まんぷく::日記

2007/10/09(火)

[][]「世界樹の迷宮」、新キャラ作成 「世界樹の迷宮」、新キャラ作成 - まんぷく::日記 を含むブックマーク 「世界樹の迷宮」、新キャラ作成 - まんぷく::日記 のブックマークコメント

強いボスに歯が立たないので、パーティーを強化することにした。

パーティー内には、最高レベルのメディックがいる。この人は、死んだ味方を生き返らせる魔法を使えるが、その魔法のレベルは低い。そのためキャラクターが復活したときのHPがごく少なく、次のターンで回復系の呪文が必須になってしまう。これは戦闘中に不便だ。

ところがこの魔法を強化させようにももう最高レベルだから、いくら戦っても経験値はもらえない。

レベルが10下がるのと引き替えに、スキルポイントを最初からふり直せる「休養」という制度がある。しかし、スキルポイントの総量と必要な魔法の獲得、強化の順序などから考えると、そもそも復活魔法に割り当てられるスキルポイントが少ないのだった。

となれば、誰かを「引退」させて優秀な新人を連れてきて、今よりも強く育てるしかない。

今のパーティーから外れて待機している、最高レベルのアルケミストがいる。育成中のもう一人のアルケミストはレベルが上がってきたので、もうパーティーのレギュラーとして扱えるだろう。古参のアルケミストを「引退」させ、代わりにやってきた新人をメディックとして登録した。

(「引退」によってやってくる新人は、前のキャラクターと異なる職業に就いてもよい)

「引退」するキャラクターと交替でやって来る新人は、最初のスキルポイントを多めに持っている。今のメディックの代わりになるまで、メディック2人体制で育てていこう。

2007/10/08(月)

[][]今日の「世界樹の迷宮今日の「世界樹の迷宮」 - まんぷく::日記 を含むブックマーク 今日の「世界樹の迷宮」 - まんぷく::日記 のブックマークコメント

「世界樹の迷宮」の記事をいくつか書いた影響で、また熱が戻ってきた。

あの強いボス敵に対抗するために布陣を再検討し、育成中のアルケミストに代えて最高レベルのカースメーカーを呼んできた。

結果、2ターンめで全滅、ゲームオーバー。「冒険者たちは先手をとった!」にならないとキツイです。

このボスに対して一番耐えたのは、たしか4ターンくらい。最初のターンで頭を封じることができれば楽になるのじゃが。

明日もがんばろう。

2007/10/06(土)

[][]「世界樹の迷宮2」が出るまでにできること 「世界樹の迷宮2」が出るまでにできること - まんぷく::日記 を含むブックマーク 「世界樹の迷宮2」が出るまでにできること - まんぷく::日記 のブックマークコメント

「世界樹の迷宮」の続編が、この冬に出ると発表された。

「2が発売される前に(いわゆる「1」を)終わらせよう」というコメントをそこここで見る。

でもねえ、それはかなり難しいんじゃないかなあ。

だってエンディングのあとのおまけ部分、面白いけどなんかすんごい大変なんだもの。

たぶん自分の場合、全フロアのマップを作る前に「世界樹の迷宮2」が発売されてしまうだろう。

今年の2月上旬、「世界樹の迷宮」が発売されてわりとすぐ手に入れてから、けっこう継続的に遊んでいるのにこれである。

今のところ、最高レベルに達したキャラクターを2人「引退」させた。「引退」させると新しく、初期スキルポイントをちょっと多めに持っている新人キャラクターが登録される。

新人は、最高レベルになるまでに得られるスキルポイントが多い。その結果、より多くのスキルを、より早く身につけることができる。

最終的に、今までよりも強いキャラクターに育つのである。

新人を育てて最高レベルになったらまた「引退」させるつもり。そうすれば、さらに強い新人がやってくるだろう。

こうやって代替わりをしつつ、より強いキャラクターをゆっくりと育てている。

にもかかわらず、おまけシナリオボス敵がもう、なんじゃこりゃーという強さなのだった。

いまのパーティ内で、最大HPが一番多いキャラクターは600台。

ボス敵が与えてくるダメージは2000以上。

当然即死である。

しかもこの攻撃、パーティ内の一人が食らうのではなく、全員が一度に受けてしまう。

全員即死である。ゲームオーバーなのである。

おまけにこのボス敵、今戦える1匹だけではないらしい。

今までとは桁違いに強い複数のボス敵を全部やっつけないと、全フロアのマップを完成させることはできない。

つまり最近よく言われる「やりこみ要素」がありすぎるのだ。

考えただけで、ゴールの遠さに頭がくらくらしてくる。

でもそれだからこそ、「世界樹の迷宮」は10年遊べるRPGになっていると思う。

そう考えていたから、「2」の発表は意外なほど早いという印象もあるのだった。

いずれにしても「世界樹の迷宮」、「2」の前に全フロアのマップを完成できる人はすごーく少ないんじゃないだろうか。

(エンディングまでは、そこまで苦労しなくてもいけますんでご安心を)

「世界樹の迷宮」について書いた記事

上記の記事をまとめ読み

世界樹の迷宮(特典無し)

世界樹の迷宮(特典無し)

2007/10/04(木)

[][]「世界樹の迷宮2」が出るらしい 「世界樹の迷宮2」が出るらしい - まんぷく::日記 を含むブックマーク 「世界樹の迷宮2」が出るらしい - まんぷく::日記 のブックマークコメント

明日発売されるファミ通に、詳しい記事が出るらしい。

基本的なゲームシステムに変更はなく、ブラッシュアップ中心らしい。(お店と装備のインターフェイスが改善されたら嬉しい)

職業がいくつか追加されているらしい。

開発進捗状況はすでに70%で、冬にもう出ちゃうらしい。

ばんざーい。楽しみ楽しみ。

世界樹の迷宮(特典無し)

世界樹の迷宮(特典無し)

「君はこのレビューを参考にしてもいいし、参考にせずにいきなりプレイしてもよい」。そんな独特な語り口が世界をグンと広げる。『ウィザードリィ』や『ブラックオニキス』のような名作ロールプレイングを遊んだ経験者には、昔懐かしい手触りがあるはず。また、この手のゲームを初めて遊ぶ人には、想像力を膨らませる体験を味わってほしい! これぞコンピュータRPGの本来の醍醐味が結晶した傑作。迷路を一歩ずつ進みながら、Nintendo DSの下画面を塗りつぶして、マップを書いていく。自分の前に道はない、自分のあとに道ができる。想像力があるから、希望が開け、恐怖にとらわれ、ときに足をすくませ、ときに足を進ませる。コンピュータRPGが生まれて20年あまり、僕らの失われた想像力を復権する試み。心せよ、深くて暗い世界樹の地下で、驚くようなどんでん返しが待っている!

Amazon.co.jp: 世界樹の迷宮

2007/06/05(火) 晴れ

[][]ここでこう来るか、「世界樹の迷宮ここでこう来るか、「世界樹の迷宮」 - まんぷく::日記 を含むブックマーク ここでこう来るか、「世界樹の迷宮」 - まんぷく::日記 のブックマークコメント

夕べは、「世界樹の迷宮」があまりに面白くて夜ふかししてしまった。ってゲーム自体はエンディングをもう見ていて、ある意味おまけの追加シナリオを遊んでいる段階なのだけれど。

面白いと感じたのは、あるフロアの構造である。

そのフロアには、罠がたくさんある。一歩先に罠があるかどうかはわからないので、最初のうちは罠に何度もかかってしまう。

苦労しながらフロアの地図を作っていくうちに、罠の法則らしきものに気づく。それを検証するのは面倒だけれど、なにしろ罠は多いしやっかいなので、罠にかかりながら地図を作り続けるよりはよい。

仮説に従って、もしかしてこうやってこうすれば…とやってみると大当たり。それでも地図作りはほかのフロアのようにはいかないが、法則がわかればあとは時間をかければなんとかなる。

こういう手続きがとても面白い。

最初は右も左もわからない。調べるうちに法則の仮説が立つ。仮説を検証する。真とわかった法則に従って問題を解決する。

暗い目の前が開かれていく楽しさは、「世界樹の迷宮」のようなダンジョンRPGが本質的に持っている。このフロアは、その楽しさをコンパクトに再体験させてくれた。

「世界樹の迷宮」はやっぱり好きだな、いいゲームだな。

(6月6日記)

今までの記事

世界樹の迷宮(特典無し)

世界樹の迷宮(特典無し)

2007/06/03(日) 晴れ

[][]「世界樹の迷宮」がなお面白い 「世界樹の迷宮」がなお面白い - まんぷく::日記 を含むブックマーク 「世界樹の迷宮」がなお面白い - まんぷく::日記 のブックマークコメント

こないだ「まだ遊んでます」と書いた「世界樹の迷宮」、新しいキャラクターを作ったらますます楽しくなってきた。いやあもう困っちゃうなあー(ほくほく顔)。

当初のパーティーはソードマン、パラディン、メディック、レンジャー、アルケミストという王道系。その後カースメーカー、ブシドーときて、人から「バードもなかなか味わい深い」と聞いたのでバードも作ってみた。

どのキャラクターを使っても、それぞれなりにきちんと戦略が立つのが面白い。その上同じ職業でも、レベルアップでどのスキルを伸ばすかによって、別人のようにも育てられる。

いったん攻略が終わった階層で見落としがあったらしく、改めてすみずみまで回る必要が出たことも、新しいキャラクターを育てるのにちょうどよかった。これはクエスト(依頼シナリオ)の作り方のうまさだね。

そんなこんなで、エンディングはもう見たのにまだまだ遊べて実に嬉しい。それこそ自分にとってのウィザードリィのように、10年近く遊べてしまうかもしれない。

今までの記事

世界樹の迷宮(特典無し)

世界樹の迷宮(特典無し)

2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |