Hatena::ブログ(Diary)

「あなたは悪くない」別館 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-12-21

狙われたら最後

04:29 | 狙われたら最後を含むブックマーク 狙われたら最後のブックマークコメント


加害者はとても用意周到に、計画的に犯行を行う。

狙われたら最後、逃れる術はない。


性欲が異常な、めったにいないようなごく僅かな男性が、「つい」衝動的に行う犯行ではないのだ。

弱いものを恐怖に陥れ、最大限の屈辱を味あわせ苦しめることを喜ぶ、人間のクズが行う犯罪だ。

暴力でしかないのだ。

性という側面に捉われると、本質が見えなくなる。


検察裁判官も相変わらず判を押したように「性欲」云々の話をし続けているが、

いったいいつまでそういうことをやっているつもりなのか。


世間も、いつまで「自衛」で防げるなんて思っているのか。


性犯罪に限らず、犯罪者はとても多い。

身近にいないと思っているのなら、それは間違いだ。

性犯罪者は、逮捕さえされていない者があまりに多い。

逮捕されてもあまりに刑は軽い。執行猶予が当たり前、実刑でもほんの数年。

一人の被害者の後ろには、何十人何百人もの被害者がいる。


加害者は、犯罪者という認識さえない、世の中はちょろい、としか思っていない。

全能感に浸りたいがため、嗜虐欲、支配欲、征服感を満たすため、という歪んだ思考で行う、きわめて理性的な犯罪だ。



自衛などで防げるわけがない。

考えられる限りの自衛は誰だってしている。