお応えする。ついでに書道部屋も(片付けておいて良かった)。

で、手打ちうどんと、庭で収穫のゴーヤをお持ち帰り願った(これも押し付け)。

いのちのことば社から海外印税の連絡。台湾の出版社から2007、2008年分の支払があったという。出版社と折半で、多分…先般の水栓の交換代が出るくらいかな?(笑)。

2009-09-14 「うどん教室」の

先ずは水回し

開催_ 11:56

日曜日、昼前に生徒さんの来宅。とりあえずは私が「そば打ち」を実演して、その打ちたてそばで昼食を共にする。

一休みして、さっそくに講習の開始。

各自500gの地粉を使って、うどん作りに挑戦です。生徒は二人(♂と♀)。もちろん私も打つ。

ま、詳細は省きますが、半日かけてワイワイ大騒ぎしつつの作業行程は実に面白く(まとめた玉を足踏みするのもけっこうな運動)、こりゃ定例にしてもいいなぁと!(笑)。

私も教えることで、再確認することや新発見もあるのでした(けっこう奥が深いのよ)。

うどんを寝かせる都合もあって、延ばして切るのは夕方。茹でて食す最終確認は晩の食事でとなります。

夕刻に、食べるためだけに参加の客人が来たので、それをきっかけに「延ばし」の開始。客人には見てるだけじゃダメと、「切り」を体験してもらった。

「つけ汁」作りなど、すべての作業が終わり、宴会のスタート!

盃を酌み交わしつつも、茹では私が面倒見なくちゃ…(先生は忙しい)。

締めは熱い肉汁につける「武蔵野うどん」スタイルとして、三種(三様?)のうどんの食べ較べをした次第。

一応、私のうどんに「一日の長」があったようです(ホッ)。

いやぁ、心地よい疲労感の楽しい一日だった。

あまりにも楽しいんで、「これで自宅で修練なさい」と、♂にめん台をあげちゃった!(二つも要らないし・笑)。もちろん、各自が打ったうどんの残りも持ち帰ってもらいましたよ。大感激で帰宅の生徒さん、きっと「はまる」ことでしょう。

f:id:manga-do:20090913182250j:image

こんなところから…ま、いろいろ行程(略)があって、

f:id:manga-do:20090913195002j:image

こうなるわけですね。

ハタナカ ミツルハタナカ ミツル 2009/09/18 11:59 初めまして畑中と申します。

このような「武蔵野うどん」の教室は、定期的やられていますか?
もし、やられていらしゃるようでしたら詳細を教えて頂けますか?

宜しくお願い致します。

manga-domanga-do 2009/09/19 12:00 これはこれは!
嬉しいご訪問ですが、ま、ひとつの「お遊び(旦那芸)」みたいなものですし、ここは笑ってスルーしてやってくだされたく…(汗)。
私が通う「そば道場」のようなものがお近くにあるといいですね。
「男の料理教室」みたいな公民館のサークルもありそうです。

2009-09-13 勝手に紹介

藤子不二雄Aファンはここにいる」_ 09:20

藤子不二雄ファンはここにいる/koikesanの日記 という人気ブログがありますが、

http://d.hatena.ne.jp/koikesan/

そこの管理人さんが「藤子不二雄Aファンはここにいる Book1 座談会編」という本を出されました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4784509380/hanshan02-22/ref=nosim

出たばかりだからか、まだアマゾンには書影が入っていませんね。

なんでこの本を私が紹介するのか…、実は、私のブログには「パラソルヘンべえ」をキーワードに、ほとんど毎日必ず何件かのご訪問があるのです。

パラソルヘンべえ」というのは、もうずいぶんと以前(’89〜91)にNHKで毎夕放送された藤子不二雄A原作によるアニメ帯番組。

※拙HPの<アニメの庵>に画像あり

まぁ、私がその番組の監督だったからなのですが、各種検索で辿ってこられるのでしょう。

2005・11・25、26、27と三日連続でレポートして、以後はあまり触れていないのですけどね。

※このころはブログを始めて間もなかったせいか、何でも正直に書いている(今さら消せない・笑)。

上述のkoikesanとも、この時点で接点が生まれたのでした。

熱心な「藤子不二雄ファンはあちこちにいる」わけで、この数々のご訪問もまた嬉しいものです。そんな方々はこの本のことは先刻ご承知でしょうから、私は「まだご存知ない方」のためにご案内。

しかし、この本の内容、かなり「熱そう!」ですねぇ。

私事で言えば、アニメーションをやっていたおかげで藤子不二雄A,鈴木伸一両氏と仕事が出来た幸運。子供時代、何も知らずにトキワ荘の周りで遊んでいたマンガ大好きっ子として、実に感慨深いものがあるのです。週刊少年サンデーの「海の王子」が初めての出会いだからね。 

私も、「ここにいる!」と言っておきましょう。

koikesankoikesan 2009/09/13 19:38 ご無沙汰しております。

拙著を紹介してくださって、まことにありがとうございます。
まさに藤子先生のファンの方は「あちこちにいる」わけで、そういうあちこちにいるファンが「今ここ」に集って喜びや感動を分かち合えたらいいな、という思いを「ここにいる」という言葉にこめたつもりでおります。全国でバラバラに生活している藤子ファンが、いっときでも同じ場を共有できる「ここ」でありたいと思っております。

あらためて、拙著を紹介していただいたことを感謝いたします。

manga-domanga-do 2009/09/15 20:41 刊行おめでとうございます。
より幅広くの方々に読まれますように!!!

2009-09-12 「誰も知らない手塚治虫」が

新聞記事に_ 12:42

「誰も知らない手塚治虫」(創樹社美術出版・刊)の出来上がる経緯を取材した記事が、今朝(12日)の朝日新聞都内版に載った、と著者の一人から連絡が。

残念! ちょっとのところで配達圏外だ(笑)。うーん、全国版でないのが実に残念! 

でも、ここに行けば読めます。

http://mcsammy.fc2web.com/MushuProOB/jpg/090912Asahi.jpg

「♪ちょっと(深)イイ話」ですね。

私も今度「草むしり」に参加することになりそう…(いや、もう決まったとか!・笑)

唐辛子の収穫_ 12:42

赤くなった唐辛子を収穫。ついでだからと、まだ青いものも全て採ってしまった。

f:id:manga-do:20090911160554j:image

「赤」は日干し乾燥へ、「青」はとりあえずそのまま冷凍する。

f:id:manga-do:20090911142940j:image

もう一つ、ひょうたん発見!(小さいなぁ…5センチ) 茶色いのは風船かずら。

2009-09-11 個展から道場直行

楽しい一日_ 09:41

昼、藤本四郎さんの風景画個展に伺う。横浜のFさんも行きたいとのことで、東銀座で待ち合わせ。

80歳で水彩画教室に通い始めたFさん、水彩風景画展を耳にして「私も連れてって!」と。

藤本さんとは一年ぶり。Fさんを紹介する。水彩画を描く楽しさを、Fさん、満面の笑みで藤本さんに語ります。藤本さん、ニコニコ対応。私も嬉しい。

今年の個展は前年までの会場より広く、展示数も50点ほどと増え「藤本四郎の世界」がより堪能できます。

銀座でFさんと食事して、帰途、地下鉄日比谷線で恵比寿までお付き合い。

夜は「そば道場」の開催日なので、家を出るときからエプロン持参です(帰宅せずに、そのまま直行しようという目論見)。

時間に余裕があったので、その間に散髪を済ませる。

夕刻、ちょっと早めに道場へ一番乗り。熱心な生徒さんに見えますねぇ(笑)。

これが三度目の講習だ。前二回の先生はお休みなので、別の方から教えを受ける。微妙に違う「打ち方」がまた勉強になります。この日の参加は14名。道場終了後の「そば談義の宴」に参加。

自分で打ったそばを土産に、ほろ酔いで帰宅したのは…もう10時近かった。

2009-09-09 ♪情けねぇ〜♪

これだけ…トホホ

ひょうたん一個_ 14:13

庭に植えたひょうたん苗、つるは伸び、たくさん花も咲いたのだが、結実は7センチほどの小さな奴が一個。

数年前には三十数個も採れたというに、原因はどのあたりにあるのでしょう…

雌花と雄花との関連もあるらしいが、基本、いつだって放ったらかしだからねぇ(笑)。

月刊「広場」308号_ 14:13

表紙は高津ナミさんの「お姉さんと一緒」。いいですねぇナミ・ワールド!

今号も楽しい記事が盛り沢山。会員の皆さん、夏バテ知らずで何よりです。

f:id:manga-do:20090909141240j:image

2009-09-07 麺処「萬雅」

「うどん教室」もあります(笑)。_ 00:51

先般、知り合いが「うどん」の画像を送ってきた。

私に触発されて(?)自分で打ったのだという。美味しそうでしたが…添えた文章には「柔らかくてコシがない」と。

そこで、近々に我が家で「うどん教室」を開催することになった。めん台も二つあることだし、並んで打とう!と。この私が先生役。まぁ、うどんなら何とかなるでしょ(偉そ)。急ぎ、おさらい(笑)。

そして、日程が決まったら、どう伝わったのか他からも授業参観の申し込みが! そして皆さん、食べる気マンマン。賑やかなのはいいけれど…おいおい、大丈夫か?

イチローの2000本安打達成おめでとう! 小休止があっても、即きっちり片付けるのは凄い。

私はいったん休むとそのままダラダラ…なかなか回復しません(お仕事のペースね)。

nagataninagatani 2009/09/09 10:58 イチロー!
新記録達成の翌年になると、球場入りの前の
トレーニング時間が「1時間延ばしていた」という
スポーツ記者の取材記事を以前読んだ記憶アリ。
信じられないことを、ファンが見ていないところで
やってるのにショック。
天才ってイコール練習なんですね。
練習の無い天才もいますが、長くはないです。

manga-domanga-do 2009/09/09 14:19 日々のルーティーンによって、着実に結果を残していく。
長丁場の仕事をする身としては見習いたいところなのですが…

2009-09-06 市民文化祭のための

軸装発注_ 19:28

川越の書道用品店に軸装を依頼に出かける。

金曜夜の書道教室で先生に雅印を捺してもらった半切の一点だ。

この店に行くのも久し振り。見本の中から作品に調和しそうな布地を選ぶ(お任せでもいいんだけどね)。今回、余計な買い物をしないよう、グッと我慢です(欲しいものがイッパイ・笑)。

川越の街は今日も賑やかでした。外国人観光客も多い。

いつもの如く、帰りに新狭山のギャラリー「麦」に寄って、コーヒーでリラックスタイム。展示は油彩の風景画個展だった。

近々、ギャラリーのHPが立ち上がるそうです。楽しみ!

2009-09-05 季刊「抒情文芸」

季刊「抒情文芸」132号

132号_ 17:11

読者投稿主体による季刊の文芸誌「抒情文芸」132号の到着。

表紙(貼絵・船水善昭)が素敵。彼岸花でしょうか。

今号の<前線インタビュー>は西村京太郎。毎号、凄い人ばかり登場しますね。

以前(87号)には宮崎駿も載ってるんですから幅広い! 

99号には横尾忠則、108号阿久悠、116号日野原重明…

既刊号一覧を見ると、その多士済々にクラクラします(笑)。

歴代選者も

<小説>吉田知子・郷静子・黒井千次

<詩>木原孝一・荒川洋治安西均諏訪優

短歌前登志夫佐佐木幸綱

<一行詩>山村祐

俳句>天野祐吉・金子兜太・三橋敏雄

なのですから、掲載作のレベルが高いのも納得です。

なお、現在の選者は

伊藤桂一清水哲男河野裕子、坪内稔典の各氏。

パプリカの初収穫_ 17:11

f:id:manga-do:20090905142412j:image

もういいかな、と思う奴をもいできたが…恐ろしい赤だな。

サラダで食べるか、炒めるか…さてどうする。

そして、ゴーヤはまだまだ採れる。こっちはそろそろ飽きてきたかも?(笑)。

2009-09-04 藤本四郎さんの

藤本四郎風景画展

風景画展_ 21:31

藤本四郎風景画展が今年も開催です。

銀座で6日(日)から12日(土)。

この画風でピンと来るお方は「まんが日本昔ばなし」をご覧になっていたに違いない…って、それももう遠い昔なのかな(笑)。

今は絵本や挿絵のほうが多数派かもしれませんねぇ。

f:id:manga-do:20090904212824j:image

今年は会場が変わったようですので、ご注意ください。

2009-09-03 水栓工事

ほっ!_ 20:45

水栓の取替え工事が終った。

たった数日とはいえ、不自由な生活を過ごした。

日頃の便利をいかに「当たり前」としていたか…ハイ、感謝を忘れずに暮らしませう!

ピカピカの台所用シングルレバー混合栓(TOTO)、ちょっぴり嬉しい(笑)。

壊れたのはレバーを下げると吐水するタイプでした(阪神大震災以前の水栓)。

操作が逆になったので、ちょっとまごつくかな。

止めるつもりが、より強くバシャーッ! あ、いけね。

ついでに今日は台所周りのお掃除&お片づけをしました。メデタシメデタシ。

くまごろくまごろ 2009/09/04 11:40 これで”麺処 萬雅堂”が開店できますね^^

manga-domanga-do 2009/09/04 21:40 やりたいですねぇ、麺処!!!
屋号も“萬雅庵”とか“やぶ萬”…やぶは困るなぁ(笑)

2009-09-02 彩の国「古本まつり」

第51回「古本まつり」

初日_ 18:31

前回は最終日に出かけた「古本まつり」、今回は初日に行った。

おおっ混んでる! これからは「読書の秋」となるからでしょうかね? でも、お年寄りばっかり(私も含め・笑)。

特に捜している本もないからと、比較的空いてる箇所を選んで覗く。

結局、「歴史関連」「書」「料理」の、全て105円から315円という、格安本(「NHK・趣味悠々」「同・男の食彩」など)を数冊買って帰宅した。

そこへ工務店から電話で「工事、明日うかがいます」と。ヤレヤレ、助かった。

2009-09-01 アララ!台所の

ベランダのトマト

蛇口(水栓)が壊れた。_ 09:10

水栓を開くと、蛇口でないところから水が噴き出す!

浄水器の詰まり? いや、違う。根元の溶接部分だ。

すぐにシンクの外が水浸しになってしまう。アララ困ったことになったぞ。

急ぎ、かつてリフォームをお願いした工務店の主人に連絡。

すぐに来てくれたが、応急修理は無理で、当該部品の交換工事と相成る。

めん料理で、最近やけに水を使ってるからでしょうか?(ンなバカな!)

まぁ、20年来使っている水栓だからねぇ、ガタがきても止むを得ないか。

「政権交代」ならぬ「水栓交代」。

新規部品を取り寄せてからとのことで、我が家、ここしばらく難儀だ…

噴出箇所にアルミテープなど貼って、チョロチョロの水流でのお勝手仕事、不便です。

パン食とかレトルト、冷凍食品とか、なるべく洗い物をせずに済む食事になりそう。

そうだ、ペットボトルの水をまとめ買いして来よう。

ということで、今日から9月。いつも言ってるけど、日々の経過が早い…

ベランダの鉢植えトマトが面白い形になりました。

水遣りに失敗して、葉は枯れ落ちたんだけど、青く小さかった実がついに赤く!