緩いロゴスblog このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-05-17 「証言UWF 最後の真実」1984年のUWFより正史たりうる

[]「証言UWF 最後の真実」1984年のUWFより正史たりうる






この本、正直、柳澤健『1984年のUWF』より売れて欲しい、こちらが正史になって欲しい、と感じる出来の良さです。

一応、前田日明の証言がトップにありますが、他の多くの人物たちの証言と照らし合わせることが可能なので、証言が相殺でき、決して単なる「前田史観」に堕していないのもいいです。

佐山をアゲすぎることもなく、駄目なところもきっちり多くの証言者たちから聞き出しているのもいいです。

前田を祭り上げる「前田史観」にならず、佐山を神格化する「佐山史観」にもならず、おのおのの証言が重なり合い、実像が立体的に浮かび上がってきます。

神社長らフロントの件に関しても、尾崎さんがひとり柳澤本を踏襲するような証言をしていますが、他の人物たちから、UWF名義でマンションを2件買っていた、陰で隠れて云々という証言が続々と出てきます。

逆に言えば、柳澤さんの新生UWFの経理状況というのは、尾崎さんひとりから辿り着いたものだったのではないかと感じるほどです。

いずれにせよ、その神新二さんも含めて、みんなが若かった……そのことがすごくわかる本です。

オススメです。