ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

『萬雅堂』便り

2012-06-30 あっという間だったな

ちょっと細すぎだなぁ…

またおいで_ 11:56

昨日の昼、細切りそばを最後に食べて、娘の一週間の里帰り終了。

「孫が来てくれると嬉しいが、帰ってくれるともっと嬉しい」という話があるらしいが、我が家に関してはそれはない!!!

ただ、正直ちょっぴり疲れたかな…(笑)。

※そば、30秒の茹で時間でも長すぎた!

これだけ細い場合、水切りをしっかりしないとベチャっとなってしまうし、水を切りすぎるとお互いくっついてしまう…(難しい)

娘と孫を駅まで送ったあと、公民館に「市民文化祭参加申込書」を提出。

使用する部屋の希望を書くのだが、それが果たして叶うのかが一番の懸案事項。

近年、サークルが増えて競合しちゃうからねぇ…

実行委員会での話し合いになるのでしょうが、重圧が会長の肩にかかってきます。

2012-06-28 ひばりヶ丘〜田無

1ミリ幅で切る

作画打ち合わせ_ 23:29

制作会社まで出かけて、作画打ち合わせ。

今度の原画さんはそこのスタジオ所属の人。

今シリーズ、既に何本か担当してきたという。

ならばスケジュールは安心の筈(笑)。

楽しんで作画してください。よろしくです!

帰り、そのままそば道場の定例会へ。

500gの二八を打つのが、こんなに楽だったなんて!

(甘く見てはいけないが…)

水は200cc、梅雨時だからでしょうか、やけに少な目だった。

そして今日は、こっそりと細切りに挑戦、1ミリ幅で。

更科そばならOKでしょうが、食感はさほど良くないと思いますよ。

でも、「技」としてね(笑)。

2012-06-27 らっきょう1.4キロ

自家栽培らっきょう1.4キロ

収穫!_ 23:19

昨年の秋だったか、庭のタタミ半畳くらいのスペースにらっきょうの種(球根?)を植えた。

忙しさもあり、放ったらかしのままでいて、収穫の時期は過ぎてしまったかもなぁ…と思いながら、昨日、引っこ抜く。

なんと立派な!!! 身の締り具合も上々で計1.4キロもあった♪

新鮮この上なし。やっぱ、パリパリ醤油漬けに致しましょう。

冷凍庫_ 23:19

旧仕事場で使っていた小さな冷蔵庫(80リットル)が、今の仕事部屋の隅に鎮座している。

私専用ということで、その冷凍室を蕎麦粉などの保存用に使っているが、容量僅か20リットル、すぐにギュー詰めとなる。

買い置きの粉、打った蕎麦、うどん、出汁、辛汁、柚子などなど…

(味噌、たまり、うどん用塩水、かん水などは冷蔵室)

結局のところ、家の大型冷蔵庫の冷凍室に常時の間借りとなって、大変に肩身が狭いのであります。

朝、新聞の折り込み広告を見て、

私「あ、スーパーで冷凍食品の半額セールやってるよ」

カミサン「へぇ〜、で、どこに入れるんですぅ〜?!」

そこで、この度、私専用の冷凍庫(120リットル)の購入を決断。

蕎麦屋が始まって、必要に迫られてということでもある(大義名分)。

一回り大きくなるし、場所の問題もあるから、これまでの冷蔵庫はサヨナラだ。

ですんで奥さん、今度は冷蔵室の片隅を貸してね♪

その代わり、冷凍食品購入のご相談はいつでもどうぞ(笑)。

※ガラガラになったので「心配ご無用」とのことでした。アッチャー!

2012-06-26 快晴

蕎麦屋の6日目_ 21:00

これまでで一番の好い天気!!!

今回も1.25キロを2回打つ(腰をいたわりつつね)。

どうやら、この分量にも慣れてきたようです、私。

今後は技術の向上がどれだけ図れるか、だな。

11時に開店し、2番目の客は里帰り中の娘(笑)。

こんな機会でもないと、ということで。

「ヘイ、いらっしゃい♪」

それが呼び水となったのか、今日も次々の来店で、全29食(内、大盛り3)。

客足は12時半に途絶え、1時で見切って一息ついてると、1時半過ぎに4名が「まだありますか?」と。

「スミマセン、大盛りの分が少し残っていて、合わせれば2人前と半…か」

「じゃ、また今度」

うーん、難しいですねぇ、按配が(笑)。

帰宅すると、監督のチェック済み絵コンテが届いていた。

25−C(9月の放送)の幽霊が出てくる話です。

7分ピッタリだったものが、少し秒数を足してある(感謝!)。

「要相談」という箇所があったので、電話。

セリフだけでは伝わらない心配があるので、そこは文字でも見せましょうか、という提案。

それはそもそも元々がの話。了解です(説明的だけどね)。

さて、作画打ち合わせだ!

2012-06-25 娘の里帰り

嬉しいね♪_ 12:43

都内に暮らす娘が、土曜から孫と共に里帰り中。

爺ージは頬が緩みっぱなしであります。

地元の孫も駆けつけて、いとこ同士、久しぶりの再会。

もうハイハイするし、二人とも支えがあればずっと立っていられる(生後9ヶ月半)。

赤ん坊の成長は早いねぇ♪

滞在予定は、1週間。

お風呂に入れると相変わらずギャン泣きだけど、今回はどこまでスキンシップ図れるのかな〜

「日本の昔ばなし」第13週は、懐かしい名前ばっかり!

(制作スタッフが)全員60代? やんなるね(笑)。

♪昔の名前〜で、出て〜い〜ま〜す〜〜♪

か!!!

2012-06-22 年会費の支払い

JCA通信213号

JCA通信_ 21:13

「火男」の手直し、結局は自分で全部やっちゃった(百数十枚?)。

ふんどしを描き加えるだけだから、実作業は簡単です♪

2時間ほどで片付いた。

スキャンと色付け、撮影は残ってるけど、あとはよろしくです。

帰途、郵便局で日本漫画家協会に年会費を振り込む。

会員らしいことは何一つやってないけど…(苦笑)。

最新の会報は竹宮惠子さんの表紙で「ジルベール」(「風と木の詩」)だ。

表紙の言葉に「私の道しるべです。(略)26やそこらで何考えてんだ!…な作品ですね」って(笑)。

彼女、今年の日本漫画家協会賞で文部科学大臣賞を受賞しています。

長年の作品活動と、大学での漫画教育の成果・功績に対してとのこと。

夜、書道サークルの活動日で公民館へ。

早くも、秋の文化祭が日程に入ってきます。

今年はどんな作品を書くのか、そしてどんな展示を… 

皆さん、心づもりをよろしくね!

見学者(入会希望者?)が来るような話だったが、待ちぼうけ也(次回かな)。

2012-06-21 いろいろあるなぁ…

倫理規定なの?_ 20:44

昼間のリテイク処理で全て片付いたと思っていたら、夜になってプロデューサーから電話が入る。

今度の作品「火男」は、裸の男の子が主人公です。

当然のごとくに描いた可愛らしい部分が放送NG、消してくれだってさ!

本家番組の「天狗のかくれみの」でも描いてたよ、私。

数年前の再放送でもそのまま流れてたのになぁ…(信じ難い)。

もっとも、今回、私の絵コンテ段階では簡単な着物を羽織らせてたんだけどね、キャラクターデザインのSさん(特に名を秘す・笑)がスッポンポンにしちゃったせいだなコレ。

それをまた私がOKしちゃったから(笑)。

で、結局は、消すんじゃなくって、パンツを穿かせてくれっていう指示だ。

だったら、初めからそう言ってよ〜!!!

「昔ばなし」にトランクスやブリーフってのはないから、急遽、ふんどしを描き足すことに(そう、「赤ふん」ってやつ)。

うーん、その処理は私がやるのでしょうね、結局。

私が原画に描き加えて、動画に描き足すのはスタジオのアニメーター

あらあら、また明日も出かけなきゃ!

そして、現場にしわ寄せが… 間に合うのか???

傑作が出来たなんてイイ気になってるから、お仕置きだべぇ〜!!!

くまごろくまごろ 2012/06/22 14:23 そういえ他の話の時もついてなかったです。。。
時代の流れかもしれませんが、へんなところで規制がかかっちゃってますね。

しかし”ない”と逆に違和感を覚えるのは僕だけ?

manga-domanga-do 2012/06/22 21:24 モザイク処理にしたらどうかって声も(笑)。
おおらかに描きたいだけなのに…く・だ・ら・な・い顛末!

2012-06-20 出かけた

今日は_ 20:26

台風一過、30度超の真夏日でありました。

朝8時に家を出たはいいが、JRはダイヤの乱れ(遅れ)で超満員。

ギュー詰め体験はいつ以来かなぁ…若い女性の密着にココロも乱れる(笑)。

やっとの思いで音響スタジオ入りも、1時間もかからずに、ダビングは終了。

楽しい曲と効果音が加わって、「出色の作品に仕上がった」との嬉しい評価は、行った甲斐も♪

数カットのリテイク処理は明日、制作会社でとなる(また出かけなきゃ)。

とんぼ返りで地元公民館へと急ぐ。

午後から公民館利用者交流会ということで、各サークルの代表者が出席を求められていたのです。

私は書道サークルの会長さんの立場だから。

蕎麦のほうでも代表だったり、店長だったり、忙しいおひとだ(笑)。

開始5分前に滑り込みセーフ!

交流会は1時間半ほどで終了。

解散後、薬局に回り、腰痛ベルトを購入して帰宅すると、「劇眼漫歩」56号が届いていた。

f:id:manga-do:20120620201908j:image

特集「復刻大将」で、座談会&記事が読み応えあり。

さすが<懐かしの漫劇倶楽部>、このテーマはみなさん熱いですね!

表紙の「8マン」も楽しい。

高橋孝三郎高橋孝三郎 2012/06/22 16:08 萬雅堂さん、会誌紹介ありがとうございます。そして、いつもブログを転載させていただきありがとうございます。マンガのお仕事、ソバ、書道と多方面に、多くの方との交流を楽しみながら、ご活躍の毎日、少しでも見習いたいといつも思っています。私も今年、初めてらっきょうをつけ、毎日味わっています。

manga-domanga-do 2012/06/22 21:36 欲張り過ぎですよね、私(笑)。
らっきょうは生の醤油漬けがお奨めです。
1キロに対して、
醤油 1カップ
みりん 半カップ
酢 3分の1カップ
鷹の爪 2、3本
だし昆布 10g程度
で漬け込む(密閉はNG)。
ときどき揺すって、4、5日後から召し上がれ♪

2012-06-19 ごめんなさいね

市長さん_ 01:12

担当編集さんから「お疲れさまでした」の電話。

これでようやっと<構成>が完了。

残すはペン入れ、まだまだ先は長い(半年後?)。

絵コンテはラフ描きと秒入れが終わり、あとは絵を入れるだけ。

制作さんの寛容で、結局は水曜のダビングに持参で可、となった。

作画担当者を数日待たせる結果になってしまう。ゴメンネ〜!

で、火曜日は恒例のお蕎麦屋さん(5回目)。

今日は1.25キロを2回打つ。

これで21人前と大盛り用7人分を確保。

1.25キロの玉は捏ねるのもハンパない! 

踏ん張って体全体に力を入れるので腰を痛めそうです(実際パンパン!)。

台風が近付く中、来客に不安があったが、全32人で33食(内、大盛り3食)の完売!

蕎麦ケーキも完売し、コーヒーもたくさん出て、今日は大盛況でした。

市長が3人で食べに来たのと、7人の団体さんが大きかったね。

途中、市長に挨拶をとの声もあったが、オイラ「無視してやったぜぇ」

釜前の職人は茹でるのに大忙しで、中座なんざ出来ねぇんだぜぇ!(笑)

また今度な〜だぜぇ♪

1時間にこんだけの客が来ると、ホント息つく暇もありませんて。

店仕舞い後、前4回の出店での会計報告。

トータルで若干の黒字となったので、お手当が出ました。

もともと人件費の捻出には程遠い筈の今回のプロジェクト、でも、黒字ならそこは還元しなければ。

男の道楽、ボランティアのつもりも、お小遣いは嬉しい♪

そうだ、これで「腰痛ベルト」を買おう!!!

夜、絵コンテ完了(今回もシナリオ担当さんには平謝りだな)。

明日は午前中に「火男」のダビングでスタジオ行き。

本来は監督さんと現場音響スタッフにお任せで良いのだが、今回、絵にリテイクが残っているので仕方なく。

ま、絵コンテを届けるという用件も重なったから、いいか。

台風一過であることを…

2012-06-17 父の日

いや、爺の日_ 13:12

金曜夜は知人の引越しお披露目にお呼ばれした。

打ち立てのそば7人前と、つけ汁、茹で鍋を持参。

伺う私のほうが「引越しそば」を供する、というのも面白いでしょ♪

最寄駅に着いたところで、盛りザルを忘れるという失態に気付き、スーパーでパーティープレートと巻き寿司用の巻き簀を購入、体裁を整える(先方にも盛りザルくらいはありますって・笑)。

こんな場合は、各々でなく、2、3人前くらいの一緒盛りにしたかったのよね。

ひとしきりの歓談後、新居の台所で釜前のそば職人に変〜身ッ!

大皿の上に2枚の巻き簀をずらして重ね、そばを盛りつけると結構おしゃれでした。

美味しいお酒の後の締めにもなったようで、ヨカッタヨカッタ!

昨日は朝から公民館で「蕎麦文化研究倶楽部(そば研)」の月例会(17名)。

入会希望者が3名見学参加。

私自身のそば打ちはパスして、技術指導?と手助けに回る。

皆さん、とても上手くなってきました。

軽口も飛び出して、和気あいあいと楽しそうです。

ちゃんと、つながったそばが打ててますしね。

でもね、

このところ痛感してるのは、こういった趣味で打つのと、お金をいただくそば打ちは別モノということ。

緊張感がまるで違う。行程のあらゆることに、より真剣になります。

会長さんの

「そうやって打ってりゃ、絶対に腕は上がるぞ!」

との言葉を現実のものにしませんと。

で、おろそかにしてはいけないのが、もちろんお仕事。

マンガはラストのネーム構成、三十数ページが原稿用紙への転記完了。コピーしたものを宅配することで約束を果たせた。

アニメ絵コンテ作業は進めているが、今日中の完結は難しいかな…

頭の中では全て出来上がってるんだけどね(笑)。

今朝の「日本の昔ばなし」の放送を見て、3本目の作品にちょいと刺激を受けました。

いい仕事をする人は、ちゃんといますねぇ!!!

頑張らなくっちゃ。

父の日ということで、今夜は娘夫婦が孫を連れて遊びに来る予定。

「爺の日」だよね〜♪ お仕事中断しちゃうよなぁ…きっと。

2012-06-15 合格は貰えたのか?

忙中忙_ 10:05

担当制作さんが「火男」のリテイク作業を代行している間に、3本目の絵コンテを進めておく筈…が、マンガの方に掛かりきり。

共に来週の頭に渡す約束なのだ!!!

自己管理の難しさが露呈してます(苦笑)。

そんな中でも、昨夜はそば道場に♪

このところ1キロ以上ばかり打っているので、500gが物足りない感じだ。

で、会長さんに伺いたかった蕎麦屋の評価は…

「店が明るくてキレイ」

え、そこ?!

「手伝いが多くて良い」

そこ?!

「蕎麦屋らしい字が書いてあって良い」

看板とかメニュー、一応、私がそれ風に…

「二八はまだまだ修業が必要、と誰かが言ってたな」

会長は十割そばを注文されたからねぇ…

まぁ、修業不足は当然のことだけど。

「いや、美味しかったよ!」

と、その誰かさんがフォロー。

ありがとうございます!

「つゆは絶品、ピカ一だった」

あ、そ、そうですか!!!嬉しい〜♪

でも、あれは会長のレシピなんですが(笑)。

「ま、合格だな」

良かった〜♪♪♪

よーし、これからも気を引き締めて頑張ろうっと!!!

週に1日(それも昼だけ)だから、こんな楽しいこと出来るんだけどね。

2012-06-13 アフレコ現場に行く

面白い!_ 20:00

拍子抜けするほど、あっという間に終了。

2時間近くもかけてスタジオ入りしたのに、その1時間後には帰りの電車に乗っていた!

いくら7分の収録とはいえ、早過ぎない?(笑)

全63カットと少ないカット割りにして、セリフもナレーションもシンプルしたせいかもね。

いやいや、なかなか楽しい作品になったようです。

ちょっと早いけど、告知しちゃおうかな。

7月8日(日)に放送のAパート「火男」だ。

本家で杉井ギサブローさんの傑作があるだけに大変なプレッシャーだったけど、アフレコまで終わったなら、もう開放だって(知〜らないっと♪・笑)。

2012-06-12 開店4週目

大盛りばかり!_ 00:11

4日目の蕎麦屋。

私は20人前の二八と大盛り分を3人前準備(つまり21.5人前)。

前回と同量を打った(105cmの巻き棒が活躍!)。

今日は開店早々にそば道場の会長さんたちがみえた。

うわぁ、プレッシャー!!!

事前に、

「手前もあるだろうから、その場ではうるさいことは言わないよ」

と言い渡されている。

どうやら完食していただけたようだが、どんな辛口批評が出るのか、次回の道場へ行くのが怖い(笑)。

それでも、会長の奥様からは、

「つゆは美味しいよ」と。

ありがとうございます!

梅雨入りしたこともあってか、雨降りの中、お客の出足はまばら。

それでも、1時までに前回同様の26食が出た(大したもんだ!)。

二八は大盛り注文が多く、都合7人も。結局、18人で完売となった。

足りない状況になるとなれば、次は1.25キロを2回打つことになるのだろうか(エスカレートするねぇ)。

今日は思いがけない来客が2人、それぞれフリで突然に!

ありがたいことです♪

この日記のお陰かも(笑)。

さて、明日は「日本の昔ばなし」のアフレコだ。

私の演出を柄本、松金の両名がどう受け止めてくれるのか、それを楽しみにと出かけましょう!

でこちゃんでこちゃん 2012/06/13 22:27 こんな素敵な気持ちいいところで お客様をお迎えできて いいな〜。うれしそうな雅さんの姿斜め20度から拝見いたしやしたー。

nagaonagao 2012/06/14 14:16 二八蕎麦美味しかったです。ご多分にもれず、私も大盛りでいただかせてもらいましたが、喉越しがよくもう1枚頼みたった位です。近所だったら毎週通うんですけどね〜。歩きながら景色を見てお店に来るのも楽しいので、会社の人にも勧めてみます。美味しいおそばありがとうございました。また、時間取れたら来たいです。

manga-domanga-do 2012/06/15 10:22 >でこちゃん
ありがとうございま〜す!
そうですか、後ろ姿が嬉しそうでしたか?
よほど楽しいんでしょうね、私(笑)。

>nagaoさん
ビックリしましたよ、いきなり現れた時には!
遠いところなのに、ホントありがとうございます。
次は会社へ出前、いや、出張そば職人がいいかな、そんなことでも出来たら面白いでしょうね〜♪

2012-06-10 月刊「広場」

原節子だ!

6月号_ 19:49

表紙絵は手塚プロの小林準治氏で「原節子」。

小津安二郎の映画「晩春」(昭和24年9月封切)からですって。

彼、いいセンスしてますねぇ!

執筆メンバーも増加傾向、記事もバラエティーに富んで楽しい号でした。

くまごろさんからご案内が届いた。

f:id:manga-do:20120610171441j:image

銀座2丁目のミレージャギャラリー(オオイビル4階)で「みんなの夏休み」展。

やけに可愛らしい作品ばかり、若手イラストレーターのグループ展かしら?

7月4日(水)〜9日(月)です。

伺えるかなぁ…(蕎麦屋営業日を避けてるが・笑)

「日本の昔ばなし」の12週目を観た。

「食わず女房」、こういう話は好きではないなぁ…

「鼻たれ小僧」、本家番組での「はなたれ小僧さま」とはずいぶんと違ってた(笑)。

私は、汚らしい子供とお爺さんで描いたんだけど、今日のは浦島太郎みたいな展開で、可愛い子供と地味な若者。

ま、そっくりなのもどうかと思うけどね。

「和尚と小僧」はシリーズものですかね?

そういや、3本目に笑える話を置くのは番組の狙い、と監督さんが話されてました。

ならば、私の3本目は25-Cだから、面白い幽霊として描きましょう♪

絵コンテをそろそろまとめないと!!!

くまごろくまごろ 2012/06/11 11:45 グループ展の紹介ありがとうございます。
でも・・・火曜日が外しているのは僕の意図じゃないですよー(笑)

まぁ遠いですからご無理せずに。

manga-domanga-do 2012/06/11 12:46 まだ先だからね。
作品も鋭意制作中なんでしょ?(笑)
お互い、頑張りましょう!

2012-06-08 久し振りの

うどん打ち_ 09:10

昨日のそば道場・特別講習会は「うどん」。

そういえば、このところ(中華麺と共に)トンとご無沙汰だった。

自宅で朝から水回しして、丸めて、踏んで、寝かせて…また踏んで…

「そうそう、この感触ね♪」

夕方からの道場でもう一回踏んで、延ばして、畳んで、切る。

ハイ、上々のうどんの出来上がり。

そして、会長さんが用意の「くるみのつけ汁」が絶品でした。

f:id:manga-do:20120610205915j:image

↑これは自宅でのざるうどん(後日)。

麺がつやつやでしょ!!!

ところで、3日目の二八蕎麦は1125g(900gに225gの割粉)を2回打った。

私の腕じゃ1キロ超は難しいし、時間もかかるけど、750gを3回連続して打つのはしんどいんで、なんとか2回で終わらせたいのだ。

量が多いとその分、体力も使います。案の定、一日経過後に疲れが出て、背中がパンパンだった!

本職は2キロでも平気で打つらしいから、まだまだ甘い。

さて、届いた「のし板」だが、さすがに打ちやすい(買って良かった〜♪)

そして、今度は「めん棒」。

1キロ以上を打つには巻き棒(90cm)が短い。

そこで105cmを2本、ネット注文した。

日曜に到着とのことなので、次回には間に合う!

こうして、道具ばかりが増えてゆく…(笑)。

先日の蕎麦店での会話、

「仕事で都内へ行くので、今日は早退させて」

「え、ひぐちさんて、お仕事もしてるんだ!?」

うーん、人はそう見てたか…(苦笑)

してますとも! マンガのネームだって数日中には片付く(筈)。

でこちゃんでこちゃん 2012/06/13 22:18 木の実汁ですよ 4種類の木の実 くるみ アーモンドカシューナッツ ピーナッツ 裏ごしして手間をかけて
愛情ぶりぶり!

manga-domanga-do 2012/06/15 10:11 スミマセン、基本ベースが「くるみ」ってことでご勘弁を!
しかし、美味しいです♪ 
さすが、手間ひまかけた味。

2012-06-07 哀しい…

早川ポケットファンタジーとバンタムブ

巨星墜つ_ 17:03

レイ・ブラッドベリが亡くなったと!!!

SF作家というか、異色短編、幻想文学界の巨星がついに…ですね(91歳かぁ)。

ほぼ半世紀、私の書棚の一角をブラッドベリが占めています。

読み返す機会が訪れない今も、どうしても棄てられない。

高校生の頃、夢中で(小笠原豊樹の詩的翻訳もあって)読んだ「刺青の男」「太陽の黄金の林檎」「火星年代記」そして「メランコリィの妙薬」(これは吉田誠一訳)…

15歳の少年は、「月あかりの中、男の身体中に描かれた刺青の絵が順番に動きだし、一つ一つが小さなドラマを演じた」っていうのに、一撃でやられたのだった。

20歳前後の頃には、外注ペンネームを「入辺虎武(イリベトラブ)」にしちゃったほどなんだな〜♪

青春時代でいえば、「現代マンガ図書館」の内記稔夫さんの訃報にも驚いた。

ある本を探していた私は、開設したばかりの早稲田の店(?)に訪ねたことがあるのだが、そのときの内記さんの親切な応対が蘇る。

さっき届いた東京新聞夕刊に長谷邦夫さんの追悼文が載っていた。

ご冥福を。

2012-06-06 宣材はがきゲット!

編集_ 11:10

蕎麦屋の3日目は26食と、完売ならず(うーん、早くも減少傾向か?)。

私は1時に退出で、「日本の昔ばなし」の編集のため都内スタジオへ。

制作システム上、映像に接するのはこの時点が初めてだから、楽しみではある。

細かなミスや原画のままでの撮影が混ざってはいるが、けっこう良い出来じゃないの!と自賛。

監督も「本家を越えてますよ〜」とヨイショしてくれたし(笑)。

番組の宣材はがきを貰った♪

私はここで宣伝しときましょう。

f:id:manga-do:20120606110726j:image

ハイ「みるばなし!」

最近、ドラマの途中打ち切りが話題ですが、この番組は(とりあえず?)1年間は続きます。

くまごろくまごろ 2012/06/07 11:18 本家を超えるには・・・とりあえず週2話にして欲しいと思う今日この頃。
もう少しじっくりお話を聞きたいです。
なんか忙しなくて・・・

manga-domanga-do 2012/06/07 11:55 詰め込み過ぎ、説明し過ぎであれもこれもとなるからダメなのよ。
2本立てにすれば作家も選別されるはずだし、玉石混交の現状では、私もそう思いますね。
しかし、フォーマットが7分なら、その中でまとめるのがプロです。

2012-06-03 懐かしいねぇ、

「三年寝太郎」_ 17:41

今朝の「ふるさと再生 日本の昔ばなし」は本家で私がやったのと同じ「三年寝太郎」他2本。

キーワードや画像「三年寝太郎」で、この日記にもいくつかアクセスがありました(笑)。

その、何年か前の「まんが日本昔ばなし」再放送時に書いた日記がこれ。↓

http://d.hatena.ne.jp/manga-do/20060927

内容はほぼ同じだし、演出や作画を比べるってのもおかしいけどね。

いやぁ、懐かしさを抱きつつ、じっくりと拝見させてもらいました。

で、来週は「はなたれ小僧(さま)」で同じ感慨をかな?

今日の他の2本は、話の内容はともかく、表現に工夫があって面白かった♪

しかし、先週のサザエさん、今週のちびまる子ちゃん…ってあたりが(苦笑)。

2012-06-02 ワガママを言う

いろいろと_ 02:23

「日本の昔ばなし」、私の2本目の編集作業は5日(火)です。

当日は蕎麦屋の3回目だ。

店仕舞いしてから駆けつけるという腹づもりが狂ってしまった。

Cパートなら楽に間に合うと考えていたのだが、数日前にAパートだったと判明。となると朝からの作業開始で、ガチ重なる!!!

店には既に知人たちからの予約が入っているし、さて困った。

苦し紛れに、制作さんを通してAとCのテレコをプロデューサーに掛け合う。

結果的にはCパートの演出さんにお願いすることになるのだが…

(もちろん、当日の編集作業だけで、アフレコや放送の順番に変更はない)

数時間後、どうやらOKが出た。

「実は、蕎麦屋があるんで…」って、ワガママだよなぁ…私。

しかし、ホント申し訳ない。

その2本目、実はまだ原画が終わらない(笑)。

明日(日)も制作さんが上がりカットを持ってくる予定です。

数カットは原画撮影で編集に臨むことになりそうだ。

金曜夜の公民館書道サークルの例会で、「あながま会」での追加注文の書を終わらせる。あとはパネルの作成だ。

サークル名変更、「柳絮(りゅうじょ)会」から「遊書(ゆうしょ)会」へが成ったようです。

「今月から変わってましたよ」

施設利用予約の申し込み担当者が確認してくれた。

りゅうじょ → ゅうしょ と、ニュアンスだけでも残したのよね〜(笑)。

そば打ちで使う「のし板」が反ってきた。

(均一にのしているはずが)麺帯の片側だけに厚みが残るし、なんか変だぞ?! と判明。

ホームセンターで購入のシナベニヤ合板をそのまま使っていたのだが、やはり周囲に反り止め加工を施した専門の品でないとダメだなぁ。

ということで、そば道具店に発注。

持ち運びが可能なように110×85cmの特別サイズで(B1のデザイナーバッグにすっぽり)。

なんだかんだとお金がかかります。ヤレヤレ(苦笑)。