まんぷく::日記

2005/10/27(木)

[][][]東大キューブサット受信成功 23:02 東大キューブサット受信成功 - まんぷく::日記 を含むブックマーク 東大キューブサット受信成功 - まんぷく::日記 のブックマークコメント

[写真:中須賀研究室]こちら東大中須賀研。キューブサットからの信号を無事受信しました。

成功です!

後日追記分

[写真:中須賀研究室]もうちょっときれいな写真をまず1枚。これはすでに信号を受信中の様子。

北海道工業大、日大、東工大、九州大もXI-Vからの信号の受信に協力しており、チャットでお互いの受信状況を知らせ合っていた。最初のパス(上空の通過)は21時9分からだったが、仰角が東京で最大7度ときわめて低く、信号を受信できなかった。約1時間半後の22時46分からのパスは、最大仰角が80度以上とほぼ真上を通り、ここで見事に信号を受信。キューブサット「XI-V(サイ・ファイブ)」は無事に衛星から放出され、宇宙で稼働していることが確認された。

この研究室で信号を受信し始める数秒前に、チャットで「道工大、受信したそうです!」の第一報が入り、続いて研究室のスピーカーからもモールス信号が聞こえ始めた。

といっても、「こちらグリア天文台のマジャホ。確認した、衛星になってる! 成功だー!」「ワー!」のようにはならない。モールス信号は、XI-Vが自分のステータスを伝えてくる大事な情報である。それぞれがにっこりしたり、小さくガッツポーズをとったりする程度で、ノイズに埋もれそうな信号を聞きもらすまいと緊張していた。

[写真:中須賀先生とプロマネ船瀬氏]パスが終了し、受信した信号の解析もひと段落したところでヒーローインタビュー。左が中須賀先生、右はプロマネの船瀬氏。最初の打ち上げまでが描かれている『キューブサット物語』(ISBN:4767803993)では新人めだった彼が、今回はプロマネを務めている。中須賀先生いわく、「1度目の成功はラッキーだったかもしれない、しかし2度目も成功となれば、これは運ではなく実力だ」。船瀬氏はちょっとうるうるしてました。

テレビカメラも入っており、今年の初めから取材を続けてきた成果は後日放送されるそうだ。スタッフの方も、たび重なる打ち上げ延期の末にやっと無事に上がり、ほっとした様子だった。

といっても、衛星の運用はここからである。まず信号を安定して受信できるようにしなければならない。衛星が出す信号の周波数は決まっているが、温度の変化やドップラー効果(衛星は地平線から現れて反対側へ沈むまで、最大でも15分くらいしかかからない。高速で移動しているため、救急車のサイレンと同じことになる)などのため微妙にずれる。何度も受信して変化のパターンをつかまなければならない。そのほかいろいろな調整が必要で、定常運用が始まるまでは2週間から1カ月ほどかかる見込みとのこと。

前回打ち上がり、すでに2年半にわたって運用が続いている兄貴分「XI-IV(サイ・フォー)」について、面白い話を聞いた。XI-IVから送られてくる画像(「さいめーるステーション」で登録すると受信できる)は、だんだん品質が良くなってきているという。実は搭載したカメラのレンズが明るすぎて、当初は絞りをめいっぱい絞っても、明るすぎる写真しか撮れていなかった。それが、宇宙で放射線などをたくさん浴びるうちにレンズが少しずつ曇ってきて、いい感じに暗くなり露出が適正になってきているそうだ。

ともあれ、おめでとうございます。日本大学の研究室が人工衛星を2機同時に運用するなど、数年前には考えられなかった快挙です。

東工大も次のキューブサットを準備しているほか、日大、九州大などもキューブサットを製作中とのこと。学生による宇宙開発が、ますます発展していってほしいものです。

2005/10/26(水) 曇り

[][]東大キューブサット「XI-V」、明日打ち上げ予定 東大のキューブサット「XI-V」、明日打ち上げ予定 - まんぷく::日記 を含むブックマーク 東大のキューブサット「XI-V」、明日打ち上げ予定 - まんぷく::日記 のブックマークコメント

東大の学生たちが作った一辺10cmの超小型人工衛星、キューブサットの「XI-V(サイ・ファイブ)」が、何度も延期の憂き目にあいつつ、今度こそ打ち上げられるようです。

XI-Vは、2003年6月30日に東工大のキューブサット「Cute-I」とともに打ち上げられた「XI-IV(サイ・フォー)」の姉妹機で、新型のカメラや太陽電池の性能試験を行うとのこと。

また今回は、主衛星のおまけで打ち上げられる「ピギーバック衛星」からさらに放出される、いわば「孫衛星」になるという珍しい方式だそうだ。

スケジュールは以下の通り。

ロケット打ち上げ予定時刻2005/10/2715:52:26[JST]
XI-V分離予定時刻2005/10/2717:37:26[JST]
初めての日本上空通過予定時刻2005/10/2721:09:45[JST]
打ち上げ関連

ただし今回はロシアへ行く人がいないため、『キューブサット物語』(ISBN:4767803993)で描かれた初回打ち上げの時のような、チャットによる生中継はない由。

それでも、XI-Vからの電波を受信するための情報などは提供されており、世界のアマチュア無線家は「初キャッチ」を狙っているのだそうだ。

  • ISSL Ground Station」:東大キューブサットを作っている中須賀研究室の地上局サイト。衛星に関する情報はここから得られる

5回目の正直で打ち上げられるか、そして無事宇宙から電波を送ってくるか、楽しみ楽しみ。

関連リンク

以下追記

当日は、テキストによる実況ページもあり。

http://www.space.t.u-tokyo.ac.jp/cubesat/mission/Vlaunch/live/index.html

ESAによるストリーミング中継もあるようだけれど、このURLは非公開かな?→さらに追記:「川島レイのレイランド Reiland: XI-V、明日打ち上げ」で紹介されている。公開しちゃっていいようだ。ESAによるストリーミング中継のURLは以下。

http://www.streamingwizard.com/clients/space.asx

2005/09/28(水) 曇り

[][]東大キューブサット「XI-V」打ち上げ延期 東大キューブサット「XI-V」打ち上げ延期 - まんぷく::日記 を含むブックマーク 東大キューブサット「XI-V」打ち上げ延期 - まんぷく::日記 のブックマークコメント

いくつかのニュースで「9月30日打ち上げ」と報道されているキューブサット「XI-V(サイ・ファイブ)」だが、ほかの衛星の都合で最低1ヶ月の延期になった由。それは残念。

たくさんの衛星を一度に打ち上げようとすると、足並みを揃えるのが難しいようだ。飲み会とかオフ会で、人数が多いと意思決定や移動に時間がかかるようなものか。

関連サイト

FuetaroFuetaro 2005/09/29 11:25 310の3機種はどれもサクサク動くらしいですよ。薄さだけならWX310Jがストレートタイプなので京ぽんより薄いです。カメラ無いけど。

manpukuyamanpukuya 2005/09/29 11:35 おおお、ありがとうございます。カメラなしは残念ですがもともとストレート型が好きなので、もしかしたらもしかして、もしかしちゃうかもしれません。

2005/09/15(木) 晴れ

[][]海外のキューブサット記事 海外のキューブサット記事 - まんぷく::日記 を含むブックマーク 海外のキューブサット記事 - まんぷく::日記 のブックマークコメント

キューブサットを紹介する海外の記事。キューブサットに興味のある方はこの本をどうぞ。東大と東工大のキューブサット開発物語です。

キューブサット物語~超小型手作り衛星、宇宙へ

キューブサット物語~超小型手作り衛星、宇宙へ

本には、インタビューに答えているトィッグス先生も出てきます。本書の中でトィッグス先生は、みんなをその気にさせる魔法のようなものを持っている、と形容されています。このインタビューでも「Apple IIのような人工衛星」というキャッチーなたとえを言えるところがすごいですね。

2005/08/01(月) 曇り

[][]「XI-Vの打ち上げは9月に」(川島レイのレイランド Reiland) 「XI-Vの打ち上げは9月に」(川島レイのレイランド Reiland) - まんぷく::日記 を含むブックマーク 「XI-Vの打ち上げは9月に」(川島レイのレイランド Reiland) - まんぷく::日記 のブックマークコメント

とのことで、東大キューブサット「XI-V(サイ・ファイブ)」は8月25日打ち上げの予定がさらに延びて、9月27日になったそう。

記事を読むと、どうやら親衛星の都合のようだ。ついでに上げてもらうピギーバック衛星としてはいかんともしがたい。待った分、無事に打ち上がるといいですね。

2005/07/29(金) 晴れ

[][][][]きになる本『2005年のロケットボーイズ』『宇宙の歩き方』 きになる本『2005年のロケットボーイズ』『宇宙の歩き方』 - まんぷく::日記 を含むブックマーク きになる本『2005年のロケットボーイズ』『宇宙の歩き方』 - まんぷく::日記 のブックマークコメント

新刊案内を見ていて、気になった本。

[書影:2005年のロケットボーイズ]2005年のロケットボーイズ
五十嵐貴久・著、双葉社、1680円、ISBN:4575235318bk1](高校生がキューブサットを作る話らしい。「キューブサット」が一般名詞として出てくることに驚き)
[書影:宇宙の歩き方]宇宙の歩き方
林公代・著、ランダムハウス講談社、1680円、ISBN:4270000899bk1](「地球の歩き方」ノリの宇宙旅行ガイド。A5判126ページという分量はちょうどよく感じる。気になるのは表紙のイラストで、和田誠のようだけれど和田誠はこういう手の描き方はしないようにも思う)
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |