ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

『萬雅堂』便り

2010-04-30 今日で4月が終わり

狭山茶の新茶(煎茶)

明日から5月…_ 10:36

昨日は市役所前で「新茶まつり」をやっていた。

製茶組合の手もみ実演も。

一人一袋限定の稀少な新茶(20g500円!)を並んで購入。

たくさん欲しい人は何度も並ぶ羽目に(私は二回・笑)。

散歩も汗ばむ季節になりました。

やっと、爽やかな「GW」ですかね。

遠出の行楽予定は特に無し!

庭の花を切って室内に。

ラストチューリップと

f:id:manga-do:20100430100846j:image

アイリス

f:id:manga-do:20100430100639j:image

2010-04-29 おめでとうございます。

春の叙勲_ 20:29

さいとう・たかを氏の旭日小綬章受章のインタビュー記事。

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100429/trd1004290502007-n1.htm

劇画が市民権を…」という思いは、ホント実感でしょうね。

貸本劇画単行本に夢中になっていた昔を思い出します。

そう、まさにあの長崎中学校に通っていた頃だ。

当時、劇画大好き少年たちに圧倒的人気だった「台風五郎」シリーズ。

f:id:manga-do:20100429195618j:image

こうして、似顔絵が入選すると賞品として切り抜いた生原稿(1点)が送られてくる。

読者ページにお便りとかカットが掲載されても同様。私は4点をゲット。

ペンタッチが実にシャープです!

さいとう・たかをの50年前のホンモノ、これ、私の宝物だなぁ。

しいなまちお・Kしいなまちお・K 2010/04/30 01:15 当時、椎名町にも貸本屋はたくさんあったでしょうが。先輩はどちらでよく借りておられたのですか。
うちのそばにも「あけぼの書房」「ネオ書房」、トキワ荘の前にも「ダイヤ書房」などありましたが。
さいとう先生もトキワ荘にみえていたようなことも「まんが道」でしたか、何かで。

くまごろくまごろ 2010/04/30 10:16 昔だから出来た賞品ですよね、コレは。
生原稿ですし、すごい宝物になりますよ〜。
れようとするのが難しい世の中ですし・・・

manga-domanga-do 2010/04/30 11:26 >後輩・Kクン
近所の同学年「H多クンち」だから、さて、なんて名前の店だったのか…(笑)。
その三店も「あそことあそこのことかしら?」なのでしてね。
トキワ荘の前というか、落合電話局の並びに…
4丁目のずっと椎名町駅寄りにもあったし、あちこち遠征してましたっけ。
>くまごろさん
勲章もらってハクがついたって訳じゃないけど(笑)。
最後は行削除かな?

くまごろくまごろ 2010/04/30 16:10 アレレ、消えちゃってますね(笑)
もう何書いてたか忘れちゃいました(笑)

たぶん「今の世じゃこんなプレゼント絶対ありえない」とか「版権問題あるから出来ませんよね〜」みたいな事書いてた気がします・・・
しかしなんで消したんだろう?(笑)

2010-04-27 案内状を発送し、

パネルを作る。_ 20:21

ちょっと遅くなったが案内状を発送。

けっこう多いので切手を貼らず「料金別納郵便」で処理。

もうご迷惑かも?という方はパスさせていただき、メール添付で対応させてもらった人にはご寛容を願って…と。なんだか年賀状と一緒ですねぇ(笑)。

さて、裏打ちを頼んでいる間に、作品を貼るパネルを作っておこう。

90×60とか90×45のベニヤ板を大小さまざまなサイズにカットし、和紙や布をかぶせる(両面テープが大活躍)。

搬入を考えて、大きい奴は極力薄めに、重量を「軽く」するのがテーマでもあります。

自分で裏打ちする作品分も含めて10点ほどが完成(吊り金具の取り付けは作品を貼ってから)。

ベニヤの端切れがいくつか出たから、あと数点作っておこうかな…

パネルに合わせた「書」を、という逆パターンが有りかも。

2010-04-25 母校のハシゴ

あゝ50年…_ 18:33

昨日は、昼前、ほぼ半世紀振りの中学校の同窓会へ。

校門を入ってすぐの場所の受付けには、年次が違う同窓生が三々五々集まってきます。

おお、ここにも「トキワ荘」がらみの街おこしが!!!

「チューダーあめをご購入の方には閉校記念誌を差し上げます」って(笑)。

※この飴の由来はhttp://blog.goo.ne.jp/tokiwasou-streetここで検索。

f:id:manga-do:20100424193749j:image

体育館(我々の時代には無かった)にはテーブルとお茶が用意されていて「ご自由にどうぞ」と。

学んだ木造校舎は既に無いし、取り壊されると聞かされても、学校(建物)自体に感慨は特段…ですな。

59年の歴史というから、近年卒業の若者から子供連れ、爺さん婆さんまでがあちらこちらでのんびりと、まぁ普段どおりの学校開放日の雰囲気ですかね。

私の年次(15回生)は9人(♂7♀2)が集った。地元在住はわずかに2人だけだ(一人は受付)。

そうか、地元に暮らす人間にとってはわざわざ学校を見に来る必要もないわけで(笑)。

集まった9人は前もって約束していた連中だから、これはこれで良しなのです。

ほぼ全員が、実際の顔合わせは卒業以来ゆえ、それはそれは懐かしく、ほぼ半日、実に楽しい時間を共有した次第。

一同、盛り上がりついでに、近くの椎名町小学校にも突撃!

こちらは去年に創立80周年を迎えた(私ら30回生)。

土曜日ゆえか校庭は開放されていて、卒業生ということで特別に校舎内にも入らせてもらえた。

全てが木造だった校舎、半世紀前に一部分だけコンクリートに建て替えられて、その教室を初めて使ったのが私たちだった(6年生の途中から)。

今は全てが建て替えられ、その部分が一番古い校舎となって50年の歴史を刻んでいる(写真左上部分)。

50年振りに入る教室は…正直「こんなだったのかしら?」で、もう記憶の外。

地元の男が追加合流して10人目。

その後、東長崎駅近くの喫茶店で尽きぬ話を…

「次は、この輪を広げて同期会にしよう」と約束して、夕刻にお別れ。

裏打ちを_ 18:33

今日は「あながま会」出品用作品の裏打ちを頼みに、川越の書道用品店へ行く。

小品は自分で裏打ち出来るが、半切サイズは失敗しそう…

ということで、5点ほど。

しいなまちお・Kしいなまちお・K 2010/04/28 01:53 先輩のときは体育館もなしですか。そうとう年季が入ってましたけど。見納め会は270人来たそうです。地元人も知らない閉校記念誌よくゲットされました。あとで見せてください。

manga-domanga-do 2010/04/28 10:12 おお、そんなに貴重な冊子でしたか!!!
記載のデータによると総卒業生数が8181人となっています(もっと多いと聞いていたのですがね)。
それで参加が270人…これが多いのか少ないのか…
記帳しない人もけっこういたみたいですよ。

ちなみに各年の卒業生数は、
4回生が460人で最多(♂234♀226)。
私の年次(15回)は189人(♂92♀97)。
最後の59回生(’05卒)はわずか10人!(♂7♀3)
あの体育館は私たちが卒業する3月の落成となっていますねぇ(じゃ、卒業式だけここで…?)。

2010-04-23 蕎麦と書

連夜の指南受け_ 18:04

昨夜は久し振りのそば道場(前回は休んでしまった)。

包丁を持参して「へへ、買っちゃった!」と。

先輩方から「うん、なかなかいい包丁だよ」と言っていただきました(ホッ)。

今の私の課題は「丸出し」。なかなか真円に広がってくれませんねぇ。力加減でしょうか…

今夜は書道教室。

ここ数日でいろいろと書いたものを持参する。

「あながま会」出展作品を先生に選んでいただきませんとね。

相変わらず間際になってのバタバタだ!

<集中して>といえば聞こえがいいが…

2010-04-21 同窓生のつづき

二人展_ 20:52

高校の美術部で一緒だった同窓生から二人展のご案内。

彼女、「染」をやられているのだ。

f:id:manga-do:20100421204926j:image

f:id:manga-do:20100421204925j:image

私も「あながま会」の案内を送りましょう。

2010-04-20 中学、高校の

これでおしまい?

同期会_ 18:46

今週からテレ朝で同窓会がらみのドラマ「同窓会〜ラブ・アゲイン症候群」が始まるそうだ。

番宣によると、再会した45歳の男女4人の恋愛を、とねぇ…

中学時代の同級生らしいけど、どんな展開になるのやら?

私、今週末に中学校の同窓会に行きます。

廃校になった母校(豊島区立長崎中学校)の校舎が取り壊される前にと企画されたのだが、さて、どのくらいの仲間が集うのでありましょう…

初恋の人と再会して、ドラマと同じような大人の恋が始まる?

うーん、私ら還暦過ぎだからねぇ(笑)。

そして、昨夜、高校時代の友人からミニ同期会の連絡。おやおや!

4年前の同期会は全体的な催しだったけど、今回は十数人のごく親しい連中だけが集まる「親睦会」だという。

参加の男女比は6:4くらい…なんだかちょっぴりウキウキしますな。

世間は「同窓会」ばやりなのでしょうか?

2010-04-19 嬉しいな!

そば包丁_ 10:03

「あながま会」総会前に寄り道したのは、合羽橋道具街。

そば道場で使っている(備品)のと同じ、30〜33cmのそば包丁を購入するためだ。

今、自宅で使っているのは24cm(450g)だから、一気に長くなる。

重さも倍近くになるため、少しでも軽い30cmにしようかと思ったが、

「鍔屋」のモリブデン鋼33cmの、鋼の厚みがやや薄いタイプに決めた。

30cmの通常版と同じ800g(値段も同じ)だったのでね。

あとから「やはり33cmにすればよかったなぁ」なんてのはいやだから。

これで、もう包丁のせいにはできない!

ついで、竹細工の店で振りざるを買った(確かに、水の切れが格段に違います)。

f:id:manga-do:20100419094555j:image

※鞘つきの包丁袋と粉落とし(手巻き寿司用のへらです)、右が24cm(今後はうどん用に)。

昨日、カミサンが長女の挙式用ドレス選択に立ち会ってきた。私はお留守番。

夜、そのスナップ写真の数々を見せられて、うるうる…と来た私であります。

一方、旦那の式服には突っ込みを入れたりして、嬉しい酒!(笑)。

2010-04-18 今年のデザインは

いかが?_ 09:26

f:id:manga-do:20100418092608j:image

第22回「あながま会」の案内状。

会期は5月13日(木)〜19日(水)

会場・ギャラリー絵夢(新宿モリエールビル3F)

f:id:manga-do:20100421082817j:image

※今回、大塚あとみ、増岡弘の両名がお休みです。

2010-04-16 寒い!

明日は外出予定_ 19:30

このところ寒暖の差が激しい。今日は冬に逆戻りのようだ。

予報では、夜から朝にかけて雪が降るかも、って?!

明日は都内で、年に一度の「あながま会」の総会がある。

来月の作品展示(即売)会開催に向けての打ち合わせ。案内状も出来あがってくる予定。

もうこの時期、軽装で出かけたいよね。

総会前に寄り道したい場所もあるのだが…

暖かくなってくれ〜〜ッ!

2010-04-15 つづき

なんだかなぁ…_ 13:32

第7号にはギャグまんが特集。

三村貞、まさい滋魚、南泉寿、吾妻ひでお、ZABOW、園場しのぎ(鈴木プロ)…

一部の名前もギャグですね(笑)。

他に短編の「ぼくは驚いた」さいとうふみやす、「あすへ走れ!」浅井幸雄。

8号は競作ナンセンスまんが。

クニ・トシロウ、谷岡ヤスジ、高瀬斉、松本堯一・黒田明、矢玉四郎、あしべ香、高信太郎、まさい滋魚。

短編が「地獄の季節」向後つぐお、「消化不良の世界」畠大輔。他にZABOWの「動物習作集」。

向後つぐお、畠大輔の両氏は、若いころに投稿文芸誌「抒情文芸」(旧「灯」)という雑誌の読者サークル「ともしび会」にも在籍(絵画グループ)していて、私(短詩グループ)も知った名前でした。

9号、爆笑ギャグ特集。

まさい滋魚、草原たかを、はらたいら

短編が「あからさま物語」畠大輔、「太陽のあたる場所」さいとうふみやす、「トントトトン」あしべつひろし、「梶淳之介の犯罪」向後つぐお

あしたのジョー」が巻頭にあるだけで、全ページの半分は別作品群。

なんだか普通のマンガ雑誌になってきましたねぇ。

10号なんて、

傑作ギャグまんが、青春コメディー、怪奇まんが、傑作新鋭まんが、爆笑ナンセンス、異色新鋭まんが、と盛りだくさん!

あらら、目次も「あしたのジョー1月号」になってる(笑)。

f:id:manga-do:20100415132131j:image

全巻をもらって、そのボリュームにビックリしたけど、スペース的には半分で済んだ? 

いや、だからといってバラしたりはしませんが、処分を決断した人の気持ちが分かってきたような…(笑)。

巻末の「おがわあきら」という名前には昔のガリ版同人誌で認識があります。

おがわさんが主宰していた「風劇画グループ」に、中学生の私も一時期所属していたのだった。

f:id:manga-do:20100415132129j:image

f:id:manga-do:20100415132127j:image

「編集・おがわあきら」の文字が読めます。

表紙絵は…共に、もりまさき(当時、すでに劇画誌「街」デビュー済)。

発行1961年(昭和36年)だ。

ああ…半世紀…

2010-04-14 覚えてないシーンがいっぱい!

「あしたのジョー2」ではない。

あしたのジョー」_ 15:31

第2号は鑑別所での西との出会いから、少年院への移送とライバル力石徹の登場で194ページ。

力石は、段平からジョーへの「通信教育はがき」の配達人として初めてジョーの前に現れたんですねぇ、知らなかった!(忘れてた?)

…って、今さら中身の紹介してどうする!

あとは、

新人まんが賞佳作入選「刀の少年」桝谷猛と「ロボット警官」前谷惟光

な、懐かしい!!!ロボット三等兵だ。

3号には「手錠」遠藤盛郎、「狂人館」さいとう・ふみやす。

4号に「若き反逆の日」大倉元則、「白痴館の亡霊」長谷川法世(鈴木プロ)。

5号、「化けの皮」辰巳ヨシヒロ、「ヒットラーは死なない」さいとうふみやす。

6号、「奔馬の叫び」村岡栄一、「六助の殺意」向後つぐお

…と、新人、ベテランの読みきりが。

中には川崎のぼるそっくりとか、永島慎二そのものも。

こういう別冊はアシスタントから独立へ、という若手のチャレンジの場でもありますね。

不動産屋から、賃貸に出した旧仕事場の募集図面(チラシ?)が送られてきた。

HPへの掲載も確認。うん、なかなかの優良物件に思えるが(笑)。

その庭から満開の「ハナカイドウ」数枝を持ち帰り、活けてみた。

f:id:manga-do:20100414090459j:image

来年はこんなこと出来ないかも…ね。

2010-04-13 就寝前のお楽しみ

検証?_ 10:35

ベッドの中で「あしたのジョー」を読み始めた。

これから一晩一冊、就寝前のお楽しみ。

第1号は、ジョーと丹下段平との出会いから始まって、彼が鑑別所に入れられるまでの184ページ。

途中のドヤ街の子供たちとの描写が<ちばてつやの雰囲気>満載ですね。

おそらく原作には無い部分であろう「お遊び」が楽しい。

殴り合いとか派手なアクションは、先生ちょっと慣れてない…というか…まだ手探りしてるみたい。

構図、ペンタッチとか描き文字っていう、あくまでも作画制作上のことですがね。

なんて、こんな検証?ができるのが嬉しいな。

読みきりは、

異色マンガ「氷原の牙」遠藤盛郎と爆笑マンガ「ずっこけ親子」太宰勉。

このころの雑誌には、

ちばてつや先生に、はげましのおたよりを出そう。」と住所が載っています。

遠藤さんは期待の大物新人ということで編集部気付だけど、太宰さんは南長崎2丁目のアパートが!

おや、トキワ荘の至近(徒歩1分)だ。画風は赤塚不二夫そのものだし、納得!

そうそう、トキワ荘記念碑完成一周年記念のイベント、私は伺えなかったけど、当日のニュースがこれ。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010041102000080.html

コーンベット又はコーンベース_ 10:35

私が愛用しているアルミの捏ね鉢は軽いので、滑り止めに薄いゴムマットを敷いているのだが、力が入るとやはり動いてしまう。

そこに、「コーンベットを使うと便利」という記事に出会った。

工事現場などにあるカラーコーンの重しです。

http://item.rakuten.co.jp/mitsugiron/211300561/

なるほどね!この穴にピタリと嵌まれば動かないってわけだ。

ホームセンターで手に入るということで、さっそくゲット。

ズシリと重いゴム製(3圈砲韮械苅輝漾という安さ。

捏ね鉢の底面サイズに予想どうり合致しました。これはいい!

ただ、難点が…あった。

ベタついた油分は洗い落としたが、ゴム臭がきつ〜い!!!

古タイヤの再生なのかな、これ。

何とか対策を施さねば…と、とりあえず陽に当てている(笑)。

水を入れるプラスチック製もあるそうだけど、そっちは気付かなかったなぁ。

トキワ荘通り・Kトキワ荘通り・K 2010/04/13 22:08 先輩、おかげさまでイベント無事終了しました。いつも絶妙なバックアップありがとうございます。
ところで「太宰勉」さんとは?高井先生のウイキによると山内ジョージ先生との共同ペンネームとのこと。南長崎はいったいどちらのご住所なのでしょうか?高井先生もトキワ荘のそばのスナックで会った方の話は聞いておりますが、山内先生もトキワ荘でアシスタントをしておられたということで・・・。

manga-domanga-do 2010/04/13 22:48 おっと、高井、山内両氏の共同ペンネームでしたか。
こちらこそ情報をありがとうございます。
アシスタントに違いないとは思いましたがね。
絵柄がまるで「赤塚」ですから。
当時のアパートですから今もあるのかどうか…
赤塚さんゆかりの「紫雲荘」ではありません。
あとでこっそりね(笑)。

nagataninagatani 2010/04/14 12:19 >そう、共同のペンネームですね。
このころの高井さんは、なかなか「作品」を
描こうとしなかった印象です。

なにしろ、ぼくと赤塚で、若松町の下宿へ行き
直接アシストをお願いに行くのですが…。
不在!電話が無いんですよ。いやはや…。

彼は「気分がノラないと」だめでした。
今はすっかり安定した作家として知られていますが
ぼくらにとっては、ちょっと意外な変身でしたね。

manga-domanga-do 2010/04/14 15:23 高井研一郎さんはWiki情報によると「引越し魔」だそうです(笑)。

2010-04-10 え、空くのを待ってたの?

ビックリ!_ 00:35

今日、娘の旦那が大きな紙袋を提げて登場。

あしたのジョー」(講談社、昭和44〜48年発行)の全23巻と、

火の鳥」(朝日ソノラマ、月刊「マンガ少年」別冊版、昭和51〜56年)の全巻だ。

(注・「火の鳥」はこの後、太陽篇(上下)、別巻ギリシャ・ローマ篇と刊行されます)

f:id:manga-do:20100410161743j:image

これ、私へのプレゼントかい?

世代的には、リアルタイムで購入してたものではなさそうだが…彼も同様、場所ふさぎゆえに持参したのかな?。

うーん、ま、嫌いじゃないから、ありがたく!頂戴。雑誌サイズだから読むのにも楽だしね。

あしたのジョー」には、各号の巻末に新人マンガ家の短編が載ってたりします(それも楽しみ)。

今となれば貴重&稀少品でしょう、コレ。え?大丈夫よ、売ったりしないから(笑)。

※よくよく訊いたら、最近、身辺整理している知人から譲り受けたんだって。

その知人、私と同年代だった!!! おいおい。

2010-04-09 本の処分

第1弾?_ 11:47

彩の国「古本まつり」にも出店している近所の古書店主に来てもらった。

最初に書棚全体を眺めてもらう(一応、我が家にはこんな傾向の本ばかりですよ、と)。

「これをみんな処分されるんですか?!」

「いやいや、いずれはそうなるでしょうが、まだ仕事中なのでね」

店主は素早く欲しい本をチェックしたようだが、そういうのは私も売る気がない訳で…

日を改めて、じっくりと査定に来たいと言う。

うーん、参考にはしたいが…そこは要検討だな。

次に山積みの不要(用)本を案内。

今日のところは<一山いくら>でこれの引き取りだけをお願いする。

「すみませんね、かさばる処分品ばかりで」

「中には値段のつけられる本もありますから、ご心配なく」

ということで、とりあえず山はスッキリ片付いた。

売値は…そう、昼メシ代くらいに(笑)。

くまごろくまごろ 2010/04/09 14:22 本の処分は結構困りますね。
手元に置いて置きたいけど場所がみたいな・・・
簡単にスキャナーなどでデータ化出来れば良いのでしょうが、
実際現物があるからイイと言うのもありますし。
困ったもんです。

しかし昼飯代位とは・・・まぁそんな世界ですね。

manga-domanga-do 2010/04/10 00:35 そうなんですよ、目方でもないし大雑把にね。
こちらが処分代を払わないだけマシってところでしょうか。
しばしば軽トラが「不用品の買取回収を…」って回ってくるけど、
実際には「処分にはお金をもらわないと」ですからね(笑)。
店主も古本業界の実情を嘆いていました。
今はコミックスも売れないらしい…

2010-04-08 月刊「広場」315号

月刊「広場」315号

到着_ 11:33

手塚ニアンが参集している同人誌「広場」の4月号。

この雑誌は一ヶ月前の発行ではありませんで、4月に入っての4月号です。

お花見の場にはタッチの差で間に合わなかったとか。

表紙は、松田朝旭さんの「擂り鉢」。いいなぁ!この絵。

手塚プロの小林準治さんが、鉄腕アトムの「人工太陽球の巻」絡みの思い出ばなしを書いている。

(今朝の新聞によると、中国で「鉄腕アトム」「ブラック・ジャック」「三つ目が通る」手塚作品三作の携帯電話配信が始まったそうです。むろん中国語訳)

今号も手塚復刻本についての匿名座談会や、掲載リスト、さらには「てづかマガジン」の記事など盛り沢山だ。

お便りのページには、先号の新企画<記録しておきたい人たち>の第一回「谷川一彦」が好評で、反響がいくつも載っている。

次回は「山川惣治」だそうで、私は第三回の原稿を依頼された。さて、その人は誰でしょう? 

そして、高津ナミさんが私と同姓同名の絵描きさんのことについて投書されている。おやおや。三人の同名異人のミステリーだというが…他の二人は同一人物かもしれないし? 美術展に出品している画家とマンガの原作者。

私は元アニメーターのマンガ描きで、自称書家で、そば打ち(笑)。

虫プロ時代に文通した彼は今ごろ何処に? その人もマンガの似顔絵を投稿してたんだよね…

となると四人だ!(三人が同一人物???)

2010-04-07 アトムが小学生に!

入学おめでとう!

え、新宿区民?_ 18:52

鉄腕アトムが戸塚第三小学校に入学?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000023-maip-soci

2003年4月7日の誕生だそうだから…そうか、もう6歳になってたってことなのね(今日で7歳)。

雑誌「少年」の昭和27年4月号からの連載開始なので、その発売日の7日を誕生日と設定したのだとか(実際には3月7日に出てるんだけど・細かい指摘)。

それと…たしかアトムは手塚プロがある新座市で「住民登録」されてるはずですが?

埼玉県の入学式は明日だから、新座の小学校にも現れたりして(笑)。

2010-04-06 灯台下…

樹齢三十数年。_ 18:39

f:id:manga-do:20100406120441j:image

実のところ、私の書道部屋(兼、めん打ち部屋)の窓外には満開の桜が咲いている。

子供たちが小学校に入学するとき、この桜の幹を背にランドセル姿の記念写真を撮ったものです。

今では巨木となり、我が家の窓の高さへと到達。

手を伸ばせば届くほどに近く、ちょうど目線の位置に樹のてっぺんが!

だから、何のことは無い、今日は自室でお花見。

暖かい陽射しの中、椋鳥が花から花へと飛び回って、蜜を吸っている。

筆をとり、半切を一枚書く。

  さえずりの 包み込まれて 花万朶(はなばんだ)

ぜいたくじゃのぉ…♪(酒は飲まないけどね・笑)

布花館布花館 2010/04/07 11:52 ホント、贅沢ですねぇ・・・
花達が巣立ちの のちも花に包まれ 
ですね(^^)
さ、私も息が切れぬうち、もう少しがんばろう〜
「何を?」「いろいろ」

manga-domanga-do 2010/04/07 19:10 ありがとうございます。
(でも、まだ巣立っていないのが一羽・笑)。
おっと、息切れには早い早い!
お互い、散るのはまだまだ先送りしませんと(え、花も咲いてないのにって? コラコラ)。

2010-04-05 満開も…

肌寒し!_ 11:54

f:id:manga-do:20100404134802j:image

ほら、満開!!!

f:id:manga-do:20100404171841j:image

残念ながら、どんよりと曇った中でのお花見だった。

雨の心配は無さそうでも、寒さへの不安からか、当日キャンセルの方が何人かおられたようで、月刊「広場」恒例(?)のお花見に参加は計8人。

それでも厚着して酒を酌み交わし、同好の仲間とおしゃべりしていれば嬉し楽し♪でありますよ。

大量のゆでたそうめん(めんつゆ、薬味も)を持参した人にはビックリしたなぁ…

隣合わせに陣取った、増岡弘さんと彼の劇団「東京ルネッサンス」の若者たちとも、おつまみ交換などして賑やかに。

三連荘は終ったけど、もう一回、どこかで<ポカポカ陽気のうたた寝お花見>したいものだ(個人的に・笑)。

さて、仕事に復帰(?)。

2010-04-03 いったい誰(どんな人たち)が?!

修正って…(呆)_ 11:11

(4月2日20時35分配信 毎日新聞

 NHKは2日、「みんなのうた」の楽曲「コンピューターおばあちゃん」に不適切な映像が含まれていたとして、画像を修正すると発表した。

映像は1981年に制作。09年まで何度か放送されていたが、今年2月、DVDに収録された映像を見た人からの指摘を受け、調査したところ、女性の尻や胸、下着姿の写真計3カットが0.1秒ずつ含まれていた。

04年に発行、通信販売されたDVD約4900、ビデオ約300セットについては、購入者全員に修正版を送付するという。

NHK広報局は「ファミリー向け番組としてより適切な表現を期すことにした」と話している。


30年近くも前の映像をコマ送りでチェックするかねぇ…そして「ご注進」。

どこが不適切じゃ、コラ!!!

え、サブリミナル効果だって? はい、はい、はい。

この指摘に、迅速な(そして過剰な)対応をした人たちは、はたして誇らしいのでありましょうか?

作者自らが画像を差し替えるとは思いたくないけど(ね、Hさん)。

先般の「非実在青少年」騒ぎと同根なモノを感じて、いや〜な気分です。

「あれ?! 今、一瞬○○が見えなかったか?」

「けしからん! 削除だ! パンツを穿かせろ!」

アニメの画面に、すっぽんぽんの主人公が画面を横切った。

そう、『まんが日本昔ばなし』の「天狗のかくれみの」(これも30年以上前・笑)。

※Hさんはこの番組制作の仲間です。

ぼやき_ 11:32

今日は月に一度のリサイクルの日。

古新聞・古雑誌、古布、段ボールに混じって「古本」が紐でくくられて集積場に出されていると、本好きとしては胸が痛みます。不用本も古紙に違いは無いのだけれど…

というわけで、寝室に山積みの私の不用本はそのままです。

重い全集本をあっちこっち移動する度にいつも思う。

『これらの本、なんで買ってしまったんだろ…』

今から四十数年も昔、私が虫プロアニメーターだった頃だ。

スタジオにしばしば(毎月のように)本のセールスマンorセールスレディ(妙齢!)が訪れたのです。

トランクに分厚い洋書をギッシリ詰め込んで。

デザイン関係の専門書、外国の絵本、写真集、百科事典、タイムライフ社の各種全集とか、さらにはリーダーズダイジェストやナショナルジオグラフィックの定期購読契約を勧めたり…

「これは仕事にも役立つに違いない!」と、競うように購入しましたよ、私たち。

そう、今にして思えば「いいカモ」だったんですねぇ(笑)。

買うだけで満足して、読みゃしないんだからさ(忙しいこともあるけどね)。

重いし、結局は場所ふさぎになるだけ。私にとっての投資効果は…0.001%もあったのだろうか(笑)。

ということで、もういい加減「おさらばするぜぃ!」

だいぶ前に平凡社の「世界大百科事典(全24巻)」を処分したのを思い出した。

今は惜しいと思っても、きっとすぐに忘れちゃうね。

さぁ、売れずともいいから、古書店に来てもらおう。

f:id:manga-do:20100403153258j:image

稲荷山公園の桜

2010-04-02 「花見」の初日は

稲荷山公園「桜まつり」

空振り_ 17:40

自治会サークルのお花見は早々に中止が決定。

雨模様もあったけど、ご高齢の方が多いため、基本「無理はしない」。

集会所でテーブルを寄せて、予約しておいたお弁当を食べながらの「室内お花見」に変更となりました。

せめてもの足しにと、急遽、私が庭から花を切って持ち込んだのです。誰にも見てもらえない花じゃ、可哀相ですものね。お役に立てて何より。そのまま参加者(♀だけ)へのお土産に。

桜が無くとも酒さえあれば、という人も居られるようで(私じゃない)、集会所での宴もまた楽し!

先般のバス旅行でたくさん摘んだ土筆(つくし)も煮物として供された。ごちそうさまです。

まぁ、雨も上がったし、明日のそば道場の花見(稲荷山公園)は大丈夫でしょう。但し、夕刻からだから寒さ対策は必須ですね。それより、何か一品持ち寄りの料理を作らねば…簡単な大豆のレシピでいこうか。

あさっての花見(航空記念公園)は昼間だが、無風快晴で暖かい日を望みたいものだ。こっち向けにはそばカリントを。「長屋の花見」じゃあるまいし、かまぼこが大根の香こで卵焼きがタクアン、酒がお茶けってわけにもいかんよな(笑)。

…で、この三連荘の花見を、花粉症に悩むカミサンが冷ややかな目で見ているのであります。

さて、今夜は書道教室の年次総会だが、その前に先生に「あながま会」用の作品プラン(デッサン)を見ていただかなくては!

芭蕉や蕪村、一茶の「そばの俳句」を書いてみたのです(苦し紛れ?)。さて…